中嶋一貴のニュース

トヨタ、全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦で石浦宏明が圧巻の速さで今季2度目のポール・トゥ・ウィン

JCN Newswire / 2015年08月24日16時51分

中嶋一貴が3度目の2位、J.P.デ・オリベイラが3位でトヨタエンジン表彰台独占Toyota City, Japan, Aug 24, 2015 - (JCN Newswire) - ツインリンクもてぎでスーパーフォーミュラ第4戦が行われ、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がポール・トゥ・ウィンで今季2勝目を挙げた。中嶋一貴(PETRONAS [全文を読む]

トヨタ、全日本選手権スーパーフォーミュラ第3戦でJ.P.デ・オリベイラが昨年の雪辱を果たす圧勝

JCN Newswire / 2015年07月21日17時34分

中嶋一貴、石浦宏明が後方スタートから表彰台。トヨタ勢トップ7独占Toyota City, Japan, July 21, 2015 - (JCN Newswire) - 富士スピードウェイでスーパーフォーミュラの第3戦が行われ、2番手グリッドから好スタートを切ったジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)が独走で圧勝。2位に8番 [全文を読む]

トヨタ:SUPER GT 第6戦 43rd International SUZUKA 1000kmbで中嶋一貴/ジェームス・ロシター組LEXUS RC Fがポール・トゥ・ウィン

JCN Newswire / 2014年09月01日16時51分

長い1000kmのレースを、中嶋一貴/ジェームス・ロシター組のPETRONAS TOM'S RC F 36号車がポール・トゥ・ウィンで制し、今季初勝利を挙げた。GT300クラスでは新田守男/嵯峨宏紀/中山雄一組のOGT Panasonic PRIUS 31号車が2位表彰台を獲得した。SUPER GT 第6戦 43rd International SUZUK [全文を読む]

トヨタ、2017年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦 岡山 2レースともトヨタエンジン搭載車が表彰台を独占

JCN Newswire / 2017年05月29日09時10分

その一方で、ディフェンディングチャンピオンで岡山を得意とする国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)は10番手、開幕戦で圧勝して見せた中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)は苦戦し11番手と厳しいポジションに。午前中のフリー走行でトップタイムをマークしたフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TEAM LEMANS)は、セッショ [全文を読む]

トヨタ、WEC第3戦 ル・マン24時間 決勝

JCN Newswire / 2016年06月20日16時57分

TS050 HYBRID #5号車(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)22時間経過時点(中嶋一貴): 1位 351周23時間経過時点(中嶋一貴): 1位 368周最終結果: 失格、384周、ピットストップ28回、ファステストラップ: 3分22秒495TS050 HYBRID #6号車(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウ [全文を読む]

トヨタ、2017年 WEC第1戦シルバーストーン6時間 決勝でTOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDが劇的な開幕戦で先制勝利

JCN Newswire / 2017年04月17日11時10分

Toyota City, Japan, Apr 17, 2017 - (JCN Newswire) - 2017年4月16日に行われたFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レース決勝は、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソンの駆るTS050 HYBRID #8号車が、ライバルとの激戦を制して勝利を挙げた。TS050 H [全文を読む]

国本が逆転!悲願のドライバーズチャンピオンを獲得

Walkerplus / 2016年10月31日14時46分

そして、今季序盤苦しみ、未だ勝利がないものの着実にポイントを稼ぎ、ランキング3,4位につけるのがアンドレ・ロッテラーと中嶋一貴のトムス元チャンピオンコンビ。そしてディフェンディングチャンピオンの石浦宏明という6名による僅差のチャンピオン争いに注目が集まった。 2レース制で行われる鈴鹿決戦は、レース1が、30日(日)午前9時45分に(19周:ピット義務無し) [全文を読む]

トヨタ:全日本選手権スーパーフォーミュラ第6戦でアンドレ・ロッテラーがレースを支配し今季2勝目

JCN Newswire / 2015年10月19日15時41分

中嶋一貴4位、石浦宏明5位でランキングを維持し最終戦へToyota City, Japan, Oct 19, 2015 - (JCN Newswire) - スーパーフォーミュラの第6戦がスポーツランドSUGOで行われ、アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM'S)が圧倒的な速さで独走。今季2勝目を挙げた。シリーズタイトルを争う中嶋一貴(P [全文を読む]

トヨタ、WEC第2戦スパ・フランコルシャン6時間 決勝でTOYOTA GAZOO Racingが接戦を制しTS050 HYBRIDワン・ツー完全勝利

JCN Newswire / 2017年05月08日09時50分

TS050 HYBRID #7号車:(小林可夢偉、マイク・コンウェイ)決勝: 2位、173周、ピットストップ7回、スターティンググリッド: 2番手、最速ラップ(1分57秒722)TS050 HYBRID #8号車:(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン)決勝: 1位、173周、ピットストップ7回、スターティンググリッド: 4番手、最速ラ [全文を読む]

トヨタ:SUPER GT 第1戦 OKAYAMA GT 300km RACE LEXUS LC500がデビューレースでトップ6独占の圧勝

JCN Newswire / 2017年04月10日10時00分

しかし、僅かに降り始めた雨により中嶋一貴の駆る36号車が最終コーナー手前でコースアウトし、タイヤバリアにヒット。セッションは赤旗中断となり、その直後につけて好ペースでアタックしていた38号車、37号車らはアタックを途中で断念せざるを得なくなってしまった。セッションは残り3分で再開されたが、再開直後にコース上にストップした車両があり、再度赤旗に。セッションは [全文を読む]

