黒田勇樹のニュース

深夜バイト開始も、過酷すぎて原因不明の腹痛が起きた元天才子役

まぐまぐニュース! / 2015年11月11日06時14分

人気ドラマ『人間・失格』での名演技など、かつては天才子役として名を馳せた黒田勇樹さん。突然の“芸能界引退”宣言以降は、ハイパーメディアフリーターなる肩書でネット界隈で様々な活動を展開し、また近年では“離婚騒動”でも騒がせた彼ですが、正直なところ“何で食っているのかがよくわからない人”というのが、世間のイメージとしてあるのではないでしょうか。そんな黒田さんの [全文を読む]

体操に名を残す新技「シライ2」 もし別の名前をつけるなら…

しらべぇ / 2016年09月08日19時00分

1年に1回ぐらい、自分の名前がGoogleで検索急上昇する俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。今は関連ワードが「結婚」や「引退」ばかりですが、いつかは映画監督として自分の名前を歴史に名を残したいものです。このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉 [全文を読む]

名前を変えたければ「芸名をつければ良い」という提案をする

しらべぇ / 2016年07月23日19時00分

本名なので、生まれてからずっとこの名前で仕事をしている俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。SNSなど存在していなかった時代に小学校に通っていたので、連絡網に当たり前のように個人情報が載っていたのですが、芸能活動が忙しくなり始めた高学年頃から自分の名前住所が空白になったのは、衝撃的な思い出でした。このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に [全文を読む]

俳優業を再開した元天才子役が忘れそうになっていた「馬鹿」

まぐまぐニュース! / 2015年09月25日11時00分

かつて天才子役と呼ばれるも一時期自らの意志で芸能の世界と距離を置いた黒田勇樹さんが、本格的に俳優業を再開して2年あまり。映画に舞台にと精力的に活躍する中、本気で取り組むがゆえに生じるストレスにピリピリしていたという黒田さんが、そこから脱却する瞬間を『黒田勇樹が働かずに生きていくためのメルマガ「黒田運送(便)」』で綴っています。 日常「ピリ山ピリ太郎」 今週 [全文を読む]

「アダルト」という英語を冷静に和訳してみた 【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】

しらべぇ / 2015年09月03日19時00分

黒田勇樹がゴールデン街で働いてるって響きが面白いな」という理由だけで、月に2回バーテンダーをしている俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。こんにちは。このコラムでは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べ、妄想をふくらませ [全文を読む]

業界も消費者も見て見ぬふり…許されざる食品偽装【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】

しらべぇ / 2015年06月25日19時00分

来年の夏は腹筋をバッキバキにしたいと思っている、俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。こんにちは。 このコラムでは、子供のころから芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、さまざまな「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べ、妄想をふくらませていこうと思います。 ■腹筋といえば… ※画像 [全文を読む]

駆逐されていく言葉たち 「ロマンポルノ」に迫る危機【黒田勇樹の妄想的語源しらべぇ】

しらべぇ / 2015年03月19日18時00分

昔、映画の出演オファーを受け「台本を読んでから判断します」と返事をしたはずが、こちらに台本を送る前に、出演者名も役名も「黒田勇樹」にして印刷した台本を他のキャストに配り、なんなら俺の名前で他のキャストに出演OKさせた、某映画監督を一生許さないと心に決めている黒田勇樹です。 こんにちは。もちろん、オファーは断りました。 このコラムでは、子供の頃から芸能の世界 [全文を読む]

未婚率上昇で茄子を食わせる「嫁」がいない? 時代遅れのことわざ

しらべぇ / 2017年05月28日21時00分

©sirabee.com虫は食べられるけど、茄子は食べられない俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。元々、『世界ウルルン滞在記』のロケで虫を食べた際「このまま何でも食べられるようになってしまっては、キュートさがなくなる」と、子供の頃から嫌いだった茄子を「一生食べられるようには、ならない」と、心に誓っていました。しかし、ここ最近禁酒を始め「酒も、茄 [全文を読む]

ココが正念場? 天王山? 「勝負所を表す言葉」をうまく使い分けたい

しらべぇ / 2017年05月14日21時00分

何本もの小劇場作品に関わり、満を持して殺人鬼役で主演として舞台に立つことになった俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。ここが正念場なのか、天王山なのか、関ヶ原なのか、瀬戸際なのかわかりませんが、確実に何らかの分岐点に立っていると思うので、精一杯頑張ろうと思っています。■頑張ると言えば…このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今 [全文を読む]

「点」を打つ場所ひとつでここまで意味が変わってしまう文字の世界

しらべぇ / 2017年04月30日21時00分

次に主演する舞台の題材が「ピーターパン」なのですが、台本を読みながら、ずっと「これ、ワニがウニだったらどうなるんだろう?」と考え、夢中になってしまう俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。「ウニに飲み込まれる」って、ワニに飲まれるより怖い気がしませんか?©sirabee.comこのコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家 [全文を読む]

フォーカス