荒木大輔のニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

以下ダルビッシュ有、清原和博、荒木大輔と続く。一方1位の田中と同期で、2006年夏決勝で延長15回と再試合を一人で投げぬいたハンカチ王子こと斎藤佑樹は、8.8%と低迷。やはりプロでの不振が影響している。■世代別でみると...世代別の1位をみてみると、推している選手にかなりの差がでる。・20代20代は1位がダルビッシュ有となっている。そして2位に田中将大、3 [全文を読む]

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 『知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。』は6月30日発売!

PR TIMES / 2016年06月30日10時27分

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 大谷翔平選手、桑田真澄氏、荒木大輔氏との対談も必読! 本書は、芸能界一の高校野球王、渡部建による熱狂“応援&鑑賞”のススメです。高校野球の基礎知識から、甲子園にまつわる感動秘話、渡部建が“高校野球を愛しすぎるが故に”やらかしてしまった「隠し子騒動」などクスっと笑えるエピ [全文を読む]

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。 * * * 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォーム [全文を読む]

キラネーム姓名判断!「愛守」の読み方&運勢は?

ハピズム / 2013年02月01日13時00分

元ヤクルトの荒木大輔さんが活躍した80年代は、「大輔」の名前が名付けランキングの1位を独走。松坂大輔さんも、母親が荒木大輔さんのファンで命名したといいます。しかし、親が読書好きならば、感銘をうけた本の主人公から名前を付けるということもあるでしょう。 今回の「愛守(めろす)」は、『走れメロス』(太宰治著)からとったように思われます。「走れメロス」は、友情と人 [全文を読む]

張本勲『サンデーモーニング』にバーチャル出演 ネット民「無理に出演しなくても」

しらべぇ / 2017年08月20日11時30分

■福島県からバーチャルで番組でMCを務める、関口宏氏がゲストの荒木大輔氏の紹介を終え「お隣のうるさいおじさんですが」と切り出すと、張本氏がバーチャル映像で登場。東日本大震災の被災地・福島県に「野球を通じて子供たちの激励に来ている」と語る。また、福島に滞在していることから、番組でアシスタントを務めるフリーアナウンサー・唐橋ユミの父が会長を務める酒造の『会津ほ [全文を読む]

張本勲氏、福島からバーチャル出演…唐橋アナに「たくさん呑んだからね」

スポーツ報知 / 2017年08月20日09時01分

スポーツコーナでスタジオには野球評論家の荒木大輔氏(53)のみが登場し司会の関口宏(74)が「お隣のうるさいおじさんですが、今、いませんが」と明かすと、張本氏がバーチャルで登場し「被災地の福島に野球を通じて激励にやってまいりました」と明かした。 張本氏はさらに「それとね、地元の会津ほまれ、唐橋君、たくさん呑んだからね、おいしかった」とスポーツコーナー担当 [全文を読む]

【日本ハム】清宮幸太郎はファイターズに入るもんだと決めてかかる

文春オンライン / 2017年08月11日11時00分

王貞治、荒木大輔、斎藤佑樹の早実は東京のヒーローだ。それは早実が「西東京」の学校になっても不変のイメージだ。僕も早実のユニホームを見たらつい「いい者」だと思ってしまう。そうした諸々を差っ引いて、一人の選手として清宮幸太郎を見たらどうだろうと思った。まぁ、言うは易し行うは難しではあるけれど。 両校のアップが始まる。東海大菅生はきちんと並んで外野を走る。規律正 [全文を読む]

繰り返す悲劇…“ヤ戦病院”の元凶

ベースボールキング / 2017年06月27日11時30分

過去の投手陣だけを見ても古くは伊藤智仁や川崎憲次郎、荒木大輔らから、現役では館山昌平を筆頭に由規、村中恭平などの長期離脱組が目につく。 投手の場合は肩や肘の故障から来るもので、個人差もあり一概に比較は難しいが、毎年のように主力野手が前線から離れていては監督の真中満も手の施しようがないのが現状だ。 もう少し今季の惨状を検証する。チーム打率.239、同防御率3 [全文を読む]

注目の俳優・高杉真宙の意外な性格!「せっかちで頑固です」【映画『逆境の頃』インタビュー】

Woman Insight / 2017年06月24日20時00分

(C)タナカカツキ/講談社・2017東映ビデオ/マイケルギオン 撮影/川原崎宣喜 スタイリスト/荒木大輔 ヘア&メーク/堤 紗也香 取材/平山正子 【あわせて読みたい】 ※高杉真宙20歳の写真集が話題!初のタトゥーメイクを施したカットも公開に ※漫画好きの高杉真宙。原作のある役を演じる時に心がけていること ※ファブリーズCMの爽やかイケメンがワイルドでセ [全文を読む]

【ヤクルト】由規はすでに20勝!? 頭の中の「もう一つのペナントレース」

文春オンライン / 2017年06月24日11時00分

今季のヤクルトは、17勝7敗で10個の貯金を作った尾花高夫を筆頭に、荒木大輔、宮本賢治、梶間健一と4人の二ケタ投手が誕生。引退が惜しまれる松岡弘も最後の力を振り絞って、通算200勝を置き土産に有終の美を飾った。 打撃陣では新人・広沢克己の大活躍が光った。惜しくも30本の大台には届かなかったものの、新人で29本塁打は立派。大杉勝男の背番号《8》の後継者とし [全文を読む]

