島田荘司のニュース

日本ミステリーの源流・島田荘司が仕掛ける完全新作映画作品『幻肢』制作記念!島田荘司特別対談同席権を開放!!

PR TIMES / 2014年01月29日19時36分

第一弾は『Another』で本格ミステリーの可能性を広げた綾辻行人先生、 第二弾は本屋大賞受賞の東川篤哉先生との対談を実施!この度、映画「幻肢」製作委員会は、映画制作記念としてクラウドファンディングの新たな支援プラン「島田荘司×綾辻行人 特別対談<本格ミステリーの可能性を探る旅>への同席権」、「島田荘司×東川篤哉 特別対談<奇想が生まれる奇蹟の瞬間>への同 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】玉木宏と堂本光一がドラマ『天才探偵ミタライ』で好演。島田荘司シリーズ続編に期待。

TechinsightJapan / 2015年03月08日17時00分

原作者の島田荘司さんも、視聴者の反応を知って「ほっとしました」とひと安心したようだ。 推理作家・島田荘司さんによる“御手洗潔シリーズ”を初映像化した土曜プレミアム『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』(フジテレビ系)が3月7日に放送された。主人公、脳科学者で天才探偵の御手洗潔役を玉木宏、その親友で作家の石岡和己役をKinKi Kids・堂本 [全文を読む]

人気作家・島田荘司氏、「ゲス不倫」俳優を起用?中国のファンを凍り付かせる―中国

Record China / 2017年01月24日12時10分

2017年1月22日、ミステリー作家の島田荘司氏が自身の人気作である御手洗シリーズのウェブドラマ化について語り、中国のファンを凍り付かせている。新浪が伝えた。 人気作家の島田荘司氏が22日、中国版ツイッターで語った。「上海の友人から御手洗シリーズの短編についてウェブドラマ化の話があった」と記し、「OKしたので挑戦を開始する」と宣言。最初に手掛ける作品は「疾 [全文を読む]

中国でも大人気の島田荘司氏、俳優チェン・スーチェンとミステリー映画でタッグ組む?―中国

Record China / 2017年05月09日16時20分

2017年5月8日、俳優で映画監督のチェン・スーチェン(陳思誠)が、推理小説家・島田荘司氏とのツーショット写真を公開。2人がタッグを組む可能性があるのではと期待の声が上がっている。網易が伝えた。 8日、チェン・スーチェンが中国版ツイッターを通じて、島田荘司氏と寄り添うツーショット写真を公開。この写真に、「東京、今夜…ミステリーに敬意を表する。島田荘司先生と [全文を読む]

島田荘司氏が中国ドラマの盗用指摘、実は“二重のパクリ”だった?「金田一」「コナン」も浮上―中国

Record China / 2016年09月01日17時40分

2016年8月31日、ミステリー人気作家・島田荘司氏が、中国ドラマ「少年包青天」の中に、自身の作品からの盗用があると指摘。中国のネットユーザーは、「少年包青天」が盗用を重ねた“二重のパクリ”の疑いがあると指摘している。新唐人電視台サイトが伝えた。 ミステリー小説の巨匠として中国でも人気の高い島田荘司氏が、このほどツイッター上で、ドラマ「少年包青天」の中に自 [全文を読む]

「福山観光物産フェア」を広島ブランドショップTAUで開催!

PR TIMES / 2016年03月03日09時47分

・福山ブランド認定品「鯛味噌」の試食 ・福山市市制施行100周年記念事業紹介 【第2部】第2部の入場整理券は既に一般参加者の配布は終了 ミステリー作家の巨匠・島田荘司先生による『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』トークショー ※島田荘司先生プロフィール 1948年福山市地吹町生まれ。福山誠之館高校を経て、武蔵野美大卒。本格ミステリー作家として 登場、話題作 [全文を読む]

広瀬アリス、玉木宏主演映画でヒロインに 本格ミステリーで難事件に挑む

モデルプレス / 2015年05月04日11時01分

世界から注目を集める本格ミステリーの巨匠・島田荘司氏が、映像化を拒み続けた、御手洗シリーズの最新作「星籠(せいろ)の海」(講談社刊)を映画化した『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』で広瀬は、ヒロインの小川みゆき役に決定。玉木演じる天才探偵・御手洗潔と一緒に事件を追いかける、映画オリジナルの女性キャラクターを演じる。 広瀬は「映画オリジナルキャラクターが、本 [全文を読む]

島田荘司作品、初の映画化!『幻肢』に行き着く本格ミステリーの系譜とは

AOLニュース / 2014年02月14日12時50分

これは以前から私が主張していることなんですが、「21世紀本格」と呼ばれるべき、「本格ミステリー」創作の新しい方法論の、主軸的発想から導かれるものです。「本格ミステリー」は、1841年にアメリカで発表された、エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』という小説から発生しました。これは大きくくくれば、「幽霊憚」の流れに与するホラー的な物語なのですが、それまでの [全文を読む]

日本初!島田荘司作品の主人公に名前をつけられる! 映画の主役のネーミングライツを支援特典化!

PR TIMES / 2013年12月09日17時26分

本格ミステリー映画の宣伝配給を話題のクラウドファンディングで!日本ミステリーの源流・島田荘司が仕掛ける完全新作映画作品『幻肢』の宣伝配給予算の一部を一般の方対象に募集!ミステリーファン必見!映画「幻肢」製作委員会 2013年12月9日映画『幻肢』 原作:島田荘司監督・脚本:藤井道人出演:谷村美月 吉木遼 遠藤雄弥 佐野史郎 ほか制作プロダクション:クロスメ [全文を読む]

島田荘司の最新作は前衛的かつ型破り 驚天動地のエピローグ

NEWSポストセブン / 2012年11月16日07時00分

【書評】『アルカトラズ幻想』島田荘司著/文藝春秋/1995円 【評者】川本三郎(評論家) 名作『奇想、天を動かす』で読者を驚かせた島田荘司の新作は、まさに奇想に富んだ奇怪なミステリ。前衛的かつ型破り。こんな結末かと驚きの最後が待っている。 第二次世界大戦が始まった一九三九年に始まる。世界大戦下という設定が大きな鍵になる。ワシントンDCの、ある大学近くの森で [全文を読む]

フォーカス