近江友里恵のニュース

ブラタモリ「近江友里恵アナ」ドジっ子の秘密はボディビル

WEB女性自身 / 2016年07月23日06時00分

(写真:2009年、早明戦を観戦中の近江友里恵(早稲田ウィークリー1206号より))『ブラタモリ』(NHK)が絶好調だ。伊勢神宮を旅した6月4日の放送では、番組史上最高の視聴率となる18.6%をマーク。その立役者が、タモリの相棒役を務める近江友里恵アナ(27)である。 近江アナは早稲田大学を卒業後、2012年、NHKに入局、熊本放送局、福岡放送局を経て、今 [全文を読む]

『ブラタモリ』新アシスタントの近江友里恵アナは“女神”!? 前任・桑子真帆アナ時代を上回る高視聴率をキープ

日刊サイゾー / 2016年06月23日13時00分

そのため、4月30日オンエア分から3代目アシスタントを務めている近江友里恵アナは“女神”と呼ばれ始めているのだ。 『ブラタモリ』は2009年10月に第1シリーズがスタートし、初代アシスタントには久保田祐佳アナが就任。12年4月5日に第3シリーズが終了すると、しばらくブランクがあったが、昨年4月11日より、3年ぶりに第4シリーズが始まった。2代目アシスタン [全文を読む]

【衝撃】NHKの女子アナ、服を前後ろ反対に着こなす!平野綾の再来か!

秒刊SUNDAY / 2016年06月20日10時06分

さて今ネットで話題となっているのはNHKの女子アナである「近江友里恵」さんが、前後ろ逆に洋服を着ているとのことだ。一体誰がそんなことを発見したのか非常に気にはなりますが、問題の写真を見てみますと、着ているのはギンガムブラウス、左のグレーのブラウスですが、リボンが前にある一見なんら問題はないように見えます。しかしオフィシャルのカワイイ見本の着こなし方は違いま [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『ブラタモリ』で長尺の下ネタ タモリの見事な語りに女子アナも聞き入る

TechinsightJapan / 2016年05月23日14時40分

タモリと近江友里恵アナウンサーはサミットで世界中の注目が集まる三重県志摩へ向かった。海女さんが志摩の海でとってくるアワビや志摩の特産品・カツオ節づくりの秘密を見て回り、志摩の海が生んだ世界に誇る真珠づくりにも挑戦した2人は志摩の絶景を堪能してエンディングを迎える。 すると最後のおまけシーンで、カツオ節を手にタモリが語り出す。イタリア語で「カツオ」は男性器 [全文を読む]

「ブラタモリ」続刊!ロケの撮影風景や特別写真も収録

Smartザテレビジョン / 2017年05月18日13時01分

その土地の歴史はもちろん、タモリの博識ぶりやNHK近江友里恵アナウンサーとの軽妙なやりとりも話題となっている。今回、発行部数が累計55万部を記録した第1~6巻に続き、2016年度に放送された内容が6冊に分けて書籍化(KADOKAWA)されることが決定した。 第7巻では書籍初収録となる京都が登場。「嵐山はナゼ美しい!?」「伏見は“日本の首都”だった!?」をテ [全文を読む]

春の「プリヒップ」美女アナグランプリ!(1)NHK・桑子真帆は「ニュースウオッチ9」でも…

アサ芸プラス / 2017年04月16日17時57分

ニュースを離れて、バラエティへ目を移せば、「ブラタモリ」で近江友里恵アナ(28)が活躍中だ。芸能評論家の織田祐二氏が指摘する。「この番組は、階段や坂を登る外ロケが多いが、女子アナの並び位置は最後方になる。そのため女子アナの尻見せ“ブラオシリ”ショットが多発するのです。別府温泉での足湯につかるシーンでは、ふっくらしたふくらはぎを見せていましたが、下半身は典 [全文を読む]

朝日新聞が投稿欄で「NHKへの意見募集」を特集

メディアゴン / 2017年01月26日07時40分

タモリと近江友里恵アナを取り巻いてゾロゾロ付いていくスタッフのなんと多いことか。ロケものは「撮れ高(撮影した映像で放送に使えそうな部分)」勝負だから、物量作戦の出来るNHKが有利である。しかし、大名行列のような映像は反感を買うこともあるので最小限にすべきである。<投稿2「耐えらない番宣の乱発」>これは筆者としては多いに支持する。見ていて腹が立つほど番宣(番 [全文を読む]

民放女子アナ軒並み凋落 唯一期待が持てそうなのはテレ東か

NEWSポストセブン / 2016年09月07日07時00分

そのほか、『ブラタモリ』の桑子真帆アナ(29)や近江友里恵アナ(27)ら次から次へと人気アナが生まれている。まさに女子アナ界はNHKが民放を大きく引き離す“1強5弱”の時代である。 一方、かつて「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビでは局員が肩を落とす。 「今年の夏のお台場イベントのPRでは若手を差し置き三十路の生野陽子アナ(32)がメインを飾った。リオ五輪 [全文を読む]

NHK女子アナ黄金時代到来 なぜ1強5弱になったのか

NEWSポストセブン / 2016年09月05日07時00分

そのほか、『ブラタモリ』の桑子真帆アナ(29)や近江友里恵アナ(27)ら次から次へと人気アナが生まれている。 どうしてNHKだけが、人気アナを輩出できているのか。NHKのほか、民放各局にも出入りする制作会社スタッフが解説する。 「NHKでは入局後、まず地方支局に配属され数年間の下積みでレポート力など実力を磨く。いまや売れっ子の井上や桑子も地方勤務の経験者で [全文を読む]

タモリは親近感のあるおじさん? “新相棒”NHK近江アナが語る

anan NEWS / 2016年07月02日20時00分

4月から相棒役をつとめているのが、近江友里恵アナウンサー。 「タモリさんと一緒に旅をする自分の姿は想像つかなかったし、熱烈なファンの方がいる番組なので、“世界観を壊したらどうしよう”という不安もありました。そのせいか、1回目の京都の回は、肩の力が入りすぎてガチガチ(笑)。でも、タモリさんが本当に優しく接してくださって。“あの店美味しいよね”と福岡の地元トー [全文を読む]

フォーカス