奥田瑛二のニュース

賀来千香子、奥田瑛二のキスがイヤだった!?

日刊大衆 / 2017年03月10日06時05分

俳優の奥田瑛二(66)とのキスシーンの秘話を明かした。 番組では賀来が出演した1986年放送のドラマ『男女7人夏物語』(TBS系)の、賀来と奥田とのキス映像が流れ、それを見ていた賀来は思わず苦笑。MCの中川翔子(31)に「激しいキスシーンでしたね」と言われると、「もう、これねえ……」とグッタリした顔を見せ、「ドライリハーサル、スタッフの方にお見せする動きの [全文を読む]

奥田瑛二の「ハマり具合」が怖い!? ミッキーへの深すぎる愛情

日刊大衆 / 2017年03月09日08時05分

3月2日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、俳優の奥田瑛二(66)が出演。ミッキーマウスに対する特別な感情を、タレントのマツコ・デラックス(44)と語り合い、ナインティナインの矢部浩之(45)らを、驚かせる場面が見られた。 この日、奥田は「ミッキーマウスを見ると号泣しちゃう男」と紹介されて登場。泣いてしまう理由について聞かれた奥田は、「これはね [全文を読む]

モテ男奥田瑛二破天荒伝説!銀座のツケは1ヵ月●●万円

Smartザテレビジョン / 2017年02月18日10時00分

2月17日放送最初のゲストは、ベテラン俳優・奥田瑛二。 ダウンタウンとは20年以上ぶり、坂上忍とは初対面の奥田は、今年で芸歴41年。かつてプレーボーイとして名をはせただけに、数々の破天荒伝説を披露した。 電車の中吊り広告に、週刊誌の見出しで「奥田瑛二、不倫」と大きく書かれ、漢字が読める年頃になった娘を通して家族に浮気がバレてしまった。 5~6年前まで、奥田 [全文を読む]

奥田瑛二がぶちまける、明石家さんまへの怒りと嫉妬!

Smartザテレビジョン / 2017年02月16日22時04分

ゲストは奥田瑛二と青山テルマ。飲み仲間は先週に引き続きホラン千秋が務める。 1軒目には奥田英二が登場する。ダウンタウンとは24年ぶりの共演、坂上とは初共演だという奥田。プレーボーイとして名をはせた“奥田瑛二伝説”をテーマにトークが展開する。 奥田は当時、小学校低学年だった娘に浮気がばれてしまったことや、バブル時代に銀座で飲み歩いたときの衝撃的な金額を明かす [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『99.9』の青木崇高が存在感 最終回で奥田瑛二を相手にどう演じる

TechinsightJapan / 2016年06月13日12時45分

その彼が師と仰ぐ検事正・大友修一(奥田瑛二)に詰め寄る場面があった。登場シーンは短時間ながら、青木崇高の放つ存在感がドラマを引き締めている。 青木崇高はNHKの連続テレビ小説『ちりとてちん』や映画『おっぱいバレー』など数々の作品に出演しているが、なかでも大河ドラマ『龍馬伝』では後藤象二郎役の鬼気迫る演技で「あの役者は誰だ?」と注目を集めた。TBS系の日曜劇 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラの代わりに番宣 父・奥田瑛二が「かっこ良すぎ」

TechinsightJapan / 2016年04月25日11時25分

Instagramで安藤の代わりに父の奥田瑛二がドラマの番宣をする動画を投稿。奥田の渋すぎる魅力と仲睦まじい親子関係に称賛の声が寄せられている。 安藤サクラは24日、自身のInstagramを更新。同日放送された出演中のドラマ『ゆとりですがなにか』の番宣をする動画を投稿した。 しかし番宣しているのは、安藤ではなく父親で俳優の奥田瑛二だ。奥田と言えばその外見 [全文を読む]

泉沙世子の名曲「カス」が北乃きい、奥田瑛二出演の映画主題歌に大抜擢!

okmusic UP's / 2013年10月17日19時00分

【その他の画像】泉沙世子「カス」が主題歌として起用されている映画『ヨコハマ物語』の舞台挨拶が、10月16日(水)に横浜ブルグ13で行なわれ、主演である北乃きいをはじめ、奥田瑛二、佐伯めぐみ、菜葉菜、泉沙世子、そして監督の喜多一郎が登壇した。 本映画は横浜を舞台に、厳しい現実と向き合うさまざまな境遇の女性4人と、妻と仕事を同時に失って人生に絶望した男性が、1 [全文を読む]

