沢田研二のニュース

沢田研二主演 音楽劇「悪名」 CS放送「TBSチャンネル2」で7月27日(日)TV初独占放送!

PR TIMES / 2014年07月25日09時27分

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:石原俊爾、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル2」では、2014年4月5日に東京・紀伊國屋サザンシアターで行われた『沢田研二主演 音楽劇「悪名」』をテレビ初独占放送する。 2001年より故久世光彦氏の作・演出で始まった沢田研二音楽劇シリーズ。 2014年は「悪名」を披露。「悪名」は、196 [全文を読む]

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

ドラマ「同棲時代」は沢田研二(当時24歳)と梶芽衣子(当時26歳)が主演。TBSにマスターテープが存在せず、1973年の放送以来ながらく「二度と見られない作品」と考えられていました。ところが最近になって関係者がビデオテープを保管していたことが分かり、40年の時を経て「TBSチャンネル2」での放送が決まったものです。 本作品は若い世代から絶大な支持を受けて [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】SHOW-YAが『勝手にしやがれ』をカバー。沢田研二の名曲が重厚ロックに。

TechinsightJapan / 2015年05月16日19時25分

女性ロックバンド・SHOW-YAが沢田研二のヒット曲『勝手にしやがれ』のカバーに挑戦した。YouTubeでその一部を公開したところ「You Rock!」「Love it」と海外からも反響が起きている。本家・沢田研二のオリジナルはあまりに有名だが、彼女たちの分厚いヘヴィメタルサウンドと寺田恵子の男前なボーカルによってSHOW-YAならではの『勝手にしやがれ』 [全文を読む]

沢田研二へのバッシングに反論した、ジュリーファンのブログがカッコよすぎて必見

AOLニュース / 2015年02月05日12時00分

先日ネットニュースなどでも取り上げられ大きな話題となった沢田研二のライヴでの「暴言事件」。1月20日に開催された「2015 沢田研二 正月LIVE」の社会情勢など持論を語るMC中に「歌って」と叫んだ観客に対して「嫌なら帰れ!」と発言、会場が凍りついたと伝え、この事件を軸に「ライヴで有名曲を全く歌わない」などパフォーマンスの内容なども含めかなり批判的に紹介さ [全文を読む]

女性ロックバンド「SHOW-YA」が歌う、沢田研二『勝手にしやがれ』がカッコよすぎる【動画】

AOLニュース / 2015年05月19日18時00分

https://youtu.be/jEh7pzmYO1g <関連動画はこちら> 今回の曲は、デビュー30周年企画<第2弾>となるカヴァー・アルバムに収録されている、沢田研二「勝手にしやがれ」のカヴァー。昔の派手な容姿はそのままで、ボーカル寺田の全盛期と変わらないハスキーボイスが沢田研二の名曲とマッチし、よりハードにより男前すぎる仕上がりに。 また、本アル [全文を読む]

“歌謡ショーはやりたくない“沢田研二ブチ切れ騒動の真相

tocana / 2015年01月31日09時00分

26日に配信された「日刊ゲンダイ」の記事で、1月20日に開催された沢田研二がコンサートで、イスラム国の人質事件について話している最中、ファンが「歌って~」と声を上げたところ「嫌なら帰れ!」とブチ切れたことが報道された。ネット上では「帰れというならチケット代を返せ」「エンターテイナーとして酷すぎる」と波紋を呼んでいる。 だが、これは、見方によっては、TV出演 [全文を読む]

沢田研二「黙っとれ」「嫌なら帰れ」の暴言でファン離れが進行か

デイリーニュースオンライン / 2015年01月27日15時50分

1月20日、東京国際フォーラムで、ジュリーこと歌手・沢田研二(66)のコンサート『2015 沢田研二 正月LIVE~昭和90年のVOICE∞』が開催された。同コンサート内で、沢田が観客に向かって突然怒鳴りつける一幕があったことを、1月26日付の『日刊ゲンダイ』が伝え話題となっている。 1月8日に東京から始まったコンサートは、名古屋、大阪などを回って20日に [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(1)

