小池真理子のニュース

小池真理子『二重生活』(角川文庫刊)、映画化!公開を記念したプレゼントキャンペーンを実施中!

PR TIMES / 2016年07月11日13時52分

[画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2498/resize/d7006-2498-372107-0.jpg ] 直木賞作家・小池真理子が描く蠱惑的な“尾行”サスペンスの『二重生活』(角川文庫刊)が映画化され、東京・新宿ピカデリーほか全国で好評上映中です。主演は若手実力派女優の門脇麦。フランス人アーティストのソフィ・カルの作品に触発 [全文を読む]

本番中に居眠り!?菅田将暉が門脇麦に謝罪!

Movie Walker / 2016年06月14日19時57分

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』(6月25日公開)の完成披露試写会が、6月14日に新宿ピカデリーで開催。門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が舞台挨拶に登壇した。 菅田は、門脇について「理性というか、いろんな経験から振り絞った行動や会話をするというイメージがあったのですが、実際はすごく動物的でした」と印象を述べると、門脇 [全文を読む]

門脇 麦+菅田将暉『二重生活』インタビュー

NeoL / 2016年06月25日14時35分

小池真理子原作の『二重生活』をドキュメンタリードラマで高い評価を得ている監督・岸 義幸が大胆にアレンジした本作。「理由なき尾行」という仄暗い扇情を掻き立てる非日常的な軸をより鮮明に浮かび上がらせるのが、同棲している恋人同士の日常を描いたシーン。初の共演となった同世代のふたりに、本作への向き合い方、現場で様子から今後の展望までを聞いた。 ——まず、お二人が原 [全文を読む]

門脇麦、長谷川博己を尾行するシーンは「面白かった」

Movie Walker / 2016年06月25日12時29分

小池真理子の同名小説を映画化した『二重生活』の初日舞台挨拶が、6月25日に新宿ピカデリーで開催。門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が舞台挨拶に登壇した。門脇は映画について「自分の想像を超えていました」と手応えを口にした。 門脇は「すべてが想像を超えていて、一観客として楽しめた作品でした」と満足そうに語る。尾行のシーンについては「長 [全文を読む]

菅田将暉、撮影中にリアルに寝ちゃった

Woman Insight / 2016年06月14日21時48分

直木賞作家・小池真理子さんの原作を大胆に脚色し、今までの日本映画にはない新感覚の心理エンターテインメント作品となった映画『二重生活』。数々のドキュメンタリー番組やドラマを監督してきた岸監督の映画初監督作品です。 本作で単独初主演を果たした門脇さんは、菅田さんとの同棲シーンを最初に撮影し、その後は悶々と不安な時を過ごしていたそうです。でも後半は長谷川さんを [全文を読む]

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝を、成海璃子主演で完全映画化

NeoL / 2016年04月02日14時59分

直木賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を映像化した、映画『無伴奏』がまもなく公開! 舞台は、反戦運動や全共闘運動が起きていた激動の1969年。高校生の響子は、親友に連れられて入った喫茶店・無伴奏で、大学生の渉と、渉の親友・祐之介、祐之介の恋人・エマに出会う。無伴奏で話をするうちに、いつしか響子は渉に強く惹かれ、のめり込んでいく。そんなある日、思いもよら [全文を読む]

直木賞作家・藤田宜永氏 妻・小池真理子さんとの関係を語る

NEWSポストセブン / 2014年07月29日16時00分

そういう振り幅の大きさ、女同士の密着度を、男の視点でサラサラと書きたいと思ったんです」 話題にのぼる著者の妻は、ご存じ、作家の小池真理子さん(61才)。夫婦そろって直木賞作家という、唯一無二のカップルだ。 「一家に作家が2人、大変では? とよく言われます。でも、自分のことしか考えていない2人ですから、お互いに治外法権みたいなもので、食事のとき以外はそれぞれ [全文を読む]

超新星ユナク主演『無花果の森』初日舞台挨拶で発覚!「いいニオイのユナクにドキドキ」と監督

Woman Insight / 2014年06月14日17時27分

小池真理子さん原作『無花果の森』が映画化され、超新星のユナクさんが日本映画単独初主演で挑みます。 映画公開の6月14日、東京・シネマート新宿で、ユナクさん(超新星)、原田夏希さん、MiNoさん、古厩智之監督が登壇し、初日舞台挨拶を行いました。 ユナクさんに、日本の映画で初主演が決まった当時の気持ちを聞くと、「不安……いっぱいありました。すべてが日本語だから [全文を読む]

小池真理子 介護した父が最後まで性求めていたことに感動

NEWSポストセブン / 2013年12月23日07時00分

2013年8月、直木賞作家の小池真理子さんはひっそりと母を送った。8年近くにも及ぶ介護の苦悩は、ほとんど誰にも明かさぬままだった。彼女の介護は、それ以前の父から始まっている。4年前に亡くした父は、パーキンソン病で最後は自分の意思も伝えられない状態だった。母は認知症が進み、最後は娘の顔もわからぬ状態だった。 その介護について小池さんが自ら語ってくれた。「さま [全文を読む]

