藤沢周のニュース

「明日、カウンターの地平線で」

PR TIMES / 2015年06月03日13時24分

芥川賞作家 藤沢周が初となるネット小説。連載スタート! ■http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2320 飲食店情報検索サイト「ぐるなび( http://r.gnavi.co.jp/ )」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、 2015年6月3日より、ぐるな [全文を読む]

“堕ちよ“、“生きよ”…現代に鋭く放たれる「坂口安吾のことば」にこの時代を生きるヒントがある

週プレNEWS / 2016年12月29日06時00分

その鋭い批評精神と独特な「人間観」に裏打ちされた安吾の「ことば」を代表作『堕落論』はじめ、膨大な作品群の中から選び抜き、価値観の揺らぐ「この時代」を生きるためのヒントとして光を当てたのが、安吾と同じ新潟県出身の芥川賞作家・藤沢周氏の『安吾のことば 「正直に生き抜く」ためのヒント』(集英社新書)だ。 藤沢氏が、「同郷の先輩」の作品との対話を通じて「宝探し」 [全文を読む]

綾野剛「今日まで培った全ての感情を注ぎ尽くす」 藤沢周『武曲』熊切和嘉監督&綾野剛で映画化決定にファン大興奮!「才能がどんだけ集結するのよ!!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月16日18時00分

剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢周の小説『武曲』が映画化され、2017年に公開されることが明らかとなった。豪華制作陣も発表され、原作ファンからは「武曲映画化!? これはスゴイ、ヤバイくらいそそる~!」「小説面白かった!! 絶対見るわ!!」と興奮の声が上がっている。 剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢 [全文を読む]

中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が、現役大学生と徹底討論!『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』

PR TIMES / 2015年10月27日11時15分

番組では、日本を代表する“知のフロントランナー”である中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日・東京、18日大阪、22日新潟の3会場で大学生を対象に行われた公開授業の模様をお届けします。さらに、授業の模様を収めたビデオPodcastを、ラジオ放送終了後、公開致します。http://fes.jfn.co.jp/[画像1: h [全文を読む]

羽田圭介氏 又吉との芥川賞同時受賞は「ラッキー」と言い切る

NEWSポストセブン / 2015年09月02日16時00分

何か深い意図がありますよ、と思わせる余地を残さないような小説を書きたい」 尊敬する作家は藤沢周さん。昔の文豪のいわゆる名作より、現役の大御所作家の作品に刺激を受けてきた。 「男の行動原理は少年から50~60代まで、ほとんどが牽制合戦です。藤沢周さんはそのくだらなさ、カッコ悪さをきちんと書いているところがすごいと思う。女性の行動原理は…何だろう。わからないこ [全文を読む]

『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』~中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が登壇!参加大学生を募集中!

PR TIMES / 2015年08月10日10時23分

今年は、中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日(土)東京、10月18日(日)大阪、10月22日(木)新潟の3会場で開催します。授業の模様は、脳科学者の茂木健一郎が総合司会を務める特別番組として、11月3日(火・祝)16:00~19:00にオンエアします。[画像1: http://prtimes.jp/i/4829/676 [全文を読む]

村上虹郎×熊切和嘉監督、肉体で語る映画『武曲 MUKOKU』を振り返る

女子SPA! / 2017年06月08日15時45分

『鬼畜大宴会』にはじまり、『海炭市叙景』『私の男』と話題作、問題作を放ってきた熊切和嘉監督が、芥川賞作家の藤沢周の『武曲』を映画化した人間ドラマ『武曲 MUKOKU』が公開中です。 トラウマを抱える2人の男が剣を手に本気でぶつかりあう姿をガチンコで見せ切る本作。綾野剛さんが演じる主人公と出会い、やがて決闘へと身を投じる高校生を演じたのは映画『2つ目の窓』、 [全文を読む]

映画「武曲ー」“黒い雨”に打たれた綾野剛&村上虹郎が変貌!?

