近松門左衛門のニュース

ダメな奴らは、かわいらしい――NHK×松尾スズキ『ちかえもん』という虚実皮膜の痛快娯楽劇

日刊サイゾー / 2016年01月26日19時00分

「どうも、近松門左衛門です。浄瑠璃作家として教科書に載っている、あの近松門左衛門です。大河ドラマでもナレーションさせてもらったことがある、あの近松です!」 そんなモノローグが挿入される時代劇が『ちかえもん』(NHK)だ。 NHKの時代劇? 堅そう。近松門左衛門? よく知らない。 そんな先入観で見ることをためらってしまうのは、心底もったいないドラマだ。 いま [全文を読む]

時代劇が初の受賞! 第34回向田邦子賞はNHK木曜時代劇「ちかえもん」に決定

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月08日17時30分

受賞作品の「ちかえもん」は、主人公の中年作家・近松門左衛門が元禄時代を代表する人形浄瑠璃である「曽根崎心中」を書き上げるまでを描くオリジナルの時代劇。近松が現代語を喋り、昭和の名曲を替え歌で口ずさむなど、時代劇らしくないキャラクターとセリフが人気を博した。主人公の近松門左衛門には松尾スズキ、そのほか青木崇高、優香、小池徹平、北村有起哉など実力派俳優たちが [全文を読む]

青木崇高、「ちりとてちん」制作の地に凱旋!

Smartザテレビジョン / 2015年11月13日22時48分

「ちかえもん」は近松門左衛門の人形浄瑠璃の傑作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。 スランプに苦しむ中年作家・近松(松尾)は、行きつけの店で謎の渡世人・万吉(青木)と出会う。人情深い万吉に巻き込まれ、周囲のもめ事の解決に奔走する中で、人間のたくましさと本物の愛を見いだした近松は、やがて傑作「曽根崎心中」を書き上げる。 かつてNHK大阪放送局 [全文を読む]

「フラメンコ 曽根崎心中」4月2日より開幕!~ 新たな書き下ろし曲を加え、進化した舞台を披露 ~

@Press / 2014年03月14日10時30分

オフィスドラゴンは、舞踏劇「フラメンコ 曽根崎心中」(近松門左衛門原作、阿木燿子プロデュース、宇崎竜童音楽監督、鍵田真由美主演、佐藤浩希主演・演出・振付)を2014年4月2日(水)~6日(日)の間、新国立劇場 中劇場にて全6ステージ上演致します。「フラメンコ 曽根崎心中」公式ページhttp://sonezaki.jp/「曽根崎心中」は、日本を代表する劇作家 [全文を読む]

「若者よ、猛省しなさい!」と『家族という病』著者。日本人は衰えて消滅に向かっている?

週プレNEWS / 2017年02月26日11時00分

私は近松門左衛門が好きなんですけど、心中とか不倫とかそんな話ばっかりよ。あの時代は、死をかけないと不倫なんてできなかったからね。死をかける恋愛なんて、純愛以外の何ものでもない。 近松門左衛門の言葉に「恋というもの男も女も身をかばうてなるものか」というのがあるんですけど、とても好きな言葉ですね。 ―本来、恋愛はなりふりかまっていられないものでしょうしね。 下 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中村七之助「公開処刑はやめて!」深津絵里らの賛辞に叫ぶ

TechinsightJapan / 2016年01月27日17時58分

27日、都内にて舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」—近松門左衛門「心中天網島」より—』の制作発表が行われ、ダブル主演で初共演となる深津絵里、中村七之助らが登壇した。 本作は近松門左衛門の代表作、遊女・小春と治兵衛、その妻・おさんの三角関係を描いた『心中天網島』に現代の世界を融合させた意欲作。故・中村勘三郎氏と友人でもある演出家デヴィッド・ルヴォ [全文を読む]

