角田光代のニュース

『源氏物語』を角田光代が、『たけくらべ』を川上未映子が新訳する! 「池澤夏樹 個人編集 日本文学全集」収録作品発表

6 / 2014年05月20日11時20分

さらに、『源氏物語』は3巻にわたって収録され、訳を担当するのは角田光代。明治文学を代表する樋口一葉の『たけくらべ』も川上未映子によって現代語訳される。 明治以降の文学は夏目漱石、森鴎外からはじまり谷崎潤一郎、宮沢賢治、大岡昇平、開高健、大江健三郎、須賀敦子など、厳選した作品が収録される。2007年に刊行が開始され30巻で完結した「池澤夏樹=個人編集 世界文 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮沢りえ、7年ぶり主演映画で「見たことのない自分に衝撃!」原作者・角田光代も度肝を抜かれる。

5 / 2014年08月21日21時15分

21日、東京・新宿にて映画『紙の月』完成報告会見が行われ、宮沢りえ、大島優子、小林聡美、直木賞作家・角田光代、吉田大八監督が真っ赤に施された舞台に全員が黒の衣装で登壇した。赤と黒のコントラストが映画のイメージを見事に醸し出していた。 平凡な主婦役を演じる宮沢りえだが、恋に落ちると本来の大人の女性の美しさを余すところなく発揮する。大学生との“不倫”では、か [全文を読む]

「高い志を持たない」…ダイエットや健康維持を目的にしない、角田光代の8つの”中年体育の心得”とは?

4 / 2016年11月12日11時00分

『なんでわざわざ中年体育』(角田光代/文藝春秋)は、週に一度は走るよう心がけている角田光代さんいわく“イタい中年女による、志の低い運動記録”。角田さんといえば、個性的で骨太な作風の小説家で、その作品は直木賞をはじめ数多くの受賞歴を誇る。『八日目の蝉』、『紙の月』などの映像化された作品については、読書になじみのない人でもタイトルに聞き覚えがあるだろう。 本 [全文を読む]

本より先に出会っていたら…?映画監督・角田光代誕生の可能性

4 / 2015年02月25日15時15分

CS放送のムービープラスで3月2日(月)に放送される番組「この映画が観たい」の収録が行われ、‘14年に自身の小説「紙の月」が映画化され話題になった作家・角田光代が取材に応じた。 「この映画が観たい」はさまざまな分野で活躍する著名人に“映画体験”とそれにまつわる人生のエピソードを語ってもらうムービープラスのオリジナル番組。 角田は自身の小説にも影響を与えたと [全文を読む]

角田光代の書き下ろし短編小説『記憶』がダ・ヴィンチに特別掲載 <ヴァロットン展開催記念>

4 / 2014年06月06日11時40分

展覧会の開催を記念して、作家の角田光代さんが、ヴァロットンの代表的な3つの作品からイメージした3作の短編小説を発表。現在発売中の雑誌「ダ・ヴィンチ 7月号」とダ・ヴィンチニュースでは、このうち『ボール』をイメージした小説『記憶』を特別掲載している。 『ボール』をイメージした小説『記憶』を読む また、ヴァロットン展の公式サイトでは、『記憶』の他の作品や三菱一 [全文を読む]

角田光代氏のボクシング小説 485ページの半分が格闘シーン

4 / 2013年01月07日16時00分

【書評】『空の拳』角田光代/日本経済新聞出版社/1680円 【評者】嵐山光三郎(作家) * * * 読む者がボカスカと殴りつけられるボクシング小説。右ボディ左アッパー右ストレート、文章が側腹をえぐってゴスンと響く。身ぶるいするうち、左フックが唸りをあげてこめかみにぶちあたる。ガツーン。バッティングして眉の上から血が流れてきた。ステップバックする余裕もない。 [全文を読む]

直木賞・角田光代が日常に潜む薄闇と狂気を描いた恐怖短編集

4 / 2012年01月18日07時01分

【書評】『かなたの子』(角田光代/文藝春秋/ 1260円) 【評者】鴻巣友季子(翻訳家) * * * 怖い短編集だ。角田光代の得意とする「日常のほころびに覗く薄闇と狂気」を描く逸品揃いである。ただ、マンションやコンビニなどの風景が登場する現代生活を描いた、これまでの短編集とはだいぶ趣が違う。 「おみちゆき」「闇の梯子」「巡る」など全八編のうち、舞台がはっき [全文を読む]

プラン・インターナショナルが「夏休み読書感想文コンクールを開催。2017年6月21日より募集を開始

3 / 2017年06月07日14時30分

直木賞作家でプラン・インターナショナルの支援者でもある角田光代さんが審査員長をつとめます国際NGOプラン・インターナショナルは、「夏休み読書感想文コンクール2017想像するチカラ。行動するチカラ。」を開催します。このコンクールは、次世代を担う全国の中高生が同世代を生きる途上国の子どもの「今」、「等身大の姿」、そして彼らの持つ「夢」や「可能性」について読書を [全文を読む]

角田光代さんが今月買った10冊

3 / 2017年05月19日17時00分

01.『春に散る 上下』 沢木耕太郎 朝日新聞出版 各1600円+税 02.『ナスカイ』 梅佳代 亜紀書房 1996円+税 03.『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』 大崎善生 KADOKAWA 1600円+税 04.『明るい夜に出かけて』 佐藤多佳子 新潮社 1400円+税 05.『リリース』 古谷田奈月 光文社 1600円+税 06.『月の満ち欠け [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」、第III期いよいよ刊行開始!最新刊は太平洋戦争前夜までを描いた超絶技巧の作家たちの傑作・名作ぞろい!

3 / 2017年03月10日14時24分

●第III期以降の刊行予定● 2017/5 (27)『近現代作家集 II』 2017/7 (28)『近現代作家集 III』 2017/9 (04)『源氏物語 上』角田光代訳 2018/5 (05)『源氏物語 中』角田光代訳 2018/12 (06)『源氏物語 下』角田光代訳企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス