中村文則のニュース

読書芸人で大反響の『教団X』 「中村文則語録」を開設!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日14時30分

人気バラエティ番組「アメトーーク!」の「読書芸人」がきっかけで、いっきに火がついた作家・中村文則さんの『教団X』。一時は入手困難となるほど。今回ダ・ヴィンチニュースでは、雑誌『ダ・ヴィンチ』とダ・ヴィンチニュースが行ってきた中村文則さんへのインタビューをまとめた「中村文則語録」を開設しました。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら プライベートでも親交 [全文を読む]

『教団X』以外にどんな作品がある? 中村文則の全作品を紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

(ダ・ヴィンチ2015年2月号掲載)【画像あり】中村文則全作品の詳細はこちら取材・文=吉田大助/写真=森山将人●「全部」を書こうと決めた──最新作『教団X』「最高傑作を書こう、と決めていました。中村文則の代表作と呼ばれるものに必ずしよう、と」 1977年9月、中村文則は愛知県で生を受けた。2002年10月、『銃』で純文学の新人賞を受賞し、彼は小説家になった [全文を読む]

中村文則氏「大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかった」

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

【著者に訊け】中村文則氏/『去年の冬、きみと別れ』/幻冬舎/1365円 〈なぜ愛する人を目の前にして、僕達はその一部しか認識できないのだろう〉 理解、所有、支配、束縛……。全ては〈愛〉が為さしめる所業だった。彼らはただ、愛する者を手に入れようとして罪を犯し、心身ともに壊れていったのだ。 世間では愛を尊ぶ一方で、暴力や権力の行使を憎み、それらが同じ根を持つ事 [全文を読む]

「橋本愛は文化系肉食女子!?」14歳上・綾野剛との交際がけっこう進んでいる“証拠”

日刊サイゾー / 2013年08月22日13時00分

橋本が「Seventeen」(集英社)で愛読書を紹介したことは既報の通り(記事参照)だが、ここで橋本が挙げている作家の中村文則は、綾野が文庫本で解説を担当するほど敬愛している小説家なのだ。 「綾野が解説を綴っているのは、中村文則が新潮新人賞を受賞したデビュー作の『銃』(河出文庫)です。綾野は本作品の帯文も担当しており、『孤独は向かってくるのではない 帰って [全文を読む]

いま世界中で翻訳される作家・中村文則、珠玉の傑作短篇集がついに文庫化!

PR TIMES / 2017年05月08日18時09分

全国400書店で「中村文則の世界」フェアも同時開催。 [画像1: https://prtimes.jp/i/12754/80/resize/d12754-80-458196-3.jpg ] 河出書房新社はいま世界中で翻訳される作家・中村文則の珠玉の傑作短篇集『A』(2014年に単行本刊行)の文庫版を5月8日に発売する。 文庫発売及びデビュー15周年を記念し [全文を読む]

ピース又吉が敬愛する作家・中村文則、『あなたが消えた夜に』のスピンオフ公開!ある食堂で繰り広げられる推理合戦

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日18時00分

ピースの又吉が敬愛する作家・中村文則。このたび、彼の『あなたが消えた夜に』のスピンオフ作品「気分転換な夜に」(全5話)が無料公開される。 JTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となるが、第1話だけは雑誌『ダ・ヴィンチ』12月号と「ダ・ヴィンチニュース」の特設ページでも公開される。 本編の『あなたが消えた夜に』は、中村文則が挑んだ、初の警察 [全文を読む]

吉沢 亮「中村文則さんの描く人物と、どこか自分は似ていると感じることがあります」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月06日15時00分

今回、おすすめ本でもセレクトし、ずっと夢中で読んでいるという中村文則作品の魅力について、話を訊いた。 「ドラマで共演していた役者さんに“好きな本は何ですか?”と訊いたとき、『掏摸』が面白いと教えてもらって。それが中村文則作品との出会いでした。その心理描写、エンターテインメント性に惹きつけられ、すぐに他の作品も読んでみようと思いました」 【詳しくはこちら】ダ [全文を読む]

