深田晃司のニュース

深田晃司監督最新作 第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した浅野忠信主演映画『淵に立つ』、第41回トロント国際映画祭 特別招待決定!

PR TIMES / 2016年07月28日09時52分

日本映画では唯一の選出作品!日本劇場公開日が10月8日(土)に決定! メ~テレ(名古屋テレビ放送)が製作・幹事を務め、今年のカンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司監督作『淵に立つ』が、第41回トロント国際映画祭(カナダ)のSPECIAL PRESENTATIONS部門に特別招待が決定した。また、日本での劇場公開初日が、10月8日(土) [全文を読む]

新進映画監督たちの映画祭「SHINPA vol.5」に深田晃司監督が初参戦

映画.com / 2017年06月07日04時00分

俳優として映画・テレビで活躍の前野朋哉、「祖谷物語 おくのひと」「蔦監督 高校野球を変えた男の真実」の蔦哲一朗、「みちていく」の竹内里紗、弱冠21歳の井樫彩は今年のカンヌ国際映画祭出品作「溶ける」、村山和也は今春に劇場公開した「堕ちる」、さらに昨年「淵に立つ」でカンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した深田晃司監督が参戦し、異色の短編「鳥(仮)」を上 [全文を読む]

世界が注目する気鋭監督・深田晃司最新作 浅野忠信主演映画『淵に立つ』(英題:HARMONIUM)第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門出品決定 浅野主演映画、2年連続同部門に選出!

PR TIMES / 2016年04月15日16時59分

監督は、世界の映画祭で数々の受賞歴を誇る『歓待』、二階堂ふみ主演『ほとりの朔子』(ナント三大大陸映画祭クランプリ)、平田オリザの戯曲映画化『さようなら』(東京国際映画祭コンペ出品)など、36歳にして次々と話題作を世に出し続ける深田晃司。世界的に評価の高い黒沢清、河瀬直美、是枝裕和、三池崇史監督に次ぐ、新しい世代の監督として世界中から注目を集めている。 本 [全文を読む]

浅野忠信、『淵に立つ』の深田晃司監督に感謝「一番大きかったのは監督との出会い」

Movie Walker / 2016年10月08日11時38分

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞を受賞した『淵に立つ』の初日舞台挨拶が10月8日に有楽町スバル座で開催され、浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀、篠川桃音、真広佳奈、深田晃司監督が登壇した。浅野は「今回一番大きかったのは深田監督との出会いでした」と感無量の表情で挨拶をした。 浅野は「どの作品も妥協なくやっているんですが、キャスト、スタッフ [全文を読む]

映画「淵に立つ」公開記念!!出演女優・真広佳奈の「本讀乙女」と新鋭・深田晃司監督のロングインタビュー本日公開!

PR TIMES / 2016年10月07日12時32分

[画像1: http://prtimes.jp/i/6388/176/resize/d6388-176-990834-0.jpg ]電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、映画「淵に立つ」の公開を記念して、出演女優・真広佳奈さんがおすすめの本を紹介する企画『本讀乙女』と、独自の世界観について迫った新鋭・深田晃司監督のロングインタビュ [全文を読む]

原発事故後の立ち入り禁止区域で録音 邦画の静かな革命・深田晃司監督『さようなら』

ソーシャルトレンドニュース / 2015年11月05日15時11分

■メインキャストに世界初のアンドロイド!? この作品の背景監督は、『歓待』、『ほとりの朔子』などで各国の映画祭で数々の賞を受賞した深田晃司。本作は、元々は15分だった演劇を112分の映画に昇華させた。映画の中心となるアンドロイド・レオナを演じるのは、石黒が中心となり大阪大学で開発された本物のアンドロイド“ジェミノイドF”。主人公・ターニャには同舞台でも同じ [全文を読む]

俳優・古舘寛治が豪華ゲストたちと語る「古舘寛治とgiftedたち」を本日より公開

PR TIMES / 2017年06月02日11時00分

夏帆(俳優)、井上剛(NHK演出家(『あまちゃん』)、深田晃司(映画監督『淵に立つ』)、土井裕泰(TBS演出家(『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』)など豪華ゲストたちと語るインタビュー印象派俳優として数多くの映画やドラマに出演する俳優・古舘寛治。2017年6月にホームである劇団サンプル(作・演出:松井周)の新作舞台『ブリッジ』の公演への出演に合わせ、 [全文を読む]

アジア版アカデミー賞「第11回アジア・フィルム・アワード」(AFA) 浅野忠信 主演男優賞受賞! 同アワード(俳優部門)2年連続受賞は史上初の快挙!

