宝田明のニュース

都庁で祝う81歳!宝田明の盤寿を祝う会(2015年5月3日12時から新宿で)ゴジラの嫁も緊急参戦!?

DreamNews / 2015年03月20日15時30分

スリーシェルズと伊福部百年紀は共催で俳優 宝田明の81歳を祝う会を2015年5月3日12時から新宿で行います。題して「都庁で祝う81歳!宝田明の盤寿を祝う会」宝田明が語り、歌う、最高の1日。司会は佐野史郎(予定)。ゲストには、白川由美、中真千子、富山省吾ほか映画人も多数参加予定。さらには「ゴジラの嫁」も緊急参戦!?スリーシェルズと伊福部百年紀は共催で俳優 [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

映像音楽コンサートをてがけるスリーシェルズは、2017年4月30日に渋谷で開催する「伊福部昭百年紀Vol.5」に、「ゴジラ」第1作の主演俳優である宝田明が登場することを2017年3月14日に発表する。コンサートで宝田明がゴジラ撮影秘話映像音楽コンサートをてがけるスリーシェルズは、2017年4月30日開催の「伊福部昭百年紀Vol.5」に「ゴジラ」第1作の主演 [全文を読む]

4/30(日)セットリスト公開!本日はニコ生!昭和ゴジラ特技監督 中野昭慶生出演 俳優 宝田明VTR出演『伊福部昭百年紀vol5 』

DreamNews / 2017年04月28日18時00分

昭和ゴジラ特技監督である中野昭慶が生出演、俳優の宝田明がVTR出演となる。日本クラシック音楽界の巨匠である作曲家 伊福部昭は2014年で生誕百年を迎えた。その年を一際盛り上げたのがオーケストラ・トリプティークによる伊福部昭百年紀シリーズである。伊福部昭の映像音楽を特集するコンサートをこれまでに4回も行っている。今回で5回目となる。 スリーシェルズは、4月3 [全文を読む]

俳優・宝田明さんが「スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3」に声優出演決定!

PR TIMES / 2016年11月30日14時48分

ディズニーXDにて 12月11日(日)スタート 毎週土曜・日曜13:00~13:30他 全国のケーブルテレビおよびCS放送などで放送中のディズニーXDは、好評放送中のアニメーションシリーズ「スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3」に、俳優の宝田明さんが第1話からベンドゥ役として声優出演することを発表しました。最新シーズンは、12月11日(日)13:00よ [全文を読む]

醍醐国連事務総長の“百発百中”シーン誕生秘話とは? 『ゴジラ』撮影裏話を宝田明と水野久美が明かす!

おたぽる / 2016年09月05日20時00分

今回は8月28日に行われた、数多くのゴジラ映画でおなじみの俳優・宝田明と女優・水野久美のスペシャルトークショーの模様をお届けする!■“百発百中”の名シーンはこうして生まれた トークショーでは、宝田明と水野久美が共演した3作品『怪獣大戦争』(1965年)、『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』(1966年)、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年) [全文を読む]

宝田明 ケレン味溢れる芝居で無理なく舞台の世界入り込めた

NEWSポストセブン / 2015年02月01日07時00分

日本のミュージカル俳優の草分け的存在である宝田明は、外国人を演じることが多いミュージカルでも違和感なく世界に入り込めていた。なぜ、自然に感じられたのかついて宝田明が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 宝田明の俳優キャリアで重要な位置を占めているのが、ミュージカルだ。近年もなお舞台 [全文を読む]

ゴジラは11月3日生まれ! ゴジラ生誕60年、伊福部昭生誕100年記念コンサート 11月24日(祝・月)錦糸町で開催。 スカイツリーを狙ってゴジラ、モスラ、キングコングが集合! 宝田明も!

DreamNews / 2014年10月30日10時00分

生誕100年を迎えるゴジラの作曲家伊福部昭 ゴジラ、モスラ、キングコングコング、スカイツリーを狙って怪獣集結! 怪獣に音楽で立ち向かうは、オーケストラと宝田明(ゴジラ主演俳優)。 2014年11月24日(月・祝)14時・東京・すみだトリフォニーホール(錦糸町)でオーケストラコンサート! 日本が世界に誇る特撮怪獣映画「ゴジラ」。 そのテーマ音楽を作ったのが作 [全文を読む]

宝田明 長谷川一夫から「演技とは重心の移動だ」と言われた

NEWSポストセブン / 2015年01月21日07時00分

東宝ニューフェース第6期生として役者人生をスタートした宝田明は、映画スターとしてだけでなく舞台でも活躍し、日本のミュージカル俳優の草分け的存在でもある。舞台俳優として駆け出しのころ、トップスターだった長谷川一夫から伝えられたことを宝田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。 * * * 東宝は映 [全文を読む]

宝田明 役者として芝居に使うべき筋肉の鍛錬をした日々語る

NEWSポストセブン / 2014年12月31日11時00分

俳優の宝田明は東宝のニューフェイスに合格した翌年、1954年の映画『ゴジラ』で主演デビューした。その後、日本映画黄金期を支えた二枚目スターが映画だけでなくドラマやミュージカル等でも活躍し続けたのは、東宝の演劇研究所で受けた研修のおかげだという。東宝受験と研修所時代の思い出について宝田が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉で [全文を読む]

闇に消えた「放送禁止映像」を大追跡!(1)<宝田明・獣人雪男>初代「ゴジラ」の主役が“唯一の封印作”を初激白

アサ芸プラス / 2016年11月19日05時57分

だが、その原点である「ゴジラ」(54年、東宝)に主演した宝田明(82)に、門外不出の映画があることは、意外に知られていない。──東宝特撮のレジェンドとして、よみがえった「シン・ゴジラ」はご覧になりましたか?宝田 観たよ、いい映画だったと思う。ただ、せっかくのいいセリフが、あまりにもテンポが早くて伝わりにくかったね。──その原点である「ゴジラ」第1作の公開か [全文を読む]

フォーカス