藤沢周のニュース

「明日、カウンターの地平線で」

PR TIMES / 2015年06月03日13時24分

芥川賞作家 藤沢周が初となるネット小説。連載スタート! ■http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2320 飲食店情報検索サイト「ぐるなび( http://r.gnavi.co.jp/ )」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、 2015年6月3日より、ぐるな [全文を読む]

“堕ちよ“、“生きよ”…現代に鋭く放たれる「坂口安吾のことば」にこの時代を生きるヒントがある

週プレNEWS / 2016年12月29日06時00分

その鋭い批評精神と独特な「人間観」に裏打ちされた安吾の「ことば」を代表作『堕落論』はじめ、膨大な作品群の中から選び抜き、価値観の揺らぐ「この時代」を生きるためのヒントとして光を当てたのが、安吾と同じ新潟県出身の芥川賞作家・藤沢周氏の『安吾のことば 「正直に生き抜く」ためのヒント』(集英社新書)だ。 藤沢氏が、「同郷の先輩」の作品との対話を通じて「宝探し」 [全文を読む]

綾野剛「今日まで培った全ての感情を注ぎ尽くす」 藤沢周『武曲』熊切和嘉監督&綾野剛で映画化決定にファン大興奮!「才能がどんだけ集結するのよ!!」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月16日18時00分

剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢周の小説『武曲』が映画化され、2017年に公開されることが明らかとなった。豪華制作陣も発表され、原作ファンからは「武曲映画化!? これはスゴイ、ヤバイくらいそそる~!」「小説面白かった!! 絶対見るわ!!」と興奮の声が上がっている。 剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢 [全文を読む]

中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が、現役大学生と徹底討論!『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』

PR TIMES / 2015年10月27日11時15分

番組では、日本を代表する“知のフロントランナー”である中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日・東京、18日大阪、22日新潟の3会場で大学生を対象に行われた公開授業の模様をお届けします。さらに、授業の模様を収めたビデオPodcastを、ラジオ放送終了後、公開致します。http://fes.jfn.co.jp/[画像1: h [全文を読む]

羽田圭介氏 又吉との芥川賞同時受賞は「ラッキー」と言い切る

NEWSポストセブン / 2015年09月02日16時00分

何か深い意図がありますよ、と思わせる余地を残さないような小説を書きたい」 尊敬する作家は藤沢周さん。昔の文豪のいわゆる名作より、現役の大御所作家の作品に刺激を受けてきた。 「男の行動原理は少年から50~60代まで、ほとんどが牽制合戦です。藤沢周さんはそのくだらなさ、カッコ悪さをきちんと書いているところがすごいと思う。女性の行動原理は…何だろう。わからないこ [全文を読む]

『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』~中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が登壇!参加大学生を募集中!

PR TIMES / 2015年08月10日10時23分

今年は、中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日(土)東京、10月18日(日)大阪、10月22日(木)新潟の3会場で開催します。授業の模様は、脳科学者の茂木健一郎が総合司会を務める特別番組として、11月3日(火・祝)16:00~19:00にオンエアします。[画像1: http://prtimes.jp/i/4829/676 [全文を読む]

映画「武曲ー」“黒い雨”に打たれた綾野剛&村上虹郎が変貌!?

ザテレビジョン / 2017年06月06日06時00分

芥川賞作家・藤沢周の小説を綾野剛主演で映画化した「武曲 MUKOKU」(公開中)。一度は剣の道を極めつつも、父親とのある事件をきっかけに剣を捨てた矢田部研吾を演じた綾野剛と、彼との対決に魅せられていく高校生の羽田融を演じた村上虹郎に話を聞いた。――今回の役を演じるにあたり、精神面、肉体面で、一番大変だったのはどこでしょうか?綾野 今回、僕は準備期間が長かっ [全文を読む]

