望月歩のニュース

「母になる」“ナウ先輩”役の若手俳優に注目集まる 迫真の演技に反響<プロフィール>

モデルプレス / 2017年05月11日14時37分

“ナウ先輩”こと田中今偉(たなかなうい)を演じる若手俳優・望月歩(もちづきあゆむ/16)の演技に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>◆沢尻エリカ主演「母になる」 今作は、誘拐事件に直面した家族を通し「母になる」までを描いたオリジナルストーリー。沢尻は息子が3歳の時に誘拐され以来、夫と別れて1人で生きてきた柏崎結衣を演じ、元夫・陽一を藤木、9年間の月日を [全文を読む]

テラハ新スタジオメンバーは14歳のイケメン俳優 初お披露目で「可愛い!」の声止まず

モデルプレス / 2015年09月01日22時59分

レッドカーペットより登場したのは、映画「ソロモンの偽証」でいじめられっ子の役を演じ、TBS系ドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」では引きこもりの少年役を好演し注目を集めた、弱冠14歳の若手俳優・望月歩。グレーのスーツ姿で緊張な面持ちを浮かべながらステージに登壇すると、「こんばんは、望月歩です。14歳で役者をやらせていただいています。前に『テラスハウス [全文を読む]

ICONIQ改め伊藤ゆみ、沢尻エリカ主演「母になる」で3年ぶりのテレビドラマ出演

モデルプレス / 2017年05月10日09時50分

自身初となる母親役に挑戦する伊藤が演じるのは、結衣(沢尻)の息子・広(道枝駿佑)の施設の先輩にあたる田中今偉(望月歩)の母親・田中舞子役。メイクも薄く、何か深い理由があるような雰囲気を醸しているが、その理由はドラマの中で徐々に明らかとなる。 3年ぶりとなるテレビドラマへの出演にあたり、伊藤は「初めての母親役に挑戦させて頂き、とても緊張しましたが、演じさせて [全文を読む]

中村勘九郎、大島優子に「眼中にないですから」と開き直る

Movie Walker / 2016年09月22日13時36分

本日登壇したキャストは、中村をはじめ、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、加藤和樹、高橋光臣、石垣佑磨、駿河太郎、村井良大、荒井敦史、望月歩、青木健、加藤雅也、大竹しのぶの14名。大竹と大島は、共演者のなかでいちばん気になったキャラクターは誰か?と質問される。大竹は一番若い望月歩を選び「成長著しい」と笑顔でコメント。大島は戸惑い「監督、誰がいいんですか?」と堤 [全文を読む]

大島優子、新宿の街で「こんなに男の人に囲まれると暑い…」

Woman Insight / 2016年08月29日20時04分

8月29日(月)東京・新宿にて9月22(木・祝)全国公開の映画『真田十勇士』の完成を記念したレッドカーペットセレモニーが行われ、主演の中村勘九郎さんをはじめ、松坂桃李さん、大島優子さん、永山絢斗さん、加藤和樹さん、高橋光臣さん、石垣佑磨さん、駿河太郎さん、村井良大さん、荒井敦史さん、望月歩さん、青木健さん、加藤雅也さん、堤幸彦監督が登場しました! 映画『真 [全文を読む]

檀れいを困らせるあの少年って? 望月歩インタビュー

Smartザテレビジョン / 2015年06月02日23時00分

この問題のキーマンとなる小田寺家の長男・彬を望月歩が熱演中。望月は、公開中の映画「ソロモンの偽証」で同級生からのいじめで心に傷を負い、謎の転落死を遂げた柏木卓也役を演じており、今後注目の若手俳優の一人。今回、望月にインタビューを敢行してドラマの役柄についてや撮影現場の雰囲気、共演者の印象などを語ってもらい、彼の素顔に迫った。――引きこもりの役を演じた感想は [全文を読む]

「あなた母親じゃないわ」「母親って何ですか?」他人の子をこっそり育ててきた女の事情がついに明かされる/『母になる』第六話レビュー

messy / 2017年05月18日22時20分

前回、結衣(沢尻エリカ)を母とは思えない広(道枝駿佑)は施設に戻る予定でしたが、ナウ先輩こと今偉(望月歩)の「自分を産んでくれた母親は世界でたったひとりしかいない」等々の言葉で心境の変化があり、やっぱり結衣と陽一(藤木直人)がいる家・柏崎オートで暮らすことに。ようやく一家に平穏……と思いきや、広と決別したはずの麻子(小池栄子)が「雇ってもらうことになった」 [全文を読む]

沢尻エリカの母性不足は狙い通り!? 日テレ『母になる』で島田紳助もびっくりの母探し方法!

日刊サイゾー / 2017年05月12日00時00分

児童擁護施設に戻ったかと思いきや、その姿は“ナウ先輩”こと今偉(望月歩)と共にネットカフェに。 ナウ先輩の母親は、施設に預けたまま面会にほとんど来ない上、住まいを点々としているため、現住所が不明なんだとか。そんな母親について、知人から「お前の母ちゃん、『Google ストリートビュー』(劇中では「グルグルマップ」と呼ばれていたけど)の木更津に映ってたぞ」と [全文を読む]

最低な母親でもかけがえのない大切な人と思うべき? 聖母か鬼女か、極端な母親描写/『母になる』第五話レビュー

messy / 2017年05月11日23時00分

悩んだ末、結衣は、広を一旦施設に戻すことを決め、児童相談所の木野(中島裕翔)が広を迎えに来ましたが、広は途中でいなくなり施設のナウ先輩こと今偉(ナウイ/望月歩)と待ち合わせ。一方、広を7年間育てていた麻子(小池栄子)は職ナシ住まいナシで路頭に迷っているような状況なのですが、そのうち結衣たち柏崎家と関わりが生じそうな気配を臭わせていました。【試写レポート】テ [全文を読む]

『母になる』視聴率惨敗で「脇役に食われる」エリカ様は主役無理?もはや『父になる』

Business Journal / 2017年05月11日18時00分

施設に戻ることになった柏崎広(道枝駿佑)は、先輩の田中今偉(望月歩)と合流して姿を消す。木野愁平(中島裕翔)から連絡を受け動揺する広の母親・柏崎結衣(沢尻エリカ)だが、広はすぐに漫画喫茶で発見された。今偉の母親探しに付き合っていたという。 今偉は自分が母親に会いたいように装っているが、真意は違った。自分の母親は男のために子供を捨てた最低な母親だが、それで [全文を読む]

フォーカス