大崎善生のニュース

恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ… 2007年「名古屋闇サイト殺人事件」に迫る慟哭のノンフィクション

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

デビュー作『聖の青春』が映画化され、話題となっている作家・大崎善生の最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』が2016年11月30日(水)に発売された。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 2007年8月、深夜。名古屋の高級住宅街の一角に1台の車が停まった。車内にいた3人の男は、帰宅中の磯谷(いそがい)利恵さんに道を聞く素振りで近づき、拉致、監 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/201/resize/d11086-201-851368-0.jpg ] 映画『聖の青春』は、難病と闘いながらも将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)さんの生涯を描いた大崎善生さんによる同名ノンフィクション小説を映画化した作品です。 「東の羽生、西の村山」と並び称され [全文を読む]

「2960」恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――。大崎善生氏最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』11月30日(水)発売!

PR TIMES / 2016年11月28日11時18分

『聖の青春』の著者、渾身の長編ノンフィクション株式会社KADOKAWAは、デビュー作『聖の青春』の映画化で話題の作家、大崎善生氏最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』を11月30日(水)に発売いたします。2007年、夏。闇サイトで集まった凶漢たちに命を奪われた女性がいた――。彼女は命を賭して何を守ろうとし、何を遺したのか。そして、死の直前に遺した「2 [全文を読む]

映画「聖の青春」に涙腺崩壊する人続出「これから見に行く人、ハンカチ必須です!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日11時00分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 同作は2000年に発表された大崎善生の同名ノンフィクション小説が原作。羽生善治とならび、「東の羽生、西の村山」と称された村山が主人公。名人となる夢を持ちながらも病に倒れた“怪童”の生涯が、師匠や家族、そして現在も将棋界で活躍する棋士たちとの交流を通して描かれている。 物語は大阪に住み、七段として将棋を指している [全文を読む]

作家・大崎善生氏 怪童・村山聖九段と過ごした奇跡の時間

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

濃密な時間を共に過ごした原作者・大崎善生氏が天才棋士の知られざる素顔を綴る。 * * * その日は大阪で仕事があり、大阪に行ったときは決まってそうするように、夜遅くまで森信雄七段と飲んでいた。関西将棋会館のある福島界隈である。泊まるのはいつも森さんのマンション。東京へ森さんが来たときは必ず私の部屋へ、長い時には1週間以上もともに過ごした。 1987年の2月 [全文を読む]

第1期電王戦 二番勝負 第2局 山崎隆之八段 対 PONANZA(大崎善生)

ニコニコニュース / 2016年05月26日17時00分

自分が学生だった頃の話だから、今からもう30年以上も前のことだろうか。 私が通っていた新宿の将棋道場で、流行っていた言葉があった。「ヒエー山」というものである。とにかく相手に意表の手を指されてその驚きを表す言葉として、誰が言いだしたのかは知らないが、とにかくあちらこちらから聞こえてきた。 たとえば決め手と思っていた飛車取りを無視されていきなり攻め合いにこら [全文を読む]

松山ケンイチが天才棋士・村山聖に!「聖の青春」が映画化

Movie Walker / 2016年02月03日06時00分

難病と闘いながら将棋に全人生を賭けた彼の壮絶な生き様を描く、大崎善生のノンフィクション小説「聖の青春」が映画化され、松山ケンイチが主演を務めることが明らかになった。 幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖。入院中のある日、父が何気なく勧めた将棋に心を奪われてから彼は、将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突 [全文を読む]

電王戦第5局観戦記 大崎善生(作家)

ニコニコニュース / 2014年04月18日15時00分

4月13日午前2時30分。 私は地元西荻窪の居酒屋のカウンター席に編集者T君と並んで座り、マグロ刺身や山芋の千切りなんかをつまみながら焼酎を飲んでいた。 何だか疲れていた。 疲れ果てていた。 先日の朝9時から今までに起こったことをゆっくりと何度も反芻し、そして何かが蘇るたびに頭の中はくるくると何かが回転するような感覚に囚われた。頭に蘇った何かを私はときどき [全文を読む]

将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(執筆者:大崎善生)

ニコニコニュース / 2014年01月06日18時45分

なんともいえない不思議な思いばかりが胸をよぎり続けた。私は対局室に居て、目の前で起こっている現象をどのように理解し、あるいは把握するべきなのかと何度も思いを巡らせていた。 2013年12月31日―。年の瀬の慌しさの真っ只中にある東京の中でも一際の喧騒に包まれた明治神宮の膝元、原宿。多くの人で賑わう竹下通りの一角にあるビル内に造られた16畳ほどの和室の中で、 [全文を読む]

第2回将棋電王戦 第3局 電王戦記(筆者:大崎善生)

ニコニコニュース / 2013年04月11日22時40分

2013年4月6日、私は将棋会館の四階、特別対局室に座っていた。上座にはプロ棋士代表の船江恒平五段が座り、その間の前には奨励会員の三浦初段、部屋の隅のほうにはプログラマーに一丸貴則さんが座っている。そして一丸さんから襖一枚を隔てた場所に今回の対戦相手であるプログラム、ツツカナが微かにファンの音を上げている。 ツツカナと聞いて私が真っ先に思い浮かんだのは不束 [全文を読む]

