井上由美子のニュース

向井理、『遺産争族』で“理系俳優”の新境地 親族の内輪揉めをどう解決に導く?

リアルサウンド / 2015年10月24日12時30分

同作は、『ギフト』(1997年、フジテレビ)や『白い巨塔』(2003年、フジテレビ)、『14才の母』(2006年、日本テレビ)などを手がけた井上由美子が脚本を務めており、向井理演じる研修医の佐藤育生が、葬儀会社「カワムラメモリアル」を営む河村家の令嬢・楓(榮倉奈々)と交際・婿入し、同家の遺産相続問題に巻き込まれるというストーリーの社会派ホームドラマだ。 参 [全文を読む]

高梨臨、ミニスカナース服で美脚披露も戸惑い「こんな衣装ありえないって言われた」

モデルプレス / 2015年01月09日06時00分

◆『白い巨塔』『昼顔』の井上由美子氏が描く“白い大奥” 同作は『昼顔』の井上由美子氏が『白い巨塔』以来12年ぶりに描く病院ドラマで、自身の体験(親の入院)を元にした、ナースステーションを舞台に描く物語。政財界、芸能界、文化人らが次々にやってくる最高級セレブ病院「東王病院」で働く看護師の世界は、閉ざされた女の世界。人間関係が複雑怪奇であることから“白い大奥 [全文を読む]

菜々緒、ミニスカナース×ボブヘアで“美しい愛人”に「衝撃的なシーンもある」 ぶりっ子役で新境地

モデルプレス / 2015年01月09日06時00分

◆『白い巨塔』『昼顔』の井上由美子氏が描く“白い大奥” 同作は『昼顔』の井上由美子氏が『白い巨塔』以来12年ぶりに描く病院ドラマで、自身の体験(親の入院)を元にした、ナースステーションを舞台に描く物語。政財界、芸能界、文化人らが次々にやってくる最高級セレブ病院「東王病院」で働く看護師の世界は、閉ざされた女の世界。人間関係が複雑怪奇であることから“白い大奥 [全文を読む]

志田未来「女って怖いなって思いました」

モデルプレス / 2015年01月09日06時00分

◆『白い巨塔』『昼顔』の井上由美子氏が描く“白い大奥” 同作は『昼顔』の井上由美子氏が『白い巨塔』以来12年ぶりに描く病院ドラマで、自身の体験(親の入院)を元にした、ナースステーションを舞台に描く物語。政財界、芸能界、文化人らが次々にやってくる最高級セレブ病院「東王病院」で働く看護師の世界は、閉ざされた女の世界。人間関係が複雑怪奇であることから“白い大奥 [全文を読む]

堀北真希ら美女が純白ナース姿で集結「柳楽優弥がオアシスのような現場」

モデルプレス / 2015年01月09日06時00分

会見にはこのほか柳楽優弥、志田未来、高梨臨、菜々緒、MEGUMI、眞島秀和、石黒賢、水野美紀、木村多江、井上由美子(脚本)、今井夏木(演出)が集結し、キャスト陣はそれぞれ役衣装で登場。堀北をはじめ、志田、高梨、菜々緒、MEGUMI、木村はドラマのために作られたオリジナルデザインのナース服姿を披露した。 物語の舞台が、“白い大奥”と呼ばれる最高級セレブ病院 [全文を読む]

今期ドラマ 大石静、尾崎将也、井上由美子ら売れっ子かけ持ち

NEWSポストセブン / 2014年07月14日16時00分

今年の夏ドラマの脚本家たちは、大石静さん、尾崎将也さん、井上由美子さんなどかけ持ちは当たり前の売れっ子が勢ぞろい。 脚本界の女王・大石静さんは、若手俳優の抜擢に定評があり、そこは要チェック。大石さんがかけもちするのはこの2作。 『家族狩り』(TBS系)毎週金曜22:00~ 出演者:松雪泰子、伊藤淳史ほか 家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的 [全文を読む]

【WOWOW】大泉洋・松雪泰子共演!井上由美子が脚本を手掛ける、連続ドラマW「地の塩」放送決定

PR TIMES / 2013年12月02日15時23分

大泉洋・松雪泰子共演、脚本はドラマ「パンドラ」シリーズの井上由美子が手がける。歴史的な大発見、そして凶悪な未解決殺人事件を絡めた新感覚ヒューマンミステ リー、連続ドラマW「地の塩」がWOWOWで2014年2月16日から全4話で放送決定 連続ドラマW「パンドラ」シリーズをはじめ、数々のヒット作を手がけてきた脚本家・井上由美子による、全4話のオリジナルストーリ [全文を読む]

竹内まりや、1月スタートのドラマ『おトメさん』主題歌書き下ろし

リッスンジャパン / 2012年12月14日19時00分

竹内まりや - アーティスト情報ドラマのオリジナル脚本を担当する井上由美子さんからの熱烈なオファーを受けた竹内まりやは脚本を読み、快諾。そのリアルで絶妙な脚本にすっかりハマってしまったという。一人の50代女性として大いに感情移入しながら、主題歌「たそがれダイアリー」を書き下ろした。同曲は、カラオケバージョンと合わせた2曲を収録した500円シングル(税込52 [全文を読む]

TVドラマを観ていない人も酔える! 映画『昼顔』の見逃せないポイント3つ

Spark GINGER / 2017年06月09日11時34分

元来「人を愛することは、奪うこと」という理念を持つ脚本家・井上由美子。彼女が描くエンディングはとても衝撃的なものでありながら、わずかな希望が残り、観るものの胸を震わせます。 劇中で、平山浩行演じる杉崎は「いつだって男は女に振り回されてばかりだ」と語ります。本作では、沙和と乃里子、絶対に相容れない女性ふたりの強さも描かれているのです。最後に北野を手にするのは [全文を読む]

上戸彩×斎藤工『昼顔』が切なすぎ! 禁断の恋の行方を暗示する3つの要素

Woman.excite / 2017年06月07日21時00分

■切なすぎ! “蛍”が道ならぬ恋の行方を暗示ドラマと同様に、人気脚本家・井上由美子の熟達したストーリーテリングとモノローグにご注目。ドラマでは、北野の生物教師という役柄上、生物絡みの名セリフが多数登場しました。たとえば「昆虫は痛みを感じる必要がないぐらい命が短いから、痛覚がないと言われているんだ」といったセリフも話題になりました。映画では「蛍」が2人の許さ [全文を読む]

フォーカス