齋藤学のニュース

プロレス好きの横浜FM齋藤学がWWEのフィン・ベイラーと対面「首太すぎ」

サッカーキング / 2017年06月09日16時32分

横浜F・マリノスに在籍するMF齋藤学とアメリカのプロレス団体『WWE』に所属する現在来日中のフィン・ベイラーが対面。WWEの公式インスタグラムで紹介されるとともに、齋藤学も自身のインスタグラムで喜びを示した。 齋藤はプロレス好きであることを以前から公言。横浜FMのクラブオフィシャルマガジン『トリコロール』内でも過去に棚橋弘至やオカダ・カズチカといった新日本 [全文を読む]

「驚くぐらい齋藤学を抑えた」右SB小池龍太が完封勝利に自信「ボールを入れさせなかった」

ゲキサカ / 2017年04月25日20時47分

柏レイソルは右サイドバックのDF小池龍太がマッチアップするMF齋藤学に仕事をさせず、左サイドからの攻撃を抑え込んだ。 「齋藤選手を抑えられるか抑えられないかで勝負が決まると意識していた」。1週間のトレーニングで警戒を強めた“齋藤学対策”がハマった。前線からプレッシャーをかけ、素早い寄せ、連動した守備でミッションをクリア。パスコースを切って齋藤にボールを持た [全文を読む]

横浜FMの新キャプテンは新10番のMF齋藤学! 副キャプテンはDF中澤佑二、DF栗原勇蔵、GK飯倉大樹、MF喜田拓也の4名

超ワールドサッカー / 2017年02月15日12時01分

新キャプテンは背番号10を新たに背負う日本代表MF齋藤学が就任した。 ▽昨シーズンまでMF中村俊輔(現ジュビロ磐田)が務めていたキャプテンは、背番号とともに齋藤学が引き継ぐことが決定した。また、副キャプテンには昨年に引き続きDF中澤佑二、DF栗原勇蔵、GK飯倉大樹が就任。さらに、MF喜田拓也が新たに就任した。4選手のコメントは以下のとおり。 【キャプテン】 [全文を読む]

日本代表としての出場機会を求めるFW齋藤学「居るだけじゃダメ」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年10月02日23時15分

▽練習後、FW齋藤学(横浜F・マリノス)がミックスゾーンで取材に応じ、アピールポイントや日本代表への想いを語った。 ◆FW齋藤学(横浜F・マリノス) ──チームの雰囲気はいかがですか 「色々な選手が集まっているので、暗いとは思っていません。この2試合は非常に大事になると思います。練習からアピールして、チームの力になれたらと思います」 ──齋藤学を呼べとの [全文を読む]

中村ら活躍の横浜FMが5発で磐田を粉砕《J1》

超ワールドサッカー / 2016年04月16日20時49分

遠藤から齋藤学に入れ替えてリーグ戦2試合ぶりの勝利を目指した。▽両チームともにアグレッシブな入りを見せた試合は、開始早々にアウェイの横浜FMがセットプレーから均衡を破る。3分、左ショートコーナーで齋藤学とのパス交換をした中村がクロスを供給。これを中央で反応したカイケがヘディングし、一度はGKに弾かれるが、こぼれ球をファビオが押し込んだ。▽アウェイで先手を奪 [全文を読む]

J1第6節の『DAZN週間ベスト11』発表!新旧10番対決制した齋藤学ら選出

ゲキサカ / 2017年04月11日10時49分

“新旧10番”対決を制したMF齋藤学(横浜FM)やリーグ戦初となるハットトリックを達成したFW興梠慎三(浦和)らが選出された。 以下、J1第6節のDAZN週間ベストプレイヤー ▽GK 林卓人(広島) ▽DF 犬飼智也(清水) 木本恭生(C大阪) 福森晃斗(札幌) ▽MF 関根貴大(浦和) 小椋祥平(甲府) 兵藤慎剛(札幌) 齋藤学(横浜FM) ▽FW 興梠 [全文を読む]

日本代表MF齋藤学、横浜FM残留&10番継承の思いを綴る…「俊さんがつけていた伝統のある背番号を」

超ワールドサッカー / 2017年02月09日09時15分

▽横浜F・マリノスは8日、日本代表MF齋藤学(26)との契約更新と共に、背番号11から10番に変更することを正式発表した。この発表を受け、齋藤は同日にクラブ残留と背番号変更への思いを明かしている。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグでキャリアハイの10ゴールを記録した齋藤。同シーズン終了後には海外を含めた移籍の可能性が浮上していたが、最終的にプロキャリア [全文を読む]