綾野剛、村上虹郎の教習所エピソードに「サイコーだな!」と笑い止まらず

Movie Walker / 2017年06月03日12時36分

藤沢周の同名小説を映画化した『武曲 MUKOKU』の初日舞台挨拶が6月3日に新宿武蔵野館で開催され、綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督が登壇。「教習所の応急救護で本気の芝居をした」という村上のエピソードに、綾野が「サイコーだな!」と爆笑した。 本作は、剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで進むべき道を見失ってしまった研吾と、天衣無縫の高校生・融との [全文を読む]

綾野剛、ストイックの理由とは?村上虹郎が“頼りになる男”から受けた刺激

Movie Walker / 2017年06月02日09時00分

藤沢周の同名小説を熊切和嘉監督が映画化した本作。剣道五段の腕前を持ちながら、ある出来事がきっかけで自堕落な生活を送る研吾(綾野)と、ラップ好きの高校生・融(村上)との運命の出会いと対決を描く。猛特訓を経て出来上がったのは、引き締まった肉体と剣豪の存在感。本作の星野秀樹プロデューサーも「彼のストイックな役への取り組み方は、撮影に関わる全ての人間の意識を変える [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月1日付)

ガジェット通信 / 2017年06月01日20時00分

■関連映像:花戦さ プロモーション映像 プロモーション映像 劇場予告編(https://yahoo.jp/MePGND) 花戦さ プロモーション映像 特報(https://yahoo.jp/blZdV9) 3位 『武曲 MUKOKU』(https://yahoo.jp/ShMlGf) ■公開日 :2017年6月3日(土) ■監督 :熊切和嘉 ■キャスト: [全文を読む]

“6升飲める”大酒豪の綾野剛が2カ月間も断酒したワケとは?

アサジョ / 2017年06月01日18時15分

「武曲 MUKOKU」は藤沢周の同名小説が原作。綾野は剣道5段の腕前でありながら、自堕落な生活を送る剣士の役を演じる。記事によれば、役作りのために2カ月にわたって剣道の練習やトレーニングなどで肉体改造を行い、体脂肪は7%まで落ちたという。握っていたコップが割れてしまうこともあったというから、鍛え方はハンパではない。 それだけでなく、筋肉を分解させてしまうと [全文を読む]

綾野剛と村上虹郎が男の対決!『武曲 MUKOKU』で得た“希望”とは?

Movie Walker / 2017年06月01日09時00分

藤沢周の同名小説を熊切和嘉監督が映画化する『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)で、綾野剛と村上虹郎が壮絶な男同士の戦いを体現した。人間の心の機微を迫力の映像とともに魅せる“熊切ワールド”が堪能できる作品として完成した本作。綾野と村上にインタビューし、熊切監督の印象、そして二人にとって、本作がどんなものになったかを語り合ってもらった。本作は、剣道五段の腕前 [全文を読む]

母・UAの才能を受け継いだ!?村上虹郎のラップがサイコー!

Movie Walker / 2017年05月25日09時00分

劇中ではラップに挑戦し、母親譲りの堂々たるステージングを披露! 本作は、芥川賞作家・藤沢周の同名小説を『私の男』(13)の熊切和嘉監督が映画化。“ある事件”をきっかけにアルコール中毒に陥った凄腕剣士と天才少年剣士が繰り広げる戦いを鮮烈な映像で描き出す人間ドラマだ。主人公の凄腕剣士・研吾を、2か月の猛特訓で肉体を鍛え抜いた綾野剛が演じ、村上はある日剣道の才能 [全文を読む]

綾野剛、“禁酒”してアスリート並みの肉体改造!ライバルは「研さん」発言で会場も大爆笑

Movie Walker / 2017年05月15日20時18分

藤沢周の同名小説を綾野剛主演で映画化した『武曲 MUKOKU』(6月3日公開)の完成披露試写会が5月15日によみうり大手町ホールで開催され、綾野をはじめ、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督が登壇。剣の達人を演じた綾野が「アルコールを一切、摂取しなかった」と禁酒して肉体改造に励んだことを明かした。 本作は、剣道五段の腕前を持ちながら [全文を読む]

第14回開高健ノンフィクション賞受賞作 『マラス 暴力に支配される少年たち』(工藤律子著)が、集英社より11月25日(金)に発売!

