外山惠理のニュース

田中みな実が「ホントはいいコ」な理由3選 ひとりで急に泣き出すほど繊細!?

AOLニュース / 2014年06月12日22時00分

①「テレビよりラジオの方がいい」という大先輩、外山惠理に「ええっ!?」と素で驚く(TBSラジオ「田中みな実 あったか タイム」より) 田中みな実から出ているのは、逆に心地いいまでの"自分大好き"感。ミス青山学院大学コンテストに出場し、タレント活動などもした上で女子アナになるという経歴からも、その"出たがり度合い"の高さが感じられる。そんな彼女の本音が出た [全文を読む]

稲垣吾郎、又吉直樹の第2作を絶賛するも“あきれ顔”の理由

Smartザテレビジョン / 2017年05月04日11時00分

毎回一冊の本をテーマに、稲垣吾郎と外山惠理アナウンサーがその本の著者をゲストに迎え、忌憚のないトークを繰り広げる「ゴロウ・デラックス」(TBS系)。世の読書家たちから好評を博しているこの番組に、ついに又吉直樹が登場する。 今回取り上げるのは、木に発売される又吉の最新小説「劇場」。第153回芥川賞を受賞した第1作「火花」から約2年、“日本で今一番待ち望まれて [全文を読む]

「チューボーですよ!」終了決定で思い出される「堺正章にクビにされた女子アナ」

アサ芸プラス / 2016年11月10日17時58分

「巨匠」こと堺に嫌われ、たった半年でクビになった外山惠理の場合は悲惨だった。「空気が読めない、タメグチをきく、おべんちゃらを言わないことなどから、使えない奴のレッテルを貼られ、閑職に追いやられました。逆に木村のようなジジ殺しには覚えがめでたく、堺が高級時計をプレゼントするなど、スキャンダルに発展したこともありましたね」(スポーツ紙記者) ラストは辛口の雨宮 [全文を読む]

石田純一の娘・すみれの不人気が致命傷に!? TBS『チューボーですよ!』22年の歴史に幕

日刊サイゾー / 2016年11月09日17時00分

雨宮、外山惠理、木村郁美、小林麻耶、枡田絵理奈と、TBSの歴代看板女子アナが堺に寄り添う形で進行役を務め、ゲストと共に賑やかに料理を完成させる内容であった。 2013年11月、タイトルに“新”が付くと、進行アシスタントは、女子アナから石田純一の娘でタレントのすみれに変更。すみれが約1年半後に降板すると、現在の堺、森星、平成ノブシコブシ・吉村崇の3人体制とな [全文を読む]

永六輔と盟友たちとの珠玉のエピソードをCD化

Smartザテレビジョン / 2016年10月14日21時09分

ナビゲーターは、番組アシスタントを16年間務めたTBS外山惠理アナウンサーが担当している。 なお、CDは11月7日の発売に先駆け、11月5日(土)、6日(日)に東京・赤坂サカスで開催される、TBSラジオ「ラジフェス2016~食べて、笑って、赤坂で!」のイベントエリア内にて先行発売される。 [全文を読む]

解散騒動もどこ吹く風?SMAP屈指の謎の男・稲垣吾郎の"生き残り術"

デイリーニュースオンライン / 2016年06月23日07時05分

番組冒頭に稲垣は、MCの一人・外山惠理アナウンサー(40)から「そういえばSMAPの方ですもんね」とゆるいツッコミも受け、草なぎからは「(昔の)ヒステリックさが抜けた」と評された。 また稲垣は多くのドラマ・映画に出演し、演技面でも高い評価を受けている。かつて結婚もウワサされた菅野美穂(38)と共演した98年のテレビドラマ『ソムリエ』(フジテレビ系)では、感 [全文を読む]

千原ジュニアを射止めた女性に学ぶ、幸せになるための金銭感覚

まぐまぐニュース! / 2015年11月14日23時00分

また、14年6月19日放送のバラエティ番組「ゴロウデラックス」(TBS系)でも、ゲストでブロガーの「はあちゅう」こと伊藤春香さん(29)と司会の外山惠理・TBSアナウンサー(40)が議論を繰り広げた。 伊藤さんが、デート後に見せる男性の対応によっては「もう二度と会いたくない! 帰りのタクシー代も出なかったわ!」などと「女子会」で愚痴を言うと明かしたのに対 [全文を読む]

チューボーすみれ卒業&歴代アシスタント大集合!

Smartザテレビジョン / 2015年04月10日20時38分

また、吉村と森が初出演する18日(土)は放送1000回ということで、番組の歴代アシスタントである雨宮塔子、外山惠理アナ、木村郁美アナ、小林麻耶、枡田絵理奈アナの5人がゲストとして登場。番組史上最大の人数で作る料理は「チャーハン」。当時の思い出や近況を交えたトークで収録は盛り上がりを見せる。 [全文を読む]

男性初MCのノブコブ吉村「破天荒な僕が緊張!」

Smartザテレビジョン / 2015年04月10日06時00分

4月18日(土)の1000回記念放送には、過去に番組アシスタントを務めた雨宮塔子、外山惠理アナ、木村郁美アナ、小林麻耶、枡田絵理奈アナが登場し当時の思い出を振り返りながら調理を行う。 1000回放送の収録を終えた堺は「第1回は随分前のことになりますが、今でも鮮明に覚えています。1000回も放送が続けられたことができたということはゲストの皆さん、これまでの [全文を読む]

