本多忠勝のニュース

てんうたキャラ紹介動画第5弾は「ほんわか大名・徳川家康」が登場! マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日17時00分

今回動画に登場するのは「徳川家康」と「本多忠勝」。のちに天下人となる徳川家康も今はまだ未完の一大名。愛獲活動になにやら悩みがあるようです。雨野智晴氏作詞のオリジナルボーカル曲『a piece of cake!』も必聴です! ■キャラクター紹介動画第5弾「徳川家」の公開についてURL: 『天歌統一ぷろじぇくと』ではLive2D®を採用しすべてのキャラクターが [全文を読む]

てんうたキャラ紹介動画第5弾は「ほんわか大名・徳川家康」が登場! マーベラス×DMMGAMESが送る本格アイドル育成ゲーム『天歌統一ぷろじぇくと』

PR TIMES / 2017年02月17日17時19分

今回動画に登場するのは「徳川家康」と「本多忠勝」。のちに天下人となる徳川家康も今はまだ未完の一大名。愛獲活動になにやら悩みがあるようです。雨野智晴氏作詞のオリジナルボーカル曲『a piece of cake!』も必聴です![画像1: https://prtimes.jp/i/2581/1857/resize/d2581-1857-596055-0.jpg [全文を読む]

「真田丸」藤岡弘、がゆかりの地で忠勝との縁を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月25日22時14分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で本多忠勝を演じる藤岡弘、が、千葉・大多喜町の「第42回大多喜お城まつり」に参加した。 大多喜は、徳川四天王の一人だった忠勝が初代藩主として治めた所領。藤岡は、ドラマと同じ衣装・甲冑(かっちゅう)姿で、馬に乗り武者行列に参加し、見物客からの声援に応えた。 武者行列後、藤岡は「大多喜町の皆さんの温かさを感じました。忠勝公 [全文を読む]

戦国の女傑、加藤清正を退却させたエリート「おんな城主」

NEWSポストセブン / 2017年01月29日16時00分

●小松姫(こまつひめ、1573~1620年) 鎧姿の肖像画が残る「本多忠勝の娘」。昨年の大河『真田丸』で吉田羊が演じた小松姫は、真田信之の妻で無敵の武将・本多忠勝の娘である。 「小松姫の最も有名なエピソードは、関ケ原の戦い直前に真田家が徳川方と豊臣方に分かれた際、夫とともに徳川側につき、沼田城に入ろうとする豊臣方の義父・昌幸、幸村親子の計画を阻止したこと [全文を読む]

『真田丸』出演の寺島進 役作りでは「能をヒントにした」

NEWSポストセブン / 2016年07月24日07時00分

31回(8月7日放送)では、本多忠勝(藤岡弘)と出浦昌相(寺島進)の大立ち回りが見どころのひとつ。そこで寺島進(52才)に、出浦の魅力や、三谷と交わされた裏話などを聞いた。――出浦が真田昌幸(草刈正雄)に忠義を尽くす姿が格好いいと評判です。出浦の魅力は?寺島:三谷さんいわく、『真田丸』の登場人物の中で一番、戦場で人を殺めているのが出浦。そして沈黙の中に漲る [全文を読む]

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

#真田丸 #真田昌幸は永久に不滅です — 雁 (@m_hntkr) 2016年9月25日 家康に下がれと言われた加藤清正がここで、秀頼の後ろに行こうとしたのを辞めて、秀頼の顔が見える方、家康側に座したのは、家康の方が下座=秀頼が上座=秀頼の方が偉いと暗に態度で示していて、だから家康と正信がやや動揺している #真田丸 — フラワードクトリン (@flowe [全文を読む]

「真田丸」藤岡弘、“ほれ込んだ”本多忠勝役を語る!

Smartザテレビジョン / 2016年09月23日17時00分

真田信幸(大泉洋)は、家康に二人の助命を嘆願しに行くのだが、そこで共に家康の説得に当たったのが義父・本多忠勝(藤岡弘、)。自らの命を懸けた忠勝の気迫に、家康も真田親子の処刑を諦めるしかなかった。そんな本多忠勝役の藤岡弘、を直撃。かねてファンだったという忠勝役を演じた思いを存分に語ってもらった。――まずは忠勝役のオファーが来たときの感想を教えてください。僕は [全文を読む]

藤岡弘、語る娘の教育法「手を上げたら抱きしめて愛を囁く」

WEB女性自身 / 2016年09月10日06時00分

ですから、本多忠勝に共感するところは多々ありますし、彼の気持に私の思いを重ねて、何かを発信したい。そう思って忠勝を演じてきました」 と語るのは『真田丸』で7作目の大河出演となる、藤岡弘、さん。徳川家康の中心、本多忠勝を熱演中だ。ドラマでは熱血漢ぶりと同時に、娘を溺愛する涙もろい父親でもある。 「文献によると、忠勝の長女・稲(小松姫)が真田信幸に嫁いだのは1 [全文を読む]

徳川家の末裔も愛用? あの「天下分け目の戦い」をポップによみがえらせた「関ヶ原Tシャツ」を着て天下を取るでござる

PR TIMES / 2016年08月30日11時53分

その際、同じく東軍の本多忠勝氏の末裔である本多平学氏にもご参加いただき、お2人に「関ヶ原Tシャツ」を着用いただきました。[画像3: http://prtimes.jp/i/17413/8/resize/d17413-8-450477-2.jpg ]他の武将の末裔も見つけだし、いずれ全ての方に着用いただこうと考えています。【 アイコン化した武将たちと、選出し [全文を読む]

大河偏愛芸人・松村邦洋が選ぶ『真田丸』名場面BEST5

NEWSポストセブン / 2016年08月28日16時00分

さすがのエンターティナーぶりです」 【5位/本多忠勝の「鬼父」ぶり】 「本多忠勝の描き方も三谷さんらしい。娘の稲(吉田羊)を心配するあまり輿入れ衆に紛れて様子を窺うところが面白い。『草燃える』(1979年)でしたたかな三浦義村をシリアスに演じた藤岡弘、さんが、忠勝役でコミカルな演技をしている意外性がたまりません」 ※週刊ポスト2016年9月2日号 [全文を読む]

フォーカス