渋沢栄一のニュース

竜門社130年記念事業 デジタル版『渋沢栄一伝記資料』を11月11日(金)にネット公開!―渋沢栄一と彼が生きた時代に新たな光を当てる

11 / 2016年11月10日18時03分

URL:https://eiichi.shibusawa.or.jp/denkishiryo/digital/main/ 公益財団法人渋沢栄一記念財団(所在地:東京都北区、理事長:渋沢雅英)は、2016年11月11日(金)より、デジタル版『渋沢栄一伝記資料』をインターネットを通じて公開いたします。 『渋沢栄一伝記資料』(以下『伝記資料』)は、渋沢栄一(18 [全文を読む]

企画展「近代紡績のススメ―渋沢栄一と東洋紡―」(企業の原点を探るシリーズ)開催

7 / 2015年03月10日09時28分

公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館(〒114-0024東京都北区西ヶ原2-16-1・飛鳥山公園内)では、3月14日より企画展(企業の原点を探るシリーズ)「近代紡績のススメ―渋沢栄一と東洋紡―」を開催します。本年、創立から133年を迎える東洋紡株式会社は、渋沢栄一から贈られた「順理則裕」を企業理念としています。同社の起点となる大阪紡績会社、三重紡績会社 [全文を読む]

キンドル電子書籍『なにがあっても、ありがとう: つらく苦しいことにこそ、誠実に向き合う。 (あさ出版)』著者鮫島純子がリリース つらく悲しい出来事をしながら、私たちが生きてゆく意味とは何か

4 / 2015年09月18日18時00分

(「はじめに」より) 骨折しても、詐欺にあっても、感謝してしまう 九十三歳、渋沢栄一の孫娘が明かす 「人生」の意味とは? 人間関係に悩み、人と比べ劣等感を感じ、つらく悲しい出来事をしながら、私たちが生きてゆく意味とは何か? 骨折しても「痛い」よりも先に「ありがとうございます」とつぶやき、 詐欺にあっても、自らのステップアップできた心境を喜ぶ…… どんな出 [全文を読む]

朝ドラ登場の実業家、大阪経済界の礎築く 鉱山大王の称も 五代友厚(上)

3 / 2017年05月26日15時40分

しかし、五代の活躍した時代は、東京の渋沢栄一、岩崎弥太郎ばかりが注目されていて、五代の知名度はいまひとつ。その実情に苛立ちを感じていた人もいたそうです。51年で生涯を閉じた実業家の最盛期を市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。五代友厚なくして、今日の大阪の隆盛は語れず 小説『夫婦善哉』で知られる織田作之助は五代友厚のことを再三書いている。五代といえば [全文を読む]

「事を成さんとするには戦国武士の覚悟を要す」(渋沢栄一)【漱石と明治人のことば126】

2 / 2017年05月06日06時00分

【今日のことば】 「およそ人、この世に処し、事を成さんとするには、須(すべから)く戦国武士の覚悟あるを要す」 --渋沢栄一 渋沢栄一は江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の家臣だった。もともとは藍商や荒物商も兼ねる裕福な農家の生まれ。知人を介して一橋家に出仕していたところ、主の一橋慶喜が徳川15代将軍となったため、これに付き従って幕臣となったのだ。 その後、慶喜 [全文を読む]

企画展 渋沢栄一渡仏150年「渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く」(第1期)3月18日(土)より開催!

2 / 2017年03月17日14時38分

初公開を含む渋沢史料館所蔵資料を中心に、渋沢栄一の欧州体験をたどります。公益財団法人渋沢栄一記念財団 渋沢史料館(所在地:東京都北区、館長:井上潤)では、3月18日(土)から6月25日(日)まで、企画展 渋沢栄一渡仏150年「渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く」(第1期)を開催いたします。企画展ウェブサイト:https://www.shibusawa.or.j [全文を読む]

渋沢栄一、松下幸之助、土光敏夫……PHP経営叢書『日本の企業家』シリーズ 創設70周年記念として全13巻を刊行

2 / 2016年10月28日14時15分

第1回配本は本年11月21日、『渋沢栄一』『松下幸之助』の2点で創刊後、2017年1月より毎月1冊、全13巻を順次刊行予定です。販売は全国の書店のほか、PHP研究所のWebサイトで行います。◆本シリーズについて[判型] 四六判・上製[ページ数] 平均300頁(創刊2点は390頁前後)[発刊予定] 創刊2点の配本は2016年11月21日、以降2017年より毎 [全文を読む]

企画展「企業の原点を探る」シリーズ「渋沢栄一と清水建設株式会社」

2 / 2016年03月09日11時11分

渋沢史料館では、3月12日(土)より企画展「企業の原点を探る」シリーズ「渋沢栄一と清水建設株式会社」を開催いたします。当館では2011年度から、渋沢栄一が創業に関わった企業に注目し、「企業の原点を探る」シリーズとして企画展を開催してきました。シリーズの一区切りとなる今回の企画展では、渋沢栄一が「相談役」として関わり、経営理念や方針をアドバイスした清水建設株 [全文を読む]

鈴木梨央再登場!「あさが来た」新出演者発表

2 / 2015年12月07日12時20分

また千代の親友で、同じ寄宿舎で暮らすことになる女学生・田村宜役を吉岡、はつ(宮崎あおい)と惣兵衛(柄本佑)の長男の藍之助役を森下、藍之助の弟・養之助役を西畑、“日本資本主義の父”と呼ばれ、第一国立銀行やさまざまな会社の立ち上げに携わり、あさに新しい時代を生き抜く商売の極意を授ける渋沢栄一役を三宅が演じる。 今回の新キャストについて、佐野元彦制作統括は「渋沢 [全文を読む]

企画展「企業の原点を探る」シリーズ『私ヲ去リ、公ニ就ク―渋沢栄一と銀行業―』開催

2 / 2015年09月30日11時05分

近代日本社会の「明けの明星」となる!渋沢史料館(〒114-0024東京都北区西ヶ原2-16-1・飛鳥山公園内)では、10月3日より企画展(企業の原点を探るシリーズ)「私ヲ去リ、公ニ就ク―渋沢栄一と銀行業―」を開催いたします。幕末にパリ万博幕府使節に随行し渡欧した渋沢栄一は、銀行を設立し、外国と取引するためにも合本組織をつくり、資金を集め、社会全体に金融をは [全文を読む]

フォーカス