小池真理子 母の認知症語る「冷蔵庫、浴室はカビだらけで…」

NEWSポストセブン / 2013年12月19日16時01分

今年8月、直木賞作家の小池真理子さん(61才)はひっそりと母を送った。8年近くにも及ぶ介護の苦悩は、ほとんど誰にも明かさぬままだった。小池さんはこう語る。 「ある日、妹から“ママが白蟻駆除の悪質業者に騙された”という連絡が入ったんです。急いで弁護士に相談して、クーリングオフ制度で事なきを得ました。でも、私は“これだけ世間で騒がれているのに、なぜ騙されたの? [全文を読む]

【TBSオンデマンド】月曜ゴールデン特別企画「恋」12月18日(水)よる11:00より見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年12月18日16時46分

石原さとみ主演、小池真理子の最高傑作と評される直木賞受賞作をドラマ化!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、本日12月18日(水)よる11:00より、月曜ゴールデン特別企画「恋」の見逃し配信を開始します。作家・小池真理子の最高傑作と評される、第114回直木賞受賞作「恋」が原作。主演を務める石原さとみほか、井浦新、田中麗奈ら豪華キャストで [全文を読む]

ポルノ以上に禁断の領域? 男が絶対に認めたくない欲望を直視した異色作

文春オンライン / 2017年05月25日17時00分

そう言うと、カミさん(作家の小池真理子さん)なんか『信じられない』と驚くんだけど。母親との関係が悪かったことはこれまでにも小説に書いたことがあるので、今回は違う角度から、自分の母親ではない、抽象的な観念としての母親への不全感を回復する話を書いてみようと思ったんです」 日本人の行動性の裏にはおふくろがべったりくっついている、と言った三島由紀夫の言葉や、江藤淳 [全文を読む]

危険な三角関係にハマる?ほろ苦い恋を学べる「大人の恋愛小説」3選

ココロニプロロ / 2017年05月14日18時00分

複雑に絡み合った恋愛関係って、いろいろ勉強になりますよ!◆一組の夫婦+女子大生の三角関係小池 真理子・著『恋』超傑作との呼び声も高い『恋』の作者・小池真理子さんは、ご主人の藤田宜永さんともども直木賞を受賞しています。美人作家と言われ、エッセイ『悪女のすすめ』もベストセラーに。『恋』はミステリー仕立ての作品です。軽井沢で女子大生・布美子が男性を射殺、さらに、 [全文を読む]

【試写室】「ドラマ・ミステリーズ―」俳優たちの“狂気”にあっぱれ

Smartザテレビジョン / 2017年04月22日05時00分

大泉は、小池真理子の「妻の女友達」に出演。市役所の戸籍係・広中肇という、家と会社の往復をひたすら繰り返す刺激のない毎日を送る面白みがない“真面目な男”が、妻の大学時代の同期であり、友人の女流作家・美雪(高岡早紀)と再会したことで徐々に女流作家に対し「いなくなってくれれば」という思いを募らせ…。土屋が出演するのは、北山猛邦の「恋煩い」。土屋演じるおまじないが [全文を読む]

成海璃子×池松壮亮×斎藤工ら出演の映画『無伴奏』、函館港イルミナシオン映画祭クロージングを飾る!

Entame Plex / 2016年11月02日19時46分

映画『無伴奏』は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を、『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が完全映画化。先日ロシア・サハリン国際映画祭 IFF“ON THE EDGE”「世界の果て」のコンペティション部門で審査員特別賞を受賞したことも記憶に新しい本作だが、このたび、12月9日(金)~11日(日)に開催される第22 [全文を読む]

「この指が覚えていた」―背徳感や恍惚感がエロい女に燃え上がらせる!セックスだけで終わらない、60の官能作品

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月02日15時00分

石田衣良、小池真理子、山田詠美など著名な作家の作品もあれば、与謝野晶子、谷崎潤一郎、川端康成など文豪の名前も挙がっている。一見すると官能作品とは思えないものも、著者いしいのりえ氏の解釈にかかると色艶を帯びたエロスの表現に見えてくるから不思議だ。 [全文を読む]

日本の競輪場 初!?ドリームスタジアムとやまで「ギネス世界記録(R) 」達成!!

PR TIMES / 2016年09月20日16時29分

[画像1: http://prtimes.jp/i/21428/2/resize/d21428-2-111706-0.jpg ] ギネス世界記録内容:最大の包み紙モザイク(サイズ:14.75m2 ) 9月19日(月)認定 「ギネス世界記録」結果発表では、公式認定員の小池真理子(コイケマリコ)さんからドリームスタジアムとやまのマスコットキャラクターの「ライ [全文を読む]

明らかになる隣人の秘密――“尾行”にのめり込んだ主人公の運命とは

NeoL / 2016年07月21日23時11分

小池真理子の同名長編小説を、映像作家・岸善幸が大胆に脚色、映画化した『二重生活』が公開中。 大学院で哲学を学ぶ平凡な学生・珠。同棲しているゲームデザイナーの卓也とも穏やかな日々を送っていた。ところが、担当教授から修士論文の題材に“哲学的尾行”の実践を持ちかけられたことから、珠の日々が一変。半信半疑で始めた隣人・石坂への尾行だったが、彼の秘密が明らかになって [全文を読む]

門脇麦「他人の目に敏感です」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年06月27日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 ©2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※玉城ティナ、監督からのアドバイスは「吐息がいいよ!」 ※篠田麻里子、ディー [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 (C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート! ※男・ [全文を読む]

フォーカス