江藤智のニュース

【プロ野球】「高卒×野手×ドラフト5位=未来の強打者」。細川成也(DeNA)はブレイクの方程式に乗った!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月23日16時05分

■史上最強のドラフト5位打者 江藤智(関東高→広島5位/1988年) 本塁打王2回、打点王1回、ベストナイン7回、ゴールデン・グラブ賞1回。高卒ドラフト5位の指名の打者として、最高峰の成績を残したのが江藤智(元広島ほか)だ。 1年目に2軍で鍛えられた後、2年目には1軍で初本塁打を打って大器の片鱗を見せるなど、右肩上がりの成長曲線を描いた。5年目でレギュラ [全文を読む]

【プロ野球】大型補強で挑む巨人・高橋由伸体制の2年目はいかに!? 巨人の大型補強の歴史を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年12月22日16時05分

■2000年:補強が成功し「ミレニアムV」を果たす 20世紀最後の年となる「ミレニアム」となった2000年、FAで前年のダイエー日本一に大きく貢献した工藤公康、広島の4番打者・江藤智を補強。交渉の際に長嶋監督が殺し文句として言った「男の花道を飾ってくれ」(工藤)、「荒波に立ち向かって行きなさい」(江藤)の言葉は大きな話題となった。この2人に加えて阪神を自 [全文を読む]

【プロ野球】《巨人・大補強》補強の本気度と順位はリンクする? FAで2選手を獲得した翌年の成績を独自検証!

デイリーニュースオンライン / 2016年12月08日16時06分

FA選手獲得本気度:◎ FA選手成績リンク度:△ ■FA補強成功のお手本のような年 1999年オフのFA獲得選手:工藤公康(ダイエー)、江藤智(広島) 2000年の結果:リーグ優勝、日本一 1999年オフ、巨人は江藤智(広島)と工藤公康(ダイエー)をFAで獲得。 江藤が広島で背負っていた背番号は「33」だったが、当時、巨人の背番号「33」は長嶋茂雄監督が [全文を読む]

【プロ野球】25年ぶりの優勝に現実味…広島カープファンの不安とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年07月09日18時05分

《1996年の打線》 主力選手 緒方孝市 打率.279 23本塁打 71打点 正田耕三 打率.235 2本塁打 35打点 野村謙二郎 打率.292 12本塁打 68打点 江藤智 打率.314 32本塁打 79打点 前田智徳 打率.313 19本塁打 65打点 ロペス 打率.312 25本塁打 109打点 金本知憲 打率.300 27本塁打 72打点 西山 [全文を読む]

小笠原FA宣言 巨人へFA移籍の15人中12人が巨人で現役終えず

NEWSポストセブン / 2013年11月23日07時00分

江藤智(広島→巨人)は西武、工藤公康(ダイエー→巨人)は横浜、藤井秀悟(日本ハム→巨人)も横浜へ去って行った。 なお、引退後、巨人のコーチに就任したのは、川口和久、江藤智、豊田清の3人しかいない。現在、現役で巨人に残る2人のFA移籍選手、村田修一と杉内俊哉はどうなるか。 [全文を読む]

届きそうで届かない…あまり触れられない『犠飛』の記録

ベースボールキング / 2017年04月14日13時00分

◆ 犠飛のシーズン記録は「15」 打撃の基本といえば、ゴロを打つこと。野球を始めた頃、指導者によく言われたのが「ボールを叩け」というもの。いわゆるダウンスイングを徹底的に教え込まれる。 理由はいくつかあるが、フライを上げてしまっては捕られたらおしまい。ゴロなら捕球・送球・捕球とアウトまでに3つのポイントを要するため、ミスが生じる確率も単純に高くなる、という [全文を読む]

巨人・江藤コーチ、DeNA・ウィーランド攻略に自信「イメージはできている」

ベースボールキング / 2017年04月06日16時50分

巨人の江藤智打撃コーチは、DeNAの先発・ウィーランドについて語った。 江藤打撃コーチはウィーランドについて「映像でチェックして大体のイメージはできている。球種はストレート、カーブ、スライダーの3種類が主なボールだと思う。剛球というイメージがないので、ストレートをどう打ち返すかがポイントになるでしょう」と攻略に自信をみせた。 また、打線については「長野が心 [全文を読む]

開幕戦で安打の巨人・マギー 江藤コーチ「今日も1本出てほしいね」

ベースボールキング / 2017年04月01日12時50分

江藤智打撃コーチは、1日の中日戦前にマギーについて「本人もストレスをためて、オープン戦を送っていたみたいなので、いいスイングで1本出て気持ちも楽になったんじゃないかな」と話し、「今日もう1本いい当たりが出てほしいね」と期待を寄せた。 打率.292、28本塁打、93打点の成績を残し、球団初のリーグ優勝、日本一に大きく貢献した楽天時代の2013年もオープン戦 [全文を読む]

【プロ野球】正田耕三が1試合6盗塁で逆転盗塁王! 今こそ振り返りたいカープの歴史に輝くタイトルホルダーたち!!

デイリーニュースオンライン / 2017年01月20日17時05分

歴代4位の536本塁打を放ったミスター赤ヘル・山本浩二を始め、江藤智、新井貴浩、直近では2014年にエルドレッドがタイトルを獲得した。 この偉大な本塁打王のなかで、最も記憶に残るスラッガーにはランスを挙げたい。プロ野球史上唯一の「最低打率で本塁打王を獲得」という珍記録を持つ男だ。 1987年、ランスは引退した山本浩二の後釜と期待され入団。当たれば果てしなく [全文を読む]

一昔前とは違う?弱点を補う補強した巨人

ベースボールキング / 2017年01月10日07時45分

巨人はこれまでにも大型補強をすることはあったが、清原和博、江藤智、ローズ、ペタジーニといった大砲や、工藤公康、杉内俊哉など各球団のエース級の投手を獲得するケースが多かった。 しかし、今オフの補強をみると、主力選手をかき集めているだけでなく、弱点だった部分を補強で補っているようにみえる。 日本ハムからFAで加入した陽岱鋼のポジションは中堅。昨季、巨人の外野 [全文を読む]

フォーカス