内堀雅雄のニュース

ふくしまから“チャレンジ“はじめよう! 内堀福島県新知事初登庁と皆様へのメッセージのお知らせ。

@Press / 2014年11月13日17時15分

◆内堀新知事が福島県庁に初登庁 2014年10月26日投開票が行われた福島県知事選にて初当選した内堀雅雄新知事が11月12日(水)、大勢の方に迎えられながら、福島県庁に初登庁しました。就任記者会見では、今後の復興に向けた想いやビジョンを皆様へお伝えしました。 以下内堀雅雄知事から、福島県公式Facebook「ふくしまから はじめよう。」を通してのメッセー [全文を読む]

チャレンジふくしまプロジェクト『みらいへの手紙~この道の途中から~』

PR TIMES / 2016年01月09日10時32分

[画像1: http://prtimes.jp/i/17073/2/resize/d17073-2-666664-1.jpg ][画像2: http://prtimes.jp/i/17073/2/resize/d17073-2-549211-2.jpg ]制作記者発表会には福島県知事の内堀雅雄、福島県クリエイティブディレクターの箭内道彦氏、福島ガイナックス [全文を読む]

TOKIO城島「感無量です」福島県知事からお礼状

Smartザテレビジョン / 2015年01月29日23時36分

福島県が15年の歳月をかけて開発したオリジナル米「天のつぶ」のCM発表会に、城島茂と、CMに出演する国分太一、内堀雅雄福島県知事、ふくしま米をPRする2014うつくしまライシーホワイトの川村瞳さんと八代郁美さんが登壇した。 福島県は、原子力災害に伴う福島県産農林水産物の風評払しょくを図る事業として「新生!ふくしまの恵み発信事業」を立ち上げ、福島県産農林水産 [全文を読む]

関心が薄かった福島知事選挙

NewsCafe / 2014年10月29日15時00分

10月26日投開票の福島県知事選挙は、自民、公明、民主、社民などの与野党が「相乗り」をした前副知事の内堀雅雄氏が、他の5候補を引き離して、圧勝しました。投票率は45.85%。過去最低だった前回の42.42%に次いで低い投票率でした。選挙戦の最中、何度か福島県内に取材で行きましたが、盛り上がりに欠けていたように思われます。しかし、それは与党の三連敗を避けた結 [全文を読む]

横澤夏子、同棲は半年前から 彼氏との“甘ったるい生活”語る

モデルプレス / 2017年06月02日14時09分

【横澤夏子/モデルプレス=6月2日】お笑いタレントの横澤夏子が2日、都内で行われた「よしもと福島シェフラン2017」認定式に、三瓶、ぺんぎんナッツ、ビスケッティ、内堀雅雄福島県知事、吉野正芳復興大臣らとともに出席した。1日に出演したフジテレビ系「バイキング」(毎週月~金曜11時55分)で、MCの坂上忍から「横澤がいまお付き合いしている彼と同棲を始めました」 [全文を読む]

福島の山火事で“放射性物質拡散”はデマ? 大手メディアの危うい報道姿勢

週プレNEWS / 2017年05月14日06時00分

読売の記者は8日の内堀雅雄・福島県知事の定例会見で「紀伊民報に掲載されたコラムは、一部の方々にとっては不愉快な内容だ。(紀伊民報は)新聞協会に加盟している報道機関なので、何か対応する考えはあるのか?」と質問。知事が「県がやることは正確な情報発信に尽きる」と答えると、さらに別の読売の記者が「紀伊民報には対応していく必要があると考えられないか?」と畳みかけた。 [全文を読む]

東芝、電通、LIXIL 忘れてはいけない「日本経済」重要発言まとめ

文春オンライン / 2017年05月04日11時00分

瀬戸氏は「冗談だった」と釈明したが、福島県の内堀雅雄知事は「放射能の問題について、誤解や偏見がないようにすることが大切だ。福島県は農産物や観光などで、いわれのない誤解や偏見により非常に苦しい思いをしている」と苦言を呈した(日本経済新聞 2月16日)。LIXILはその日のうちに公式サイト上にお詫び文を掲載し、大きな炎上には至らなかった。瀬戸氏は胸をなでおろ [全文を読む]

サンドウィッチマン、東日本大震災から6年続けた寄付金総額がスゴすぎる!

