豊田順子のニュース

朝からスカジャンをはだけさせたカトパンのセクシーなしぐさにドッキリ…

週プレNEWS / 2016年04月07日11時00分

思い当たる節がある!? ■「1989年にミス岩槻に選ばれました」 豊田順子(NIHON TV) 『月曜から夜ふかし』の人気企画「埼玉ヘッドラインニュース」の新キャスターに就任した豊田順子アナ。埼玉県出身の彼女は、「1989年にミス岩槻に選ばれましたが、そんな昔のことは忘れました」と自己紹介。その後、微妙なニュースが続くと、「埼玉出身者が担当するのはつらい」 [全文を読む]

水卜アナ、後輩の裏切りにも余裕の笑顔!?

日刊大衆 / 2017年05月18日07時05分

1位=日本テレビ・水卜麻美アナ(30)/2位=日本テレビ・藤井貴彦アナ(45)/3位=日本テレビ・豊田順子アナ(51)/4位=フリー・高島彩アナ(38)/5位=日本テレビ・鈴江奈々アナ(36) スタジオにいる女子アナたちに投票理由を聞くと、読売テレビの林マオアナ(32)は、5位の鈴江アナに投票しており、「笑ったときにできる目のシワがすごくすてき。私もあん [全文を読む]

夫に座薬が入れられない? あの女子アナがそこまで毛嫌いする理由は…

週プレNEWS / 2017年04月08日15時00分

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「暑ければ脱げばいいんだから!!」 豊田順子(NIHON TV) 『アナTALK』で、「暑いのと寒いのどっちがイヤ?」と聞かれ、彼女は「寒いのがイヤ」と即 [全文を読む]

失恋ショックを引きずる田中みな実アナが酔いどれトークで「1年半くらい誰とも手をつないでいない…」

週プレNEWS / 2017年03月24日17時00分

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「料理をするとき、愛情を注入♪」 豊田順子(NIHON TV) 『アナTALK』で「料理をするときに加えるといいひと手間は?」との質問に対し、彼女は「時間 [全文を読む]

転換期を迎えている女子アナ業界。不倫発覚で逆に期待される救世主とは?

週プレNEWS / 2017年01月15日06時00分

「日本テレビの大ベテラン、豊田順子アナです。マツコ・デラックスにベタ褒めされていて、トークも面白い。今年さらに需要が高まるはず」 この3人には、女子アナ界を盛り上げてもらいたい! [全文を読む]

水卜麻美アナに来年3月退社説浮上で日テレに衝撃

NEWSポストセブン / 2016年09月16日07時00分

報道中心の女子アナは息が長く森富美アナや豊田順子アナは、今も現役でニュースを読んでいる。鈴江奈々アナが出産後、すぐに帯番組に復帰した姿にも影響を受けたようで、周囲のスタッフに、『ずっと仕事を続けるにはどうすれば良いんだろう』と漏らしていた」 その水卜アナが「フリー」を意識するきっかけになったのはあの“女王”の決断も大きかったという。 「境遇の似ていたカトパ [全文を読む]

片岡愛之助が3週連続で“真田丸”の強さに迫る!

Smartザテレビジョン / 2016年08月31日18時00分

大河ドラマで吉継役を演じた片岡が、豊田順子アナとともに滋賀・長浜を訪れ、吉継の真の人物像に迫る。 さらに、9月15日(木)ではさらに調査を深め、「家康は定説でいわれているほど抜きんでた独立大名ではなかった」などの意外な事実の数々を発見していく。 片岡は「NHK大河ドラマ真田丸におきましては、ご縁あって大谷吉継を務めさせていただきました。そして今回またご縁が [全文を読む]

