愛甲猛のニュース

愛甲猛 巨人軍選手の金銭感覚と原辰徳監督の後継問題を語る

NEWSポストセブン / 2012年07月18日16時00分

読売巨人軍・原辰徳監督1億円恐喝事件について、「野良犬野球評論家」愛甲猛氏が解説する。今回は「カネとプロ野球選手」がテーマだ。(聞き手=ノンフィクションライター・神田憲行) * * * --一流選手にはタニマチというお金持ちの個人的な支援者がいて、ただで飲み食いさせてくれるという話ですが、タニマチはそんなことをして何のメリットがあるんですか。 愛甲:有名人 [全文を読む]

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。 * * * 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォーム [全文を読む]

あの夏、甲子園の主役は俺だった! 80年優勝投手・愛甲猛が語る「野球漬けのなか、スキあらば必死に遊んだよ」

週プレNEWS / 2014年08月17日06時00分

1980年、あの夏の甲子園は左腕エース・愛甲猛(あいこうたけし)擁(よう)する横浜高校が栄冠を勝ち取った。“甲子園のアイドル”として人気を博した愛甲氏だが、プロ野球を経てほぼ四半世紀ーー今だからこそ語れる“青春”、野球漬けだった当時を振り返った。 ――甲子園で全国制覇した愛甲さんですが、当時は悪ガキだったようですね? 愛甲 いやいや。横浜高校は野球部の合 [全文を読む]

吉田豪氏 スポーツ選手暴露本では愛甲猛著作を大絶賛

NEWSポストセブン / 2017年03月22日07時00分

元プロ野球選手の愛甲猛さんの『球界の野良犬』(2009年・宝島社刊)は、カラっとした馬鹿話が痛快ですね」 愛甲は横浜高校時代には「甲子園のアイドル」と呼ばれたイケメン選手。プロ入り後、ロッテや中日で活躍した愛甲は、プロ引退後に俳優デビューや失踪事件を起こすなど波乱万丈な人生を送った。吉田氏が愛甲氏の著書の魅力を語る。 「まず、本の帯が凄い。〈暴走族、アンパ [全文を読む]

プロ野球賭博、愛甲猛が仰天暴露!「ノックや円陣での賭けは球界の伝統」

Business Journal / 2016年03月19日07時00分

●「ノックや円陣で賭けは当たり前」「球界の伝統だった」 ノックや円陣での金銭授受について、有識者やスポーツライターは「賭博行為の入り口になる」「けしからん」などと批判しているが、元プロ野球選手の愛甲猛氏(ロッテオリオンズ<現・千葉ロッテマリーンズ>、中日ドラゴンズで活躍)は「この2つは、まるで違う問題だ」と反論する。「マスコミは鬼の首を取ったように報道して [全文を読む]

清原容疑者を許すべきだ!愛甲猛が暴露!クスリ漬けにした人物、カネや女の話…

Business Journal / 2016年02月16日07時00分

それこそ、本当に『泥水を飲む覚悟』で“野球人の原点”に戻るべきだ」 こう語るのは、「現役時代から清原ファンだった」という元プロ野球選手の愛甲猛氏(ロッテオリオンズ<現千葉ロッテマリーンズ>、中日ドラゴンズで活躍)だ。 愛甲氏は2009年の著書『球界の野良犬』(宝島社)の中で、こう書いている。「ライバルチームの選手ではあるが、俺はキヨのファンだった。ヤツは言 [全文を読む]

楽天・星野監督は春先「今年で最後かも」と弱気だった...球界の野良犬・愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2013年11月16日18時30分

Written by 愛甲猛(元プロ野球選手、野球評論家) Photo by 星野仙一物語 [全文を読む]

中日ドラゴンズ落合GM・谷繁監督誕生の舞台裏...「球界の野良犬」愛甲猛が吠える

東京ブレイキングニュース / 2013年10月22日12時00分

Written by 愛甲猛(元プロ野球選手、野球評論家) Photo by 「采配」落合博満 [全文を読む]

「最強の暴露本」20冊イッキ読みする!野球編 愛甲猛「球界の野良犬」厳選 甲子園で優勝した翌日に「スナック」で大宴会「プロ時代に使ったクスリの後遺症が今でも…」

アサ芸プラス / 2012年09月05日10時59分

そんな“クリーン”な野球界の実態を、自身の半生を振り返りつつ告白した愛甲猛氏の衝撃作が「球界の野良犬」だ。 * ──名門高校の野球部のイメージが大きく変わる本です。 「他の学校は知らないけど、自分の時代は、1年生はゴミ、2年生は人間、3年生は神様だから。周りには3年生から『コーラ買って来い』と言われ、平仮名で『せんえん』って書かれた紙キレを握りしめて買いに [全文を読む]

愛甲猛 「ヤクザがプロ野球選手に近づく方法」を体験的に解説

NEWSポストセブン / 2012年07月17日16時00分

読売巨人軍・原辰徳監督一億円恐喝事件について、「野良犬野球評論家」愛甲猛氏が解説する。今回は「ヤクザとプロ野球選手」がテーマだ。(聞き手=ノンフィクションライター・神田憲行) * * *--プロ野球選手が女性にモテるのはわかるんですが、暴力団とプロ野球選手の接点はどのように出来るのでしょうか。愛甲:タニマチ経由というのは多いね。バブル時代に不動産屋さんがタ [全文を読む]

フォーカス