『今日子と修一の場合』奥田瑛二監督 「この映画は瞬発力で始まった」

AOLニュース / 2013年10月04日21時31分

奥田瑛二監督第5作『今日子と修一の場合』(10月5日公開)は、ふたりの男女を軸に、大震災を経験した日本を生きる若者を描く。冒頭から印象的に描写されるのが「道」。フェンス越しに見える線路を走る列車、人々が行き交う道路や交差点。今日子もこの道を歩いてアパートに帰ってくるし、少年刑務所を出た修一も、道を歩いて就職先の工場へと歩を進める。良いことも、良くないことも [全文を読む]

奥田瑛二「さんまと共演を断った」“男女7人”のウラ話

日刊大衆 / 2017年02月23日15時00分

2月17日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に俳優の奥田瑛二(66)が出演。女と酒と演技にまつわる自らの伝説について語った。 この番組は「本音でハシゴ酒」をテーマに、司会のダウンタウンの松本人志(53)、浜田雅功(53)、進行役の坂上忍(49)とゲストが酒を酌み交わしながらトークするというもの。ゲストの奥田は大の酒好きということで、MC陣を待ってい [全文を読む]

NMB48藤江れいなの“コメント力”に奥田瑛二が感心!

Movie Walker / 2015年10月17日11時33分

松坂慶子、草村礼子、奥田瑛二、藤江れいな(NMB48)、小松みゆき(原作者)、大森一樹監督が登壇した。 本作は、小松みゆきの『越後のBaちゃんベトナムへ行く』が原案となった人間ドラマ。認知症の母と向き合う日本語教師の姿や、活気あふれるベトナムでさまざまな人に支えられながら、心通わす日々を描いていく。また、戦争、歴史、介護といった社会的なテーマが織り込まれ、 [全文を読む]

奥田瑛二 新作のテーマは“老い”と“性”「女の強さに対抗する男がいない」

WEB女性自身 / 2015年09月05日06時00分

みじめに朽ちていく主人公の時田修次を、奥田瑛二(65)が演じている。聞くと、撮影終了後も役柄を引きずっていると話した。「時田とは、年齢や映画監督という職業など、自分とシンクロしている部分が多かったからね。人生の半ばもとうに過ぎた男の、前途と喪失と悲哀のせめぎあい。そこに対して始末がつけられずにいる。でも、無理に答えを出す必要はないのかなと思うようになって [全文を読む]

安藤和津 母の介護支えた奥田瑛二の印象的なエピソード語る

NEWSポストセブン / 2015年01月12日07時00分

1979年1月、奥田瑛二と結婚した安藤和津(66才)は、元法務相・犬養健氏と料亭「をぎ乃」の経営者である母・荻野昌子氏の間に生まれた。母は自立した人物だったものの、奥田・安藤夫妻が母と同じマンションに引っ越してから多いときには日に20回以上もかかってくる電話や過剰な干渉を受けることとなる。 さらにはピアノの先生に未払いの月謝を催促され、先生の顔に向かって札 [全文を読む]

安藤和津 夫・奥田瑛二との結婚を勧めた母親との関係を語る

NEWSポストセブン / 2015年01月09日07時00分

エッセイストで俳優・奥田瑛二(64才)の妻である安藤和津さん(66)の父は、内閣総理大臣・犬養毅の息子で法務大臣も務めたことのある犬養健氏(享年64)。母は料亭「をぎ乃」の経営者・荻野昌子さん。父は母よりも27才年上で妻子がいた。安藤さんが中学1年生の時、父が心臓病で他界したが、葬儀で安藤さんと母は親族席に座れなかった。だが、母は「ふん、それが何だっていう [全文を読む]

実娘が監督・主演の映画『0.5ミリ』に、父・奥田瑛二が“仕込んだ”シロモノとは?