ザテレビジョン / 2017年06月06日06時00分

芥川賞作家・藤沢周の小説を綾野剛主演で映画化した「武曲 MUKOKU」(公開中)。一度は剣の道を極めつつも、父親とのある事件をきっかけに剣を捨てた矢田部研吾を演じた綾野剛と、彼との対決に魅せられていく高校生の羽田融を演じた村上虹郎に話を聞いた。――今回の役を演じるにあたり、精神面、肉体面で、一番大変だったのはどこでしょうか?綾野 今回、僕は準備期間が長かっ [全文を読む]

綾野剛&村上虹郎“強さへの渇望”のなかで互いを求め合った「武曲」

映画.com / 2017年06月04日12時00分

(取材・文/編集部、写真/根田拓也) 主演・綾野と熊切監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組み、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を実写映画化。ある事件以来、自堕落な日々を送っている剣道5段の男・研吾(綾野)が、ラップの作詞に夢中な高校生・融(村上)との出会いを機に、再び剣の道を歩み始める姿を描く。 剣道未経験の綾野は、撮入前に剣道世界チャンピ [全文を読む]

村上虹郎、自動車教習所の応急救護でマジ演技「本業だし」

CinemaCafe.net / 2017年06月03日15時00分

芥川賞作家・藤沢周の小説を映画化した『武曲 MUKOKU』の初日舞台挨拶が6月3日(土)に行われ、主演の綾野剛、共演する村上虹郎と熊切和嘉監督が出席した。 現代の鎌倉を舞台に、父親をめぐる事件を機に生きる気力を失った凄腕剣士・矢田部研吾(綾野さん)と、本人も気づかない天性の剣の才能を秘めた高校生・羽田融(村上さん)が“魂の決闘”に火花を散らす。 「朝から地 [全文を読む]

綾野剛、主演作がジョン・ウーに絶賛される「すごすぎ」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年06月03日13時15分

本作は『私の男』の熊切監督が、芥川賞作家・藤沢周の「武曲」を基に描く人間ドラマ。剣を捨て、どん底の生活を送っていた研吾(綾野)が、恐るべき剣の才能の持ち主である高校生(村上)に出会い、死闘を繰り広げる。 129席という会場に綾野、村上が登場するとあって、この日のチケットは争奪戦。倍率は20倍で、即日完売となった。距離の近い劇場でそんな観客の熱気を目の当た [全文を読む]

村上虹郎、応急救護実習で“役者魂”さく裂! 綾野剛「最高だね」

映画.com / 2017年06月03日12時45分

[映画.com ニュース] 綾野剛の主演で、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を映画化した「武曲 MUKOKU」が6月3日、全国40館で封切られ、綾野と、共演の村上虹郎、メガホンをとった熊切和嘉監督が、東京・新宿武蔵野館で行われた舞台挨拶に登壇した。この日は男の決闘が描かれる物語にちなみ、それぞれに「最近何かと戦ったことは?」という質問が投げかけられ、綾野らは自身 [全文を読む]

綾野剛、村上虹郎の教習所エピソードに「サイコーだな!」と笑い止まらず

Movie Walker / 2017年06月03日12時36分

藤沢周の同名小説を映画化した『武曲 MUKOKU』の初日舞台挨拶が6月3日に新宿武蔵野館で開催され、綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督が登壇。「教習所の応急救護で本気の芝居をした」という村上のエピソードに、綾野が「サイコーだな!」と爆笑した。 本作は、剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで進むべき道を見失ってしまった研吾と、天衣無縫の高校生・融との [全文を読む]