近松演じる松尾スズキ「僕もヒット作書かなくては」

Smartザテレビジョン / 2016年01月05日22時50分

「ちかえもん」は、江戸時代の人形浄瑠璃作家・近松門左衛門の代表作「曾根崎心中」の誕生秘話を大胆に創作した人情喜劇。偶然出会った風変わりな渡世人・万吉(青木)のせいで、さまざまなトラブルに巻き込まれるスランプ作家・近松(松尾)は、その中で人間のたくましさを知り、執筆に生かしていく。 時代劇でありながら、松尾・青木の軽快な掛け合い、随所で折り込まれる松尾のツ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】高岡早紀が“女将”姿。時代劇オフショットに「そんな格好がしてみたい」

TechinsightJapan / 2015年11月08日11時23分

本ドラマは元禄大坂を舞台に、松尾スズキ演じる冴えない中年スランプ作家の近松門左衛門と青木崇高演じる神出鬼没の渡世人・万吉が繰り広げる騒動を描いたもの。近松門左衛門が入り浸る大坂堂島新地・天満屋の女将を高岡早紀がどう演じるか楽しみだ。 そんな彼女だが、11月4日には大阪フラミンゴ ジ アルージャ、5日は名古屋ブルーノートで若手実力派ミュージシャンをバンドに [全文を読む]

観月ありさが舞台「GS近松商店」の製作発表に登場!

Smartザテレビジョン / 2015年08月20日20時25分

「GS近松商店」は近松門左衛門の「女殺油地獄」と「曽根崎心中」をモチーフに設定を現代の関西地方の片田舎、寂れたガソリンスタンドに置き換えた“愛憎劇”。このガソリンスタンド「近松商店」を切り盛りする菊子を演じる観月は、「新歌舞伎座5周年という記念の公演に参加できてとても光栄に思っています。近松(門左衛門)が描き続けた“生と死の世界”、この難しいテーマを頑張っ [全文を読む]

壮一帆さまの歌う「この世にただひとつ」に浄瑠璃とプログレロックの崇高なる融合を学ぶ

おたぽる / 2015年03月11日17時52分

同ミュージカルは近松門左衛門の『冥土の飛脚』をベースにしており、同曲はそのラストシーン、主人公である飛脚問屋の主人・亀屋忠兵衛となじみの遊女・梅川とが雪山で心中する場面で歌われる。 宝塚ファンの女医、wojo(ヲジョ)です。遅まきながら、本年もよろしくお願いいたします。 さて、今冬は大雪がすごかったですね。大雪で被害に遭われた地域の皆様には、心よりお見舞い [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

吉宗が規制した心中が流行した元凶とも言える、近松門左衛門が亡くなったのが、1725年です。 幕末に活躍したあの人達の40歳は? ◎佐久間象山(1811年3月22日-1864年8月12日) 幕末、多くの人物に多大な影響を与えた佐久間象山が、40歳を迎えたのは1852年。兵学者として名声を轟かせ、江戸の木挽町に「五月塾」を開いた年です。 ここで、勝海舟、吉田松 [全文を読む]

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

近松門左衛門が「曽根崎心中」を発表するまでのいわゆる前日譚(エピソード0)を創作も交えてドラマ化したもの。『ちりとてちん』の藤本有紀サンの脚本で、同ドラマで向田邦子賞を受賞。まさに、時代劇の新たな可能性を見せてくれましたね。主演の松尾スズキさんの演技も光りました。6位(1票)■『重版出来!』(TBS系)「古風な役柄がピカイチの黒木華さんが現代劇でもあの可 [全文を読む]

レコ大企画賞受賞の蘭華 ワンマンライブ開催決定

dwango.jp news / 2016年11月25日18時38分

近松門左衛門の「曽根崎心中」に登場する遊廓の女達や、「源氏物語」で光源氏を愛した女達をヒロインにした『揺れる月』、一曲の中に俳句を何句も織り込んだ『美しき人生』、閑吟集の句を題材にして創作した『花籠に月を入れて』など文学的な楽曲が並ぶ。アートワークの部分でも本人のアイデアにより、大正ロマンの香りがする和洋折衷の洋館に着物姿や長襦袢姿で蘭華が佇み、竹下夢二 [全文を読む]

