荒木大輔のニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

以下ダルビッシュ有、清原和博、荒木大輔と続く。一方1位の田中と同期で、2006年夏決勝で延長15回と再試合を一人で投げぬいたハンカチ王子こと斎藤佑樹は、8.8%と低迷。やはりプロでの不振が影響している。■世代別でみると...世代別の1位をみてみると、推している選手にかなりの差がでる。・20代20代は1位がダルビッシュ有となっている。そして2位に田中将大、3 [全文を読む]

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 『知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。』は6月30日発売!

PR TIMES / 2016年06月30日10時27分

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 大谷翔平選手、桑田真澄氏、荒木大輔氏との対談も必読! 本書は、芸能界一の高校野球王、渡部建による熱狂“応援&鑑賞”のススメです。高校野球の基礎知識から、甲子園にまつわる感動秘話、渡部建が“高校野球を愛しすぎるが故に”やらかしてしまった「隠し子騒動」などクスっと笑えるエピ [全文を読む]

愛甲猛氏 甲子園で優勝直後に風俗店でサイン会を依頼された

NEWSポストセブン / 2015年08月06日16時00分

松坂大輔を輩出した野球の名門・横浜高で1年生からエースに君臨し、3年時の1980年夏には早実の荒木大輔に投げ勝って優勝した投手が愛甲猛だ。甲子園の優勝投手となれば当時も今もアイドル扱いだが、愛甲氏は見事に青春を謳歌していたようだ。優勝の栄冠を掴んだ高校3年生の夏を、愛甲氏が振り返る。 * * * 最後の夏の大会前はまさに野球漬けだった。朝練後、ユニフォーム [全文を読む]

キラネーム姓名判断!「愛守」の読み方&運勢は?

ハピズム / 2013年02月01日13時00分

元ヤクルトの荒木大輔さんが活躍した80年代は、「大輔」の名前が名付けランキングの1位を独走。松坂大輔さんも、母親が荒木大輔さんのファンで命名したといいます。しかし、親が読書好きならば、感銘をうけた本の主人公から名前を付けるということもあるでしょう。 今回の「愛守(めろす)」は、『走れメロス』(太宰治著)からとったように思われます。「走れメロス」は、友情と人 [全文を読む]

雨中の一戦は湘南ユースに軍配!主将DF八方の殊勲弾で東京Vユースを下す

ゲキサカ / 2017年10月23日06時50分

前半23分、ショートコーナーからFW荒木大輔(2年)が放ったミドルなど、前半だけで4本のシュートが湘南ゴールを襲った。 一方の湘南は前半のシュートが0本。「どんどん前に出て行くベルマーレらしいスタイル」(時崎監督)を出すことができず、東京Vの激しいプレスに苦しむ場面が目立った。1回戦で2得点を挙げたFW和田響稀(3年)も引いて受けるプレーが多く、ファウルを [全文を読む]

【ソフトバンク】下克上はさせない! キーマンはデスパイネ

文春オンライン / 2017年10月21日11時00分

短期決戦に勝つためには CSファイナルが始まる前日、定期的に出演させて頂いてるNHKラジオ『先読み! 夕方ニュース』の野球特集コーナーに解説の荒木大輔さんと出演したんですが、 「ズバリ、短期決戦を勝つコツは?」と司会の畠山アナウンサーに聞かれ、 「ホームランです!」と言い切った荒木さん。 おっ! ホームラン王ならうちにいますよっ。打点王と二冠を獲ったデス [全文を読む]

[Jユースカップ]湘南ユースが横浜FMユースを延長で撃破!夏ベスト4の山形ユースも2回戦へ

ゲキサカ / 2017年10月16日10時40分

1回戦の結果、2回戦の組み合わせは以下のとおり【1回戦】(10月14日)[聖籠SC]アルビレックス新潟U-18 2-4 レノファ山口FC U-18[新]辻椋大(10分)、小枇ランディ(73分)[山]松本蓮(15分)、糸井岬(20分)、澤野浩暉(33分)、岡田一就(43分)[岩瀬]カターレ富山U-18 5-1 ツエーゲン金沢U-18[富]浅島悠人2(13分、 [全文を読む]