SM小説の大家・団鬼六氏 実際は不器用で緊縛できなかった

NEWSポストセブン / 2013年01月09日16時00分

【著者に訊け】大崎善生氏・著/『赦す人』/新潮社/1995円『花と蛇』をはじめとするSM文学の第一人者にして、『真剣師 小池重明』など将棋関係の著作も多かった作家・団鬼六(2011年5月6日没・享年79)。『将棋世界』の編集長時代から親交があり、このほど本格評伝『赦す人』を上梓した大崎善生氏(55)は、「ノンフィクションの取材対象としては、最悪でした」と、 [全文を読む]

角田光代さんが今月買った10冊

文春オンライン / 2017年05月19日17時00分

01.『春に散る 上下』 沢木耕太郎 朝日新聞出版 各1600円+税 02.『ナスカイ』 梅佳代 亜紀書房 1996円+税 03.『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』 大崎善生 KADOKAWA 1600円+税 04.『明るい夜に出かけて』 佐藤多佳子 新潮社 1400円+税 05.『リリース』 古谷田奈月 光文社 1600円+税 06.『月の満ち欠け [全文を読む]

「名古屋闇サイト殺人事件」ハンマーで40回殴打されながら、被害者が守り抜いたものとは?

日刊サイゾー / 2017年02月09日22時00分

あれから10年、作家の大崎善生がこの事件を追ったノンフィクション『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』(角川書店)が刊行された。本書の内容に従って、この事件を振り返ってみよう。 加害者たちが知り合ったのは、インターネット上の掲示板「闇の職業安定所」だった。「刑務所から出てきたばかりで、派遣をやっています。実にばかばかしい。東海地方で一緒になんか組んでやりま [全文を読む]

羽生、村山、森内…将棋界「羽生世代」の青春

日刊大衆 / 2016年11月25日21時00分

その壮絶な生涯は大崎善生の小説『聖の青春』で知られ、このたび松山ケンイチ主演で映画化、11月19日に公開された。ライバルの羽生善治を東出昌大が演じることも話題となった。 村山は1969年生まれ。70年生まれの羽生善治三冠を代表とする、いわゆる“羽生世代”に属する棋士だ。他にも森内俊之九段(70年生)、佐藤康光九段(69年生)、丸山忠久九段(69年生)と4人 [全文を読む]

「将棋」が今アツい? 『3月のライオン』アニメ化、ネットでの将棋人気など追い風が吹く

おたぽる / 2016年11月22日13時00分

シャフト制作によるTVアニメ版(NHK 総合)も期待に応える人気作となっているし、夭折の天才棋士・村山聖の生涯を描いたノンフィクション小説『聖の青春』(作:大崎善生/角川文庫、講談社文庫刊)も、松山ケンイチ主演で実写映画化。先週19日に公開、初週末(11月19~20日)の興行収入ランキングで5位に食い込むなど、将棋を題材にした有名コンテンツがあいついでテレ [全文を読む]

棋士・村山九段を描いた「聖の青春」公開!身近に天才っている?

しらべぇ / 2016年11月18日21時00分

■徹底した役作りで話題『聖の青春』は、2000年に元・「将棋世界」編集長の大崎善生氏が執筆したノンフィクション小説の映画版だ。主演の松山は小説を数年前に読了し、村山九段の人生に感銘を受けたという。映画化の動きをキャッチすると自ら村山役を名乗りでた。それだけにこの作品にかける意気ごみは凄まじく、役作りのために20キロ増量。さらに将棋の所作や村山九段の仕草など [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月17日付)

ガジェット通信 / 2016年11月18日20時00分

■【11月17日】今週末みたい映画ランキング 対象:11月14日(月)~11月20日(日)劇場公開作品 1位 『聖の青春』(http://yahoo.jp/SxZUkh) ■公開日 :2016年11月19日(土) ■監督 :森義隆 ■キャスト:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田顕、柄本時生 他 ■作品概要:29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖 [全文を読む]

この冬最高の感動作『聖の青春』いよいよ公開! 村山聖が「この人となら何処までも行ける…」と信じていた羽生善治の大ベストセラー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月18日18時00分

原作は、ノンフィクション作家・小説家の大崎善生が2000年に発表した『聖の青春』。100年に1人の天才と言われる羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、名人への夢半ばで倒れた生涯が、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描かれている。将棋界のバイブル的な一冊とも呼ばれ、第13回新潮学芸賞、第12回将棋ペンクラブ大賞を受賞している。 そん [全文を読む]

松山ケンイチ&東出昌大『聖の青春』が役者人生に与えた多大なる影響

Movie Walker / 2016年11月18日09時00分

そんな時に出会ったのが、大崎善生によるノンフィクション小説「聖の青春」だった。「『これだ!』と。ものすごく心を揺さぶられたし、村山さんはたくさんの人に何かを与えられる人だと思った。すると、もう映画化の話がだいぶ前から動いている話を聞いて。自分からアプローチしました」。ひたむきに生きた村山に惚れ込み、すべてをかける意気込みで村山役に名乗り出たと言う。一方の東 [全文を読む]

孤高の天才・羽生善治と村山聖が結んだ「特別な関係」。「会いたい」と思い合った知られざる絆とは?

Movie Walker / 2016年11月17日10時00分

森義隆監督と原作者の大崎善生にインタビューし、“天才同士の絆”について語り合ってもらった。大崎のノンフィクション小説をもとに、病と闘いながら、将棋の道をまっしぐらに駆け抜けた村山聖の実話を描く本作。村山役を松山ケンイチ、羽生役を東出昌大が演じる。最強のライバル関係を描く上で、森監督がキーワードとしたのが「孤独」だと言う。「天才性のある2人。天才とそこに及ば [全文を読む]

フォーカス