DreamNews / 2016年11月11日15時00分

読み進めていくうちに、ホンジュラスの問題を超えて、現代日本の問題へとつながってくる ――藤沢周 意を決してギャング集団から抜け出していく若者たちと、それを取り巻く人々を、丁寧に、生き生きと描いている ――姜尚中『マラス 暴力に支配される少年たち』 著者:工藤律子発売日:2016年11月25日 定価:本体1800円+税 体裁:四六判ハードカバー ISBN:9 [全文を読む]

オードリー若林が『ご本、出しときますね?』で引き出す、作家たちの素顔

日刊サイゾー / 2016年06月24日15時00分

出演する小説家ゲストは、前述の西や朝井をはじめ、長嶋有、加藤千恵、村田沙耶香、平野啓一郎、山崎ナオコーラ、佐藤友哉、島本理生、藤沢周、羽田圭介、海猫沢めろん、白岩玄、中村航、中村文則、窪美澄、柴崎友香、角田光代といった面々。その多くが、テレビにはめったに出ない人たちだ。「小説家」や「本」をテーマにすると、どうしても“堅い”番組になりがちだ。しかし、この番 [全文を読む]

石井ふく子、水谷豊と東山紀之らに猛烈アタック!?

Smartザテレビジョン / 2016年06月01日19時45分

「渡る世間は鬼ばかり」など、数々の名作を生み出してきた石井ふく子がプロデュースする新作、ドラマ特別企画「居酒屋もへじ-母という字-」とドラマ特別企画「ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-」が、6月27日(月)と7月4日(月)、2週連続TBS系で放送されることが明らかになった。 「居酒屋もへじ」は、居酒屋店主・もへじとその店に集う人々との交流を描く人気 [全文を読む]

北大路欣也が“親戚のおじさん”に例えた共演者とは

Smartザテレビジョン / 2016年01月20日22時05分

1月20日に東京・丸の内TOEIで「BSフジ開局15周年記念特番 オリジナル時代劇藤沢周平新ドラマシリーズ『三屋清左衛門残日録』」の完成披露試写会と舞台あいさつが行われ、同作品に出演する北大路欣也、麻生祐未、伊東四朗が登壇した。 本作は、息子に家督を譲り隠居していた三屋清左衛門(北大路)が、親友の町奉行・佐伯熊太(伊東)からもたらされる数々の事件によって、 [全文を読む]

SMAP・香取慎吾、「中居とお父さんのアルバム」を自作! 中居父の闘病支えたメンバー愛

サイゾーウーマン / 2015年05月20日09時00分

9日に続いて16日放送のラジオ『中居正広のSome girl’SMAP』(ニッポン放送)で中居は、亡くなる10日ほど前にジャニーズ事務所の移動車を2台借りて正志さんと共に中居が生まれ育った藤沢周辺にドライブに行ったことや、正志さんの最後の食事が中居の「手作りカレー」だったというエピソードなど、父との最期の日々について語った。 また、中居は17日に放送され [全文を読む]

初舞台で大胆演技挑戦の瀧本美織にV6・森田剛が「すごい」と絶賛!

Smartザテレビジョン / 2014年11月28日16時19分

同作は第119回芥川賞を受賞した藤沢周の同名ベストセラー小説を、映画監督の行定勲が舞台化したもの。11月28日(金)~12月21日(日)に同所、12月25日(木)~29日(月)に大阪・シアターBRAVA!にて上演される。 森田は初の一人二役を務め、山奥のホテルで働く青年カザマと、そのホテルに訪れた老嬢・ミツコ(原田美枝子)の思い出話に登場するニコラスを演 [全文を読む]

フォーカス