一ノ瀬優希のニュース

青木瀬令奈が単独首位発進!3差に鈴木愛、キム・ハヌル

ParOn.(パーオン) / 2017年03月10日17時35分

3打差2位タイに鈴木愛、キム・ハヌル(韓国)、4打差4位タイに開幕戦を制したアン・ソンジュ(韓国)、大山志保、葭葉ルミ、森田遥、全美貞(韓国)、一ノ瀬優希、藤崎莉歩ら7人が続いている。昨年覇者のイ・ボミ(韓国)は3バーディ・1ボギーで回り、2アンダー11位タイ、今季初戦に臨んでいるホステスプロの森田理香子は後半16番でのトリプルボギーが響き、2オーバー65 [全文を読む]

3年ぶりの優勝も見えてきた!? 姜秀衍が単独首位

ParOn.(パーオン) / 2016年06月10日20時06分

8位タイには吉田弓美子、一ノ瀬優希、藤田さいき、鈴木愛、飯島茜の5人が通算4アンダーで並んだ。<2日目結果>1位 姜 秀衍(-8、通算-12)2位 キム ハヌル(-2、通算-8)3位 堀琴音(-4、通算-7)4位T 全 美貞(-4、通算-6)4位T イ ボミ(0、通算-6)6位T 福田真未(-1、通算-5)6位T 笠りつ子(-3、通算-5)8位T 吉田弓美 [全文を読む]

P.チュティチャイが上田桃子とのプレーオフを制しツアー初V!

ParOn.(パーオン) / 2016年06月05日21時46分

続く4位タイは通算7アンダーで申ジエとイ ボミ、6位タイは通算5アンダーで一ノ瀬優希と大城さつきがそれぞれ並んだ。また、単独8位には通算4アンダーでアマチュアの蛭田みなみが入った。9位タイは穴井詩、ジョン ジェウン、上原美希、若林舞衣子の4人。<最終日結果>1位 P.チュティチャイ(+1、通算-10)2位 上田桃子(-4、通算-10)3位 藤田光里(-3 [全文を読む]

ユン チェヨンが単独首位! 最終日・最終組は韓国勢同士の戦いに!

ParOn.(パーオン) / 2016年04月02日18時26分

続いて4位タイにつけたのは一ノ瀬優希、鈴木愛、渡邉彩香、笠りつ子、テレサ・ルーの5人。一ノ瀬は前日まで2オーバーとしていたが、この日は5バーディ、2ボギーの69、通算1アンダーとスコアを伸ばした。また、鈴木は17番でチップインイーグルを決めるなど、要所でチャンスをものにして前日より一つスコアを伸ばして優勝争いに望みをつなげた。一方、前日首位タイのテレサ・ [全文を読む]

【強い女子プロのSW大調査10】一ノ瀬優希 ティアドロップ形・ストレートネック(出っ歯)

ParOn.(パーオン) / 2015年10月30日17時00分

SWは「ピン ツアー ウェッジ GORGE」「難しいアプローチでもかなり役立ってます!」強い女子プロのSW大調査 一覧へ 使用ウェッジロフト角52度、58度(バンス角12度)ヘッドピン ツアー ウェッジ GORGEシャフト(FLEX)ダイナミックゴールドSL(R)アイアンシャフト(FLEX)ZEROS7(R)強い女子プロのSW大調査 一覧へ [全文を読む]

申ジエが初日4アンダーの単独首位、アマの野澤真央さんが2位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年05月01日16時47分

ディフェンディングチャンピオンの一ノ瀬優希は3オーバーの位タイと出遅れた。 申ジエが13番からの3連続バーディを含む6バーディ、2ボギーの68で回り、4アンダーの単独首位。今季初優勝に向けて好スタート。 ドライバーの平均飛距離が270ヤードというアマチュアの飛ばし屋、18歳の野澤真央さんが上がり2ホールで連続バーディを奪うなど、4バーディ、1ボギーの69を [全文を読む]

藤田光里が土壇場18番のバーディでツアー初優勝!