[Jユースカップ]1回戦結果

ゲキサカ / 2017年10月16日07時45分

2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会【1回戦】(10月14日)[聖籠SC]アルビレックス新潟U-18 2-4 レノファ山口FC U-18[新]辻椋大(10分)、小枇ランディ(73分)[山]松本蓮(15分)、糸井岬(20分)、澤野浩暉(33分)、岡田一就(43分)[岩瀬]カターレ富山U-18 5-1 ツエーゲン金沢U-18[富]浅島悠人2 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]桐光学園が川崎F U-18に完封勝利、上位3チームの勝ち点並ぶ:第15節2日目

ゲキサカ / 2017年10月08日22時16分

以下、第15節結果と第16節日程 【第15節】 (10月7日) [山梨学院和戸サッカー場] 山梨学院高 0-3 前橋育英高 [前]オウンゴール(1分)、高橋尚紀(40分)、田部井悠(76分) [ヴェルディグラウンド] 東京ヴェルディユース 2-1 鹿島学園高 [東]藤本寛也(59分)、荒木大輔(85分) [鹿]向山裕麻(25分) (10月8日) [流通経 [全文を読む]

[プリンスリーグ関東]トップ昇格発表日に東京VユースMF藤本が自ら祝弾、逆転勝ちに貢献:第15節1日目

ゲキサカ / 2017年10月07日22時58分

以下、第15節日程と結果 【第15節】 (10月7日) [山梨学院和戸サッカー場] 山梨学院高 0-3 前橋育英高 [前]オウンゴール(1分)、高橋尚紀(40分)、田部井悠(76分) [ヴェルディグラウンド] 東京ヴェルディユース 2-1 鹿島学園高 [東]藤本寛也(59分)、荒木大輔(85分) [鹿]向山裕麻(25分) (10月8日) [流通経済大学付 [全文を読む]

LeeのWEBコンテンツlffb(Lee FOREVER FOREVER BLUE)連載スタート!

PR TIMES / 2017年10月06日18時54分

◆Lee OFFICIAL WEB http://www.lee-japan.jp◆Lee FOREVER FOREVER BLUE スヘ゜シャルサイト PC http://www.lee-japan.jp/ SP http://www.lee-japan.jp/sp/◆配信#01/ 10月06日 石川顕#02/ 10月13日 原田学#03/ 10月20日 [全文を読む]

高杉真宙さん「間宮祥太朗さんの上にずっと乗ってた」そんな状況って?

ananweb / 2017年09月06日19時30分

最高に熱いドキドキの夏がいよいよ始まった! ■ 心も浮かれる予告編はこちら! ■ 作品情報『トリガール!』 絶賛公開中! 配給:ショウゲート ©2017「トリガール!」製作委員会 スタイリスト:荒木大輔 シャツ¥8,000/プラスターナ(株式会社 プラスターナ TEL_03-6804-4350)その他スタイリスト私物 ヘアメイク:堤紗也香 写真・大嶋千尋( [全文を読む]

畠山愛理さんと親子でカラダを動かそう! 10月1日に「スミセイ バイタリティ アクション」

OVO [オーヴォ] / 2017年09月05日18時08分

甲子園アイドルの早稲田実業・荒木大輔さんやハンカチ王子こと斎藤佑樹選手(日本ハム)の人気は「社会現象」というべき熱狂ぶりだった。実力、ルックスの要素にスポーツ選手特有の爽やかなイメージが重なり、鬼に金棒の魅力を振りまく。 新体操元日本代表の畠山愛理さんも選手時代からアイドル的な人気のあった選手。もちろん実力もロンドンオリンピックで団体7位入賞、リオオリンピ [全文を読む]

