大崎善生のニュース

「2960」恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――。大崎善生氏最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』11月30日(水)発売!

PR TIMES / 2016年11月28日11時18分

『聖の青春』の著者、渾身の長編ノンフィクション株式会社KADOKAWAは、デビュー作『聖の青春』の映画化で話題の作家、大崎善生氏最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』を11月30日(水)に発売いたします。2007年、夏。闇サイトで集まった凶漢たちに命を奪われた女性がいた――。彼女は命を賭して何を守ろうとし、何を遺したのか。そして、死の直前に遺した「2 [全文を読む]

恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ… 2007年「名古屋闇サイト殺人事件」に迫る慟哭のノンフィクション

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

デビュー作『聖の青春』が映画化され、話題となっている作家・大崎善生の最新作『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』が2016年11月30日(水)に発売された。 【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 2007年8月、深夜。名古屋の高級住宅街の一角に1台の車が停まった。車内にいた3人の男は、帰宅中の磯谷(いそがい)利恵さんに道を聞く素振りで近づき、拉致、監 [全文を読む]

村山聖は「一生懸命とは何かを教えてくれた人」『聖の青春』原作者・大崎善生&森義隆監督が魅力語る

Movie Walker / 2016年11月16日15時00分

一体、村山の生き様が今なお、私たちの心をつかんで離さないのはなぜなのか?森監督と、原作者の大崎善生に話を聞いた。原作は、専門誌「将棋世界」の編集長時代に村山と交流のあった大崎が綴ったノンフィクション小説。幼少期より難病・ネフローゼを患い、名人への夢半ばで倒れた村山の一生を、師弟愛、家族愛、友情を通して描く傑作だ。映画では、村山の最期の4年にフォーカス。森監 [全文を読む]

作家・大崎善生氏 怪童・村山聖九段と過ごした奇跡の時間

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

濃密な時間を共に過ごした原作者・大崎善生氏が天才棋士の知られざる素顔を綴る。 * * * その日は大阪で仕事があり、大阪に行ったときは決まってそうするように、夜遅くまで森信雄七段と飲んでいた。関西将棋会館のある福島界隈である。泊まるのはいつも森さんのマンション。東京へ森さんが来たときは必ず私の部屋へ、長い時には1週間以上もともに過ごした。 1987年の2月 [全文を読む]

『ワタベウェディング』×映画『聖の青春』コラボ企画 「結婚を決めた“この一手”」エピソード募集!

PR TIMES / 2016年12月01日13時40分

[画像: http://prtimes.jp/i/11086/201/resize/d11086-201-851368-0.jpg ] 映画『聖の青春』は、難病と闘いながらも将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)さんの生涯を描いた大崎善生さんによる同名ノンフィクション小説を映画化した作品です。 「東の羽生、西の村山」と並び称され [全文を読む]

映画「聖の青春」に涙腺崩壊する人続出「これから見に行く人、ハンカチ必須です!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日11時00分

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ 同作は2000年に発表された大崎善生の同名ノンフィクション小説が原作。羽生善治とならび、「東の羽生、西の村山」と称された村山が主人公。名人となる夢を持ちながらも病に倒れた“怪童”の生涯が、師匠や家族、そして現在も将棋界で活躍する棋士たちとの交流を通して描かれている。 物語は大阪に住み、七段として将棋を指している [全文を読む]

第1期電王戦 二番勝負 第2局 山崎隆之八段 対 PONANZA(大崎善生)

ニコニコニュース / 2016年05月26日17時00分

自分が学生だった頃の話だから、今からもう30年以上も前のことだろうか。 私が通っていた新宿の将棋道場で、流行っていた言葉があった。「ヒエー山」というものである。とにかく相手に意表の手を指されてその驚きを表す言葉として、誰が言いだしたのかは知らないが、とにかくあちらこちらから聞こえてきた。 たとえば決め手と思っていた飛車取りを無視されていきなり攻め合いにこら [全文を読む]

松山ケンイチが天才棋士・村山聖に!「聖の青春」が映画化

Movie Walker / 2016年02月03日06時00分

難病と闘いながら将棋に全人生を賭けた彼の壮絶な生き様を描く、大崎善生のノンフィクション小説「聖の青春」が映画化され、松山ケンイチが主演を務めることが明らかになった。 幼少期より腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖。入院中のある日、父が何気なく勧めた将棋に心を奪われてから彼は、将棋の最高峰・名人位を獲る夢を抱いて、将棋の道をまっしぐらに突 [全文を読む]

電王戦第5局観戦記 大崎善生(作家)

ニコニコニュース / 2014年04月18日15時00分

4月13日午前2時30分。 私は地元西荻窪の居酒屋のカウンター席に編集者T君と並んで座り、マグロ刺身や山芋の千切りなんかをつまみながら焼酎を飲んでいた。 何だか疲れていた。 疲れ果てていた。 先日の朝9時から今までに起こったことをゆっくりと何度も反芻し、そして何かが蘇るたびに頭の中はくるくると何かが回転するような感覚に囚われた。頭に蘇った何かを私はときどき [全文を読む]

将棋電王戦リベンジマッチ観戦記(執筆者:大崎善生)

ニコニコニュース / 2014年01月06日18時45分

なんともいえない不思議な思いばかりが胸をよぎり続けた。私は対局室に居て、目の前で起こっている現象をどのように理解し、あるいは把握するべきなのかと何度も思いを巡らせていた。 2013年12月31日―。年の瀬の慌しさの真っ只中にある東京の中でも一際の喧騒に包まれた明治神宮の膝元、原宿。多くの人で賑わう竹下通りの一角にあるビル内に造られた16畳ほどの和室の中で、 [全文を読む]

フォーカス