日刊サイゾー / 2014年12月22日19時00分

「この作品は、エグゼクティブプロデューサーに父・奥田瑛二、フードスタイリストに母・安藤和津、共演に妹の義父母にあたる柄本明&角替和枝と、ファミリー総出の作品となっています。これだけファミリー色が映画は、これまでにないですね」(映画関係者) ほかには津川雅彦や坂田利夫、東出昌大、浅田美代子らが出演しているが、これらの出演者もすべて“家族”で決めたのだという [全文を読む]

お見事! 安藤サクラの「オレオレ詐欺」への神対応

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時59分

監督は姉の安藤桃子で、父の奥田瑛二がエグゼクティブプロデューサー、母の安藤和津がフードスタイリストを務めるなど、「奥田家総出の制作」と話題になった。 「これだけ“何か”を作れる芸能一家も珍しいですよ。それに、サクラさんの義父母である柄本明さん、角替和枝さんも出演してますからね。本当に『家族総出』です。しかも、それぞれが各分野で活躍し、才能を認め合っています [全文を読む]

川島なお美、奥田瑛二、与謝野馨氏らに広がる「死後の仲間」

NEWSポストセブン / 2014年11月07日16時00分

今度は三枝さんが元防衛大臣の森本敏さん(73才)と俳優の奥田瑛二さん(64才)に紹介して、その2人もまた、この寺に墓を買ったんです」(三枝氏の知人) こうして仲間内でどんどん広がっていき、いつの間にか墓地の一角に、“お墓の長屋”ができるほどになったのだという。 そしてこのたび、川島を輪に加えたのが、俳優仲間の奥田だった。 「“地味めの俳優”というイメージの [全文を読む]

奥田瑛二 かつての肉食系俳優が思い描く現在の夢とは?

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時59分

俳優の奥田瑛二(64)とエッセイストの妻・安藤和津の間に生まれた長女の安藤桃子が現在妊娠6カ月で、奥田にとっては初孫を妊娠中であることが明らかになった。 奥田夫妻と次女で女優の安藤サクラは「また家族が増える」と手放しで喜んでいるという。 今やロマンスグレーでならす奥田はかつてモテモテの超肉食系、目があっただけで妊娠するとまで言われるほどの男っぷりでブイブイ [全文を読む]

芸能界50年間の「壮絶バトル」を一挙公開!(1)怒髪天を衝いた「大立ち回り」-勝新太郎VS奥田瑛二 他-

アサ芸プラス / 2014年07月15日09時57分

96年に、晩年の勝と銀座の高級クラブで鉢合わせしたのは奥田瑛二(64)だった。 勝のテーブルに招かれた奥田は、酒が進むにつれ“からみ酒”。最初はたしなめていた勝だが、ついに業を煮やし、 「何だ、コノ野郎!」 と奥田の胸倉をつかみ、殴りかかった。勝のド迫力に気圧された奥田は、 「役者だから顔だけはやめてください」 と、許しを請うのだが、勝はさらに激高し、 「 [全文を読む]

大沢樹生と喜多嶋舞の長男問題 「本当の父親は誰?」ささやかれる噂

AOLニュース / 2013年12月27日23時00分

まず俎上にあがったのは週刊新潮が名前をあげた石田純一と奥田瑛二だったが、2人は即、 「本人は連絡先も知らないと話していた」(石田純一の事務所) 「全くの事実無根です」(奥田瑛二) と、関係を否定。このほかネット上では、過去に公開された長男の画像や、喜多嶋の妊娠当時の仕事ぶりから推測し、光GENJIの赤坂晃や山本淳一、和泉元彌、西島秀俊らの名前が浮上している [全文を読む]

大沢樹生、喜多嶋舞との長男が実子ではないと発覚~実父は奥田瑛二?石田純一?との驚愕報道

Business Journal / 2013年12月25日14時00分

喜多嶋との結婚時、泥酔して帰宅した彼女が「奥田瑛二さんがね、『君が産んだ子は、俺の子じゃないのか』と言うの」と大沢に打ち明けたという。 新潮の取材に対し、奥田のマネージャーは「全く事実無根」と完全否定したというが、現在行われている大沢・喜多嶋間での「親子関係の不存在」の確認を求める調停前に、大沢の弁護士と喜多嶋の協議が行われ、その場で弁護士から「奥田さんの [全文を読む]

フォーカス