岡田元也のニュース

創業家喰いで巨大化したイオン・岡田家の次の一手

NEWSポストセブン / 2016年12月30日07時00分

イオンの現社長はその長男で8代目の岡田元也氏。ちなみに、民進党前代表の岡田克也氏は元也氏の実弟である。 「ジャスコの設立時に岡田屋が最も大きな会社で、影響力も岡田氏が他を上回っていた。そのため、経営陣を岡田家が占めるようになり、徐々に自分の会社にしていったということでしょう。 ジャスコは他の流通企業とも業務・資本提携を進めていきますが、当初は“ゆるやかな連 [全文を読む]

イオン、株主に誓った「打倒ユニクロ・ニトリ」 不振が続く衣料・家具の販売を立て直せるか

東洋経済オンライン / 2017年05月25日08時00分

イオンの岡田元也社長は千葉・幕張メッセに集った1573人の株主を前に、こう誓った。 5月24日午前10時。朝から汗ばむような陽気の中、イオンは定時株主総会を開いた。昨2017年2月期決算の報告が終わると岡田社長が壇上に上がり、グループ全体の経営方針について語り始めた。その中で、苦戦が続く総合スーパーの衣料品と、家具など住居関連品を「NO.1になれる分野」と [全文を読む]

イオン「数値目標なき改革」で問われる本気度 総合スーパーに加え、グループ再編も焦点に

東洋経済オンライン / 2017年04月24日07時00分

「グループが大きくなり、社員が官僚化していた」(岡田元也社長)。東北や南関東など六つのエリアカンパニーに仕入れや売り場作りなどの権限を移譲。地域ごとの特性に合わせた専門性の高い店舗作りを推進する。人事制度も改め、転勤のない地域限定社員が部長や店長など幹部に昇進しやすくした。■GMSの利益率はわずか0.1%だが、構造改革は道半ばだ。4月12日、イオンは201 [全文を読む]

【流通役員報酬ランキング】小売りトップはユニクロ2億円超

プレジデントオンライン / 2017年04月12日09時15分

イオンの岡田元也グループCEOは、明らかになっている過去最高額は8400万円で、基本的には4000万円台での推移である。年俸では大差をつけていたわけだ。 鈴木氏はまた、書籍取り次ぎのトーハンからセブン&アイHDに移った転職組である。いわば、サラリーマン経営者だったが、所有する自社株を約500万株まで積み増した。1株配当金が85円だった15年度でいえば、4億 [全文を読む]

トヨタ社長らを輩出、米名門バブソン大が学生に聞く「3つの質問」

Forbes JAPAN / 2017年04月06日08時30分

トヨタ自動車社長の豊田章男、イオン社長の岡田元也、佐藤製薬社長の佐藤誠一、村田機械会長の村田純一、スパークス・グループ社長の阿部修平─、日本を代表する経営者らを輩出したアメリカ東部ボストン郊外にあるバブソン大学は、大学院を合わせても学生数約3100人という小規模な大学だ。「USニューズ・アンド・ワールドレポート」の全米大学評価では、23年にわたって「アント [全文を読む]

ゆうパックの「郵便局、コンビニ、『はこぽす』で受け取ろうキャンペーン」で「WAON POINT」がもらえます

PR TIMES / 2017年03月30日09時24分

イオンは、「COOL CHOICEできるだけ一回で受け取りませんかキャンペーン ~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」に賛同します イオン株式会社(代表執行役社長 岡田元也)は、経済産業省、国土交通省、環境省が実施する「COOL CHOICEできるだけ一回で受け取りませんかキャンペーン ~みんなで宅配便再配達防止に取り組むプロジェクト~」(注 [全文を読む]

震災からの再生、魅力あるまちづくりに協働して取り組みます~熊本市とイオン株式会社の「地域包括連携協定」締結について~

PR TIMES / 2017年03月28日10時19分

2017年3月28日、熊本市(市長:大西一史)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田元也)は、双方のもつ資源を有効に活用し、協働して地域の活性化、および市民サービスの向上を図るべく、「地域包括連携協定」を締結しました。本協定は、「平成28年熊本地震」から1年を迎えるのを前に、熊本市とイオンの連携を一層深めるべく締結するのもので、「地域防災への協力」「地域の [全文を読む]

イオン、吹田市と魅力あふれるまちづくりに向けて「地域連携協定」を締結

PR TIMES / 2017年02月27日13時27分

2017年2月27日、大阪府吹田市(市長:後藤圭二)とイオン株式会社(代表執行役社長:岡田元也)は、双方のもつ資源を有効に活用し、協働して地域の活性化、および市民サービスの向上を図るべく、「地域連携協定」を締結しました。 本協定に基づき、吹田市とイオンは、「健康づくり」「地域防災・安心安全」「ご当地WAONカードの活用」に関することなど、計12項目において [全文を読む]

イオン株式会社、甲府市・甲府商工会議所・甲府商店街連盟と「地域貢献協定」を締結

PR TIMES / 2017年01月31日12時41分

地域の発展に向けて4者が連携して取り組みます 山梨県甲府市(市長:樋口雄一)、甲府商工会議所(会頭:金丸康信)、甲府商店街連盟(会長:長坂善雄)、およびイオン株式会社(代表執行役社長:岡田元也)の4者は、地域の一層の活性化、産業振興を目指し、本日「地域貢献協定」を締結しました。 本協定に基づき、4者は、「甲府市中心市街地の活性化に関すること」「イベントや観 [全文を読む]

完全子会社化から2年 「お荷物」ダイエー再建にようやくメドをつけたイオン

経済界 / 2017年01月23日10時00分

そのダイエー再建スキームは、①完全子会社化②北海道、九州などの店舗をイオンに移管③本州の大型店をイオンスタイルに業態変更④ダイエーは食品スーパーに特化――というもので、「18年にはダイエーという屋号もなくなる」(岡田元也・イオン社長)。ダイエーの完全消滅計画といっていい。 15年9月には北海道と九州の店舗などを先行移管(イオン北海道とイオンストア九州に変 [全文を読む]

フォーカス