柄本佑、満島ひかりとの舞台に出演! 吉沢亮が一瞬「役者辞めたい」気分に…

ananweb / 2017年09月04日22時00分

写真・小笠原真紀 スタイリスト・荒木大輔 ヘア&メイク・内山多加子(commune) インタビュー、文・望月リサ (by anan編集部) [全文を読む]

張本勲『サンデーモーニング』にバーチャル出演 ネット民「無理に出演しなくても」

しらべぇ / 2017年08月20日11時30分

■福島県からバーチャルで番組でMCを務める、関口宏氏がゲストの荒木大輔氏の紹介を終え「お隣のうるさいおじさんですが」と切り出すと、張本氏がバーチャル映像で登場。東日本大震災の被災地・福島県に「野球を通じて子供たちの激励に来ている」と語る。また、福島に滞在していることから、番組でアシスタントを務めるフリーアナウンサー・唐橋ユミの父が会長を務める酒造の『会津ほ [全文を読む]

【日本ハム】清宮幸太郎はファイターズに入るもんだと決めてかかる

文春オンライン / 2017年08月11日11時00分

王貞治、荒木大輔、斎藤佑樹の早実は東京のヒーローだ。それは早実が「西東京」の学校になっても不変のイメージだ。僕も早実のユニホームを見たらつい「いい者」だと思ってしまう。そうした諸々を差っ引いて、一人の選手として清宮幸太郎を見たらどうだろうと思った。まぁ、言うは易し行うは難しではあるけれど。 両校のアップが始まる。東海大菅生はきちんと並んで外野を走る。規律正 [全文を読む]

繰り返す悲劇…“ヤ戦病院”の元凶

ベースボールキング / 2017年06月27日11時30分

過去の投手陣だけを見ても古くは伊藤智仁や川崎憲次郎、荒木大輔らから、現役では館山昌平を筆頭に由規、村中恭平などの長期離脱組が目につく。 投手の場合は肩や肘の故障から来るもので、個人差もあり一概に比較は難しいが、毎年のように主力野手が前線から離れていては監督の真中満も手の施しようがないのが現状だ。 もう少し今季の惨状を検証する。チーム打率.239、同防御率3 [全文を読む]

注目の俳優・高杉真宙の意外な性格!「せっかちで頑固です」【映画『逆境の頃』インタビュー】

Woman Insight / 2017年06月24日20時00分

(C)タナカカツキ/講談社・2017東映ビデオ/マイケルギオン 撮影/川原崎宣喜 スタイリスト/荒木大輔 ヘア&メーク/堤 紗也香 取材/平山正子 【あわせて読みたい】 ※高杉真宙20歳の写真集が話題!初のタトゥーメイクを施したカットも公開に ※漫画好きの高杉真宙。原作のある役を演じる時に心がけていること ※ファブリーズCMの爽やかイケメンがワイルドでセ [全文を読む]

空前絶後の"清宮"狂騒曲

ベースボールキング / 2017年05月15日19時46分

古くは王貞治から荒木大輔や斎藤佑樹らの甲子園アイドルを輩出した同校は全国でも屈指の伝統校だ。 長い歴史の中で培われた不文律が「どんなに騒がれても一人だけ特別扱いはしない」というもの。1人の高校生を学校全体で守るという考えも理解できるが、今回の清宮フィーバーはそうした経験則すら吹き飛ばす勢いなのである。◆ 慣例を変える男 清宮狂騒曲春の陣のスタートは4月27 [全文を読む]

清宮幸太郎 早大で4年間過ごせば斎藤佑樹の二の舞か

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

「かつて早実のスター選手といえば王貞治(1959年卒、巨人)、榎本喜八(1955年卒、毎日)から荒木大輔(1983年卒、ヤクルト)まで、高卒プロ入りが当たり前でした。それが1984年の板倉賢司(大洋)、上福元勤(巨人)を最後に、高卒プロ入りがいないのです」(同前) 近年は有力選手も早稲田大に進学し、六大学野球を経るのが定番コースなのだ。 「しかも清宮の場 [全文を読む]

フォーカス