竹下登のニュース

DAIGOが安倍首相主催の「桜を見る会」に! 政界出馬に現実味の一方で、祖父・竹下登の利権と実父の黒い人脈に懸念

リテラ / 2016年04月09日20時00分

だが今年注目すべきはその中にミュージシャンで元総理大臣・竹下登の孫であるDAIGOの姿があったことだ。たしかに女優の北川景子との結婚で、露出も人気もうなぎ上りで活躍中の芸能人の一人には違いない。 しかし、DAIGOに関しては、別の思惑もあるのではないかと言われている。それは、DAIGOを自民党に取り込んで政界進出させようという狙いだ。 DAIGOの祖父にあ [全文を読む]

北川景子も驚愕!? DAIGOに飛び交う自民党から衆議院選出馬の怪情報

デイリーニュースオンライン / 2015年10月20日12時30分

まあ、あの竹下登元首相の孫ですから、一見、信ぴょう性がある話のように思えますが、どうなんでしょうか。もし、それが事実なら、国民を舐めるのもいい加減にしろってことになると思いますが(笑)」 このように専門分野の記者には「お笑いネタ」と受け止められているようだが、芸能メディアは違う。“DAIGO出馬説”を恰好のネタと捉え、煽りに煽っているように見える。10月2 [全文を読む]

DAIGO&北川景子の結婚で不安視される“NHK出禁”の可能性

デイリーニュースオンライン / 2015年10月12日12時30分

DAIGOの母方の祖父は第74代内閣総理大臣の故・竹下登、大叔父は島根県選出の自民党衆議院議員・竹下亘。この竹下登の秘書をつとめたのが、DAIGOの父親である内藤武宣だ。また、かつて国務大臣や建設大臣、防衛庁長官をつとめた金丸信、現「生活の党と山本太郎となかまたち」共同代表の小沢一郎とも親戚関係にあたる。 バンド活動をしていた20代に、DAIGOは家族・親 [全文を読む]

田中角栄「竹下登への執念の復讐劇」と「赤報隊事件」の偶然(後編)

デイリーニュースオンライン / 2015年01月26日15時50分

ある政治家とは、誰か——1987年7月、「経世会(注1)」を旗揚げし、同年11月、「中曽根裁定」により第74代内閣総理大臣に就任し、1989年6月に退陣した竹下登氏である。赤報隊の活動は、竹下氏の経世会旗揚げ、総理就任・退陣までの期間とほぼ一致している。 当時の政局を駆け足で整理しておく。竹下氏が自らの野望を露にするのは、1985年にアメリカで「プラザ合意 [全文を読む]

DAIGO、ソロ活動の開始を期にフリーメイソンを脱退!?

ハピズム / 2013年06月20日09時00分

さらに、DAIGOは、第74代内閣総理大臣、竹下登(任期:1987-1988)の実の孫であるが、竹下登は、フリーメーソンとだっというウワサがあることもご存じだろうか?「竹下登が、1988年に発覚した日本の贈収賄事件である「リクルート事件」で辞職後も、経済界に多大なる権力を持っていたのは、フリーメーソンだったからである可能性もあるといわれています。また、秘 [全文を読む]

北川景子 DAIGOとの「夫婦危機」を疑わせる「徹底ガード」

アサ芸プラス / 2017年05月05日09時57分

DAIGOといえば、歌手活動のかたわらバラエティ番組で見せる「ウィッシュ!」ポーズや“DAI語”などで親しまれ、竹下登元首相の孫という毛並みも相まって人気を博している。 一方の北川も、モデルから女優に転身すると、その美貌で数多くの映画やドラマ、CMに出演し、今やトップ女優の一人である。「クールそうな外見とは裏腹に人懐っこい性格でコミカルなふるまいをするD [全文を読む]

DAIGOの父親はあのイトマン事件・許永中の片腕だった! 許に家を買ってもらい企業を恐怖支配

リテラ / 2016年02月09日13時00分

この竹下登首相の孫の人気には、政界も注目しているようで、今週の「週刊ポスト」(小学館)は、安倍晋三首相がDAIGOのことをいたく気に入り、次の参院選で出馬させられないか、アプローチをこころみていると報じている。 先日の記事でもお伝えしたとおり、DAIGOにはもともと、大叔父・竹下亘衆院議員の地盤を引き継いで政界に進出するのではないかという噂が囁かれていた [全文を読む]

