篠原ゆき子のニュース

人生をやり直したのは「普通」に生きたかったから、もうやり直したくないのは今が幸せだから/『カルテット』第九話レビュー

messy / 2017年03月15日22時00分

真紀の嘘が発覚するきっかけとなったのは、富山で自転車泥棒を働き、捕まった女(篠原ゆき子)が、14年前、闇金絡みの業者に戸籍を売っていと警察に明かしたこと。女は戸籍の売買が罪になると思い込み、住民票を取らず、ツタヤのカードも作れず生きてきましたが、大菅刑事曰く「戸籍って他人に売っても罪にならない」そうです。へぇ……。無知って怖いですね。とはいえ、戸籍売買を行 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】国分太一&川口春奈を起用 ジャパネット新CMは“未来は今の積み重ね”がテーマ

TechinsightJapan / 2017年01月26日15時26分

国分太一と篠原ゆき子が夫婦役で出演するジャパネットの企業CM『Goods for you.』は2016年2月から『つながる篇』、8月から第2弾『伝える篇』がオンエアされ「泣ける」「心にくる」と反響を呼んだ。2017年の新CM『「今に いいこと、もっと、ずっと」始動篇』は国分太一に加え、ジャパネットと同じ長崎県出身の川口春奈が出演している。 テーマとなる「 [全文を読む]

第10回WOWOWシナリオ大賞 最終選考対象作品の決定について

PR TIMES / 2017年01月23日15時58分

「ドラマW 稲垣家の喪主」について脚本:小山ゴロ監督:英勉(『ハンサム★スーツ』『ヒロイン失格』『トリガール!』)出演:金成祐里、広末涼子、吉沢悠、松本若菜、原田佳奈、紺野まひる /デビット伊東、佐藤貴史、篠原ゆき子、角替和枝 / 森山未來放送日:2017年3月18日(土)夜10:00 [WOWOWプライム]■これまでのWOWOWシナリオ大賞受賞作について [全文を読む]

Netflixオリジナルドラマ『深夜食堂 -Tokyo Stories- 』“再現ごはん”付き上映会レポート

ガジェット通信 / 2016年11月16日23時30分

【主演】小林 薫 【常連客】不破万作、綾田俊樹、安藤玉恵、山中 崇、谷村美月、篠原ゆき子、須藤理彩、小林麻子、吉本菜穂子、平田 薫、宇野祥平、金子清文、中山祐一朗、吉見幸洋、高橋周平、中沢青六、野嵜好美/松重豊、光石研/多部未華子、余貴美子/オダギリジョー 【ゲスト出演】片岡礼子、近藤公園/佐藤B作、新井浩文/伊藤麻実子、矢本悠馬/岡田義徳、コ・アソン/ [全文を読む]

「自分より守りたい人ができた」杉咲花が語る『湯を沸かすほどの熱い愛』

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月28日17時53分

(取材・文:霜田明寛 写真:浅野まき)スタイリスト:武久真理江ヘアメイク:須田理恵映画『湯を沸かすほどの熱い愛』10月29日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショーキャスト:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー脚本・監督:中野量太配給:クロックワークス©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 [全文を読む]

「生と死は横にある」“監督デビュー作で宮沢りえ主演”が実現したワケ

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月27日17時22分

見終わったあとに、遺された家族たちの生を感じてくれたら嬉しいです」(取材・文:霜田明寛 写真:浅野まき)映画『湯を沸かすほどの熱い愛』10月29日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショーキャスト:宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー脚本・監督:中野量太配給:クロックワークス©2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会 [全文を読む]

宮沢りえ、娘・杉咲花の朝ドラ「とと姉ちゃん」出演を心配「器用じゃないから」

Movie Walker / 2016年09月20日21時38分

宮沢りえ、杉咲花、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、中野量太監督が舞台挨拶に登壇した。宮沢は「本当に衝撃的に素敵な脚本と出会えたことに感謝しています。いつもはあまり自信がない方ですが、本作は心から自信をもってお届けできます」と充実感あふれる表情で挨拶をした。 宮沢は中野監督と同い年ということで意気投合したという。「本当に素晴らしい本で、読み終わった後 [全文を読む]

吉田羊主演「コールドケース」を彩る45人の出演者

Smartザテレビジョン / 2016年09月02日08時00分

山口果林、木内みどり、田中幸太朗、勝部演之、中村ゆり、菜葉菜、徳永えり、須藤理彩、二階堂智、眞島秀和、奥菜恵、山口馬木也、馬渕英里何、朝加真由美、藤井美菜、太田緑ロランス、篠原ゆき子ら。また出演者からは一部コメントが寄せられた。■吉沢亮:精神が不安定ながらも、1人の女性に魅了されていく順一の内面は複雑で、難しい役どころでしたが、監督と話し合いながら役を作っ [全文を読む]

