荒木大輔のニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

以下ダルビッシュ有、清原和博、荒木大輔と続く。一方1位の田中と同期で、2006年夏決勝で延長15回と再試合を一人で投げぬいたハンカチ王子こと斎藤佑樹は、8.8%と低迷。やはりプロでの不振が影響している。■世代別でみると...世代別の1位をみてみると、推している選手にかなりの差がでる。・20代20代は1位がダルビッシュ有となっている。そして2位に田中将大、3 [全文を読む]

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 『知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。』は6月30日発売!

PR TIMES / 2016年06月30日10時27分

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 大谷翔平選手、桑田真澄氏、荒木大輔氏との対談も必読! 本書は、芸能界一の高校野球王、渡部建による熱狂“応援&鑑賞”のススメです。高校野球の基礎知識から、甲子園にまつわる感動秘話、渡部建が“高校野球を愛しすぎるが故に”やらかしてしまった「隠し子騒動」などクスっと笑えるエピ [全文を読む]

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。 * * * 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォーム [全文を読む]

キラネーム姓名判断!「愛守」の読み方&運勢は?

ハピズム / 2013年02月01日13時00分

元ヤクルトの荒木大輔さんが活躍した80年代は、「大輔」の名前が名付けランキングの1位を独走。松坂大輔さんも、母親が荒木大輔さんのファンで命名したといいます。しかし、親が読書好きならば、感銘をうけた本の主人公から名前を付けるということもあるでしょう。 今回の「愛守(めろす)」は、『走れメロス』(太宰治著)からとったように思われます。「走れメロス」は、友情と人 [全文を読む]

繰り返す悲劇…“ヤ戦病院”の元凶

ベースボールキング / 2017年06月27日11時30分

過去の投手陣だけを見ても古くは伊藤智仁や川崎憲次郎、荒木大輔らから、現役では館山昌平を筆頭に由規、村中恭平などの長期離脱組が目につく。 投手の場合は肩や肘の故障から来るもので、個人差もあり一概に比較は難しいが、毎年のように主力野手が前線から離れていては監督の真中満も手の施しようがないのが現状だ。 もう少し今季の惨状を検証する。チーム打率.239、同防御率3 [全文を読む]

注目の俳優・高杉真宙の意外な性格!「せっかちで頑固です」【映画『逆境の頃』インタビュー】

Woman Insight / 2017年06月24日20時00分

(C)タナカカツキ/講談社・2017東映ビデオ/マイケルギオン 撮影/川原崎宣喜 スタイリスト/荒木大輔 ヘア&メーク/堤 紗也香 取材/平山正子 【あわせて読みたい】 ※高杉真宙20歳の写真集が話題!初のタトゥーメイクを施したカットも公開に ※漫画好きの高杉真宙。原作のある役を演じる時に心がけていること ※ファブリーズCMの爽やかイケメンがワイルドでセ [全文を読む]

【ヤクルト】由規はすでに20勝!? 頭の中の「もう一つのペナントレース」

文春オンライン / 2017年06月24日11時00分

今季のヤクルトは、17勝7敗で10個の貯金を作った尾花高夫を筆頭に、荒木大輔、宮本賢治、梶間健一と4人の二ケタ投手が誕生。引退が惜しまれる松岡弘も最後の力を振り絞って、通算200勝を置き土産に有終の美を飾った。 打撃陣では新人・広沢克己の大活躍が光った。惜しくも30本の大台には届かなかったものの、新人で29本塁打は立派。大杉勝男の背番号《8》の後継者とし [全文を読む]

ABC三代澤康司アナが草野球で実況の特訓? その理由とは

THE PAGE / 2017年06月18日15時00分

植草貞夫アナから実況の極意学ぶ そして、かつて同局の高校野球中継などで「青い空、白い雲」「荒木大輔、鼻つまむ!」「甲子園は清原のためにあるのか~など数々の名言を残した植草貞夫アナを番組ゲストに迎え実況の極意を学んだ。 植草アナに「あの言葉は、考えてはったんですか?」と質問すると、「あの時、パッとでましたね。高校野球はね、興奮調で実況するのが大切なんです!聴 [全文を読む]

空前絶後の"清宮"狂騒曲

ベースボールキング / 2017年05月15日19時46分

古くは王貞治から荒木大輔や斎藤佑樹らの甲子園アイドルを輩出した同校は全国でも屈指の伝統校だ。 長い歴史の中で培われた不文律が「どんなに騒がれても一人だけ特別扱いはしない」というもの。1人の高校生を学校全体で守るという考えも理解できるが、今回の清宮フィーバーはそうした経験則すら吹き飛ばす勢いなのである。◆ 慣例を変える男 清宮狂騒曲春の陣のスタートは4月27 [全文を読む]

投球数制限があるのに肘の故障は増えている 本場アメリカの子ども達の環境の過酷さ

東洋経済オンライン / 2017年04月15日17時00分

甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生まれるとの信条が根強いと著者は説く。実際、その信条に共感を覚えてきた人間が多いからこそ、ス [全文を読む]

フォーカス