【祝!本屋大賞ノミネート】芸能界注目度No.1小説『教団X』とは? 作者・中村文則さんにいろんな質問をぶつけて見えた“素顔”

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月27日15時00分

中村文則の代表作と呼ばれるものに必ずしよう、と」【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ インタビューの中で、中村文則さんは『教団X』についてこう語った。確かに、いまだかつて、こんなにも様々な人の心を揺さぶった小説があっただろうか。プライベートでも親交がある綾野剛はこう語る。「一気に読むと、脳内カオスが起こるんです」。「あえて142ページで読むのを止めた [全文を読む]

間宮祥太朗「菅田将暉のプレゼン能力に圧倒されました(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月07日06時30分

かくいう間宮さんは、中村文則や絲山秋子らの小説を愛読する純文学びいきの読書家。しかし「人に薦められるほど、小説には詳しくないです」と謙遜します。ただ、映画を薦めるのは大好きなのだとか。 「自分の核となっているような作品を人に薦めるときの喜びときたら! 映画については、自分のなかに常に引き出しをいくつかつくって、ラベルわけしてあるんです。『いまちょっとネガテ [全文を読む]

ドストエフスキー未完の傑作が、ミリオンセラー翻訳者の手によって完結! 舞台は19世紀ロシアから現代日本へ―

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月26日17時30分

」―佐藤優 また、『新カラマーゾフの兄弟』の刊行を記念して、亀山郁夫と中村文則の対談イベントも開催される。 <亀山郁夫『新カラマーゾフの兄弟』刊行記念イベント> 亀山郁夫×中村文則 ドストエフスキー超入門対談 父なき国の「父殺しミステリー」の謎を解く! 日程:2015年12月1日(火) 時間:19:00~20:30 開場18:30~ 料金:1,080円(税 [全文を読む]

ピース又吉絶賛の小説『教団X』著者が「又吉くんより先に芥川賞を獲っておいてよかった (笑)」と告白

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月12日17時30分

それを追うかのごとく大注目されているのが、中村文則氏の『教団X』(集英社)だ。描かれている世界を彷彿とさせるまがまがしい装丁――品切れ続出後の大増刷を経て、ようやくその全貌を現し始めた。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 6月に放送されたテレビ朝日系バラエティー「アメトーーク!」で、“読書芸人”オードリー・若林、ピース・又吉が大絶賛した直後からAma [全文を読む]

『小説TRIPPER』創刊20周年記念号 伊坂幸太郎、朝井リョウ、阿部和重など人気作家20名が共演!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月22日18時00分

【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら また中村文則、森晶麿による新連載も開始。20年を振り返るという立場からも、“これから”という新しい連載陣の顔ぶれの多様さからも、リニューアル号に相応しいものとなっている。 ●特集「Twenty Short Stories 20をめぐる20の小説たち」 朝井リョウ「清水課長の二重線」 阿部和重「Across The [全文を読む]

朝井リョウ、阿部和重、伊坂幸太郎ほか人気作家20名が共演!「小説TRIPPER」20周年記念号

PR TIMES / 2015年06月18日12時04分

また、中村文則・森晶麿による新連載も開始します。 [画像: http://prtimes.jp/i/4702/20/resize/d4702-20-211841-0.jpg ] 【概要】 おかげさまで2015年夏季号をもちまして創刊から20年を迎えることができました。 小誌が小さく産声を上げた1995年は敗戦から50年という年にして、阪神・淡路大震災、オウ [全文を読む]

【著者に訊け】中村文則氏が謎のカルト集団を描く『教団X』

NEWSポストセブン / 2015年01月28日16時00分

【著者に訊け】中村文則氏/『教団X』/集英社/1800円+税 例えば人間や世界の成り立ちについて、「今」だから書けることは何か。現時点でのあらゆる知見を網羅した集大成が、本書『教団X』であると中村文則氏は言う。「仮に文学の普遍的目的が人間存在の解明にあるとして、ドストエフスキーには最新の脳科学も宇宙理論も書きようがない。その点、人間とは何かを科学的根拠をも [全文を読む]