きのこ帝国、新曲「夏の影」楽曲インタビュー&トレーラー映像を公開

okmusic UP's / 2016年08月30日20時00分

■夏の影 スペシャルサイト http://kinokoteikoku.com/2016/■「夏の影」トレーラー映像https://www.youtube.com/watch?v=YFsXQE_1HcE■配信楽曲「夏の影」配信中 ■iTunes http://po.st/itnatsunokage ■レコチョク http://po.st/reconatsu [全文を読む]

門脇麦「他人の目に敏感です」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年06月27日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 ©2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※玉城ティナ、監督からのアドバイスは「吐息がいいよ!」 ※篠田麻里子、ディー [全文を読む]

門脇 麦+菅田将暉『二重生活』インタビュー

NeoL / 2016年06月25日14時35分

『青い春』とか、分かんないですけど、何年後かにこのくらいの年齢になった子が観て、強烈になにか刺さるような作品が作れたらと思います」 撮影 中野修也/photo Shuya Nakano 企画・取材・文 桑原亮子/direction & interview & text Ryoko Kuwahara 『二重生活』 2016年6月25日新宿ピカデリーほか全国ロ [全文を読む]

門脇麦、主演映画で「私情まで全部持ち込んで…」【インタビュー前編】

Woman Insight / 2016年06月24日17時00分

監督・脚本:岸善幸「ラジオ」「開拓者たち」 音楽:岩代太郎 原作:小池真理子「二重生活」(角川文庫刊) 出演:門脇麦 長谷川博己 菅田将暉/河井青葉 篠原ゆき子 西田尚美 烏丸せつこ/リリー・フランキー R-15 (C)2015『二重生活』フィルムパートナーズ 【あわせて読みたい】 ※世界各国で33の賞を受賞した映画「裸足の季節」が公開スタート! ※男・ [全文を読む]

品川ヒロシ監督、最新作で湘南乃風と再タッグ

Movie Walker / 2015年02月06日17時00分

本作には、哀川翔ほか、鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、鶴見辰吾、湘南乃風RED RICE、風間俊介、シシド・カフカ、窪塚洋介、般若、篠原ゆき子ら豪華メンバーが出演する。 仲間と共にさらなる高みを目指すことを表現し、作品をよりエモーショナルなものへと昇華させている楽曲。RED RICEは「役者として映画に関わるのははじめてだったんですが、撮影現場で感じた世界 [全文を読む]

シシド・カフカの衝撃的なゾンビ姿解禁!

Movie Walker / 2015年02月05日12時12分

キャストは、哀川翔ほか、鈴木砂羽、木村祐一、鶴見辰吾、湘南乃風RED RICE、宮川大輔、風間俊介、窪塚洋介、般若、篠原ゆき子ら豪華メンバーが集結した。今回、本作が映画初出演、劇伴でドラムも担当するシシド・カフカの衝撃的なゾンビ姿が解禁となった。 シシドが演じるのは、銭荷島唯一の診療所の看護師・直美。ゾンビメイクをして演技をしたことについてシシドは 「長 [全文を読む]

品川ヒロシ最新作『Zアイランド』、追加キャスト5人が解禁&コメント到着!

Entame Plex / 2014年12月20日23時49分

今回発表された追加キャストは、風間俊介、窪塚洋介、シシド・カフカ、般若、篠原ゆき子の5人。そして、公開日は来年5月16日(土)に決定した。そして、今回の発表を受け、風間、窪塚、シシド、般若、そして品川監督からのコメントが到着した。風間俊介コメント●出演オファーもらった時の気持ち「嬉しかったです。 名立たる方々と一緒に作品が作れることが、とても嬉しかったです [全文を読む]

品川ヒロシ監督作『Zアイランド』に窪塚洋介、シシド・カフカらも参戦!

Movie Walker / 2014年12月20日10時00分

個性豊かなキャラクターがたくさん登場する本作だが、さらなる豪華キャストとして風間俊介、窪塚洋介、シシド・カフカ、般若、篠原ゆき子の出演が発表された。 演技派で知られる風間は品川監督について「現場で起きるトラブルを、小さいうちに気付いて修正してくれるので、こちらはトラブルだと気がつかないんです。役者を自由にさせてくれる監督さんだなぁと思いました」と語り、共演 [全文を読む]

フォーカス