服部真夕のニュース

西山ゆかりがプレーオフを制しツアー2勝目、上田桃子は涙の敗戦

ParOn.(パーオン) / 2017年04月16日16時25分

【最終結果】優勝:西山ゆかり(-4)※2位:上田桃子(-4)3位T:成田美寿々(-3)3位T:申ジエ(-3)5位:岩橋里衣(-2)6位T:服部真夕(E)6位T:原江里菜(E)6位T:服部真夕(E)6位T:イ ボミ(E)他※プレーオフ記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)ALBA.Net関連記事・師匠から先輩プロへ引き継いだ、西山ゆかりの“トリセツ”・ [全文を読む]

菊地絵理香が完全優勝に王手!日本勢の連敗記録を止められるか

ParOn.(パーオン) / 2017年03月18日17時54分

トータル7アンダーの3位タイには渡邉彩香、服部真夕。トータル6アンダー・単独5位には鈴木愛、トータル5アンダーの6位タイには地元鹿児島出身の香妻琴乃ら4人がつけている。また初日出遅れインコースからのスタートとなっていたイ ボミ(韓国)は、スコアを3つ伸ばしトータル2アンダーの18位タイまで浮上。先週2位タイと初優勝の期待を集めた藤崎莉歩はトータル7オーバー [全文を読む]

菊地絵理香が単独首位発進 2差に服部真夕、イ・ボミは1オーバー48位T

ParOn.(パーオン) / 2017年03月17日17時20分

2打差2位に服部真夕、3打差3位タイに吉田弓美子、下川めぐみ、工藤遥加、ペ・ヒギョン(韓国)が続いている。昨年覇者の大江香織は2アンダー15位タイと上位に食らいついている。今季初勝利を狙うイ・ボミ(韓国)は2つのトリプルボギーが響き、1オーバー48位タイ、ホステスプロの木戸愛は3オーバー71位タイと出遅れている。また、先週の「PRGRレディス」で健闘で注目 [全文を読む]

テレサ・ルー、全美貞が首位を並走、成田美寿々が4打差で追走

ParOn.(パーオン) / 2016年09月17日18時39分

通算9アンダーの5位タイにはフェービー・ヤオ、飯島茜、永峰咲希の3人、通算8アンダーの8位タイには服部真夕、豊永志帆がつけている。ツアー20勝目が懸かるイ ボミは4バーディ、1ボギーの69、通算6アンダーの16位タイから巻き返しを図る。 また、2日目終了後にドライビングコンテストが行われ、12人の選手が参加。昨年の同コンテストで1位だった渡邉彩香が、28 [全文を読む]

姜秀衍が3年ぶりVに王手、20歳の堀琴音が3打差2位

ParOn.(パーオン) / 2016年06月11日19時11分

5打差の3位タイには服部真夕とキム ハヌルが並んだ。服部はショットに冴えを見せて多くのチャンスを演出。7バーディ、ノーボギーの7アンダー、65とこの日のベストスコアをマークして、36位タイから一気に順位を上げた。 6打差の5位タイには渡邉彩香、青木瀬令奈、吉田弓美子、イ ボミ。イは前戦で開幕から出場9戦連続トップ10と、1988年のツアー制度施行後のツア [全文を読む]

賞金ランキングトップのキム ハヌルが単独首位発進!

ParOn.(パーオン) / 2016年05月13日20時00分

3アンダー、5位タイにアマチュアの河本結さん、若林舞衣子、服部真夕、李知姫が並んだ。 この日16番でホールインワンを達成した鈴木愛、公傷から復帰して間もない佐伯三貴、吉田弓美子ら7人が2アンダーの9位タイで並ぶ。なお、鈴木にはゼンリンから特別賞として、賞金100万円が贈られる。<初日結果>1位 キム ハヌル(-6、合計-6)2位 原江里菜(-5、合計-5) [全文を読む]

