井沢元彦のニュース

「意表つく大谷翔平の起用法考えたい」と栗山英樹監督

NEWSポストセブン / 2017年02月03日11時00分

「歴史通」が縁となって実現した北海道日本ハムファイターズの栗山英樹・監督と、本誌連載「逆説の日本史」著者の作家・井沢元彦氏による対談。そのなかから、戦国武将では豊臣秀吉の家臣、大谷吉継が好きだという栗山氏に、井沢元彦氏が好きな野球監督についても聞いた。 井沢元彦(以下、井沢):野球監督ではどうですか? 監督の采配を見ると、「三原マジック」と呼ばれた三原脩さ [全文を読む]

織田信長や徳川綱吉には多くの「誤解」が! 教科書には載らない歴史の真実

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月12日06時30分

井沢元彦の教科書には載らない日本史』(井沢元彦/宝島社)の著者である井沢元彦氏は教科書にはさまざまな欠陥があり、教科書が教えないところにこそ本質があるという。例えば現在の教科書では「神話」の部分をほとんど取り上げていない。しかし神話の部分にこそ、その時代の真実が隠されていると述べている。 本書で取り上げられているのは、いわゆる「国譲り」の部分。天皇家の祖 [全文を読む]

戦国武将ロマン『英傑の日本史』が カドカワ・ミニッツブックに登場

PR TIMES / 2013年10月10日09時38分

戦国武将の知られざる真実をビジネス視点で解説『英傑の日本史』は、歴史小説家の井沢元彦が、独自の現代的な視点と従来の歴史の常識の裏に隠されていた事実を組み合わせて、日本史上で活躍した英雄や著名人の新たな人物像を描き出すシリーズです。カドカワ・ミニッツブックで最初に配信される『英傑の日本史 激闘織田軍団編 前田利家』では、TVドラマ「利家とまつ」でも知られる前 [全文を読む]

聖徳太子か厩戸王か論争 井沢元彦氏が称号の謎に迫る

NEWSポストセブン / 2017年04月12日07時00分

本誌・週刊ポスト人気連載『逆説の日本史』の作家・井沢元彦氏が解説する。 * * *「聖徳太子」というのは死後に送られた称号で、本名は「厩戸皇子」、または「厩戸王」です。ですから歴史学者が、正確を期すため本名の「厩戸王」で呼ぼうとするのは悪いことではありません。 しかし一方で、彼の功績が「聖徳太子」という名前とともに長く語り継がれてきたこともまた事実です。決 [全文を読む]

作家・井沢元彦氏が「支那」という用語を使わない理由

NEWSポストセブン / 2017年04月01日07時00分

作家・井沢元彦氏による週刊ポストの連載「逆説の日本史」より、近年滅多に使われることがなくなったが、かつては福沢諭吉も使用した歴史的用語でもある「支那」という言葉についての考察を紹介する。 * * * まず支那という言葉自体差別用語であると言っている人がいるが、これは少なくとも国語学上は何の根拠も無い妄説である。なぜなら支那はもともと中国全土を初めて統一した [全文を読む]

栗山監督の「人たらし戦略」は豊臣秀吉、加藤清正に学んだ

NEWSポストセブン / 2017年02月02日16時00分

野球以外の歴史を作った人たちから知恵をもらっているという栗山監督と、本誌連載「逆説の日本史」著者の作家・井沢元彦氏による対談から、栗山監督が歴史から学んだ戦略について紹介する。 井沢元彦(以下、井沢):失礼ですが、コーチの経験はゼロですよね? それなのに名指揮官になれるものなんですか。 栗山英樹(以下、栗山):いや、僕は何もしていないんです。人を生かして [全文を読む]

日ハム栗山英樹監督が戦国武将・大谷吉継を好きな理由

NEWSポストセブン / 2017年02月01日16時00分

本誌・週刊ポスト連載「逆説の日本史」を25年にわたって執筆中の作家・井沢元彦氏と栗山監督との対談から、戦国時代の大名とプロ野球監督との共通点、好きな戦国武将について語り合ったを紹介する。 栗山英樹(以下、栗山):今回、先生にぜひ聞きたかったんですが、天下を取った人たちには、やはり天才的な名参謀が周りにいたんですか? 井沢元彦(以下、井沢):織田信長は一人で [全文を読む]

大谷翔平が紅白ゲスト審査員受けた条件を栗山監督明かす

NEWSポストセブン / 2017年01月31日07時00分

戦術の要所要所で歴史上の偉人や奇才が残した教訓、逸話をヒントにしてきたという栗山監督と、本誌・週刊ポスト連載「逆説の日本史」著者の作家・井沢元彦氏の対談で、大谷の二刀流について語り合った部分を紹介する。栗山英樹(以下、栗山):去年のソフトバンクとのCSの最中、2敗してかなり追い込まれたときに、ちょうど(井沢)先生が出演した番組(BSジャパン『逆説の日本史』 [全文を読む]

ポスト大谷翔平「大田泰示や斎藤佑樹らに期待」と栗山監督

NEWSポストセブン / 2017年01月30日07時00分

本誌連載「逆説の日本史」を25年にわたって執筆中の作家・井沢元彦氏と、栗山監督の対談から、近い将来に大リーグ移籍が予想される大谷がいなくなったあとの日本ハムファイターズについて、ポスト大谷についての興味深いプランをお届けする。 井沢元彦(以下、井沢):ポスト大谷を見据えていかなければならないから大変でしょう。 栗山英樹(以下、栗山):翔平に代わる選手ってい [全文を読む]

井沢元彦氏 信長、秀吉、清正…「名古屋人が日本を作った」

NEWSポストセブン / 2016年08月14日07時00分

本誌・週刊ポスト連載『逆説の日本史』でお馴染みの作家・井沢元彦氏は名古屋出身。「名古屋こそ日本の発展の礎である」と語る。 「そもそも名古屋出身の傑物である織田信長や豊臣秀吉に仕えていた優秀な家臣たちが、全国に散ったことで日本は発展した。 例えば熊本の人が『清正公(せいしょうこう)』と呼んで敬愛する加藤清正は名古屋出身だし、高知の山内一豊も尾張出身だ。福岡 [全文を読む]

フォーカス