田岡一雄のニュース

【分裂騒動】山口組と芸能界を育てたカリスマ組長の実像

デイリーニュースオンライン / 2015年09月12日09時00分

…なぜ山口組はここまで巨大化できたのか? 「日本の首領」三代目・田岡一雄 山口組は、1915年(大正4年)に初代組長・山口春吉が沖仲仕を集めて神戸を本拠にして結成。抗争の末に神戸中央卸売市場の利権を獲得した二代目・山口登の死後、組長不在の状態だった。そこへ推されたのが、終戦後に暴徒化した第三国人に対抗し、自警団を結成していた田岡一雄。そして1946年、の [全文を読む]

創設100年山口組が大分裂 「山一抗争」を超える報復合戦も

NEWSポストセブン / 2015年08月31日07時00分

1946年/田岡一雄が三代目を襲名。30数人だった組織が1000人規模にまで成長。 1953年/後に山口組若頭になる山本健一らが人気俳優の鶴田浩二をウィスキー瓶とレンガで殴りつける事件が発生。 1964年/警視庁をはじめとする全国の警察が「第一次頂上作戦」なる暴力団全国一斉取り締まりを開始。山口組も多くの幹部が逮捕され、複数の傘下団体が解散した。 196 [全文を読む]

高倉健・菅原文太が共演した【封印された】任侠映画の決定版とは?

tocana / 2014年12月28日08時00分

■東映悲願!? 伝説級映画の日本版を!! マフィア映画の金字塔『ゴッドファーザー』の日本版を東映でやりたいと思った岡田茂社長(当時)は、山口組の田岡一雄組長(当時)の半生記を描いた実録作品『山口組三代目』を製作する。これが公開されるや、同年1月に封切られ既にシリーズ化されていた菅原文太主演の『仁義なき戦い』を上回る観客動員数を記録し、その勢いで続編『三代 [全文を読む]

高倉健主演任侠映画 次回作妨害のためPが22件の容疑で逮捕

NEWSポストセブン / 2015年02月24日16時00分

日本最大のヤクザ組織である山口組田岡一雄組長の一代記で、主役は高倉健だ。 東映は暴力団筋のトラブル防止策として、この映画のプロデューサーに田岡一雄組長の実子である田岡満氏(故人)を据えていた。公開後、ヤクザではなかった満氏が22件の容疑で逮捕されたのは、大ヒットとなった『山口組三代目』の次回作を取りやめさせるためだった。 「収入印紙の貼り間違いを『収入印紙 [全文を読む]

高倉健と山口組のディープな関係 健さんが田岡組長に奨学金提供を直談判!

リテラ / 2014年11月28日12時00分

タイトルの横に山口組・田岡一雄三代目組長とのツーショットが掲載されている、衝撃的な記事だ。 確かに、近年はすっかりそういうイメージはなくなってしまった高倉健だが、もともとは東映の任侠映画のスター。当時は私生活でも普通に暴力団との交友をもっており、とりわけ田岡三代目との関係は有名だった。「アサ芸」の記事はその部分にスポットをあてたもので、こんな書き出しから始 [全文を読む]

山口組と会津小鉄会 血塗られた50余年史

NEWSポストセブン / 2017年02月04日16時00分

山口組との関係は、三代目山口組の田岡一雄組長の時代に始まる。 昭和30年代、京都は会津小鉄会が二代で途絶え、図越利一(ずこしりいち)会長率いる中島連合会が牛耳っていた。そこに勢力を拡大中の山口組が侵攻。昭和39年には京都一の繁華街である木屋町で双方が激突し、多数の死傷者を出した(木屋町事件)。暴力団事情に詳しいジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。「事件 [全文を読む]

元山口組顧問弁護士 山口組本で読み解くヤクザ社会の変貌

NEWSポストセブン / 2017年01月03日07時00分

約40年にわたり山口組の顧問弁護士を務め、“山口組の守護神”と呼ばれた山之内氏が何度も読み返す愛読書は、伝説の組長が自らの武勇伝を記した『完本 山口組三代目 田岡一雄自伝』(徳間書店/1400円・以下価格は税抜き)だ。初めて山口組組員の刑事弁護を担当する際、山口組という組織を知るために手に取り、田岡組長の手腕に感動を覚えた。だが最近は、違う感想を抱くとい [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.13(2)戦後最大のスター「美空ひばり」の愛と死

アサ芸プラス / 2017年01月02日17時57分

中でも、興行で知り合い、父親のように庇護を与えてくれた山口組・田岡一雄組長との親密ぶりについては、他の追随を許さない内容となった。 [全文を読む]

ダイヤモンドの「ヤクザと共生」記事は暴力団礼賛? 地元・神戸や専門家の声は……

日刊サイゾー / 2016年11月24日18時00分

昔、三代目の田岡一雄組長の頃、スーパーマーケットの店員が、山口組の消費しているものを調べようと組のゴミ箱をあさっていたのを組員が見つけ、総本部に連れ込み詰問したことがあったそうです。店員が事情を説明すると田岡の妻、文子姐が『なんて仕事熱心!』と感激して、それ以降はそのスーパーでものを買うように組員たちに指示したという話。私自身がそのスーパーの関係者から聞い [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」政治・事件スクープの表裏!<血と銃弾>(1)

アサ芸プラス / 2016年10月22日17時53分

さらに田岡組長の神戸の自宅での独占インタビューを成功させ、「田岡一雄自伝」をスタートさせる。のちに、ある全国紙記者が山口組に直撃すると、「うちはアサヒ芸能のような一流誌にしか話さん」 と門前払いをすることもあるほどだった。 [全文を読む]

フォーカス