アサ芸プラス / 2017年03月16日13時55分

「2人はこの間も3月11日を前に福島を訪れ、内堀雅雄福島県知事に665万7599円を渡したばかり。こうして6年間定期的に寄付を行い、その総額がなんと4億円にも達しているのです」(スポーツ紙記者) サンドウィッチマンは、震災直後の11年3月16日に「東北魂義援金」を開設。そこでの寄付金額がなんと4億164万8290円にも及んでいるという。このことが明らかにな [全文を読む]

<大震災から6年>福島原発被害は甚大かつ長期にわたる、なお8万人が帰還できず=農作物への風評被害続く―福島県知事

Record China / 2017年03月11日05時20分

2017年3月9日、福島県の内堀雅雄知事が、東日本大震災から6年となるのを機に、日本記者クラブで会見した。福島では交通インフラや医療機器産業の拠点整備が進み、今春には4町村の避難指示が解除される。一方で、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉のめどが立たない。地元の双葉町と大熊町は今なお全域避難を余儀なくされ、県民約8万人が避難している。同知事は「風評被害など [全文を読む]

ふくしまの“想い”と“今”を、歌にのせて全国へ。「ふくしまへの想い」をもとに谷村新司氏が作詞作曲!チャレンジふくしまプロジェクトふくしまの今を伝える歌『雲のかなた』完成披露

PR TIMES / 2017年03月07日16時19分

最初に内堀雅雄福島県知事から歌の制作経緯の説明が行われ、次に福島県クリエイティブディレクター箭内道彦氏より『雲のかなた』に込めた想いと県内で配布を開始する『雲のかなた』CD・DVDボックスの発表がなされました。 続いて、箭内氏と作詞作曲を担当した音楽家の谷村新司氏による対談映像を放映。県民や福島に心を寄せる方々から一般公募した「ふくしまへの想い」をもとに1 [全文を読む]

元なでしこ澤穂希さんらがJ ヴィレッジ再稼働へ始動 「この施設を通じて多くの人が世界で活躍することを期待」《J ヴィレッジ復興プロジェクトキックオフ記者会見》

超ワールドサッカー / 2016年08月29日22時30分

▽この記者会見には、内堀雅雄福島県知事のほか、J ヴィレッジに所縁のある人物として、日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長、日本ラグビーフットボール協会の岡村正会長、なでしこジャパンの高倉麻子監督、同代表OGの澤穂希さんや、ラグビー日本代表の大野均選手が「J ヴィレッジ復興サポーター」として参加した。 ▽「J ヴィレッジ復興プロジェクト」とは、2011 [全文を読む]

「韓国国民が福島を直接見れば…」駐日韓国大使が根強い風評払拭に意欲=韓国ネット反発「日本の犬になったか」「まず自分が福島に住んでから言え」

Record China / 2016年08月18日14時20分

李大使はこの日、就任あいさつで訪れた福島県庁で内堀雅雄知事と会談後、記者団の質問に答えた。 報道を受け韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、李大使の発言に反発するものが大半のようだ。 「それは日本政府の人間がやることで、韓国大使がやることじゃない。それより自国民保護に力を尽くして」 「いつから大使が他国の宣伝に熱を上げるようになったん [全文を読む]

【祝】TOKIOが福島県知事から感謝状 城島リーダー、万感の思い

しらべぇ / 2016年07月25日07時00分

内堀雅雄福島県知事から感謝状が贈られた。■DASH村きっかけでCMキャラ はや5年目2012年から福島県PRCMのイメージキャラクターをつとめるTOKIO。城島は「まだ5年目なのかという気持ちでいっぱい」「これはTOKIOだけではなく、福島県の農作物の生産者の皆さん、買っていただいた全国の皆さんがいただいたと思っています」とコメントした。人気番組『ザ!鉄腕 [全文を読む]

