飯島勲のニュース

【保育園落ちた騒動】安倍政権へ向けたもうひとつの文春砲|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年03月22日18時03分

さて、この特集を読んで「飯島勲の激辛インテリジェンス」という連載コラムを読むと「読みごたえ」が十分なのである。飯島勲氏とは小泉政権の首相秘書官だったあの人だ。現在は特命担当の内閣参与。飯島氏の連載でも「保育園落ちた政局」をとりあげているのだが、《安倍内閣は懸命に保育所の受け入れ体制を拡充しているけど、供給を増やすと「ウチも子どもを預けたい」需要も掘り起こ [全文を読む]

ももクロ&官邸の“特命交渉人”が、政治を語る異色対談が面白すぎる

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月22日11時30分

なんと現在、安倍政権にて内閣官房参与を務める飯島勲氏(67)もモノノフの一人なのだ。関連情報を含む記事はこちら 飯島氏といえば、元首相・小泉純一郎氏を支える剛腕秘書として国内外で恐れられてきた人物。今年5月には、安倍首相の“密使”として極秘訪朝を行ったが、北朝鮮がそれを表敬訪問と称して暴露。大きなニュースになったのは記憶に新しい。 そんな彼がももクロと出会 [全文を読む]

都議会自民はなぜ、取材を受けないのか?

プレジデントオンライン / 2016年12月27日17時30分

同じく連載陣といえば、飯島勲・内閣参与からは、「もう少し着地点を考えながらやったら100点なのに。瞬間的に支持率が90%あってもしょうがない」と指摘があった。他誌では、小池知事の手法を厳しく批判する媒体は多い。 豊洲移転の延期についてさっさと移転すべきだったと言う批判があがっているが、市場で扱っている商品が「食品」である以上、行政の過剰に慎重な反応は説明で [全文を読む]

飯島勲内閣参与の奇妙な議論 日本の待機児童問題その2

Japan In-depth / 2016年04月18日12時00分

林信吾(作家・ジャーナリスト)「林信吾の西方見聞録」『週刊文春』4月7日号※に、内閣参与の飯島勲氏が「保育所問題を政争の具にするな」と題した一文を寄せている。「飯島勲の激辛インテリジェンス」という連載で、実は私も結構好きである。長年にわたって政治の裏舞台で活躍してきた人ならではの情報が、とにかく面白い。しかしながら、この一文はちょっといただけなかった。前回 [全文を読む]

安倍首相ブレーン・飯島勲氏と三木谷浩史氏に壮絶口喧嘩勃発

NEWSポストセブン / 2015年11月05日07時00分

〈三木谷はあまりに世間をなめすぎだと思う〉──『PRESIDENT』(10月5日号)のコラムで飯島勲・内閣参与が、安倍首相に経済政策を提言する産業競争力会議の議員である三木谷浩史・楽天社長を呼び捨てにして痛烈批判を展開し、物議を醸しているのだ。 文中で飯島氏は、三木谷氏がオーナーを務めるプロ野球の東北楽天イーグルス、サッカーJ1のヴィッセル神戸への「現場介 [全文を読む]

内閣参与・飯島勲が「自民党300議席」予測! 野党切り崩しでさらに肥大化も

リテラ / 2014年12月01日22時00分

それは、あの飯島勲・内閣参与だ。飯島参与は「週刊文春」の連載で、「自民党が現有議席にさらに上積み」「自民党単独で三百議席も夢じゃないよ」と断言。返す刀で、民主党の枝野幸男、馬淵澄夫、生活の党の小沢一郎、次世代の党の平沼赳夫ら、大物野党議員が当落線上にいることまで指摘したのだ。 [全文を読む]

北朝鮮交渉でカヤの外? 飯島勲参与の気になる発言 プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.52

東京ブレイキングニュース / 2014年07月15日20時00分

Photo by 政治の急所/飯島勲 また北朝鮮にアントニオ猪木が「発射」された。超党派の国会議員5人と共に訪朝した猪木。金正恩に贈り物を贈ったとも報じられている。 さて今回は2か月前の「答え合わせ」をしてみたい。5月7日のこのコラムで「現在、官邸と北朝鮮で何らかの話し合いが進行しているのでは? 果たして、サプライズが近々あるのだろうか。」と私は書いた。 [全文を読む]

アントニオ猪木議員「北朝鮮訪問NG」の気になる裏事情...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.42

東京ブレイキングニュース / 2014年05月07日10時45分

私がザワザワしたのは、日本中が温かく見守っていたムードとは逆に、飯島勲内閣官房参与が「外交カードとしては、失敗の策かもしれない」とコメントしていたこと。 飯島勲といえば小泉純一郎の元秘書。いってみれば小泉氏のマネージャーであり仕掛け人。その力を安倍首相から頼られて現在は「特命担当内閣参与」。 飯島参与が今年1月に出版した「政治の急所」(文春新書)を読んで [全文を読む]

加藤嘉一「北朝鮮に逆利用され、米韓を怒らせた飯島氏の訪朝は“オウンゴール外交”です」

週プレNEWS / 2013年06月10日14時00分

何が話し合われたのか? なぜ今なのか? 成算はあったのか? 多くの疑問が渦巻く飯島勲氏の“電撃訪朝”。外から見る限り、不可解としかいえません。 外交に最も必要なのは何か? 日本を取り巻く国際情勢を外から眺めていると、“センス”という言葉が浮かんできます。知性や経験を総動員し、自らの政策に対して外部からどんな反応があるのかを適時判断し、戦略を練って次の手を打 [全文を読む]

韓国 飯島訪朝事前掌握できず日本に大物情報将校を送り込む

NEWSポストセブン / 2013年06月10日07時00分

5月半ば、飯島勲内閣官房参与が北朝鮮を電撃訪問し、序列第2位の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と会談した。この訪朝の内幕をジャーナリストの須田慎一郎氏が解説する。 * * * 第二次安倍内閣の現職閣僚の一人が、筆者にこう言う。 「古屋圭司拉致問題担当大臣が、まさに自信満々といった口調で、『今回は一気呵成に行く』と言っているのです。安倍首相の側 [全文を読む]

フォーカス