TOYOTA GAZOO Racing、初めてのメキシコで表彰台獲得

JCN Newswire / 2016年09月05日16時19分

TS050 HYBRID #5号車(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ)決勝リタイア、62周、ピットストップ 2回、スターティンググリッド5番手、最速ラップ1分26秒767TS050 HYBRID #6号車(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)決勝3位、230周、ピットストップ 7回、スターティンググリッド6番手、最速ラップ1分26秒5672 [全文を読む]

トヨタ、WEC第4戦ニュルブルクリンク6時間 決勝

JCN Newswire / 2016年07月25日16時08分

TS050 HYBRID #5号車:(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)決勝レース: 5位 193周、ピットストップ6回、予選: 6番手、ベストタイム: 1分41秒277TS050 HYBRID #6号車:(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)決勝レース: 6位 190周、ピットストップ7回、予選: 5番手、ベスト [全文を読む]

トヨタ:WECハイブリッド3強対決 開幕戦 トヨタ・レーシングは3位表彰台と4位

JCN Newswire / 2015年04月13日16時27分

アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴がドライブしたTS040 HYBRID #1号車は、スタートからゴールまでライバルと激しい戦いを繰り広げ、優勝したアウディに14秒816差で3位を獲得しました。アレックス・ブルツ、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイの#2号車も力強い走りをした結果4位となり、チームに貴重なポイントを持ち帰りました [全文を読む]

あの悔しさから1年……、トヨタ悲願のル・マン初制覇なるか!?

IGNITE / 2017年06月10日10時00分

あとはチェッカーを受けるだけだった「トヨタ TS050 HYBRID #5号車」は、中嶋一貴選手の「I have NO POWER! I have NO POWER!」という悲痛な叫びとともにスローダウンした……。 そして日本時間の6月17日(土)22:00、85回目を数えるル・マン24時間レースの火蓋が切られる。 昨年はポルシェ、トヨタ、アウディの三つ巴 [全文を読む]

強さと運を兼ね備えた中嶋一貴選手、開幕戦鈴鹿で優勝!【スーパーフォーミュラー2017】

clicccar / 2017年04月26日15時33分

22日に行われた予選で見事にポールポジションを獲得したのはVANTELIN TEAM TOM’Sの中嶋一貴選手。それもコースレコード樹立の1分35秒907でのポールポジション。 昨年のチャンピオンだった予選2位のP.MU / CERUMO · INGING 国本雄資選手が1分35秒997と、36秒切りをしたのはたったの二人。その二人の争いも9/100秒と [全文を読む]

スーパーフォーミュラ開幕戦「鈴鹿」は中嶋一貴の横綱相撲で完勝

Walkerplus / 2017年04月23日17時37分

4月23日(日)、三重県・鈴鹿サーキットにて「SUPER FORMULA」2017年シーズンの開幕戦が行われ、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)が逃げ切り勝利。2位には山本尚貴(TEAM MUGEN)、3位には昨年のチャンピオンである国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が入った。 3月6日・7日に行われたシーズン前の2017鈴鹿 [全文を読む]

トヨタ、WEC第1戦 シルバーストーン6時間 プレビュー TOYOTA GAZOO Racing WEC開幕戦シルバースト-ンへ向け準備万端 合同テストで確かな手応えを得て開幕戦シルバーストーンへ

JCN Newswire / 2017年04月10日16時40分

もう一台のTS050 HYBRID #8号車は中嶋一貴とアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミという3年目のトリオ。デビッドソンとブエミは2013年からのコンビであり、2014年にはドライバーズチャンピオンに輝いている。地元イギリス出身のドライバーであるデビッドソンとコンウェイは、これまでにも何度もシルバーストーンで好成績を上げたことによって、両名 [全文を読む]

ハッキネン、GT500 2017モデル、亜久里vs圭市、一貴vs可夢偉が観れる【2017鈴鹿モータースポーツファン感謝デー】

clicccar / 2017年02月28日18時27分

中嶋一貴選手vs小林可夢偉選手が初対決! 3月5日(日)に開催する「SUPER FORMULA オープニングラップ」より一足早く、鈴鹿サーキット国際レーシングコースの東コースを舞台に、日本を代表するドライバー、中嶋一貴選手と小林可夢偉選手による、ドリームマッチレースが初めて実現します。 F1経験者の中嶋選手と小林選手。現在は国内レースをはじめ、世界選手 [全文を読む]

WEC富士6時間直前! 中嶋一貴&小林可夢偉両選手に聞くWECの魅力とは?

clicccar / 2016年10月14日20時32分

静岡県小山町の富士スピードウェイを舞台に開催される世界最高峰のスポーツカーレースを前に、このレースのトップカテゴリーであるLMP1クラスにTOYOTA GAZOO Racingから参戦する二人の日本人ドライバー、中嶋一貴選手と小林可夢偉選手に話を聞いた。WECの魅力、ハイブリッドの進化、そして富士の見所は? –今シーズン、6戦を終えましたが振り返っていかが [全文を読む]

いよいよ今週末、日本開催!世界最高峰のスポーツカーレースの魅力を日本人ドライバーに聞いた!

&GP / 2016年10月13日17時43分

いずれもTOYOTA GAZOO Racingの中嶋一貴選手と小林可夢偉選手だ。F1への参戦経験もあり、現在はこのWECに加えて国内のスーパーフォーミュラ・シリーズに参戦する彼らに、WECの魅力や車両の特徴、そして富士スピードウェイでのレースについて聞いた。 ■TS050ハイブリッドとレースの特徴とは? ーー今シーズンWECを戦う「TS050ハイブリッド」 [全文を読む]

フォーカス