PR TIMES / 2017年03月22日16時16分

深田晃司監督に心からの感謝を申し上げたいです。監督には、多くのことを助けられました、また多くのことを教えて頂きました。我々は本当に多くのディスカッションをしましたし、リハーサルも沢山して、私の役を築き上げることができました。だからこそ、この賞を頂くことができました!AFAありがとうございました。」浅野忠信受賞式に一緒に出席した深田監督から祝福のコメントが到 [全文を読む]

謎の男により姿かたちが変わっていく家族……崩壊した関係に希望はある?

NeoL / 2016年11月12日17時45分

『歓待』、『ほとりの朔子』など、日本のみならず世界にも注目される深田晃司監督の最新作『淵に立つ』が公開中。 小さな金属加工工場を営む夫婦とその娘の前に、ある日、夫・利雄の旧い知人で前科者の男・八坂が現れる。断りもなく自宅の空き部屋を男に提供する利雄に妻・章江は戸惑うが、礼儀正しく、娘のオルガンの練習にも喜んで付き合う八坂に次第に好意を抱くように。しかし、あ [全文を読む]

浅野忠信演じる男はなぜ恐ろしいのか? 『淵に立つ』距離感のある芝居の凄み

リアルサウンド / 2016年10月16日06時00分

観る者の心を終始揺さぶり続ける深田晃司監督の渾身作『淵に立つ』は、すでに国内外からの賞賛にもある通り、とにかく浅野忠信の存在が凄い。ある家族の中へ突然現れる浅野は、日本国旗を象徴するような白と赤の衣に包まれた悪魔のごとく、物語と我々をまさに淵へと追い込んでいく。もう「恐ろしい」の一言だが、それはなぜか。『淵に立つ』で見られる現象をもとに考えていきたい。参考 [全文を読む]

【特選映画レビュー】『淵に立つ』:日常への懐疑、観客は崖っぷちに置き去りにされる

ガジェット通信 / 2016年10月13日08時30分

深田晃司監督は、その存在を「世界に遍在する理不尽な暴力」の象徴と語る。 私たちが晒される暴力の大半は因果関係で説明できるものではない。天災に動機も善悪もないように、犯罪も本質的には加害者が動機を正確に説明できることはないでしょう。善悪二元論から遠い平凡な曖昧さの中に私たちは生きている。(深田晃司) 「観客と共に崖の淵に立ち、人間の心の奥底の暗闇をじっと凝視 [全文を読む]

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞受賞!HARUHI主題歌担当映画『淵に立つ』予告編解禁

PR TIMES / 2016年08月12日13時53分

2016年5月に第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、約20年ぶりに日本の若手監督がカンヌ受賞を果たし大きな話題となっている映画『淵に立つ』(10月8日公開/深田晃司監督作品)予告編が本日初披露となった。主題歌・17歳のHARUHIの新曲「Lullaby」が予告編でも使用されており、緊張感に満ちた展開で人間の心の深淵に迫る衝撃のドラマを感 [全文を読む]

浅野忠信、イザベル・ユペールに「大ファンです」と猛アピール

Movie Walker / 2016年06月24日18時50分

今年の団長を務めるイザベル・ユペールら来日ゲストや、本年度カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』(秋公開)の主演俳優・浅野忠信と深田晃司監督、同部門正式出品作『海よりもまだ深く』(公開中)の是枝裕和監督が登壇した。浅野は「イザベル・ユペールさんの大ファンです」と紅潮しながら挨拶した。 浅野は「実は10年くらい前に来日した時もお会いして [全文を読む]

富士・本栖湖畔で野外“映画フェス”8月4日から実施!インディペンデント映画30本以上を上映!