セックスで洗脳するカルト集団? 中村文則が描く圧倒的な光とは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月07日11時30分

貧困、暴力…インド社会の現実を描く! たった17文字に込められた意味 中村文則氏の新作『教団X』では、対立する2つの宗教団体の中で暮らす人々の様子を淡々と描き出している。教団に集まってくる人々は集まる人の分だけ、生きる苦しみを抱えている。欲望が渦巻く中で、惹かれ合い、反発し合う人々はどこへと向かうのだろうか。彼らに救いはあるのだろうか。2014年、『掏摸 [全文を読む]

作家の企みに思い切りハマる 「掏摸」の作者が放つ本屋大賞候補作とは?

AOLニュース / 2014年04月07日11時45分

2010年に『掏摸』を発表し、日本人で初めて米国の文学賞「デイビッド・グディス賞」を受賞した中村文則氏の『去年の冬、きみと別れ』も候補作の一つ。章立てになっていて、1、2とナンバリングされた通常のものとは別に、「資料」と書かれた章もあることが本書の特徴です。 主人公はライターの「僕」。彼には、猟奇殺人事件で死刑判決を受けている被告にインタビューし、事件に [全文を読む]

『花椿』4・5月号は“スター”特集 ~『花椿』誌、ウェブや無料アプリで配信中~

PR TIMES / 2014年03月13日10時13分

短編小説「STORY」、今月は中村文則による『ある女』。服役していた男が出所する場面からはじまる幻想的なラブ・ストーリーです。好評連載・穂村弘の対談「Talk」のゲストは、俳優の瑛太。ゆっくり、じっくり、ことばを選ぶように語った瑛太にとっての演じることとは。ほか、いま話題のカルチャー・トレンドを紹介する「MOMENT」(今月のテーマは、「NYカルチャーシー [全文を読む]

不機嫌会見で話題を集める『あまちゃん』橋本愛の、心配な愛読書の中身とは?

日刊サイゾー / 2013年07月22日08時00分

橋本が選んだのは、中村文則の『世界の果て』(文藝春秋)、島本理生の『ナラタージュ』(角川書店)など。現在の文壇では随一とも言われる“暗さ”が詰まった中村文則の短編集をティーン誌で選んでしまうあたりは、女優として翳のある橋本らしいチョイスともいえるが、問題は『ナラタージュ』のほう。“究極の恋愛小説”として女性の間でバイブル化している本作だが、その実、中身は [全文を読む]

東北新社制作・配給『パーフェクト・レボリューション』9月29日TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開!

@Press / 2017年06月09日17時30分

監督・脚本は、芥川賞作家・中村文則の原作を映画化した衝撃作『最後の命』で高い評価を得た松本准平が務め、物語を鮮烈に描き出しています。 規格外れで、最高に純粋なふたりの、最強のラブストーリーにぜひご注目ください。 〈リリー・フランキーさんコメント〉 友人の熊篠の今までの活動と生きざまが映画になると聞き、どんなカタチでも参加したいなと思いました。主人公は障害 [全文を読む]

「新刊ニュース」2016読書週間アンケート特集~特別企画「人気著者が惚れた2冊」を掲載~

DreamNews / 2016年10月18日10時00分

アンケート回答者(一部・敬称略):梓澤 要、彩瀬まる、市川拓司、恩田 陸、門井慶喜、河合莞爾、くさか里樹、志川節子、大門剛明、髙田 郁、那須正幹、中村文則、中山七里、西村賢太、萩原さちこ、東川篤哉、誉田哲也、宮内悠介、山崎ナオコーラ、山田宗樹、雪富千晶紀、米澤穂信、他多数「新刊ニュース」は、注目の本の著者や人気作家のインタビュー、対談、エッセイの他、編集者 [全文を読む]

フォーカス