【強い女子プロのSW大調査12】服部真夕 ティアドロップ形・ストレートネック

ParOn.(パーオン) / 2015年10月31日17時00分

SWは「ミズノ MP R 4 ウェッジ」「アイアンからの流れがよく構えやすい!」強い女子プロのSW大調査 一覧へ 使用ウェッジロフト角48度、52度、58度(バンス角10度)ヘッドミズノ MP R 4 ウェッジシャフト(FLEX)N.S.PRO950GH(R)アイアンシャフト(FLEX)N.S.PRO850GH(R)強い女子プロのSW大調査 一覧へ [全文を読む]

服部真夕が首位発進! 連覇を狙う鈴木愛は91位タイと出遅れ

ParOn.(パーオン) / 2015年09月10日19時22分

服部真夕が初日を4アンダーの単独首位で好スタートを切った。大会連覇を狙う鈴木愛は6オーバーの91位タイと出遅れ。3週連続優勝を目指すイボミは1オーバーの20位タイ。 6735ヤードという国内女子ツアー史上最長のコースに各選手とも苦戦、アンダーパーをマークしたのはわずかに9人だけという初日。CAT Ladiesで3年ぶりの復活優勝を果たした服部真夕が好スター [全文を読む]

5週連続トップテンを狙う服部真夕、スコアメイクのカギはアプローチ?

ParOn.(パーオン) / 2015年09月03日17時49分

ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント(9月4日~6日、岐阜県・みずなみCC、6559ヤード、パー72)「私、ゴルフ雑誌の表紙になったのなんて、生まれて初めてです!」 と、まるで若手選手のような初々しい表情を見せたのが服部真夕だ。今週発売の週刊パーゴルフの表紙を飾っていただいたわけだが、実物を目にしたこの日、改めて感激していた。 2週前のCAT Ladi [全文を読む]

服部真夕、3年ぶりVは涙よりも達成感

ParOn.(パーオン) / 2015年08月23日18時32分

CAT Ladies(8月21日~23日、神奈川県・大箱根CC、6701ヤード、パー73) 最終日、1打差の2位でスタートした服部真夕が5バーディ、1ボギーの69で回り、通算14アンダーで2位に4打差をつけて今季初優勝、3年ぶりのツアー5勝目を挙げた。 1番(パー5)、2番(パー4)で連続バーディを奪って首位に立つと、ピンチの9番(パー5)は4メートルのパ [全文を読む]

服部真夕が逆転優勝! 3年ぶりの通算5勝目

ParOn.(パーオン) / 2015年08月23日16時43分

2位スタートの服部真夕が通算14アンダーで首位との1打差を逆転し、3年ぶりの通算5勝目を挙げた。単独首位からスタートしたペ ヒキョン(韓国)は通算10アンダーの2位タイ。大会2連覇を狙った上田桃子も同じく2位タイに終わった。 最終組が前半を終え、単独首位スタートのペ ヒキョンは2バーディを奪ったものの、8番のダブルボギーでスコアを伸ばせず通算11アンダー。 [全文を読む]

ペ ヒキョンが単独首位に浮上! 服部真夕が1打差の2位、渡邉彩香、三塚優子が3位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年08月22日15時54分

服部真夕が通算10アンダーの単独2位。通算9アンダーの3位タイに三塚優子と9位タイから浮上した渡邉彩香の二人が並んだ。 ルーキーのペ ヒキョンが後半5バーディのチャージで、8バーディ、1ボギーの66、この日のベストスコアをマーク。7つスコアを伸ばして通算11アンダーの単独首位に浮上。ツアー初優勝に王手をかけた。 首位タイでスタートした服部真夕は1番でイーグ [全文を読む]

鈴木愛、服部真夕ら4人が首位タイ、前年優勝の上田桃子は36位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年08月21日16時00分

好スコアが続出した初日は、鈴木愛、服部真夕、三塚優子、鬼澤信子の4人が7アンダーの首位タイに並んだ。連覇を狙う上田桃子は1アンダーの36位タイにつけている。 今季2位が2回、3位タイにも1回入るなど、ツアー2勝目にあと一歩と迫る鈴木愛が好スタートを決めた。1番から3連続バーディで飛び出すと、7番、9番のバーディで前半5つ伸ばし、後半も2バーディを奪って、ノ [全文を読む]

