毛利元就のニュース

腹がへっては戦はできぬ!“刀を模したお箸”「侍箸」シリーズ早くも第二弾 戦国武将「毛利元就」「長曾我部元親」2014年11月発売

DreamNews / 2014年07月03日12時00分

ホビーメーカー株式会社壽屋は、戦国武将「毛利元就」「長曾我部元親」の刀を模したお箸「侍箸」を2014年11月に各1,500円(税抜)にて発売予定です。ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市曙町/ 代表:清水一行)は、“日本刀を模したお箸”「侍箸」シリーズ第二弾として、戦国武将より中国地方の覇者「毛利元就」と四国の覇者「長曾我部元親」を2014年11 [全文を読む]

インクリメントP ケータイ向け「MapFan(R)」 戦国武将ゆかりの地特集第2弾「毛利元就特集」公開

PR TIMES / 2012年02月20日15時07分

~スキー滑走状況や温泉、道の駅など「冬のおでかけ特集」も無料配信中~ インクリメントP株式会社が運営する、NTTドコモ向け地図検索サービス「iMapFan地図ナビ交通」、Yahoo!ケータイおよびEZweb向け「ケータイ地図MapFan」(以下ケータイ向け「MapFan」)ではこのたび、戦国武将ゆかりの地特集の第2弾として「毛利元就ゆかりの地特集」を公開し [全文を読む]

なんと3倍の兵に大勝!毛利元就が飛躍した「郡山合戦」舞台の吉田郡山城

サライ.jp / 2017年05月11日17時00分

今回のテーマは毛利元就です。できるだけ味方の犠牲を払わず戦に勝利することを信条とした元就は、郡山合戦の大勝利をきっかけに大きく飛躍します。そんな元就の戦略や、その舞台となった吉田郡山城について、ご紹介しましょう。■3倍以上の兵に勝利した籠城戦毛利元就がその名を知らしめ、大きく飛躍するきっかけとなったのが郡山合戦。この戦いは8000の兵で籠城した毛利軍が、尼 [全文を読む]

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」新武将「霧隠才蔵(UR)」登場!

PR TIMES / 2017年04月07日19時41分

*******■超越武将解放!![画像2: https://prtimes.jp/i/18760/258/resize/d18760-258-711256-0.jpg ]「毛利元就(UR)」、「吉川元春(SR)」が超越参まで解放いたしました。超越解放の対象武将UR「毛利元就」が100回以内に必ず獲得できる「超越武将セレクションBOX召喚」が開催!さらに、S [全文を読む]

『大攻城!三国×戦国クロスバトル』大型アップデート タワーディフェンス新ステージ追加や新武将も登場!

@Press / 2016年08月18日09時30分

ストアURL : https://app.adjust.com/32bwvs公式WEBサイト: http://sansencb.gaegames.com/pr12■新たな武将がサンセン!!「徳川家康【魂5】CV:桑島法子」「毛利元就【魂4】CV:広瀬さや」「黄月英【魂3】CV:柊里砂」「董卓【魂3】CV:飯坂紗幸」「茶々【魂1】CV:新津奈々」が登場し、う [全文を読む]

本日発売!「下剋上」の代名詞となった美しき軍師・陶隆房の生涯とは?吉川永青著『悪名残すとも』、Web上で無料試し読みもスタート!

PR TIMES / 2015年12月25日11時36分

陶隆房(すえ・たかふさ)は、弱冠20歳で大内義隆の重臣として1万もの兵を率い、その後、毛利元就と西国の雄を争った武将です。著者の吉川さんは、2010年『我が糸は誰を操る』で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞、最近では複数の作家による競作長篇『決戦!関ヶ原』や『決戦!三國志』にも参加している気鋭の作家。吉川さんが、陶隆房を通じて本作に込めた想いとは?また、 [全文を読む]

美しき軍師はなぜ下剋上をしなくてはならなかったのか―陶隆房の凄絶な生涯を追う長篇小説『悪名残すとも』刊行

ダ・ヴィンチニュース / 2015年12月10日17時30分

若き軍師「陶隆房」の知られざる真実とは? 毛利元就と戦った男はどのような人物だったのか? 渾身の歴史長篇がここに完成した。■『悪名残すとも』著:吉川永青装画:小島文美装丁:大原由衣価格:1,900円(+税)発売日:2015年12月25日(金)発行:KADOKAWA※ネット書店での予約開始済み天文九年(1540年)の師走。毛利元就の居城、郡山城に尼子軍の怒濤 [全文を読む]

なぜ下剋上を起こしたのか?美将・陶隆房の知られざる凄絶な人生とは!気鋭の歴史小説家 吉川永青著『悪名残すとも』、12月25日発売!

PR TIMES / 2015年11月26日11時08分

毛利元就の居城、郡山城に尼子軍の怒濤の侵攻が押し寄せようとした時、一万の兵を率いた援軍が現れた。まだ二十歳の美しき軍師の名は、陶隆房(すえたかふさ)。大内義隆の重臣にして、援軍の大将を務める男だった。見事な戦略により尼子軍の侵攻を打ち破った隆房は、毛利元就の戦友として、親交を深めていく。だが、隆房の真の敵は、外部だけではなかった。翌年、出雲に侵攻した隆房の [全文を読む]

【プロ野球】田中正義は推理小説!? ドラ1選手たちが続々入寮! 彼らが“持参”した一品をチェックしてみた!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月11日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ドラ1選手“持参”したものはこれだ! 堀瑞輝(日本ハム) 手の平ダルマ 田中正義(ソフトバンク) 推理小説『シャーロック・ホームズ』シリーズ(コナン・ドイル) 佐々木千隼(ロッテ) マットレス(エアウィーブ) 今井達也(西武) 金色のダルマ 藤平尚真(楽天) マットレス(東京西川) 横浜 [全文を読む]

サンド伊達は正宗の末裔!? 実は戦国武将の子孫だった有名人

日刊大衆 / 2017年01月10日11時00分

彼の先祖は安芸国の戦国武将、毛利元就の次男である吉川元春だ。毛利元就といえば「三本の矢」の逸話で知られ、1997年にNHK大河ドラマの主役になったほどの有名武将。合理的な策略と大胆な駆け引きを駆使する策略家として名を馳せた。吉川もまた、中学時代から水球の選手として活躍し、高校では世界ジュニア水球選手権大会の日本代表に選ばれるなど、抜群の身体能力と運動センス [全文を読む]

フォーカス