上方落語界の功労者・桂米朝さんの追悼特番 放送

PR TIMES / 2015年04月03日20時17分

TBSラジオ ラジオワールド 「百年先にも上方落語を~米朝さん 噺の通い路」 4月5日(日)午後11時~11時55分放送 案内役:松尾貴史 外山惠理(TBSアナウンサー) ゲスト:柳亭市馬 桂吉坊 小佐田定雄 [画像: http://prtimes.jp/i/3392/145/resize/d3392-145-425220-0.jpg ] 企業プレスリリ [全文を読む]

「IQが高い人は性欲が強い」「カラダの関係から始まる恋愛もアリ」 美人脳科学者・中野信子、小気味がいい発言で人気

メンズサイゾー / 2015年03月29日15時00分

番組MCのTBSアナウンサー外山惠理(39)が、「頭のいい人特有の感性なんですかね...」とフォローすると「IQが高い人は性欲が強いですから」と言い切る。 その後番組が用意した「街行く人の悩みに答える」コーナーでは、20代男性の「気になっている女性に告白ができない」という相談に対して、女性の生理周期に合わせてアプローチすればいいと返答。中野によると「生理前 [全文を読む]

「週刊誌アナだった」青木裕子、TBS時代の孤独な“トイレ飯“を告白

メンズサイゾー / 2015年03月13日22時30分

同番組は1冊の本を課題図書として挙げ、稲垣と同局の女性アナウンサー・外山惠理(39)がその著者らとトークを展開するブックバラエティ。今回の番組では、昨年の12月に青木が発売した『母、妻、ときどき青木裕子』(講談社)が取り上げられ、結婚、出産、育児、そして夫である矢部浩之(43)への思いを赤裸々に綴った一冊が紹介された。 番組冒頭から緊張を隠せない青木は、 [全文を読む]

枡田絵理奈アナ 婚約発表で心配される「チューボー」にまつわるある“共通点”

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時59分

今年7月、年上の会社経営の男性と再婚していたことがわかりました」 ちなみに、2代目の外山惠理アナ(39)と4代目の小林麻耶(35)(現在フリーアナ)はともに独身。 「外山アナも小林アナも未婚をイジられるキャラになってしまっています。こうして見ると、みなさんなかなか苦労されている人ばかり。司会の堺に目を移せば11年に22歳下の女性と結婚しましたが、これは3度 [全文を読む]

「舐められてんのよ、女が」 カリスマブロガー“はあちゅう”が『ゴロウデラックス』で毒舌女子アナと一触即発トーク?

ウートピ / 2014年06月22日12時00分

6月19日深夜放送の『ゴロウデラックス』に、カリスマブロガーのはあちゅう(こと伊藤春香氏)が出演し、司会の外山惠理アナウンサーとの炎上寸前のやり取りについて、ネットで賛否両論の話題となっている。モテる人をリサーチした恋愛テクニックを披露はあちゅうは、学生時代に始めたブログで有名になり、大学卒業後は電通のコピーライターを経て、現在はトレンダーズで動画プロモー [全文を読む]

「チューボー」新アシスタントに石田純一の娘・すみれ起用 ネットで番組終了を危惧する声

AOLニュース / 2013年11月08日16時05分

1994年に番組がスタートした『チューボーですよ!』は、これまで雨宮塔子、外山惠理、木村郁美、小林麻耶、現在の枡田と、これまで合計5人のアナウンサーがアシスタントを務めてきた。枡田は2009年4月からアシスタントを担当してきたが、およそ4年半での卒業となり、すみれはTBSのアナウンサー以外から初の起用。しかし、枡田の卒業およびすみれの起用が報じられると、 [全文を読む]

みのもんた「“女子アナセクハラ疑惑”の余罪をズバッと告発!」(3)“定番セクハラ”も過激さを増して…

アサ芸プラス / 2013年11月06日10時00分

TBSでは、みのがMCを務めた「どうぶつ奇想天外!」(09年に終了)でも、アシスタントの外山惠理アナ(38)がとんでもない被害にあっていたという。制作スタッフが語る。 「外山アナがみのの楽屋に挨拶に行ったところ、みのの機嫌がすこぶる悪い様子。外山アナが『よろしくお願いします』と言ったとたん、口に含んでいたお茶をブワーッと吹きかけられたんです。外山アナは怖 [全文を読む]

永六輔氏のラジオ 話が飛んでも上手くいく理由を本人明かす

NEWSポストセブン / 2013年10月12日16時00分

──永さんのラジオいつも聴いてます! 共演するアナウンサーの遠藤泰子さんも外山惠理さんも、本当にいいパートナーですよね。永:はい。最初にちょっと言い訳をしておきますと、僕のパーキンソン病っていうのは言語不明瞭で、話が途中で飛ぶんですね。それでも遠藤さんも外山君も話が次はどこに飛ぶか見当がついてるから、うまくいくんです。ただ、こういうインタビューでの対応って [全文を読む]

フォーカス