“黒い桐谷美玲”と人気上昇中の岡副アナ。彼氏とのキス事情は…

週プレNEWS / 2016年07月08日15時00分

『週刊プレイボーイ』の人気連載「女子アナジャーナル」が厳選する、今週の「NGワード」イッちゃった! ヤッちゃった! 女子アナたちのアブなすぎるドッキリ発言を紹介する中で、一番ドキドキさせられたのは…? ■「最近は就職活動の面接で『ご飯をおいしく食べられる』という学生が増えた!」 豊田順子(NIHON TV) 『今夜くらべてみましたSP』でのこと。水卜麻美ア [全文を読む]

「肉団子」どころじゃない!日テレ水卜アナのぽっちゃりが過去最高レベルに

アサ芸プラス / 2016年07月06日05時59分

「6月22日放送の『今夜くらべてみました』で、先輩の豊田順子アナらとともに出演した水卜アナは、入社試験の面接で学生時代のあだ名が“肉団子”だったことを話し爆笑されていました。豊田アナからも『入社当時はまだやせてたよね?』とツッコミが入っていたが、当時の写真と比べても現在が一番ダイナミックな仕上がり。もはや肉団子どころじゃないレベルに達しています」(エンタメ [全文を読む]

狙いは福士蒼汰!日テレ・岩本乃蒼アナの“激モテ”アピールに視聴者がドン引き

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時59分

岩本アナは6月22日に放送された「今夜くらべてみました」の2時間スペシャルに豊田順子アナ、水ト麻美アナとともに出演。 岩本アナは自身の学生時代について、「クラスで一番モテている男子を好きになっちゃう小学生だった」と説明。それに続けて、「小中学校の時は運動会で一番足が早い男の子。高校生の時はサッカー部のキャプテンが好きでした」とカミングアウトした。 と、こ [全文を読む]

日テレ・笹崎里菜 銀座で培ったフェロモンテクがいよいよ全開!(3)“はれもの”扱いから徐々に周りの信頼が…

アサ芸プラス / 2016年04月13日05時57分

日テレの新人アナ研修は民放一厳しいと言われており、研修に当たっているアナウンス部次長の豊田順子アナから、容赦ない叱責を受ける様子が放送された。「滑舌が悪く、特に『サ行』が苦手で、放送では豊田アナが『舌を出して』『舌が長いのかな?』と何回もダメ出しするシーンが流されました。笹崎が長い舌を出させられるシーンなどは、イヤでもエロく見えます。長い研修の中でわざわざ [全文を読む]

男心をくすぐる“大人の女子アナ”を一斉調査!(3)テレ東・大橋未歩アナのもうひとつの武器

アサ芸プラス / 2016年02月28日09時57分

局内ではドSキャラで通っているので、本人の前では口が裂けても言えませんが‥‥」(前出・TBS関係者) 日本テレビで新人教育に携わる豊田順子アナ(49)にもドSな一面が‥‥。「テレビのロケで一緒になった新人アナから『怒ると本当に怖い。鬼上司ですよ』と聞かされて、背筋がゾクゾクしました。ビッチビチのボンデージを着た“豊田教官”に膝蹴りしてもらったらM男冥利に尽 [全文を読む]

知られざる“2016年注目女子アナ7人”のムフフな思惑(3)「入社前の騒動で話題になった日テレ・笹崎里菜アナのライバルアナは?」

アサ芸プラス / 2016年01月24日17時57分

研修時代に担当していたベテランの豊田順子アナ(49)が目を光らせていて、放送中にイントネーションが悪かった言葉のダメ出しをされています。入社当初から舌が弱いと指摘されていて、特にサ行が苦手。名前の『ささざき』が聞き取りづらくて何度も練習していた。入社前から話題の人なので、たびたび日常の様子が写真誌に撮られていることもあり、『新人らしく帰りは電車で自宅にまっ [全文を読む]

結婚妊娠発表の中田有紀アナ 産休後は最強のママタレ確実か

NEWSポストセブン / 2015年11月14日07時00分

まさに今夏、ベテランの豊田順子アナがピンチヒッターをつとめていた回があったので「これは何かある」と踏んでいたら、まさかの結婚&妊娠だった。 来春出産という「身体のことを考えて」、今年いっぱいで番組を降板することも発表した。 前身番組の『ニュース朝いち430』(同)のサブキャスターを2002年から、“朝も夜もない”『NNN24』(現・『日テレNEWS24』を [全文を読む]