結婚したDAIGOに祖父・竹下登の跡を継ぎ政界出馬説...でもDAIGOは竹下家の忌わしい過去を知っているのか

リテラ / 2016年01月12日12時30分

そんなDAIGOが最初に注目されたのは、第74代内閣総理大臣・竹下登の孫という"出自"だった。竹下登は代々続く島根県の酒蔵の御曹司で、作家の三島由紀夫や大物政治家の金丸信、また大叔父にあたる衆議院予算委員長の竹下亘など錚々たる血脈を持つ。 バラエティ番組などで、その華麗なる血族ネタや「おじいちゃん」ネタを連発し、「ウイッシュ」の決め台詞ポーズや短縮アルフ [全文を読む]

「文化芸術懇話会」より問題アリな自民党の勉強会とは|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2015年07月05日10時50分

かつて竹下登が勉強会(創政会)を旗揚げしようと「たくらむ」と、田中派のボス・田中角栄は阻止に動いた。派内でのクーデターの匂いを感じたからだ。引き留めや争奪がおこなわれ「オヤジジャーナル」格好の政局ネタとなった。このあと田中角栄は脳梗塞に倒れ、創政会は竹下派となった。 「本気なのか?」とつい感じてしまう最近の勉強会 当時中学生の私がなぜそんな騒動を好んで追っ [全文を読む]

女優は引退!?北川景子、DAIGOと結婚で囁かれる“転身先”

アサ芸プラス / 2015年06月07日17時59分

「DAIGOの祖父は、言わずと知れた故・竹下登元首相。母と結婚した義父も一時、竹下総理の秘書を務め、厳格、頑固一徹だと聞きます。さらに姉の影木栄貴は、BL(ボーイズラブ)の漫画家で変わり者。DAIGOも新曲の歌詞を最初に姉に見せているほどのシスコンだそうで、こうした家族と上手くやるのは、並大抵ではありませんよ」(事務所関係者) 自由奔放な肉食系の北川が一体 [全文を読む]

ヤクザと政治家の醜聞 ほめ殺し事件で竹下登が円形脱毛症に

NEWSポストセブン / 2015年03月03日16時00分

後に流行語にもなった“ほめ殺し”は、次期総裁を目指す竹下登を狙い撃ちにしたもので、その後も全国各地で執拗に繰り返された。 「稲本は、竹下が恩義のある田中角栄を裏切って『創政会』(後の経世会)を立ち上げたことに義憤を感じ行動に出ました。竹下の総裁指名工作をしていた金丸信は、小渕恵三、森喜朗、梶山静六、浜田幸一らを使って街宣を止めようとしたが、稲本は取り付く島 [全文を読む]

北川景子、超名門一族に嫁ぐ切り札は「空手」!?

アサ芸プラス / 2015年02月03日17時59分

DAIGOといえば、母方の祖父が竹下登元総理という超名門の家系。昨年12月、週刊新潮が「ヘビースモーカー『北川景子』と健康志向『DAIGO』の恋」と題して報じたように、北川とDAIGOの間には家柄のみならず、生活習慣の面で乗り越えがたい壁があるのではないかと言われている。 北川は「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の「食わず嫌い王決定戦 [全文を読む]

育ちが違う!? "実家がお金持ち"な芸能人ランキング

NewsCafe / 2014年01月29日12時00分

[男性/30代/専門職]■チャラそうに見えて本来は礼儀正しい好青年![女性/20代/その他]■竹下登さんがおじいさんであるとしきりにアピールして偉い、金があると言っている様なモの。[男性/40代/その他]【3位】千秋(11.3%)■なんだかんだお金なかったら生まれないセンスだと思う。[女性/30代/会社員]■父親が関西経済界の大物。[女性/40代/会社員] [全文を読む]