テレサ・ルーが逆転優勝! 渡邉彩香は猛追も2打及ばず2位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年08月16日17時47分

単独首位から出た服部真夕は通算11アンダーの4位タイに終わった。 首位に2打差の単独3位で最終組をスタートしたテレサ・ルーが、1番でバーディが先行すると3番、5番と前半で3つ伸ばし、通算12アンダーの単独首位に浮上。1打差の2位タイに3人、2打差の5位タイに3人がひしめく混戦となって迎えたバックナインも11番バーディ、16番パー5では2オンに成功してバーデ [全文を読む]

好調の服部真夕「絶頂期よりもいいゴルフをしていると思う」

ParOn.(パーオン) / 2015年08月15日18時04分

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(8月14日~16日、長野県・軽井沢72G北C、6583ヤード、パー72) 服部真夕が6つスコアを伸ばし、通算11アンダー、単独トップに立った。 先週のmeijiカップでは今季最高位の9位タイに入り、調子が上向いてきている服部。昨日の初日は3位タイスタートを決めたが、この日もすべてがかみ合った。 ただ、スタートホールの1番 [全文を読む]

服部真夕が首位に浮上! 1打差の2位に大山志保

ParOn.(パーオン) / 2015年08月15日16時29分

3位タイの服部真夕が66で回り、通算11アンダーの単独首位に浮上。3年ぶりのツアー通算5勝目に王手をかけた。8位タイの大山志保がインで29をマークするなど6つスコアを伸ばして、通算10アンダーの単独2位。ディフェンディングチャンピオンのイ ボミ(韓国)は、通算5アンダーの14位タイに後退した。 首位に3打差の3位タイからスタートした服部真夕が、1番からの3 [全文を読む]

吉田弓美子が単独首位、2打差の2位にジョン ジェウン

ParOn.(パーオン) / 2015年05月23日15時51分

穴井詩は3位、服部真夕は10位タイに後退した。 3位タイからスタートした吉田弓美子が、1番でバーディが先行すると7番から3連続バーディを奪って前半4つ伸ばし、後半も12番、14番、16番と3バーディを奪い、ノーボギーの65。この日のベストスコアをマークすると通算11アンダーの単独首位に浮上。今季優勝、2年ぶりのツアー通算5勝目に王手をかけた。 同じく3位タ [全文を読む]

服部真夕、自身初の9バーディでトップタイ発進! 絶不調から脱出か!?

ParOn.(パーオン) / 2015年05月22日18時21分

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン(5月22日~24日、愛知県・中京GC石野C、6459ヤード、パー72) 今季は開幕戦で42位タイのあと、9試合連続で予選落ちしていた服部真夕。先週のほけんの窓口レディースで10試合ぶりに予選を通過した。「これで悪い流れは断ち切れた」 と話すように、今大会は初日からバーディを量産した。 出だしの1番からボギー。嫌な流 [全文を読む]

首位に服部真夕と穴井詩、1打差3位タイにイ ボミら4人

ParOn.(パーオン) / 2015年05月22日16時11分

初日5アンダーの首位に立ったのは、ツアー初優勝を目指す穴井詩と3年ぶり5度目の優勝を狙う服部真夕の二人。1打差の4アンダーにイ ボミ、ジョン ジェウンの韓国勢に吉田弓美子、石川陽子の4人が並んだ。 服部真夕が前半5バーディ、後半も4バーディを奪い、9バーディ、4ボギーの67をマークして首位タイ、2012年のアース・モンダミンカップ以来、3年ぶりのツアー5勝 [全文を読む]

服部真夕が今季初めての60台でフィニッシュ!

ParOn.(パーオン) / 2014年04月13日18時21分

スタジオアリス女子オープン(4月11~13日、兵庫県・花屋敷GCよかわC、6376ヤード、パー72) 服部真夕が最終日に今年初めて60台を叩きだし、通算5アンダーの4位でフィニッシュした。66はコースレコードタイ。 最終日は6バーディ、ノーボギーの完璧なゴルフだった。 服部の口から最初に出た言葉も「本当にうれしいです」 の一言だった。暗く長いトンネルから抜 [全文を読む]

フォーカス