育休取るのも取らせるのも当たり前の時代に 知事自ら「イクボス面談」/福島県

イクシル / 2016年06月22日11時16分

わかりやすい取り組みでイクボスを推進 福島県の内堀雅雄知事は13日の定例記者会見にて、男性県職員の育休取得を促すため、知事自らが対象職員やその上司と「イクボス面談」を行うことを発表しました。 知事は厚生労働省で事務次官を務めていた村木厚子氏が、塩崎厚生労働大臣に対し直接育休取得を勧めたという話を聞き「わかりやすい取り組みだ」と思ったと言います。直接語りかけ [全文を読む]

<東日本大震災から5年>福島原発放射能漏れが暗い影、17万人が故郷を離れたまま―広がる「復興格差」、特区制度で産業・観光振興を!

Record China / 2016年03月11日08時10分

福島県の内堀雅雄知事は「最大の課題は福島第一原発の廃炉だが、世界の専門家でも溶融燃料がどこにどれだけあるか分かっておらず、うまく対策が立てられない。把握するためにロボットを使ってチャレンジしているが、高い放射線レベルの炉の中では、ロボットによる作業でさえも困難。半導体は放射線に弱いので、数時間で動けなくなってしまう」と慨嘆。「世界の英知を結集して取り組ん [全文を読む]

ソウルで大震災復興イベント中止 福島県からは痛切な悲鳴

NEWSポストセブン / 2016年03月04日07時00分

細部まで気を遣って準備していたのですが……」(福島県観光交流課) 福島県の内堀雅雄知事は2月22日の会見で「風評被害の解消に特効薬はなく、長い時間がかかることを覚悟している」と唇を噛んだ。 ※週刊ポスト2016年3月11日号 [全文を読む]

福島県のアニメプロジェクトに参加 松井愛莉の愛らしい笑顔

NEWSポストセブン / 2016年02月22日16時00分

2月15日には、都内で完成披露試写会が開催され、福島県出身で同作品のタイトルコールを担当したモデル・女優の松井愛莉(19才)やクリエイティブディレクターの箭内道彦氏(51才)、内堀雅雄・福島県知事(51才)らが出席した。 実際にあった話をベースに福島県に対する様々な思いを描いた全10話からなる『みらいへの手紙』。いわき市出身の松井は、「呼んでいただいて、す [全文を読む]

松井愛莉のナチュラル方言を絶賛「グッときた」

モデルプレス / 2016年02月15日20時18分

タイトルコールを務めた福島県いわき市出身の松井は、内堀雅雄福島県知事から「福島(出身)でないとあの言葉は出てこないので、グッときました」とナチュラルな訛りを披露した第8話のタイトルコールを褒められていた。 普段は方言が出ないか聞かれ、「普段、生活をしていたら出なくなったんですけど、(福島から)通っていたときは『訛っている』ってすごく言われました」と振り返っ [全文を読む]

斎藤工「お祭りを届けに来た」 “感動空間”に拍手喝采

モデルプレス / 2015年07月27日18時00分

そのほか、シンガーソングライターMOGMOSのライブや、広野町長・遠藤智氏が今回のプロジェクトへの感謝や福島県知事・内堀雅雄氏からもメッセージが送られた。 ◆プロジェクト発案のきっかけとは 同プロジェクトとは劇場体験をしたことのない子どもたちや劇場のない地域の方々に映画体験をしてもらい、空間を他人と共有する娯楽を届けることを目的として発足。2014年11月 [全文を読む]

福島原発・県外自主避難者への支援打ち切りで追い詰められる「母子避難者」

週プレNEWS / 2015年06月25日08時30分

内堀雅雄知事は「これから2年間で区切りを、という国の考え方もある」と国の意向を強調した。 「自主避難者」とは原発事故を機に国の避難指示のない地域から自らの意思で避難した人々を指す。事故直後の11年4月、政府は福島県内の年間被曝線量の上限を1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げ、20ミリ以下の地域は避難の必要はないとした。 とはいえ、事故前と比べる [全文を読む]

フォーカス