大谷昭宏のニュース

前川元次官の出会い系バー通いは本当に「女性の貧困の視察」のためかもしれない

メディアゴン / 2017年06月02日07時30分

さらに東京・大阪・西部の3本社共通で社会面、3段見出しという、元大阪読売の事件記者大谷昭宏氏が言う「わけあり」扱いです。この記事が政府筋からのリークによるものか読売独自ネタなのかはともかく、もし加計学園問題で政府が窮地に立つ前に前川氏を牽制するオトナの忖度で大読売が書いたとしたら、それはあまりに怖ろしい話です。しかし、読売のこの記事にある種の恐怖を感じると [全文を読む]

巨人ファン・大谷昭宏と阪神ファン・高橋三千綱が順位予想

NEWSポストセブン / 2016年03月22日07時00分

巨人ファンとして知られるジャーナリストの大谷昭宏氏と、熱狂的な阪神ファンである作家の高橋三千綱氏に順位予想をきいた。 【大谷昭宏氏の予想】 ●セ・リーグ予想 (1)巨人、(2)阪神、(3)ヤクルト、(4)中日、(5)広島、(6)横浜 ●パ・リーグ予想 (1)ソフトバンク、(2)西武、(3)日本ハム、(4)ロッテ、(5)オリックス、(6)楽天 巨人ファンの私 [全文を読む]

大谷昭宏氏 故・黒田清氏から盗んだものと盗めなかったもの

NEWSポストセブン / 2015年12月05日07時00分

ジャーナリストの大谷昭宏氏(70)が、「黒さん」と呼んで慕った恩師について語る。 * * * 今年大きな話題となった安全保障法案関連の取材をしていた時も、ジャーナリズムの世界における黒田清さん、本田靖春さん、筑紫哲也さんの3人の存在がいかに大きかったかを痛感しました。私たちの力不足もあるのでしょうが、3人が生きていてくれたらもう少しまともな論陣を張ることが [全文を読む]

ジャーナリスト大谷昭宏氏 裁断の名人だった父について語る

NEWSポストセブン / 2015年02月09日07時00分

社会部記者出身のジャーナリストとして、時に冷静に、時に熱くニュースを解説する大谷昭宏さん(69才)。そんな彼を育てたのは職人の父と高等女学校出身の母だった。父の葬儀を経験した大谷さんが、父の在りし日の姿について語る。 * * *「将来は好きなことをしておくれ」 両親の口癖だった。ぼくらの卒業後の進路に口を挟むことがなかったのは、具体的な職業を言おうにも、職 [全文を読む]

<シガーバーが日本の分煙化を実現する>国の税収と愛煙家と非喫煙者が共存するために。

メディアゴン / 2015年02月03日01時17分

」この条例化前提の発言に対して、なんでも「条例化」するのは愚かだと、ジャーナリストの大谷昭宏氏はイギリスの葉巻文化を例に挙げ、以下の持論を述べています。 「イギリスのホテルはシガーバーを用意するのが一つのステータスで、それによってホテルの品格が担保されているのです。イギリスは先進国でありながら明文化された憲法がありません。憲法なんてなくても政治は回っていく [全文を読む]

「韓国慰安婦証言」スクープ!私はこう思う!(5)“強制連行はあった”-ジャーナリスト・大谷昭宏

アサ芸プラス / 2013年11月08日09時58分

慰安婦の強制連行があったか、なかったか、わからない段階で、今、日本が元従軍慰安婦の強制連行は「なかった」と言い張ること自体、間違っていると考えます。「あった」という人たちを支えているのは、元慰安婦のおばあさんたちの証言です。一方、「なかった」と主張する人たちは、根拠になるものや証人だっていません。 それにもかかわらず、「河野談話」まで蒸し返して、口にするこ [全文を読む]

大谷昭宏氏 「母は病院で10チャン見るよう懇願して回った」

NEWSポストセブン / 2013年11月04日07時00分

ここでは、ジャーナリストの大谷昭宏氏(68)が母・愛子さんとの思い出を振り返る。 * * * 男の子にとって、いくつになっても母親というのは偉大なもの。特にウチの母は厳しいというより、しっかり者だった。 我が家は姉2人と弟の4人兄弟で、父は銀座のテーラーの洋裁職人。ただ母は、子供たちには父のように手に職をつけるということではなく、しっかりとした教育を身につ [全文を読む]

前次官「出会い系バー」、新聞の扱いに違い 読売は突出して批判的

J-CASTニュース / 2017年05月26日19時53分

読売新聞OBのジャーナリスト、大谷昭宏氏も5月26日放送の情報番組「ひるおび!」(TBS)で、東京・大阪・西部の3本社で同様の見出しや大きさで報じられるのは珍しいとして、「読売新聞は当然否定するだろうが、我々から見ると、この扱いは、明らかに『訳あり』」だと指摘した。読売は「言い訳としてはあまりにもお粗末」の識者コメント「出会い系バー」をめぐる記者会見での発 [全文を読む]

あらゆる手を尽くして情報を取るのが週刊誌...週刊文春は一方的に悪いのだろうか?

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月18日17時12分

だが、識者といわれる大谷昭宏や佐藤優、中森明夫たちが、「ライバル誌の広告を抜く行為というのは、週刊誌という媒体にとって自殺行為」(大谷)などと非難しているのが、よくわからない。その理由は後で触れるとして、週刊新潮を見てみよう。週刊新潮が、週刊文春側に情報が洩れているのではないかとの「疑念」を抱いたのは14年9月11号。新潮は朝日新聞の「慰安婦誤報」をめぐっ [全文を読む]

浅田真央の理想の結婚相手 高橋、羽生に続き堀江氏の名も

NEWSポストセブン / 2017年04月19日07時00分

デビュー以来ずっと真央ちゃんファンだと公言するジャーナリストの大谷昭宏氏も同意する。「真央ちゃんは気遣いができる子だから、相手のほうがアスリートとしてのランクが下だといろいろ空気を読んで苦労してしまう。自分と同じくトップスケーターである、羽生(結弦)くんのような人と結婚して、彼女のこれまでのアスリートとしての経験を子供に引き継がせないともったいないですよ [全文を読む]

フォーカス