アサ芸プラス / 2013年12月10日09時58分

史上初の2連覇を狙う沢田研二か? 怪物的な売上げを誇るピンク・レディーか? 戦いは真っ赤な炎として燃えさかった。 視聴率50.8%──日本レコード大賞の歴代最高は、77年12月31日に記録された。受賞曲は沢田研二の「勝手にしやがれ」で、華麗なステージングは語り草となっている。 「サビの『♪アア アアアアアア アア』に合わせて会場中が手を広げる。まるで稲穂が [全文を読む]

CS放送「TBSチャンネル1」で、沢田研二主演『悪魔のようなあいつ』12/3(火)放送開始!38年間一度も再放送されなかった衝撃の問題作がいま甦る!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

『悪魔のようなあいつ』は、沢田研二主演。現在TBS系地上波で放送中の『金曜ドラマ「クロコーチ」』と同様、20世紀最大の未解決事件のひとつ“三億円事件”を題材にした作品で、物語全編に退廃と背徳のロマンを漂わせつつ、強奪犯の屈折した愛、そして挫折を描く。実際に事件が時効となる1975年(昭和50年)6月から9月に放送され、挿入歌「時の過ぎゆくままに」が大ヒッ [全文を読む]

【TBSオンデマンド】連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」12月1日(日)深夜0:00より配信スタート!!

PR TIMES / 2013年11月29日16時48分

沢田研二主演、あの“三億円事件”を題材にした衝撃の問題作!!TBSテレビの動画配信サービス「TBSオンデマンド」では、12月1日(日)深夜0:00より、沢田研二主演の連続ドラマ「悪魔のようなあいつ」の配信を開始します(CS放送「TBSチャンネル1」では、12月3日(火)午後11:00より放送開始)。1975年にTBS系地上波で放送された本作は、昭和の未解決 [全文を読む]

沢田研二の故・伊藤エミさんへの離婚慰謝料は18億円だった

NEWSポストセブン / 2012年07月05日16時00分

6月15日、沢田研二(64才)の元妻で、ザ・ピーナッツとして活躍していた伊藤エミ(本名・沢田日出代)さんが、末期がんのために71才で亡くなった。 今年3月、腰の痛みを訴えていたエミさんが病院に行ったところ、すでに末期のがんだったという。それから3か月後、彼女は帰らぬ人となった。葬儀は家族やわずかな親類のみの密葬で、しめやかに営まれた。 その死は、周囲にほと [全文を読む]

タイガース再結成 岸部四郎復帰を一徳反対も沢田研二が説得

NEWSポストセブン / 2012年02月05日07時00分

41年前に解散コンサートを行ったあの日と同じ1月24日、場所も同じ日本武道館で行われた『沢田研二LIVE』の最終公演で、ザ・タイガースの元メンバー5人が顔をそろえた。彼らも還暦を迎える年代になった。2005年、沢田研二(63)、森本太郎(65)、岸部一徳(62)の3人がNHK『SONGS』に出演すると、瞳みのる(65)へのメッセージを込めて3人でつくった曲 [全文を読む]

妻・田中裕子と仲睦まじい沢田研二 家事手伝いゴミ出しも担当

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

3月11日、沢田研二(68才)が新アルバムを発売した。タイトルは『ISONOMIA』。反原発を訴える歌だ。リスクは承知の上で「言いたいことを言う」という姿勢を貫き、吠え続けるジュリーを最も近くで支えているのが、妻の田中裕子(61才)である。 横浜市内の自宅周辺では、夫婦の姿がよく見られていた。 「朝おふたりで散歩されたり、ジュリーさんが外出する時は必ず田 [全文を読む]

沢田研二のファン、彼の外見と内面の変化をまるごと受け入れる

NEWSポストセブン / 2017年03月24日07時00分

3月11日、ジュリーこと沢田研二(68才)が新アルバムを発売した。タイトルは『ISONOMIA』。ギリシア語で「自由かつ平等である状態」を意味する。表題曲は、アップテンポのメロディーに、ジュリー特有の艶のあるミドルボイスが重なる。そして、歌詞の内容は自然の大切さを時、原発にNOを突きつけるものとなっている。 ジュリーは今年2月、デビュー50周年を迎えた。毎 [全文を読む]

沢田研二が相模原殺傷事件の犯人と「ポケモンGO」を結びつけ非難が殺到!