@Press / 2017年06月20日11時30分

■『湖畔の映画祭』開催概要 <会場> 山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18) <日付> 2017年8月4日(金)~2017年8月6日(日) <チケット> 通し券のみ:一律前売り3,500円(税込)当日券4,000円(税込) 販売 :チケットぴあ・e+で販売予定 ・クラウドファンディングも開始※ 2017年6月20日(火)開 [全文を読む]

黒沢清監督がカンヌで受賞を逃した理由とは?

Movie Walker / 2017年05月29日23時09分

一昨年『岸辺の旅』で同部門の監督賞を受賞した黒沢清監督の『散歩する侵略者』は残念ながら受賞ならず、昨年の深田晃司監督の『淵に立つ』に続く三年連続の日本映画受賞の期待は叶わなかった。黒沢清監督は今回で5回目のカンヌ映画祭ノミネートになり、すでに常連と呼んでいいカンヌ・ベテランである。コンペには2001年『アカルイミライ』で参加しただけではあるが、5回のうち3 [全文を読む]

キムタクも参加!カンヌ国際映画祭の注目ポイントは?

Movie Walker / 2017年05月15日14時00分

昨年は深田晃司監督の『淵に立つ』(16)がある視点部門で審査員賞を受賞したり、スタジオジブリ制作の『レッドタートル ある島の物語』(16)が上映されたりしたが、今年は木村拓哉の参加や、常連監督の最新作がコンペ部門に選出されているなど話題性は十分。早速、今回の映画祭の注目ポイントをチェックしていこう! 日本で最もカンヌ国際映画祭との相性がいい監督いえば河瀬直 [全文を読む]

浅野忠信が最優秀主演男優賞に!アジアのアカデミー賞「アジア・フィルム・アワード」授賞式―香港

Record China / 2017年03月22日11時30分

今回は念願だった最高の栄誉を手にしたことで、授賞式では深田晃司監督をはじめ、映画祭の主催側に対して感謝の言葉を語っている。 「わたしは潘金蓮じゃない」は最優秀主演女優賞だけでなく、最優秀作品賞など今回最多の3部門を制した。中国映画界きってのヒットメーカー、フォン・シャオガン(馮小剛)監督が手掛け、昨年の第64回サン・セバスティアン国際映画祭でも最優秀主演女 [全文を読む]

中条あやみ、栄誉獲得で大粒の涙

モデルプレス / 2017年02月15日19時11分

(modelpress編集部) ■第71回(2016年)毎日映画コンクール 受賞結果 【作品部門】 日本映画大賞:「シン・ゴジラ」庵野秀明 ※総監督 日本映画優秀賞:「この世界の片隅に」片渕須直 外国映画ベストワン賞:「ハドソン川の奇跡」クリント・イーストウッド 【監督賞・脚本賞】 監督賞:西川美和「永い言い訳」 脚本賞:向井康介「聖の青春」(森義隆) 【 [全文を読む]

小松菜奈、男前なダボダボのパンツスーツで会場騒然

Movie Walker / 2017年02月05日16時53分

また、『淵に立つ』の深田晃司監督作の常連俳優である太賀は「すべてのきっかけである深田監督と深田組のみなさんにお礼を言います。監督の言葉についてきて良かった、いっしょにお芝居をする共演者の方々に身を委ねて良かったと思います」と言葉をかみしめた。 作品賞受賞作『この世界の片隅に』(公開中)で審査員特別賞を受賞したのんは、愛らしい白のドレスで登壇。「声だけの演 [全文を読む]

日タイ修好130周年記念事業「日本映画祭2017」はバンコクから開催 2/4~

Global News Asia / 2017年01月26日13時00分

・『この世界の片隅に』片渕須直(2016、126分) ・『真田十勇士』堤幸彦(2016、135分) ・『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太(2016、125分) ・『ちはやふる・上の句』小泉徳宏(2016、111分) ・『ちはやふる・下の句』小泉徳宏(2016、103分) ・『クリーピー』黒沢清(2016、130分) ・『金メダル男』内村光良(2016、1 [全文を読む]

フォーカス