榊原定征のニュース

GDP600兆円のエンジンは「成長戦略」と「規制緩和」――榊原定征(日本経済団体連合会会長)

経済界 / 2017年01月25日13時00分

経団連の榊原定征会長に聞いた。聞き手=本誌/関 慎夫 写真=佐藤元樹官民一体で進める10のプロジェクト―― アベノミクスも4年目となり、胸突き八丁を迎えています。榊原さんのここまでの評価と今後の展望を聞かせてください。榊原 最初の3年間は、「3本の矢」のうち、金融政策と財政出動が有効に機能した結果、国民所得は上昇し、税収は増え、雇用も改善されるなど、成果も [全文を読む]

差別だ!を連発でも日本にすり寄ってくる”韓国の不思議”

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日13時05分

「韓国のパク・クネ大統領は先日、青瓦台(大統領府)で経団連の榊原定征会長(注2)らと会談。その席で、‟日本企業の韓国の若者を対象にした採用博覧会や、インターンシップを続ける必要がある“ と発言しました。つまり韓国の若者をもっと日本で採用して欲しい、と。若者の高い失業率は韓国社会の大問題ですからね」(外信部記者) 日韓スワップ再開要請、平昌(ピョンチャン) [全文を読む]

「安倍首相のポチ」榊原経団連会長、経済界で総スカン…政府の要求を次々と安請け合い

Business Journal / 2016年10月06日06時00分

●「経団連会長は官邸の言いなり」と酷評 日本経済団体連合会(経団連)会長で東レ取締役最高顧問の榊原定征氏は、新設された未来投資会議と働き方改革実現会議のメンバーに選ばれた。榊原氏は安倍政権の経済や財政の基本方針である「骨太方針」などを議論する経済財政諮問会議のメンバーでもある。 榊原氏と安倍首相の蜜月は、つとに有名だ。7月18日の時事通信「首相動静」による [全文を読む]

中国が威信をかける「一帯一路」構想を軽視する日本メディア。自民・二階幹事長が果たす役割とは…

週プレNEWS / 2017年06月01日10時00分

日本からは二階俊博幹事長をはじめ自民党幹部や経団連の榊原定征(さだゆき)会長らが参加したが、同日に北朝鮮のミサイル発射などもあり、日本ではあまり大きく報道されなかった。 そもそも一帯一路とはなんなのか? 中国の狙い、そして日本との関わりは? 「週プレ外国人記者クラブ」第78回は、香港に拠点を置く放送局「フェニックステレビ」東京支局長で、このフォーラムを現 [全文を読む]

女性のためのビジネスサミット開催 60ヶ国以上から1,300人が東京に集結

PR TIMES / 2017年05月11日19時30分

経済産業大臣・世耕弘成氏、経団連会長・榊原定征氏は「日本とビジネスをするには」をテーマにした最初のセッションに登壇し、サミット参加者に投資を呼びかけました。2017年のテーマ「ウーマノミクスを超えて: アクセシビリティを加速させる(Beyond Womenomics: Accelerating Access)」には、安倍首相がこれまで日本の経済成長と競争力 [全文を読む]

中国、各国首脳を招く経済協力フォーラムに韓国の閣僚級を招待せず=韓国ネット「国に力がないから」「別に気にならない」

Record China / 2017年05月11日01時00分

日本からは、松村祥史経済産業副大臣、二階俊博自民党幹事長、榊原定征経団連会長が、米国からはトランプ大統領指名の駐中大使、テリー・ブランスタッド氏の子息エリック・ブランスタッド氏がホワイトハウス専任連絡官の資格で参加する予定だ。 この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「中華人民共和国だろう。人民共和国の国名にふさわしい行動を取れ」「中国のこの態度をみた [全文を読む]

「一帯一路」サミットに自民党の二階幹事長が出席へ、日本政府、北朝鮮問題にらみ与党重鎮派遣し中国に配慮

Record China / 2017年04月28日20時50分

二階氏の訪問は副総理級の待遇になる見通しで、経団連の榊原定征会長も同行する予定だ。菅義偉官房長官は世耕経産相の出席も検討中としている。 政権与党の重鎮でもある二階氏の「一帯一路」サミット出席は、安倍政権として日中関係を重視していることを示す狙いもある。日中首脳会談に向けた地ならしも期待している。二階氏は「北朝鮮をめぐる情勢をはじめ、現下の国際情勢を考えれば [全文を読む]

旧三大財閥、マッカーサーにも潰されなかったという誇り

NEWSポストセブン / 2017年04月28日16時00分

経団連では会長の榊原定征・東レ相談役(三井グループ)を含め、会長・副会長17人のうち過半数の10人が旧三大財閥のグループ企業から選ばれている。経団連は政府への年次要望書で政策提言を行なっており、その首脳部を押さえる3大グループは日本の経済政策に大きな影響力を持っているのだ。経済ジャーナリストの福田俊之氏が語る。 「三菱、三井、住友の旧三大財閥は実はマッカー [全文を読む]

三菱・三井・住友が今も企業規範にする創業家の家訓

NEWSポストセブン / 2017年04月26日16時00分

経団連会長の榊原定征・東レ相談役も二木会出身である。 三菱グループ企業の社長でつくる「金曜会」も結束は強く、創業家の4代目社長・岩崎小弥太が掲げた経営理念「三綱領」が今も息づいている。 「所期奉公」(国への貢献) 「処事光明」(取引は公明正大) 「立業貿易」(事業は世界に目を向ける) その中でも三菱を特徴づけているのが「所期奉公」だろう。小弥太自身がその意 [全文を読む]