アサ芸プラス / 2016年07月27日17時59分

7月27日、歌手の沢田研二が東京の東京国際フォーラムで全国ツアーをスタートさせた。 まもなく70歳とは思えないエネルギッシュなステージに往年のファンが黄色い声を上げる一幕も。幸先のいいスタートと思いきや、裏ではジュリーの“迷走”が囁かれている。「ジュリーはかねてから政治問題にご執心で、昨年1月に同じ東京国際フォーラムで行われたコンサートではイスラム国の人質 [全文を読む]

「頑張って・出待ち・双眼鏡」が沢田研二コンサートのNG事項

NEWSポストセブン / 2015年02月07日16時00分

1月20日、沢田研二(66才)がコンサート中にブチギレて、客に暴言を吐いたとネットで話題になった。問題のコンサートは、1月8日から開始した全国ツアー『昭和90年のVOICE∞』の最終日。開演から2時間あまり、沢田がMCをはじめ「イスラム国」について自説を語っていると、客席から「歌って~」の声。沢田はこれに激怒。「嫌なら帰れ!」と罵り、会場を凍り付かせた。 [全文を読む]

昼間からガード下で浴びるように酒摂取 心配される沢田研二

NEWSポストセブン / 2015年02月06日16時00分

自身のコンサートで客に対してブチギレしたと報じられた沢田研二(66才)。MC中でイスラム国の拘束事件について話している時、客席から「歌って~」という声が飛び、「黙っとれ!」と激怒したというのだが、古参ファンに言わせると「いつものこと」だという。 どうやらこのブチギレ騒動についてファンは心配していないようだが、別の心配の声があがっている。それが、彼の過剰なま [全文を読む]

沢田研二のブチギレ騒動に古参ファン 「いつものことです」

NEWSポストセブン / 2015年02月05日07時00分

沢田研二(66才)がコンサート中にブチギレ、客に暴言を吐いたと報じられ、話題となっている。 問題のコンサートは、今年1月8日からスタートした全国ツアー『昭和90年のVOICE∞』の最終日。会場の東京国際フォーラムには、5000人超のファンが集まり、開演前から熱気に溢れていた。 オープニングでバラードの名曲『LOVE(抱きしめたい)』をあたたかく歌い上げたジ [全文を読む]

ザ・ピーナッツ伊藤ユミ 姉と沢田研二の子と暮らした家売却

NEWSポストセブン / 2014年05月31日07時01分

土地も全部売って、去年の秋頃にはあの通り、お家も取り壊されてしまったんですよ」(近所の住民) 生涯孤独を貫くユミさんは、エミさんと沢田研二(65才)との間に生まれたAさんのことを実の子のようにかわいがった。 そしてそれは姉が亡くなってからも変わるはずのないことだった。それなのになぜ今回、彼女はこのような決断をしたのだろうか。 「自宅は改修工事をしたばかりで [全文を読む]

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第2回>「1978年~沢田研二VSピンクレディー~」(3)

アサ芸プラス / 2013年12月12日09時58分

「最優秀歌唱賞は‥‥沢田研二!」 午後8時35分、その瞬間の沢田の表情を、筆者は奇異な感じにとらえていた。大賞に準じる栄誉でありながら、明らかに困惑した照れ笑いを浮かべている。 「去年大きいヤツをもらって、やっぱり軽い感じがします。残念ですが、喜びたいと思います‥‥」 受賞者が斜に構えたコメントを出すのも前例がない。それでも沢田は対象曲の「LOVE(抱きし [全文を読む]

フォーカス