ParOn.(パーオン) / 2015年04月26日15時27分

一ノ瀬優希、松森彩夏は通算6アンダーの2位タイに終わった。 最終組が最終18番を迎えた時点で6人が通算6アンダーに並んだ大混戦を藤田光里が制した。 首位に3打差で最終組からスタートした藤田。4番、5番で連続バーディを奪い、7番のバーディで前半を3つ伸ばすと、後半は上位の選手がスコアを落とす中、15番でボギーをたたくものの、我慢のゴルフで首位に並んだまま最終 [全文を読む]

首位浮上の一ノ瀬優希、ケガで分かった理想のゴルフ

ParOn.(パーオン) / 2015年04月25日19時38分

フジサンケイレディスクラシック(4月24~26日、静岡県・川奈ホテルGC富士C、6367ヤード、パー72) 昨年は序盤戦で2勝を挙げながら、夏以降は左鎖骨付近のケガでツアーを離れていた一ノ瀬優希。今年の開幕戦からツアーに復帰し、3戦目のTポイントレディスでは優勝争いに絡み3位タイでフィニッシュした。そして、今日は5バーディ、ノーボギーのゴルフで、通算7アン [全文を読む]

一ノ瀬優希が首位に浮上! 松森彩夏は3打差の3位タイに後退

ParOn.(パーオン) / 2015年04月25日17時42分

7位タイスタートの一ノ瀬優希が67で回り、5つ伸ばして通算7アンダーの単独首位に浮上。首位の松森彩夏は73と一つ落とし、通算4アンダーの3位タイに後退。66をマークした金ナリ(韓国)が通算5アンダーの2位に浮上した。 2アンダー7位タイからスタートした一ノ瀬優希は、2番でバーディが先行し、4番、5番で連続バーディを奪い、前半で3つ伸ばすと後半も10番と最終 [全文を読む]

【コメント集】一ノ瀬優希「もう少し伸ばせたかな」

ParOn.(パーオン) / 2015年04月25日02時00分

ここのグリーンはあんまり考え出すとよくないので、チャンスを待って、ロングホールを頑張って、あと2日間やろうかなと思います」一ノ瀬優希(7位タイ、4バーディ、2ボギーの70、2アンダー)「もう少し伸ばせたかなという感じだったのですが、最後は風の吹く中でよく我慢できました。(2013年大会で64のコースレコードタイ)はまればいいスコアが出ると思うし、悪いイメー [全文を読む]

O.サタヤが首位に浮上、堀奈津佳は5位タイに後退

ParOn.(パーオン) / 2015年03月21日17時01分

通算3アンダーの2位タイに一ノ瀬優希、飯島茜、笠りつ子の3人が並んだ。 初日6アンダーと好スタートを切った堀奈津佳は、3番でボギーが先行すると6番、7番で連続ボギーをたたくなど3バーディ、6ボギー、1ダブルボギーの77と崩れ、通算1アンダーの5位タイに後退。 5アンダーの2位からスタートしたO.サタヤが3バーディ、2ボギーの71で回り、通算6アンダーの単独 [全文を読む]

一ノ瀬優希、回復6割も連覇目指し結果を求める

ParOn.(パーオン) / 2015年03月12日17時39分

昨年は、プレーオフの末に一ノ瀬優希がツアー2勝目を挙げた本大会。海沿いで強風が吹く難コースを今年は誰が制するのか注目が集まる。 その一ノ瀬だが、昨年は5月にも勝利を果たして絶好のシーズンスタートを切ったが、その後は左鎖骨付近の痛みに悩まされ、7月に出場したセンチュリー21レディス(途中棄権)以来、特別保障制度が適用されてツアーを休んだ(病名:左胸郭出口症候 [全文を読む]

メジャー予選でもアマチュア旋風! 高1の橋本千里さんが全米女子OP出場

ParOn.(パーオン) / 2014年05月19日20時06分

そして、渡邉、穴井、城間、一ノ瀬優希、アマチュアの橋本さん、同じくアマチュアの野澤真央さんの6人がプレーオフに進出。1ホール目で一ノ瀬が、3ホール目で野澤さんが敗退し、5名の本戦出場者が決定した。 過去、日本人アマチュア女子選手が全米女子オープンに出場した例は、2012年に米国在住で日本国籍も持つ光永輪子さん以来、5人目。1987年には服部道子が、93年に [全文を読む]

一ノ瀬優希 プロの意地で有言実行、目標到達!