「番号なしじゃなくて良かった」“練習生”齋藤学、11番のユニフォームで先制アシスト

ゲキサカ / 2017年02月07日19時59分

1月末で横浜F・マリノスとの契約が満了となり、現在は練習生の立場で宮崎キャンプに帯同しているMF齋藤学。1本目の24分、左CKのセカンドボールを拾ってMF天野純とのパス交換からPA内左に進入すると、ゴールライン際までえぐってマイナスに折り返し、DF金井貢史の先制点をアシストした。 最初のCKの競り合いで大宮MF横谷繁がゴール前に倒れていたが、「相手は止まっ [全文を読む]

激震の横浜FMが新体制発表…契約未更新のMF齋藤学がリスト入り、MF中村俊輔&GK榎本哲也の番号は空き番に

超ワールドサッカー / 2017年01月15日17時15分

▽その他、契約未更新のMF齋藤学も今後の去就に注目が集まる中、これまでと同様の「11」でリスト入り。そして、中村が着用してきた「10」、GK榎本哲也の「1」は空き番号となっている。 ▽エリク・モンバエルツ体制3年目を迎える横浜FMは今後、19日から27日までタイで一次キャンプを実施。その後、31日から2月10日まで宮崎県での二次キャンプに臨み、同月25日 [全文を読む]

ベスト11初選出でチームの顔になりつつあるMF齋藤学「来年…のことはまだわからない」《2016 Jリーグアウォーズ》

超ワールドサッカー / 2016年12月21日02時09分

▽初のベストイレブン受賞となったMF齋藤学は、今季の飛躍についてマリノスタウンの閉鎖やFWアデミウソンのガンバ大阪移籍などの不安要素が活力となったと語るも、来シーズンを問われると、「来年のことはまだわからない」と言葉を濁した。 ◆MF齋藤学(横浜F・マリノス) ──キャリアハイとなった今年のご自身の評価と好調の要因は 「マリノスというクラブでマリノスタウ [全文を読む]

ユーザー選出のJリーグ年間ベスト11が決定! 最多得票は横浜FMのMF齋藤学!

超ワールドサッカー / 2016年12月16日23時30分

▽最も票を集めたのは、左サイドハーフのポジションの候補に挙がっていた横浜F・マリノスの日本代表MF齋藤学で、左サイドハーフの中で64.8%の票を獲得しました。これにより、『超WSアウォーズ2016 Jリーグ』の最優秀選手賞をお贈りしたいと思います。▽ベストイレブンには、2016 明治安田生命J1リーグ王者の鹿島アントラーズから3名が選出。年間2位の浦和レッ [全文を読む]

オマーン戦で確かな手応えを掴んだFW齋藤学「次こそは結果を残したい」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年11月13日23時15分

▽トレーニング終了後、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対したFW齋藤学(横浜F・マリノス)は、オマーン戦で手応えを掴んだようだ。また、サウジアラビア戦では「結果を残したい」と意気込みを語った。 ◆FW齋藤学(横浜F・マリノス) ──オマーン戦を振り返って 「チャンスもあったけど自分としてはもっとやれたらよかったなと思います。ただチームとしてやりたいこ [全文を読む]

全9得点中7得点に絡んだ横浜FMのMF齋藤学が10月・11月度の月間MVPに選出《明治安田生命Jリーグ月間MVP》

超ワールドサッカー / 2016年11月10日18時20分

J1は横浜F・マリノスのMF齋藤学が選出された。齋藤は2015シーズン8月度以来2度目となる。 ▽齋藤は10・11月に行われたリーグ戦全4試合にフル出場。4得点を記録し、アシストもリーグ内1位となる3回を記録。チームの全9得点のうち7得点に絡む活躍を見せた。Jリーグ公式サイトは、齋藤の受賞コメントを紹介している。 ◆ MF齋藤学(横浜F・マリノス) 「明治 [全文を読む]

