藤田直之のニュース

神戸MF藤田直之が左ヒザじん帯損傷で全治6週間

超ワールドサッカー / 2017年05月08日19時34分

▽ヴィッセル神戸は8日、MF藤田直之が左ヒザ内側側副じん帯損傷のため、全治約6週間であることを発表した。 ▽藤田は、4月16日(日)にノエビアスタジアム神戸で行われた2017明治安田生命J1リーグ第7節、柏レイソル戦で負傷していた。 [全文を読む]

神戸、藤田直之の負傷を発表…左ひざ内側側副靭帯損傷で全治6週間

サッカーキング / 2017年05月08日19時33分

ヴィッセル神戸は8日、MF藤田直之の負傷を発表した。 藤田は4月16日に行なわれた2017明治安田生命J1リーグ第7節の柏レイソル戦で負傷。神戸市内の病院で検査を行った結果、左ひざ内側側副靭帯損傷と診断された。全治までは受傷日から約6週間の見込みと発表されている。 [全文を読む]

【Jリーグ出場停止情報】再開するJ1はG大阪FWアデミウソンや神戸FW渡邉千真&MF藤田直之が出場停止

超ワールドサッカー / 2016年10月19日18時45分

【明治安田生命J1リーグ】 DF大屋翼(大宮アルディージャ) 明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第15節 vs湘南ベルマーレ(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF森下俊(ジュビロ磐田) 明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第15節 vs名古屋グランパス(10/22) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWアデミウソン(ガ [全文を読む]

神戸vs鈴鹿 試合記録

ゲキサカ / 2016年09月07日22時37分

【天皇杯2回戦】(神戸ユ) 神戸 7-1(前半3-0)鈴鹿 [神]石津大介(6分)、渡邉千真(10分)、ペドロ・ジュニオール2(43分、66分)、中坂勇哉(64分)、藤田直之(68分)、増山朝陽(87分) [鈴]柿本健太(76分) [神]藤田直之(52分) [鈴]泉宗太郎(25分) 観衆:1,658人 主審:三上正一郎 副審:越智新次、清水崇之 [ヴィッセ [全文を読む]

湘南vs神戸 試合記録

ゲキサカ / 2016年06月06日04時40分

【ナビスコ杯グループA第7節】(とうスタ) 湘南 0-2(前半0-1)神戸 [神]中坂勇哉(37分)、藤田直之(90分+1) [湘]岡本拓也(89分) [神]石津大介(39分)、藤田直之(87分) 観衆:4,501人 主審:池内明彦 副審:前之園晴廣、林可人 └神戸が無敗のA組首位通過 [湘南ベルマーレ] 先発 GK 25 タンドウ・ベラピ DF 36 岡 [全文を読む]

神戸、鳥栖からロングスローの名手MF藤田直之を完全移籍で獲得

超ワールドサッカー / 2015年12月29日16時26分

▽神戸は29日、鳥栖からMF藤田直之(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。▽福岡出身の藤田は、福岡大から2010年に鳥栖へ加入。6シーズンにわたって主力として活躍し、2015シーズンはリーグ戦31試合に出場した。また、今年8月に行われた東アジアカップ2015で日本代表に初招集され、韓国戦でデビューを飾った。▽新天地に神戸を選んだ藤田は、クラブの公式サ [全文を読む]

神戸が鳥栖から“ロングスロー”藤田直之を完全移籍で獲得「神戸のために全身全霊を」

ゲキサカ / 2015年12月29日16時12分

ヴィッセル神戸は29日、サガン鳥栖からMF藤田直之(28)を完全移籍で獲得したと発表した。 同選手は福岡大から2010年に鳥栖に入団。ゴール前で見せるロングスローが話題を集め、今季は東アジア杯を戦った日本代表にも招集された。J1通算127試合出場9得点、J2通算は55試合で4得点。 クラブを通じ、「ヴィッセル神戸のために全身全霊をかけて闘います」とコメント [全文を読む]

川崎Fvs鳥栖 試合記録

ゲキサカ / 2014年10月23日14時40分

【J1第29節】(等々力) 川崎F 2-0(前半0-0)鳥栖 [川]田中裕介(49分)、小林悠(63分) [鳥]藤田直之(54分) [川]登里享平(48分) [鳥]藤田直之2(52分、54分) 観衆:10,609人 主審:吉田寿光 副審:岡野宇広、村井良輔 └川崎Fが上位対決を制し3位浮上 [川崎フロンターレ] 先発 GK 1 杉山力裕 DF 3 田中裕介 [全文を読む]

【鹿島vs神戸プレビュー】通算対戦成績では鹿島が神戸を圧倒…神戸はリーグ4戦勝ちなしから脱却できるか

サッカーキング / 2017年05月12日20時02分

文:totoONE編集部 ■ヴィッセル神戸 ボランチ藤田直之の離脱を松下佳貴がカバー 【プラス材料】 10日のルヴァン杯甲府戦を逆転で勝利した神戸。4連勝でグループステージ(Bグループ)首位もキープし、チームの雰囲気は上々。20日開幕のU-20W杯の日本代表・藤谷壮が甲府戦で小林成豪の同点弾をアシストするなど、若い選手の台頭も見られたのは大きい。 ボラン [全文を読む]

J1通算20,000ゴールまで残り「1」…メモリアル弾を写真で振り返る

サッカーキング / 2017年04月20日19時00分

16,000得点目 2012年5月25日 ガンバ大阪 vs サガン鳥栖(万博記念競技場) 得点者:藤田直之(鳥栖) チームにとって初のJ1となった2012シーズン、豊富な運動量をベースとした積極的なスタイルで旋風を巻き起こす。敵地・万博での一戦は藤田直之のメモリアル弾を含む2発で、ガンバ大阪を相手に3-2で競り勝った。 17,000得点目 2013年7月 [全文を読む]

フォーカス