藤沢周のニュース

「明日、カウンターの地平線で」

4 / 2015年06月03日13時24分

芥川賞作家 藤沢周が初となるネット小説。連載スタート! ■http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2320 飲食店情報検索サイト「ぐるなび( http://r.gnavi.co.jp/ )」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、 2015年6月3日より、ぐるな [全文を読む]

“堕ちよ“、“生きよ”…現代に鋭く放たれる「坂口安吾のことば」にこの時代を生きるヒントがある

2 / 2016年12月29日06時00分

その鋭い批評精神と独特な「人間観」に裏打ちされた安吾の「ことば」を代表作『堕落論』はじめ、膨大な作品群の中から選び抜き、価値観の揺らぐ「この時代」を生きるためのヒントとして光を当てたのが、安吾と同じ新潟県出身の芥川賞作家・藤沢周氏の『安吾のことば 「正直に生き抜く」ためのヒント』(集英社新書)だ。 藤沢氏が、「同郷の先輩」の作品との対話を通じて「宝探し」 [全文を読む]

綾野剛「今日まで培った全ての感情を注ぎ尽くす」 藤沢周『武曲』熊切和嘉監督&綾野剛で映画化決定にファン大興奮!「才能がどんだけ集結するのよ!!」

2 / 2016年10月16日18時00分

剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢周の小説『武曲』が映画化され、2017年に公開されることが明らかとなった。豪華制作陣も発表され、原作ファンからは「武曲映画化!? これはスゴイ、ヤバイくらいそそる~!」「小説面白かった!! 絶対見るわ!!」と興奮の声が上がっている。 剣道における天性の才能を持った高校生を描いた、芥川賞作家・藤沢 [全文を読む]

中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が、現役大学生と徹底討論!『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』

2 / 2015年10月27日11時15分

番組では、日本を代表する“知のフロントランナー”である中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日・東京、18日大阪、22日新潟の3会場で大学生を対象に行われた公開授業の模様をお届けします。さらに、授業の模様を収めたビデオPodcastを、ラジオ放送終了後、公開致します。http://fes.jfn.co.jp/[画像1: h [全文を読む]

羽田圭介氏 又吉との芥川賞同時受賞は「ラッキー」と言い切る

2 / 2015年09月02日16時00分

何か深い意図がありますよ、と思わせる余地を残さないような小説を書きたい」 尊敬する作家は藤沢周さん。昔の文豪のいわゆる名作より、現役の大御所作家の作品に刺激を受けてきた。 「男の行動原理は少年から50~60代まで、ほとんどが牽制合戦です。藤沢周さんはそのくだらなさ、カッコ悪さをきちんと書いているところがすごいと思う。女性の行動原理は…何だろう。わからないこ [全文を読む]

『三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ』~中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周が登壇!参加大学生を募集中!

2 / 2015年08月10日10時23分

今年は、中村修二・宮本亜門・瀬谷ルミ子・山極壽一・藤沢周を講師に迎えて、10月3日(土)東京、10月18日(日)大阪、10月22日(木)新潟の3会場で開催します。授業の模様は、脳科学者の茂木健一郎が総合司会を務める特別番組として、11月3日(火・祝)16:00~19:00にオンエアします。[画像1: http://prtimes.jp/i/4829/676 [全文を読む]

瀧本美織、V6森田剛との共演に「色気の準備をしたい」

2 / 2014年08月22日14時48分

会見には、原田美枝子、橋本じゅん、千葉哲也、演出の行定勲氏、脚本の蓬莱竜太氏、原作の藤沢周氏も出席した。 同作は、人気作家・藤沢周氏の第119回芥川賞受賞作を原作とする、「世代」と「世界」を超えたラブストーリー。日本の雪国のホテルと、アルゼンチン・ブエノスアイレスが交錯するストーリーの中で、ホテルで働く青年・カザマを森田が、ブエノスアイレスの娼婦・ミツコを [全文を読む]

村上虹郎×熊切和嘉監督、肉体で語る映画『武曲 MUKOKU』を振り返る

1 / 2017年06月08日15時45分

『鬼畜大宴会』にはじまり、『海炭市叙景』『私の男』と話題作、問題作を放ってきた熊切和嘉監督が、芥川賞作家の藤沢周の『武曲』を映画化した人間ドラマ『武曲 MUKOKU』が公開中です。 トラウマを抱える2人の男が剣を手に本気でぶつかりあう姿をガチンコで見せ切る本作。綾野剛さんが演じる主人公と出会い、やがて決闘へと身を投じる高校生を演じたのは映画『2つ目の窓』、 [全文を読む]

映画「武曲ー」“黒い雨”に打たれた綾野剛&村上虹郎が変貌!?

1 / 2017年06月06日06時00分

芥川賞作家・藤沢周の小説を綾野剛主演で映画化した「武曲 MUKOKU」(公開中)。一度は剣の道を極めつつも、父親とのある事件をきっかけに剣を捨てた矢田部研吾を演じた綾野剛と、彼との対決に魅せられていく高校生の羽田融を演じた村上虹郎に話を聞いた。――今回の役を演じるにあたり、精神面、肉体面で、一番大変だったのはどこでしょうか?綾野 今回、僕は準備期間が長かっ [全文を読む]

綾野剛&村上虹郎“強さへの渇望”のなかで互いを求め合った「武曲」

1 / 2017年06月04日12時00分

(取材・文/編集部、写真/根田拓也) 主演・綾野と熊切監督が「夏の終り」(2013)以来、約3年ぶりにタッグを組み、芥川賞作家・藤沢周氏の小説を実写映画化。ある事件以来、自堕落な日々を送っている剣道5段の男・研吾(綾野)が、ラップの作詞に夢中な高校生・融(村上)との出会いを機に、再び剣の道を歩み始める姿を描く。 剣道未経験の綾野は、撮入前に剣道世界チャンピ [全文を読む]

フォーカス