今季2ケタ得点と好調を維持していた横浜FMのFW齋藤学「F・マリノスを代表して戦ってきます」《ロシアW杯アジア最終予選》

超ワールドサッカー / 2016年11月04日16時05分

▽日本代表に招集されたFW齋藤学がクラブを通じてコメント。2試合に向けての意気込みを語った。 ◆FW齋藤学(横浜F・マリノス) 「このたびは、日本代表に選出していただき大変光栄に思います。自分らしさを出して、日本の勝利に少しでも貢献出来るよう頑張りたいと思います。F・マリノスを代表して戦ってきます!」 [全文を読む]

日本代表に横浜FMのFW齋藤学が追加招集…FW宇佐美貴史、FW武藤嘉紀が負傷により不参加

超ワールドサッカー / 2016年10月01日22時30分

▽日本サッカー協会(JFA)は1日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表に、横浜F・マリノスのFW齋藤学を追加招集したことを発表した。なお、メンバーに選出されていたFW宇佐美貴史(アウグスブルク)、FW武藤嘉紀(マインツ)が負傷のため不参加となる。 ▽齋藤は、3月に行われたロシアW杯アジア2次予選のシリア代表戦で追加招集を受けていたが [全文を読む]

齋藤学がキレッキレ! 喜田&カイケが初ゴール! 横浜FMが磐田に5発完勝

ゲキサカ / 2016年04月18日16時51分

横浜FMは前半38分、負傷で出場が危ぶまれたMF齋藤学の切れ味鋭いドリブル突破から相手DFの裏にボールを送る。これをPA内右からMFマルティノスが中央に折り返し、カイケが右足で難なくゴール左隅に流し込み、3-1。カイケの加入初ゴールで再び2点差とすると、同41分には中村の絶妙スルーパスでタイミングよく抜け出した齋藤学が、GKカミンスキーの頭上を越すふわっ [全文を読む]

2014年ブラジルW杯以来の招集にFW齋藤学「日の丸をつけるチャンスもなかなかない」《ロシアW杯アジア2次予選》

超ワールドサッカー / 2016年03月26日23時44分

▽トレーニング2日目の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたFW齋藤学(横浜F・マリノス)は、2014年のブラジルW杯以来となるA代表招集(代表候補者合宿を除く)について問われると、「難しさや久しぶりさも感じた」と思いにふけた。◆FW齋藤学(横浜F・マリノス)──いきなりの招集で戸惑ったと思うが「マリノスは連休だったので(笑)。食事し [全文を読む]

【横浜FMvs川崎プレビュー】横浜FMはエース齋藤学が戦列に復帰見込み…川崎はACLラウンド16突破で自信と勢い十分

サッカーキング / 2017年06月02日20時04分

さらに今節は齋藤学が戦列に復帰する見込みで、その起用法に注目が集まる。マルティノスが左サイドで躍動していたことを踏まえて右サイドで起用する可能性があり、その場合は前田直輝がトップ下にスライドするだろう。2列目に並ぶ選手はいずれも単独での突破力があり、ポジションチェンジもスムーズに行える。相手守備陣をかく乱する意味でも効果的で、新たな攻撃のバリエーションが [全文を読む]

横浜FMは齋藤学の負傷も響きドロー…ホーム仙台戦9試合未勝利に

ゲキサカ / 2017年05月20日17時28分

横浜FMは後半28分にMF齋藤学が負傷交代するアクシデント。エースの不在も響き、ホームでの仙台戦は9試合勝ちなし(4分5敗)となった。 横浜FMは前節の甲府戦(1-0)からスタメン1人を変更。MFダビド・バブンスキーに代わってMF前田直輝が4試合ぶりに先発し、4-2-3-1のトップ下に入った。 対する仙台も前節の大宮戦(1-2)からのスタメン変更は1人。F [全文を読む]

「このままでは上にはいけない」…横浜FMの齋藤学、勝利もさらなる高みを目指す

サッカーキング / 2017年05月15日07時00分

試合後、横浜F・マリノスの齋藤学が何度も口にした言葉がある。表現自体は「こんなんじゃ上にはいけない」、「こういうサッカーをしていたら上にはいけない」、「この内容じゃ上には上がっていけない」と様々だったが、言いたいことは一つだった。「このままでは上にはいけない」――。 4月22日の明治安田生命J1リーグ第8節柏レイソル戦からチームはリーグ戦で3連敗。第7節の [全文を読む]

フォーカス