2015新人女子アナの素顔を一挙公開!「日テレはあの笹崎里菜アナに期待が集まる」

アサ芸プラス / 2015年10月24日09時57分

もちろんスタイルよしの美人顔なのですが、局通路ですれ違っても一般職の社員と見分けがつかないほどで‥‥」(放送作家) 大山鳴動して鼠一匹とはこのこと!?「実は、彼女には先輩の豊田順子アナが先生役として、マンツーマンでついているんです。局内では常に一緒に行動し、メイク、服装、髪形まで手取り足取り細かいチェックを受けている。スキャンダルとは無縁だった豊田アナのよ [全文を読む]

ようやく初レギュラーの日テレ笹崎里菜アナ「まだまだ社内では“特別待遇”」のワケとは

日刊サイゾー / 2015年08月19日09時00分

「笹崎アナといえば、現在はベテランの豊田順子アナが“お目付け役”として一緒に帰路に着くなど、いまだに上層部が厳しく目を光らせている。ただでさえ注目度が高いだけに、万が一スキャンダルが出た時のことを考え、週1回出演のレギュラーにした。そうすることによって内勤の時間が増えれば、公私ともに余計なトラブルに巻き込まれるリスクが減る。ある意味の“特別待遇”だが…… [全文を読む]

注目の日テレ・笹崎アナ タダモノじゃないワイプ芸に要注目

NEWSポストセブン / 2015年07月01日07時00分

研修担当のベテラン、豊田順子アナから、名前の「ささざき」が言えていないことを指摘され、「舌の力が弱い」「サボってきている」と厳しい指導を受けたことが話題になった。 アナウンサーにとって、サ行は確かにイヤな行であり、それが続く「ささざき」という名字であることは笹崎アナにとってアンラッキーだったかもしれない。 ちなみに、最近のアナウンサーはサ行とカ行の無声化が [全文を読む]

【ウラ芸能】日テレ笹崎里菜、「漢字が読めない」伝説に期待

NewsCafe / 2015年06月22日15時00分

デスク「日本テレビの新人アナウンサー・笹崎里菜(23)が、研修で大先輩の豊田順子アナ(49)にしごかれてたな」記者「『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』で、新人アナに1年間、密着する新企画。笹崎と平松修造(22)、尾崎里紗(22)の3人が毎週、紹介されています」デスク「平松、尾崎に続いて笹崎は、内定取り消し裁判アナとして注目度が高いからトリの扱いだったの [全文を読む]

フジ退社の松尾紀子アナ 「局の余裕の象徴だった」と関係者

NEWSポストセブン / 2015年06月13日16時00分

その下は、1990年入社の豊田順子アナで、ほかの1990年代入社は森富美アナと延友陽子アナだけ。TBSは1987年入社の長峰由紀アナ、テレビ朝日は1993年入社の大下容子アナが最高齢になる。フジテレビ関係者が話す。 「他局だと、30代になると、他部署に異動したり、退職したりするケースが目立ちます。一方で、フジは女子アナに対して優しい局。結婚・出産で育児休暇 [全文を読む]

日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?

リテラ / 2014年11月18日12時00分

このほかにも、『とくダネ!』に出演中のフジテレビ・梅津弥英子、テレ朝の市川寛子、日テレの森麻季はミス青山学院、フジの本田朋子と戸部洋子、日テレの豊田順子はミス立教、テレビ東京の大橋未歩とフジの西山喜久恵はミス上智(ミスソフィア)......と、挙げればキリがない。有力なコネがなく、さらに元フジの平井理央やテレ東の紺野あさ美のようにアイドル出身という話題性も [全文を読む]

フォーカス