ParOn.(パーオン) / 2014年05月04日19時19分

そして、プロゴルファーの一ノ瀬優希が優勝したこと充実感から出た笑顔だったのだろう。 トップと2打差でスタートした一ノ瀬は、前半は伸ばすことができなかった、12番でバーディ、18番(475ヤード、パー5)では花道から33ヤードを直接放り込んでチップインイーグル。2位の森田遥さんに2打差をつける逆転で優勝を飾った。「18番では、とにかくバーディを取らないといけ [全文を読む]

アマチュア森田さん、堀さんが首位に並ぶ!

ParOn.(パーオン) / 2014年05月03日17時37分

一ノ瀬優希が二つ伸ばして通算6アンダーの4位、首位に2打差から逆転で今季2勝目を狙う。 4アンダーの5位には香妻琴乃が入り、アマチュアの永井花奈さんが渡邉彩香とともに4アンダーの6位タイ。 注目の勝みなみさんは、一つ落として通算5オーバーで1打足らずに予選落ちとなった。また、ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、通算2アンダーの10位タイに浮上して [全文を読む]

渡邉彩香が首位、1打差2位に森田遙さん

ParOn.(パーオン) / 2014年05月02日16時47分

2位の4アンダーには、一ノ瀬優希、福田真未とともにアマチュアの森田遙さんがつけ、史上最年少優勝の勝みなみさんは4オーバーの70位と出遅れた。 渡邉彩香が1番をバーディでスタートし、5番、8、9番の連続バーディと前半で4つ伸ばして後半へ。16、17番で連続ボギーをたたくものの、最終18番をバーディで締めくくり、7バーディ、2ボギーの67、5アンダーで単独首位 [全文を読む]

福田真未と西山ゆかりが5アンダーで首位 4打差に12人の大混戦!

ParOn.(パーオン) / 2014年03月21日17時16分

また、達成すれば史上二人目となる「2週連続優勝&大会2連覇」を目指すディフェンディングチャンピオンの一ノ瀬優希は、前半3バーディ、1ボギーの34、2アンダーで折り返したものの、後半の14番(パー5)、15番(パー4)を連続ボギーとして後退。イーブンパーで横峯さくら、佐伯三貴らとともに13位タイとなり、2日目以降に巻き返しを狙う。 上位陣は、アンダーパーの [全文を読む]

一ノ瀬優希がプレーオフを制して今季初V 森田遥さんは惜しくも3位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年03月16日17時57分

前日首位の宋ボベ、2位の藤本麻子が思うようにスコアを伸ばせない中、3位タイからスタートした一ノ瀬優希と酒井美紀が、ともに5アンダーの67をマーク。通算7アンダーでプレーオフに突入し、1ホール目でバーディを奪った一ノ瀬が今季初優勝。昨年のTポイントレディス以来のツアー通算2勝目を挙げた。 また、ツアー4人目のアマチュア優勝を狙った森田遥さん(高松中央高校2 [全文を読む]

ツアー通算2勝目を狙う藤本麻子が3アンダーで首位タイスタート

ParOn.(パーオン) / 2014年03月14日17時15分

2アンダーの4位には一ノ瀬優希。ディフェンディングチャンピオンの全美貞はイーブンパーで、服部真夕らとともに7位タイ。昨年の賞金女王・森田理香子は、1オーバーの12位タイとまずまずのスタート。また、開幕戦を制したO.サタヤは3オーバーの34位タイと出遅れた。主な選手のコメント宋ボベ(3アンダー、1位タイ)「今日はとにかくアイアンショットが良かったですね。ト [全文を読む]

一ノ瀬優希 藤田寛之を見て意識改革!

ParOn.(パーオン) / 2013年11月09日18時45分

ミズノクラシック(11月8~10日、三重県・近鉄賢島CC、6506ヤード、パー72) ドライバーショットに今一つ自信がなかったというものの、4連続バーディを含む7バーディ、1ボギーの66でラウンドした一ノ瀬優希。通算8アンダーの首位タイでフィニッシュした。実は今大会、一ノ瀬は今まで以上に気合いが入っているという。「(Tポイントレディスで)ツアー初優勝をした [全文を読む]

フォーカス