石原信雄氏 野田政権の官僚うまく利用しようとする努力評価

NEWSポストセブン / 2012年01月12日07時00分

この判断は正しかったのか――1987年から1995年まで7つの内閣で官房副長官を務めた石原信雄氏(85)が、牛肉・オレンジ自由化問題を抱えていた竹下登内閣と比較しつつ、野田内閣を評価する。 * * * 鳩山・菅と続いた民主党政権が難しい舵取りを迫られる度に立ち往生してしまった原因は、政と官が一体で機能していなかったからです。もちろん政策の意思決定は選挙で選 [全文を読む]

指導力、官僚掌握力などで評価、平成総理の最高、最低は誰か

NEWSポストセブン / 2017年06月08日16時00分

【1】竹下登(自民党、1987.11.6~1989.6.3、在任576日)総合評価3.5角栄の後継者として数の力で長期政権と思われていたが、リクルート事件によって失脚。「調整力」はあったが、それを十分発揮できないまま退陣した。【2】宇野宗佑(自民党、1989.6.3~1989.8.10、在任69日)総合評価1.0「指三本(お手当30万円)」で有名な愛人スキ [全文を読む]

「地方創生こそがポストオリンピックの鍵だ」──石破 茂(衆議院議員)

経済界 / 2017年04月27日10時07分

石破 これまでも田中角栄総理の日本列島改造論、大平正芳総理の田園都市国家構想、竹下登総理のふるさと創生と、歴代政権はみんな地方に重きを置いてきた。しかし、従来の政策には、それほどの切迫感はなかった。なぜなら高度成長期だったからです。でも今回の地方創生は違う。相当な危機感を持ってやっています。── これまでの地方政策との違いは。石破 これまでは結局、日本全国 [全文を読む]

買収が生んだ破産劇。トランプ氏「プラザホテル」への異常な愛情

まぐまぐニュース! / 2017年02月01日21時56分

「プラザ合意」を決めたG5の日本代表として参席した当時の大蔵大臣は竹下登氏。その元秘書だった青木宏悦氏率いる青木建設が約1730億円でウエステインホテルズを買収する。 その際に、2つのホテルを売るという条件が含まれていた。プラザホテルは415ミリオンダラーでトランプ氏に、そして、ロックフェラーが造った超豪華リゾート、マウナケアビーチホテルは315ミリオンダ [全文を読む]

藤原紀香は夫・片岡愛之助の「芸の肥やし」を許せるか?

NEWSポストセブン / 2017年01月11日07時00分

豪華挙式で注目されたのが北川景子(30)と故・竹下登元首相の孫であるDAIGO(38)だ。4月29日の披露宴には政財界や芸能界から500人が参列し、安倍晋三首相もビデオメッセージを送った。 「DAIGOさんが披露宴で北川さんのために作ったオリジナル曲『KSK』は2016年のウェディングソングの定番になるなど、とにかく祝福ムードで溢れた挙式でした」(ワイド [全文を読む]

千秋に岩田剛典、セレブ育ち芸能人は意外に多い!?

日刊大衆 / 2017年01月10日16時00分

だからなのか、故竹下登元総理の孫であるタレントのDAIGO(38)をはじめ、実家を自分の売りにする芸能人が目立ってきた。祖父母が有名な大企業のトップだったり、老舗の創業者だったりと、実はお坊ちゃん&お嬢様な芸能人は意外に多い。そこで、「え、あの人も?」と驚くようなセレブ育ちな芸能人を集めてみた。 まず、演技派俳優として注目されている加瀬亮(42)は、父親が [全文を読む]

「竹下登氏も総理時代に真珠湾慰問していた」スクープ証言

NEWSポストセブン / 2016年12月21日16時00分

この騒動に菅義偉・官房長官は〈日本の現職首相が真珠湾のアリゾナ記念館で慰霊に臨むのは初めての機会だ〉という政府の公式見解を発表したが、実はそのアリゾナ記念館にも、約30年前、時の竹下登・首相が極秘に訪れていたという新証言がある。「オアフの軍用空港に降りられることになった。これから真珠湾に行く」 政府特別機の機内で、竹下首相が緊張した口ぶりでそう語ったことを [全文を読む]

フォーカス