綾野剛の壊れっぷりに呼吸を忘れる…話題作『武曲 MUKOKU』で剣道の達人を怪演【最新シネマ批評】

Pouch[ポーチ] / 2017年06月03日11時45分

藤沢周の原作小説「武曲」を綾野剛の主演で映画化した作品。これがもう凄かった、綾野剛が凄すぎた! 剣の達人の人生を描いているのですが、これが狂気をはらんでいて怖いくらいなんですよ。 【物語】 警察官の父(小林薫)に幼いときから剣道で厳しくしつけられてきた研吾(綾野剛)。その指導のおかげで剣の道では一目置かれる存在に成長します。 しかし、厳しい手を緩めることな [全文を読む]

村上虹郎「剣道? 知らねェし」。だが高校生は剣の道に誘われた

文春オンライン / 2017年06月02日17時00分

だから身体にカタが入っているので上達してからの動きはリアルですが、初心者の動きや構えはかえって難しかったです」 原作は段位四段の藤沢周氏の同名小説だが、単なる剣道と青春の物語ではない。 「原作も読みましたが、禅的な世界に触れながら精神面でも成長することで剣の道を究めていく過程が描かれています。剣道の面白さは若ければ強いわけではないところ。体力勝負かと思いま [全文を読む]

綾野剛、ストイックの理由とは?村上虹郎が“頼りになる男”から受けた刺激

Movie Walker / 2017年06月02日09時00分

藤沢周の同名小説を熊切和嘉監督が映画化した本作。剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで自堕落な生活を送る研吾(綾野)と、ラップ好きの高校生・融(村上)との運命の出会いと対決を描く。猛特訓を経て出来上がったのは、引き締まった肉体と剣豪の存在感。本作の星野秀樹プロデューサーも「彼のストイックな役への取り組み方は、撮影に関わる全ての人間の意識を変える [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月1日付)

ガジェット通信 / 2017年06月01日20時00分

■関連映像:花戦さ プロモーション映像 プロモーション映像 劇場予告編(https://yahoo.jp/MePGND) 花戦さ プロモーション映像 特報(https://yahoo.jp/blZdV9) 3位 『武曲 MUKOKU』(https://yahoo.jp/ShMlGf) ■公開日 :2017年6月3日(土) ■監督 :熊切和嘉 ■キャスト: [全文を読む]

“6升飲める”大酒豪の綾野剛が2カ月間も断酒したワケとは?

アサジョ / 2017年06月01日18時15分

「武曲 MUKOKU」は藤沢周の同名小説が原作。綾野は剣道5段の腕前でありながら、自堕落な生活を送る剣士の役を演じる。記事によれば、役作りのために2カ月にわたって剣道の練習やトレーニングなどで肉体改造を行い、体脂肪は7%まで落ちたという。握っていたコップが割れてしまうこともあったというから、鍛え方はハンパではない。 それだけでなく、筋肉を分解させてしまうと [全文を読む]

綾野剛と村上虹郎が男の対決!『武曲 MUKOKU』で得た“希望”とは?

Movie Walker / 2017年06月01日09時00分

藤沢周の同名小説を熊切和嘉監督が映画化する『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)で、綾野剛と村上虹郎が壮絶な男同士の戦いを体現した。人間の心の機微を迫力の映像とともに魅せる“熊切ワールド”が堪能できる作品として完成した本作。綾野と村上にインタビューし、熊切監督の印象、そして二人にとって、本作がどんなものになったかを語り合ってもらった。本作は、剣道五段の腕前 [全文を読む]

村上虹郎が絶叫ラップ!綾野剛主演「武曲」本編映像お披露目

映画.com / 2017年05月29日14時00分

芥川賞作家・藤沢周氏が2012年に刊行した「武曲」を原作に、綾野と熊切監督が「夏の終り」(13)以来、約3年ぶりにタッグを組み実写化。剣道5段の腕前を持つが自堕落な日々を送っている研吾(綾野)が、才気を放つ融と出会い、再び剣の道を歩んでいく姿を描いた。 映像は物語の幕開けを告げる、融と同級生が組んだバンドによるライブシーン。今作の音楽を担当した「あらかじ [全文を読む]

フォーカス