財政健全化目標は風前の灯 外圧利用が裏目に――財務省

経済界 / 2017年04月26日09時04分

財務省は財政再建派である経団連の榊原定征会長を財政制度等審議会の新会長に充てるなどして、何とか官邸を説得しようとしているが、望み薄だ。 [全文を読む]

日本で日中国交正常化45周年の交流事業実行委員会が発足、初会合が開かれる―中国メディア

Record China / 2017年04月13日15時40分

日本側の実行委員長である榊原定征経団連会長は、「今年は日中国交正常化45周年にあたり、来年は日中平和友好条約締結40周年を迎える。日本はこの重要な節目に一連の記念イベントを開催することで、両国の友好的交流がさらに促されることを望んでいる」と語った。 程大使は「日中両国の首脳は、今年と来年という両国の国交に関する記念すべき重要な時機を生かし、ポジティブな部 [全文を読む]

「プレ金」導入企業ほどブラック化する

プレジデントオンライン / 2017年04月13日09時15分

経団連もその趣旨に賛同し、榊原定征会長の名前で会員企業に対し、「プレミアムフライデー実施期間における柔軟な働き方の推進へのご協力のお願い」という文書を送っている。 しかし、3時終業に向けた動きは一向に盛り上がってはいない。マクロミルが「プレ金」1回目の2月24日について実態調査(会社員・公務員1万5000人)を行っている。その結果は「今のところ導入される予 [全文を読む]

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

Business Journal / 2017年04月13日06時00分

日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)の任期は2018年5月までで、残すところあと1年だ。5月31日の定時総会で、新任の副会長4人にトヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員、新日鐵住金の進藤孝生社長、三菱電機の山西健一郎会長、大成建設の山内隆司会長が加わる。「トヨタと新日鐵住金は指定席だ」――、榊原氏は昨年末から周辺にこう語ってきた。 [全文を読む]

自分・同僚が「異動」する前にしておくべき「見えない役割」の引き継ぎとは

ZUU online / 2017年03月25日19時40分

残業時間の上限を月100時間未満に規制する議論で、安倍首相が3月13日、繁忙期でもこれを受け入れるよう経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長に要請した。政府が旗振りしている働き方改革の一環だが、労働者のストレス軽減に直結するかというとそうでもなさそうだ。総合求人・転職支援サイト「エン転職」が行った調査によると、仕事でストレスを感じる要因として「労働時間 [全文を読む]

安倍首相、過労死基準の100時間まで残業OKのトンデモ法案…逆に違法な闇残業蔓延も

Business Journal / 2017年03月24日06時00分

●悪用する経営者や“闇残業”が増える可能性も 3月13日、安倍晋三首相は日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征(さだゆき)会長、日本労働組合総連合会(連合)の神津里季生(りきお)会長と首相官邸で会談を行い、繁忙期の残業上限を「月100時間未満」とすることで決着した。「月100時間未満の残業が認められるのは、年のうち1カ月のみです。それ以外は、まず6カ月は4 [全文を読む]

残業規制「100時間未満」は本当に妥当? 法律で<過労死ライン>のお墨付き?

ヘルスプレス / 2017年03月22日16時12分

安倍首相は3月13日、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と首相官邸で会談し、焦点となっていた「きわめて忙しい1カ月」の上限を「100時間未満」とするように要請した。 これを受けて、3月17日に開かれた政府の「働き方改革実現会議」で、労使の合意に基づく繁忙期の残業上限を含む規制案が示され、「繁忙期でも100時間未満」が、正式に実行計画に盛り込まれた。 [全文を読む]

東芝の半導体メモリー事業売却は国家の安全に関わる?―中国メディア

Record China / 2017年03月16日16時40分

経団連の榊原定征会長が、「半導体技術は日本の中核技術であり、それに携わる人材が国外に流出することがあっては、日本の国益上問題ではないか」と述べ、何らかの対応が必要との見方を示したことを紹介した。 しかし記事は、東芝は巨額の損失を埋め合わせるため、半導体メモリー事業を高額で売却することを希望しており、買収側の国籍や背景は副次的な要素となると指摘。日本企業では [全文を読む]

博多陥没事故の「危険な」大成建設、新国立競技場建設への不安…安倍首相との親密すぎる関係

Business Journal / 2017年03月15日06時00分

経団連の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)は2月6日の記者会見で、建設業界からの副会長起用について、「(経団連では)審議員会の副議長として、山内氏と宮本洋一清水建設代表取締役会長に活躍してもらっている。成長戦略を推進する上でインフラ輸出は重要だ。大成建設は海外でのインフラの取り組みを積極的に進め、大きな案件の実績も上がっている」と述べた。 安倍晋三政権は [全文を読む]

【悲報】経団連残業が月100時間で合意も努力義務。ネット民「殺す気か!!」

秒刊SUNDAY / 2017年03月14日14時03分

働き過ぎによる過労死やブラック企業のズサンな働き方によって起こった労災を踏まえ、経団連の榊原定征会長、連合の神津里季生会長と首相官邸で会談し、政府が導入を目指す残業時間の上限規制が月100時間となりました。罰則付きの導入義務化は見送り、労働時間の削減へさらに努力するよう求めつ形となっています。そもそも100時間の残業を設けることが、働き方改革に繋がるのかと [全文を読む]

【森友学園】なぜメディアは「例外」の理由を的確に報じないのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月08日13時30分

納得のいく説明の基礎となる「事実」を示せないメディアの落ち度 例えば、与党寄りの経団連の榊原定征会長は記者会見で「しっかりと国民が納得できるように説明してほしい」と述べ、売却価格について「なぜああいう価格の譲渡になったのか。開示してほしい」と具体的な政府への対応を求めたが、これは問題が一般に「説明されていない」ことを意味する。それを政府の責任や政府が説明 [全文を読む]

フォーカス