野口五郎のニュース

SKE48高柳明音 野口五郎と野村義男からのサプライズに動揺

dwango.jp news / 2016年02月26日23時49分

そして、映画のエンディングテーマを飾るのは、先日還暦を迎えたばかりのデビュー45周年、野口五郎野口五郎はデビュー以来デュエットソングを発売したことが無く、還暦にして初めてデュエットソングをSKE48のメンバー高柳明音と歌った。 元祖トップアイドル「野口五郎」と現アイドル「高柳明音(SKE48)」という異色コンビの二人だが、月1回で「原宿☆GOROちゅり [全文を読む]

野口五郎、新番組発表会見で、ゲストとまさかの“謝罪”

Smartザテレビジョン / 2016年04月01日13時15分

CS放送 歌謡ポップスチャンネルで4月からスタートする野口五郎の新番組の収録が行われ、野口と初回のゲストである研ナオコが会見を行った。 この番組は、都内某所に佇むBARを舞台に、70~80年代を代表する歌手であり、ギターをこよなく愛する野口五郎がマスターを務める音楽番組。歌手生活45周年を迎えた野口が、青春時代を共に過ごした音楽仲間や親交のある友人を招き、 [全文を読む]

TOKYO FM/JFN 『ゆうちょ LETTER for LINKS』野口五郎が初めて語る、西城秀樹への想い~こっそりホテルの窓から抜け出した“二人だけの深夜の逃避行”~

PR TIMES / 2015年10月19日11時08分

10月25日(日)の放送では、野口五郎が、”新御三家”スーパーアイドルとして激動の時代を駆け抜けた盟友・西城秀樹への感謝の想いを語ります。西城秀樹との知られざるエピソードも初めて明かします。どうぞお楽しみに。 [画像1: http://prtimes.jp/i/4829/726/resize/d4829-726-229646-0.jpg ] [画像2: h [全文を読む]

野口五郎 「日本語で歌っている歌は全部歌謡曲でいい」

NEWSポストセブン / 2016年03月13日07時00分

1971年に15才でデビューし、先月23日に還暦を迎えた、野口五郎(60才)。甘いルックスと歌声、軽妙な語り口は、45年を経ても変わらないどころか、ますます進化していた。 「このあいだ、デビュー直後のインタビューで『10年後は青山あたりで喫茶店をやって、そこでギター抱えて歌ってると思う』と答えていたことを知ったんですよ。びっくりしちゃうね」 そう笑顔で語 [全文を読む]

輝かしき歌謡界の名曲たちと、人知れず活躍したギタリストたちのドラマ。『ギター・マガジン2017年4月号』は歌謡曲をギターから紐解く。野口五郎×Char、小室哲哉まで歌謡曲を熱く語った!

PR TIMES / 2017年03月07日12時37分

『ギター・マガジン』の詳細はこちら http://www.rittor-music.co.jp/magazine/gm/「野口五郎×Char」特別対談動画はこちら https://youtu.be/p9-o5Ed_kls■特集歌は世につれ 世は歌につれ恋する歌謡曲。70~80年代、歌謡曲黄金時代のギターは死ぬほどカッコいいフレーズの宝の山だった。“歌謡曲” [全文を読む]

野口五郎×高柳明音の異色アイドルコンビでバラエティ番組がスタート

dwango.jp news / 2015年11月13日18時10分

デビュー45周年を迎え、歌手、ミュージシャン、俳優、タレント活動などマルチプレヤーぶりを如何なく発揮し、益々精力的な活動を続ける70年代を代表する元祖アイドル「野口五郎」。 そして現在所属するSKE48の活動のみならず、テレビ、映画、舞台女優として、更にはラジオのパーソナリティー、CM出演などソロ活動にも積極的な現アイドル「高柳明音」。 この異色のコンビが [全文を読む]

テリー伊藤対談「野口五郎」ステージのお客が僕を見て失神して

アサ芸プラス / 2015年07月30日09時57分

●ゲスト:野口五郎(のぐち・ごろう) 1956年、岐阜県美濃市生まれ。1971年、15歳で歌手デビュー。セカンドシングル「青いリンゴ」がスマッシュヒットし、西城秀樹、郷ひろみと「新御三家」と呼ばれ大人気に。「甘い生活」「私鉄沿線」で2作品連続オリコン週間チャートの1位を獲得。一方、「カックラキン大放送!!」「天才・たけしの元気が出るテレビ」(ともに日本テレ [全文を読む]

指原莉乃の毒舌に、野口五郎が絶句

日刊大衆 / 2017年04月13日12時05分

4月8日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に、歌手の野口五郎(61)が出演。共演したくない相手として、なんとHKT48の指原莉乃(24)の名前を挙げる場面があった。 この日、野口は還暦を機に、昨年始めたブログに、微妙に古いギャグをパクって載せていることを反省するために出演。しかし、トークの中で野口は、同番組でレギュラーを務める指原とは共演したくないと告白 [全文を読む]

野口五郎、おヒョイさんの“美学”を明かす 「パンツも靴下も1回しかはかない」

エンタメOVO / 2017年02月14日19時46分

生前の藤村さんと親交のあった野口五郎・三井ゆり夫妻、親友の黒澤久雄氏らが、藤村さんとのエピソードを語った。 地方公演で、藤村さんと一緒に旅に出ることが多かったという野口は「舞台の上ではもちろん、歩き方、全てのことを藤村さんから学びました」と感謝を口にした。また、藤村さん独自の“美学”についても披露した。 野口は「朝になると『五郎ちゃん参ったよ』って。『どう [全文を読む]

数字をもってることでは別格の「花の中3トリオ」

NEWSポストセブン / 2017年02月11日07時00分

同時期、「新御三家」と呼ばれた郷ひろみ、野口五郎、西城秀樹と「花の中3トリオ」は、『明星』や『平凡』の表紙を飾ったり、歌番組やドラマで共演。特に歌唱力が高かった森昌子と野口五郎はモノマネも上手で、モノマネ番組のスターでもあったし、『8時だヨ!全員集合』(TBS系)でのコントに定評があったのは桜田淳子。郷ひろみは『プラチナゴールデンショー』、野口五郎は『カ [全文を読む]

フォーカス