吉田修平のニュース

【特集】SIE吉田修平氏が語る、これからのインディーとVRの形「供給体制は整えている」

インサイド / 2017年05月24日18時30分

今回、SIEワールドワイド・スタジオの吉田修平プレジデントにインタビューを実施、これからの「インディー」の在り方とPlayStation VR(PS VR)の未来について話を伺いました。===== ===== =====――本日は宜しくお願いします。今年のBitSummitの雰囲気はどうでしょう。吉田修平氏: BitSummit自体は今年で5年目ですよね。 [全文を読む]

【GFF AWARD 2017】SIE・吉田修平が語る「PS VR」「PS4 Pro」の開発経緯とは? レベルファイブ・日野晃博が次に仕掛ける『スナックワールド』の話題も!

おたぽる / 2017年04月05日22時00分

■浜村「ここからの10年が激動」 吉田「20年以上前の『プレイステーション』のローンチと凄く似ている」 特別ゲストトークショーの登壇者は、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の吉田修平(ワールドワイド・スタジオ プレジデント)とレベルファイブの日野晃博(代表取締役社長/CEO)。進行はカドカワの浜村弘一(取締役/ファミ通グループ代表)が務め [全文を読む]

やけにキノコが重要な"108円"の骨太アクション『LET IT DIE』。海外の口コミで火がついたゲームにSIE吉田修平氏の愛が爆発!

ニコニコニュース / 2017年02月08日11時00分

ステージには、イベント総合MCを務める声優の広橋涼さんに加え、電撃PlayStation編集部の西岡美道編集長、SIEワールドワイド・スタジオ プレジデント吉田修平氏、『LET IT DIE』のディレクターを務める、グラスホッパー・マニファクチュアの新 英幸氏、ゲーム内でプレイヤーの案内役を務めるキャラクター、アンクル・デス氏が登壇。なお、アンクル・デス [全文を読む]

SCE吉田修平氏が『Miiverse』で2度も利用停止に 「宣伝や個人情報書き込みは禁止」

ガジェット通信 / 2014年04月14日22時30分

SCEワールドワイド・スタジオ代表取締役会長の吉田修平氏が『Miiverse』にて過去に2度も利用停止を食らっていたことを明かした。『Miiverse』とは『WiiU』や『ニンテンドー3DS』のコミュニティツール。PCやスマホからの閲覧も可能となっており、ゲームに特化したコミュニケーションが取れるほか、攻略法を聞いたりイラストの投稿が可能。 吉田氏が過去に [全文を読む]

「A 5th Of BitSummit」にPSブース出展決定―イベント開催記念のPS Storeセールも実施!

インサイド / 2017年05月17日21時00分

すでに本イベントにて、ワールドワイド・スタジオプレジデント/吉田修平氏の登壇を発表しているSIEですが、新たにPS4/PS VR/PS Vitaの豊富なインディーズタイトルを試游できる、PSブースの出展が発表されました。◆PlayStationブース 概要出展タイトルには、海外で話題となっている PS4用ソフトウェア『ABZU』(505 Games)や、シ [全文を読む]

2月20日は『Play Station4』の発表で確定 「PS4発表の会場がメールされてきた」とツイート

ガジェット通信 / 2013年02月16日05時30分

これに対してSCEワールドワイド・スタジオ代表取締役会長、SCEゲーム開発事業の責任者である吉田修平さんが「日本時間で21日朝8時になります。よろしくお願いします」とリプライにて反応。 このやりとりを見ると2月20日は『Play Station4』の発表でほぼ間違いが無いようである。 既にスペックのリークやコントローラーのリーク、更には開発中とも思われるコ [全文を読む]

今週末開催! インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』がステージタイムテーブルを発表

ガジェット通信 / 2017年05月19日10時15分

『A 5th of BitSummit』開催概要 日程:2017年5月20日(土)・21日(日) 時間:10:00~17:00 会場:京都勧業館「みやこめっせ」1階 第2展示場 主催:BitSummit 実行委員会 ・一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA) ( Q-Games Ltd. / PYGMY STUDIO CO., LTD. [全文を読む]

インディーゲームの祭典『A 5th of BitSummit』が今週末開催へ 出展者マップとステージ登壇者を発表

ガジェット通信 / 2017年05月16日19時00分

二木幸生(グランディング) 四井浩一 安藤武博(シシララ) 尾上将之(ゲームフリーク) 伊藤博人(ゲームフリーク) 小川 一美(ゲームフリーク) 須田剛一(グラスホッパー・マニファクチュア) 松浦雅也 吉田修平(ソニー・インタラクティブエンタテインメント) サカモト教授 Nikita Mikros(BumbleBear Games) 乃一文香 Jo-Re [全文を読む]

家族信託で"争族"を防げ 遺言書は万能ならず

J-CASTテレビウォッチ / 2017年03月02日17時39分

あなたは、それ(遺産)を受け取る権利はない』と言われた」(実の姉に相続の放棄を迫られ、放棄したというAさん) こうした相続トラブルを避ける方法として「遺言書」が知られているが、番組のスタジオゲストで、相続トラブルの相談歴25年という吉田修平弁護士によると、遺言書も万能ではないそうだ。 「遺言書を書いたあとで、10年、20年たつこともある。その間に財産を使っ [全文を読む]

『バイオ7』超リアルな3Dモデルの秘密とは? 新手法「3Dフォトスキャン」の威力を製作陣が明かす

ニコニコニュース / 2017年02月09日11時30分

海外の口コミで火がついたゲームにSIE吉田修平氏の愛が爆発!すべての写真付きでニュースを読むリアルなキャラづくりのための新手法 ステージでは制作陣の川田氏&中西氏から、ゲームのメイキングに関する濃ゆい話が飛び出した。 パッと見、リアルの人間と見間違えてしまうほどにリアリティのあるキャラクターを作るため、『バイオ7』から使われたのが「3Dフォトスキャン」とい [全文を読む]

フォーカス