空前絶後の"清宮"狂騒曲

ベースボールキング / 2017年05月15日19時46分

古くは王貞治から荒木大輔や斎藤佑樹らの甲子園アイドルを輩出した同校は全国でも屈指の伝統校だ。 長い歴史の中で培われた不文律が「どんなに騒がれても一人だけ特別扱いはしない」というもの。1人の高校生を学校全体で守るという考えも理解できるが、今回の清宮フィーバーはそうした経験則すら吹き飛ばす勢いなのである。◆ 慣例を変える男 清宮狂騒曲春の陣のスタートは4月27 [全文を読む]

投球数制限があるのに肘の故障は増えている 本場アメリカの子ども達の環境の過酷さ

東洋経済オンライン / 2017年04月15日17時00分

甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生まれるとの信条が根強いと著者は説く。実際、その信条に共感を覚えてきた人間が多いからこそ、ス [全文を読む]

清宮幸太郎 早大で4年間過ごせば斎藤佑樹の二の舞か

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

「かつて早実のスター選手といえば王貞治(1959年卒、巨人)、榎本喜八(1955年卒、毎日)から荒木大輔(1983年卒、ヤクルト)まで、高卒プロ入りが当たり前でした。それが1984年の板倉賢司(大洋)、上福元勤(巨人)を最後に、高卒プロ入りがいないのです」(同前) 近年は有力選手も早稲田大に進学し、六大学野球を経るのが定番コースなのだ。 「しかも清宮の場 [全文を読む]

なぜ由伸監督はクジを引かなかった? 華がない巨人・阪神のドラフト戦略

週プレNEWS / 2016年10月24日08時00分

本人は高校の先輩にあたる山田哲人と同じチームで喜んでいるようだけど、荒木大輔の時代から川崎憲次郎、伊藤智仁、最近では村中恭兵、由規と期待の若手投手を早くから使うのはいいけど、育ってきたと思ったらみんなケガで長く休むことになる。 A そうなんですよ。これだけトレーニング理論が発達してきた時代に野球界の七不思議のひとつです(苦笑)。 B 最後に、東西の人気球団 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]前橋育英が甲府U-18に4発快勝:第12節2日目

ゲキサカ / 2016年10月01日21時54分

【第12節】(10月1日) [ヴァンフォーレ八田河川敷グラウンド] ヴァンフォーレ甲府U-18 0-4 前橋育英高 [前]高沢颯(6分)、田部井涼(18分)、人見大地2(41、50分) (9月4日) [浦和駒場スタジアム] 浦和レッズユース 1-1 川崎フロンターレU-18 [浦]松高遼(35分) [川]伊従啓太郎(90分+2) [山梨学院和戸サッカー場 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]MF田中決勝点で勝利の桐光学園、首位と勝ち点2差に:第12節1日目

ゲキサカ / 2016年09月05日06時52分

【第12節】(10月1日) [ヴァンフォーレ八田河川敷グラウンド] ヴァンフォーレ甲府U-18 - 前橋育英高 (9月4日) [浦和駒場スタジアム] 浦和レッズユース 1-1 川崎フロンターレU-18 [浦]松高遼(35分) [川]伊従啓太郎(90分+2) [山梨学院和戸サッカー場] 山梨学院高 0-1 桐光学園高 [桐]田中雄大(4分) [帝京第三高校 [全文を読む]

アンジャッシュ渡部が今夏の甲子園を「100年に一度」と語るわけ

Walkerplus / 2016年08月13日10時19分

また、帯コメントを寄せている北海道日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手、解説者としておなじみの桑田真澄さん、荒木大輔さんの“甲子園のレジェンド”たちとも対談。渡部さんならではの“バカのふりした”インタビュー手法で、ほかにはない秘話を聞き出している。他にも、渡部さんが収集する甲子園のお宝グッズも公開。禁断の秘蔵写真などが、カラー8ページで明かされるな [全文を読む]

わかりやすくてディープな(?)高校野球本『ワタベ高校野球の味方です。』刊行記念 アンジャッシュ渡部建インタビュー!

おたぽる / 2016年08月10日14時00分

── また、この本編のほかに、花巻東出身の大谷翔平(日本ハム)、早稲田実業出身の荒木大輔(元ヤクルト他)、PL学園出身の桑田真澄(元巨人他)と、甲子園を沸かせたスターと渡部さんが対談している章もありますね。渡部 野球好きの方は、この対談ページはしびれると思います。僕がスポーツライターや専門のインタビュアーではなかったからなのか、3人ともラフな姿勢でざっくば [全文を読む]

あのスターを生んだ夏の甲子園(2)工藤公康の奪三振ショーを打ち破った報徳学園の秘策

アサ芸プラス / 2016年08月10日05時59分

相手はこの大会の3回戦で“甲子園のアイドル”早稲田実(東東京)の荒木大輔(元ヤクルトなど)を打ち込んだ超強力打線が自慢の報徳学園(兵庫)。その中心にいたのが、エースで4番の金村義明(元近鉄など)だった。試合の争点は工藤の大きなカーブを報徳打線がどう攻略するかに集まったが、報徳打線の工藤対策は用意周到だった。なんと各打者が打席の一番前に立ち、工藤得意のカーブ [全文を読む]

アンジャッシュ渡部建「いまハマれば、少なくともむこう2年は楽しめる」高校野球“応援&鑑賞”のススメ本発売

Entame Plex / 2016年06月30日11時35分

高校野球の基礎知識から、甲子園にまつわる感動秘話、渡部自身が“高校野球を愛しすぎるが故に”やらかしてしまったクスっと笑えるエピソードまで、高校野球の知識がない人が読んでも楽しめる全49のエピソードのほか、大谷翔平選手(北海道日本ハムファイターズ)、野球解説者の桑田真澄氏、荒木大輔氏といった過去に甲子園を沸かせた3人のレジェンドとの対談が収録されている。さら [全文を読む]

フォーカス