小池真理子のニュース

小池真理子『二重生活』(角川文庫刊)、映画化!公開を記念したプレゼントキャンペーンを実施中!

PR TIMES / 2016年07月11日13時52分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2498/resize/d7006-2498-372107-0.jpg ] 直木賞作家・小池真理子が描く蠱惑的な“尾行”サスペンスの『二重生活』(角川文庫刊)が映画化され、東京・新宿ピカデリーほか全国で好評上映中です。主演は若手実力派女優の門脇麦。フランス人アーティストのソフィ・カルの作品に触発 [全文を読む]

本番中に居眠り!?菅田将暉が門脇麦に謝罪!

Movie Walker / 2016年06月14日19時57分

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』(6月25日公開)の完成披露試写会が、6月14日に新宿ピカデリーで開催。門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が舞台挨拶に登壇した。 菅田は、門脇について「理性というか、いろんな経験から振り絞った行動や会話をするというイメージがあったのですが、実際はすごく動物的でした」と印象を述べると、門脇 [全文を読む]

門脇 麦+菅田将暉『二重生活』インタビュー

NeoL / 2016年06月25日14時35分

小池真理子原作の『二重生活』をドキュメンタリードラマで高い評価を得ている監督・岸 義幸が大胆にアレンジした本作。「理由なき尾行」という仄暗い扇情を掻き立てる非日常的な軸をより鮮明に浮かび上がらせるのが、同棲している恋人同士の日常を描いたシーン。初の共演となった同世代のふたりに、本作への向き合い方、現場で様子から今後の展望までを聞いた。 ——まず、お二人が原 [全文を読む]

門脇麦、長谷川博己を尾行するシーンは「面白かった」

Movie Walker / 2016年06月25日12時29分

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』の初日舞台挨拶が、6月25日に新宿ピカデリーで開催。門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が舞台挨拶に登壇した。門脇は映画について「自分の想像を超えていました」と手応えを口にした。 門脇は「すべてが想像を超えていて、一観客として楽しめた作品でした」と満足そうに語る。尾行のシーンについては「長 [全文を読む]

菅田将暉、撮影中にリアルに寝ちゃった

Woman Insight / 2016年06月14日21時48分

直木賞作家・小池真理子さんの原作を大胆に脚色し、今までの日本映画にはない新感覚の心理エンターテインメント作品となった映画『二重生活』。数々のドキュメンタリー番組やドラマを監督してきた岸監督の映画初監督作品です。 本作で単独初主演を果たした門脇さんは、菅田さんとの同棲シーンを最初に撮影し、その後は悶々と不安な時を過ごしていたそうです。でも後半は長谷川さんを [全文を読む]

斎藤工&池松壮亮、水着姿の肉体を披露 成海璃子&遠藤新菜もビキニで浮かぶ

モデルプレス / 2016年04月13日05時00分

◆映画「無伴奏」-4人の激しい恋と青春 同作は、直木賞作家・小池真理子氏による同タイトルの半自叙伝的小説が原作のラブストーリー。学園闘争真っただ中の70年代前後の仙台が舞台で、クラシック音楽が流れる喫茶店「無伴奏」で出会った4人の激しい恋と青春を描く。 ◆セックスを始める茶室のシーン 2枚目の写真は、響子(成海)が茶室に入っていくシーン。物語の重要な場面の [全文を読む]

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝を、成海璃子主演で完全映画化

NeoL / 2016年04月02日14時59分

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を映像化した、映画『無伴奏』がまもなく公開! 舞台は、反戦運動や全共闘運動が起きていた激動の1969年。高校生の響子は、親友に連れられて入った喫茶店・無伴奏で、大学生の渉と、渉の親友・祐之介、祐之介の恋人・エマに出会う。無伴奏で話をするうちに、いつしか響子は渉に強く惹かれ、のめり込んでいく。そんなある日、思いもよら [全文を読む]

直木賞作家・藤田宜永氏 妻・小池真理子さんとの関係を語る

NEWSポストセブン / 2014年07月29日16時00分

そういう振り幅の大きさ、女同士の密着度を、男の視点でサラサラと書きたいと思ったんです」 話題にのぼる著者の妻は、ご存じ、作家の小池真理子さん(61才)。夫婦そろって直木賞作家という、唯一無二のカップルだ。 「一家に作家が2人、大変では? とよく言われます。でも、自分のことしか考えていない2人ですから、お互いに治外法権みたいなもので、食事のとき以外はそれぞれ [全文を読む]

超新星ユナク主演『無花果の森』初日舞台挨拶で発覚!「いいニオイのユナクにドキドキ」と監督

Woman Insight / 2014年06月14日17時27分

小池真理子さん原作『無花果の森』が映画化され、超新星のユナクさんが日本映画単独初主演で挑みます。 映画公開の6月14日、東京・シネマート新宿で、ユナクさん(超新星)、原田夏希さん、MiNoさん、古厩智之監督が登壇し、初日舞台挨拶を行いました。 ユナクさんに、日本の映画で初主演が決まった当時の気持ちを聞くと、「不安……いっぱいありました。すべてが日本語だから [全文を読む]

小池真理子 介護した父が最後まで性求めていたことに感動

NEWSポストセブン / 2013年12月23日07時00分

2013年8月、直木賞作家の小池真理子さんはひっそりと母を送った。8年近くにも及ぶ介護の苦悩は、ほとんど誰にも明かさぬままだった。彼女の介護は、それ以前の父から始まっている。4年前に亡くした父は、パーキンソン病で最後は自分の意思も伝えられない状態だった。母は認知症が進み、最後は娘の顔もわからぬ状態だった。 その介護について小池さんが自ら語ってくれた。「さま [全文を読む]

フォーカス