三浦しをん、桜庭一樹、いとうせいこう ほか人気作家競演! 演劇ファンも必読の舞台の古典新訳巻が発売! 刊行記念トークイベントも開催。

PR TIMES / 2016年11月02日10時24分

【「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」最新刊●書誌情報】 第10巻 『能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵』 能・狂言(岡田利規訳)/説教節(伊藤比呂美訳)/曾根崎心中(いとうせいこう訳)/女殺油地獄(桜庭一樹訳)/菅原伝授手習鑑(三浦しをん訳)/義経千本桜(いしいしんじ訳)/仮名手本忠臣蔵(松井今朝子訳) [全文を読む]

文化侵略しているのは日本と中国のどっち?中国ネットが議論=「二次元文化は日本が主導している」「日本の文化はすべて中国が起源。でも…」

Record China / 2016年06月29日09時00分

近松門左衛門の国性爺合戦に始まり、全面的に文化侵略をはじめ、1937年から40年の間に、中国各地で180以上の日本語学校を設立したと指摘した。さらに、現代中国語の中には「科学」、「市場」、「社会主義」など多くの日本語が含まれているとも紹介した。 これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。 「文化交流ということだろ」 「どれも別に悪 [全文を読む]

優香と結婚の青木崇高 現場好きで短パン姿で演技見学してた

NEWSポストセブン / 2016年06月17日16時00分

このドラマは、超スランプ中の近松門左衛門(松尾スズキ)が、妙な飴を売り歩くお調子者の万吉(青木)に翻弄されつつ、名作『曽根崎心中』を書くまでを描く。近松はなぜか「書けてなーい」とか「胸キュンキュンしたわしやった」など現代語でつぶやき、『傘がない』、『学生街の喫茶店』など名曲の独自カバー(替え歌)を歌いだす。 第五話では松尾スズキが赤穂浪士の格好で『フランシ [全文を読む]

第34回(2015年度)向田邦子賞贈賞式が行われる!

PR TIMES / 2016年05月31日22時17分

[画像1: http://prtimes.jp/i/6568/65/resize/d6568-65-251000-1.jpg ]<藤本有紀氏コメント>近松門左衛門で、曾根崎心中で、コメディーという企画としてはなんだか分からないものを聞き入れてくださって、最高のスタッフと最高のキャストで実現していただいて、こんな立派な賞までいただくことができました。「誰それ [全文を読む]

東京五輪新エンブレム4案寸評/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2016年04月09日19時30分

市松と呼ぶにしても、江戸中村座の歌舞伎役者、初代佐野川市松に由来するとはいえ、この柄で演じたのは『心中万年草』で、大阪の近松門左衛門が作った京都高野山の話。また、藍も、ジーンズのように、日本独特の色、と言うには無理がある。このスタイルで行くのであれば、江戸小紋からアイディアを発展させた方がよかったのではないか。B案:つなぐ輪、広がる和 RGB3原色に金を加 [全文を読む]

藤本有紀氏が第34回(2015年度)向田邦子賞に決定

PR TIMES / 2016年04月05日17時06分

[画像: http://prtimes.jp/i/6568/49/resize/d6568-49-286934-1.jpg ] 授賞理由は、「 『 ちかえもん 』 は、近松門左衛門と『曾根崎心中』を洒落て茶化して一編の黄表紙本に仕立て上げた快作です。大阪弁の遊びがまことに面白く、言葉を操って虚を実にし、実を虚に見せる技は申し分が無い。この筆力に敬意を表し [全文を読む]

~阪急阪神グループで終活をはじめませんか~ <新企画>エテルノ×阪急交通社 5月11日限定 なんば・梅田発 終活日帰りバスツアー発売

@Press / 2016年04月04日09時45分

また、川西中央霊園のご見学や、近松門左衛門ゆかりのお寺の広済寺の見学とご住職様の法話を聞いていただきます。 そして、浜屋ではお仏壇の見学と金箔貼り体験など一日かけて、終活の入門編をご案内します。 移動はバスに乗車いただきますので楽にお過ごしいただけます。 この機会に、皆様のこれからをより良いものにするため、終活をスタートされませんか? ご夫婦での参加、親 [全文を読む]

フォーカス