中村文則のニュース

読書芸人で大反響の『教団X』 「中村文則語録」を開設!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日14時30分

人気バラエティ番組「アメトーーク!」の「読書芸人」がきっかけで、いっきに火がついた作家・中村文則さんの『教団X』。一時は入手困難となるほど。今回ダ・ヴィンチニュースでは、雑誌『ダ・ヴィンチ』とダ・ヴィンチニュースが行ってきた中村文則さんへのインタビューをまとめた「中村文則語録」を開設しました。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら プライベートでも親交 [全文を読む]

吉沢 亮「中村文則さんの描く人物と、どこか自分は似ていると感じることがあります」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月06日15時00分

今回、おすすめ本でもセレクトし、ずっと夢中で読んでいるという中村文則作品の魅力について、話を訊いた。 「ドラマで共演していた役者さんに“好きな本は何ですか?”と訊いたとき、『掏摸』が面白いと教えてもらって。それが中村文則作品との出会いでした。その心理描写、エンターテインメント性に惹きつけられ、すぐに他の作品も読んでみようと思いました」 【詳しくはこちら】ダ [全文を読む]

『教団X』以外にどんな作品がある? 中村文則の全作品を紹介

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

(ダ・ヴィンチ2015年2月号掲載)【画像あり】中村文則全作品の詳細はこちら取材・文=吉田大助/写真=森山将人●「全部」を書こうと決めた──最新作『教団X』「最高傑作を書こう、と決めていました。中村文則の代表作と呼ばれるものに必ずしよう、と」 1977年9月、中村文則は愛知県で生を受けた。2002年10月、『銃』で純文学の新人賞を受賞し、彼は小説家になった [全文を読む]

中村文則氏「大人が楽しめる知的ミステリーを書きたかった」

NEWSポストセブン / 2013年10月25日07時00分

【著者に訊け】中村文則氏/『去年の冬、きみと別れ』/幻冬舎/1365円 〈なぜ愛する人を目の前にして、僕達はその一部しか認識できないのだろう〉 理解、所有、支配、束縛……。全ては〈愛〉が為さしめる所業だった。彼らはただ、愛する者を手に入れようとして罪を犯し、心身ともに壊れていったのだ。 世間では愛を尊ぶ一方で、暴力や権力の行使を憎み、それらが同じ根を持つ事 [全文を読む]

ピース又吉が敬愛する作家・中村文則、『あなたが消えた夜に』のスピンオフ公開!ある食堂で繰り広げられる推理合戦

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月05日18時00分

ピースの又吉が敬愛する作家・中村文則。このたび、彼の『あなたが消えた夜に』のスピンオフ作品「気分転換な夜に」(全5話)が無料公開される。 JTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となるが、第1話だけは雑誌『ダ・ヴィンチ』12月号と「ダ・ヴィンチニュース」の特設ページでも公開される。 本編の『あなたが消えた夜に』は、中村文則が挑んだ、初の警察 [全文を読む]

【著者に訊け】中村文則氏が謎のカルト集団を描く『教団X』

NEWSポストセブン / 2015年01月28日16時00分

【著者に訊け】中村文則氏/『教団X』/集英社/1800円+税 例えば人間や世界の成り立ちについて、「今」だから書けることは何か。現時点でのあらゆる知見を網羅した集大成が、本書『教団X』であると中村文則氏は言う。「仮に文学の普遍的目的が人間存在の解明にあるとして、ドストエフスキーには最新の脳科学も宇宙理論も書きようがない。その点、人間とは何かを科学的根拠をも [全文を読む]

セックスで洗脳するカルト集団? 中村文則が描く圧倒的な光とは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年01月07日11時30分

貧困、暴力…インド社会の現実を描く! たった17文字に込められた意味 中村文則氏の新作『教団X』では、対立する2つの宗教団体の中で暮らす人々の様子を淡々と描き出している。教団に集まってくる人々は集まる人の分だけ、生きる苦しみを抱えている。欲望が渦巻く中で、惹かれ合い、反発し合う人々はどこへと向かうのだろうか。彼らに救いはあるのだろうか。2014年、『掏摸 [全文を読む]

『教団X』で話題の芥川賞作家・中村文則の安倍政権批判、改憲阻止の決意に震えた! この危機感を共有せよ!

リテラ / 2016年01月19日20時00分

筆者は芥川賞作家の中村文則だ。昨年発売された『教団X』(集英社)は又吉直樹の大絶賛もありヒット。また、安保法制の議論が活発化した時期には「僕は今の日本の流れに対して危機感を持っていて。全体主義的傾向がもっとはっきり出てきた時にはもう遅い」(新潮社「新潮」2015年5月号)と語るなど、現状に危惧を表明していた。 だが、今回の寄稿文ではより踏み込み、いま〈憲法 [全文を読む]

中村文則、西加奈子が語る、ピース又吉のイイ話

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

「西加奈子さんの『サラバ!』を読み終わったあとに、僕は自分の小説『火花』を書き、そのあとに、中村文則さんの『教団X』を読んだ──最強の2冊に挟まれて書けて幸せだった」と弊誌連載の中で語った又吉さん。西さんと中村さんは、又吉さんがこよなく愛し、尊敬する作家。実は以前から仲良しの三人。気ぃ遣いの又吉さんがいないところでしか話せない、又吉さんのイイ話、そして今、 [全文を読む]

綾野剛、中村文則と初対面で「どっちが焼き魚のサンマをSっぽく食べられるか?」を勝負

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月26日18時00分

小説家・中村文則と、5歳年下の俳優・綾野剛は、プライベートで知り合い親交を結んできた。中村作品の大ファンだった綾野が、「会いたい」とラブコールを送ったのだ。出会った頃のこと、最近の作品のこと、自分たちの共通点……。お互いに多忙を極めていたため、久しぶりに会うこととなったこの日の2人は本当に楽しそうで、その姿はまるで兄と弟のようにも見えた。小説家と俳優は、こ [全文を読む]

Infoseekニュース公式

楽天Infoseek ニュースアプリ
無料メールマガジン
  • 夕刊Infoseekニュース
  • 週刊ランキングニュース