石原伸晃のニュース

小保方、野々村…”2014年お騒がせ組”の勢いが政界にも波及|プチ鹿島コラム

9 / 2016年01月31日18時00分

そして石原伸晃が戻ってきた。2014年の環境相時代、原発事故で生じた汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設について「最後は金目でしょ」と発言してひんしゅくを買い、内閣改造で去った人だ。そんな伸晃氏がこのたび、金銭スキャンダルで閣僚辞任した甘利経済再生相の後任として思わず帰ってきたのである。 ■政界の異変はすべて”ポロリ要員”から始まっていた! 私は常々、石 [全文を読む]

<無知か?暴論か?>続出するテレビに出る人たちの「びっくり発言」

5 / 2016年07月16日07時30分

自民党都連会長の石原伸晃経済再生担当相や都連幹事長の内田茂都議らの連名で出されたものです。この文書には党公認・推薦候補者以外の者を応援してはならない、とした上で、 「各級議員(親族含む)が非推薦の候補を応援した場合は除名等処分の対象となる」と明記されています。これではトンデモ文書と言われても仕方がないのでは。それにしても親族まで縛るというのは本気なのでしょ [全文を読む]

進化か退化か?都知事選が人気投票から脱して”失点合戦”へ|プチ鹿島コラム

3 / 2016年07月31日14時05分

「自民党都連会長・石原伸晃の指導力の欠如からなかなか決定には至らない」(日刊スポーツ・7月6日)とまでふつうに書かれ、各世論調査では苦戦を伝えられた。そこでオヤジが応援に出てきた。まかせろ、息子よ。 すると余計に炎上させてしまった。もし、今回の結果がアレなら、増田候補にとっては伸晃に始まり慎太郎で終わり、石原親子にいいようにかきまわされたことになる。 そ [全文を読む]

石原伸晃、場外弾で待望の失言第1号...プチ鹿島の『余計な下世話!』vol.49

3 / 2014年06月24日12時41分

でも石原伸晃は自分の人気をあまりにも「過小評価」しすぎている。マスコミから失言待ち状態になっていると、なぜ伸晃は自覚がないのだ。 今の意地悪な時代は、公人は昔よりずっと見張られている。ツッコミ待ちをされている。支持者を集めた講演会にも記者はわざわざ行く。本人はサービストークだと思っている表現もすぐさま世界に発信されてしまう。 ましてや今回のように記者団のぶ [全文を読む]

安倍新総裁 情報戦得意な側近が多く他陣営を圧倒し勝利した

3 / 2012年10月01日16時00分

まず本命と見られていた石原伸晃氏に記者会見で痛打を浴びせたのが麻生太郎・元首相だ。 「下克上とか平成の明智光秀とか、ありがたくない冠をこの人は当分頂くことになる。私の人生哲学には合わない」 幹事長として谷垣執行部を支える立場の石原氏が出馬したことを批判し、“石原=光秀説”を広めた。ちなみに、執行部の一員という点では政調会長代理の林芳正氏も同じはずだが、も [全文を読む]

次の敵は石原慎太郎。「小池劇場」第二シーズンの絶妙なシナリオ

2 / 2017年02月10日05時00分

都連会長はもちろん、石原伸晃氏だ。 浜渦氏がそれを石原慎太郎に伝えると、「いや違うんだ。伸晃の話では、案内したけど小池だけ出てこないんだ」と言う。 その後、小池氏は周知の通り、都連や都議会自民党をブラックボックス呼ばわりして出馬し、当人も驚くほどの大勝利を手にする。 だが最初から旋風が巻き起こったわけではない。選挙期間中、小池氏から浜渦氏の携帯に数回、着信 [全文を読む]

【巨額利権】築地移転「延期」は、どこまで既定路線だったのか?

2 / 2016年09月02日05時00分

出席者が撮影しユーチューブにアップされた映像で、石原伸晃が「内田茂先生にもうひと働きもふた働きもやっていただかないことにはオリンピックはなかなか成功に導けない」と歯が浮くようなお世辞を言う様子が確認できる。 浜渦副知事のクビを泣く泣く切ることで内田との関係を維持した石原慎太郎、最初から生意気だと内田に嫌われた猪瀬直樹、傀儡でありながら最終的には内田に捨て [全文を読む]

責任は病床の谷垣氏に丸投げ?自民党・石原伸晃の特異なポジション|プチ鹿島コラム

2 / 2016年08月07日19時00分

石原伸晃はどうしてああなのか。少し考えたい。都知事選の2日後だ。自民党推薦の増田寛也氏が敗北した問題に関して伸晃氏はこう述べた。「知事選は党本部マター。お金も都連でなく党本部が集めたのであり、責任者は幹事長だ」。 どうしてそういうことを言ってしまうのだろう。いや、党本部マターというのは本当なのかもしれない。でもここで都連会長が人のせいにしたらどう考えても株 [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

2 / 2016年08月05日05時00分

怒りをテレビカメラにさらしていた萩生田光一官房副長官(東京選出)や石原伸晃東京都連会長の気分に配慮する必要もない。 だが、小池の「崖から飛び降りる」という勇ましさは、面倒くさいことを避け、人の心にかまわずショートカットしたがる彼女の性格とも深くつながっているのではないかと、ふと思う。 一例がある。防衛大臣に就任して間もないころだ。 「防衛省の天皇」と異名を [全文を読む]

都知事選敗北の責任を入院中の谷垣に押し付け! 石原伸晃の絵に描いたような“無責任アホボン“言行録

2 / 2016年08月03日21時00分

それは、増田寛也を担いで小池に完敗した責任者・自民党東京都連会長の石原伸晃だ。 昨日午前に行われた記者会見で、伸晃は「選挙に負けたから責任をとります」と発表。しかし、その他方でこんなことを言い出したのだ。「知事選は党本部マター。お金も都連でなく党本部が集めたのであり、責任者は幹事長なんです」 いったいこの男は何を言っているのだろう。今回の都知事で小池の推薦 [全文を読む]

フォーカス