島田荘司のニュース

日本ミステリーの源流・島田荘司が仕掛ける完全新作映画作品『幻肢』制作記念!島田荘司特別対談同席権を開放!!

PR TIMES / 2014年01月29日19時36分

第一弾は『Another』で本格ミステリーの可能性を広げた綾辻行人先生、 第二弾は本屋大賞受賞の東川篤哉先生との対談を実施!この度、映画「幻肢」製作委員会は、映画制作記念としてクラウドファンディングの新たな支援プラン「島田荘司×綾辻行人 特別対談<本格ミステリーの可能性を探る旅>への同席権」、「島田荘司×東川篤哉 特別対談<奇想が生まれる奇蹟の瞬間>への同 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】玉木宏と堂本光一がドラマ『天才探偵ミタライ』で好演。島田荘司シリーズ続編に期待。

TechinsightJapan / 2015年03月08日17時00分

原作者の島田荘司さんも、視聴者の反応を知って「ほっとしました」とひと安心したようだ。 推理作家・島田荘司さんによる“御手洗潔シリーズ”を初映像化した土曜プレミアム『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』(フジテレビ系)が3月7日に放送された。主人公、脳科学者で天才探偵の御手洗潔役を玉木宏、その親友で作家の石岡和己役をKinKi Kids・堂本 [全文を読む]

人気作家・島田荘司氏、「ゲス不倫」俳優を起用?中国のファンを凍り付かせる―中国

Record China / 2017年01月24日12時10分

2017年1月22日、ミステリー作家の島田荘司氏が自身の人気作である御手洗シリーズのウェブドラマ化について語り、中国のファンを凍り付かせている。新浪が伝えた。 人気作家の島田荘司氏が22日、中国版ツイッターで語った。「上海の友人から御手洗シリーズの短編についてウェブドラマ化の話があった」と記し、「OKしたので挑戦を開始する」と宣言。最初に手掛ける作品は「疾 [全文を読む]

中国でも大人気の島田荘司氏、俳優チェン・スーチェンとミステリー映画でタッグ組む?―中国

Record China / 2017年05月09日16時20分

2017年5月8日、俳優で映画監督のチェン・スーチェン(陳思誠)が、推理小説家・島田荘司氏とのツーショット写真を公開。2人がタッグを組む可能性があるのではと期待の声が上がっている。網易が伝えた。 8日、チェン・スーチェンが中国版ツイッターを通じて、島田荘司氏と寄り添うツーショット写真を公開。この写真に、「東京、今夜…ミステリーに敬意を表する。島田荘司先生と [全文を読む]

島田荘司氏が中国ドラマの盗用指摘、実は“二重のパクリ”だった?「金田一」「コナン」も浮上―中国

Record China / 2016年09月01日17時40分

2016年8月31日、ミステリー人気作家・島田荘司氏が、中国ドラマ「少年包青天」の中に、自身の作品からの盗用があると指摘。中国のネットユーザーは、「少年包青天」が盗用を重ねた“二重のパクリ”の疑いがあると指摘している。新唐人電視台サイトが伝えた。 ミステリー小説の巨匠として中国でも人気の高い島田荘司氏が、このほどツイッター上で、ドラマ「少年包青天」の中に自 [全文を読む]

「福山観光物産フェア」を広島ブランドショップTAUで開催!

PR TIMES / 2016年03月03日09時47分

・福山ブランド認定品「鯛味噌」の試食 ・福山市市制施行100周年記念事業紹介 【第2部】第2部の入場整理券は既に一般参加者の配布は終了 ミステリー作家の巨匠・島田荘司先生による『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』トークショー ※島田荘司先生プロフィール 1948年福山市地吹町生まれ。福山誠之館高校を経て、武蔵野美大卒。本格ミステリー作家として 登場、話題作 [全文を読む]

島田荘司作品、初の映画化!『幻肢』に行き着く本格ミステリーの系譜とは

AOLニュース / 2014年02月14日12時50分

これは以前から私が主張していることなんですが、「21世紀本格」と呼ばれるべき、「本格ミステリー」創作の新しい方法論の、主軸的発想から導かれるものです。「本格ミステリー」は、1841年にアメリカで発表された、エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』という小説から発生しました。これは大きくくくれば、「幽霊憚」の流れに与するホラー的な物語なのですが、それまでの [全文を読む]

日本初!島田荘司作品の主人公に名前をつけられる! 映画の主役のネーミングライツを支援特典化!

PR TIMES / 2013年12月09日17時26分

本格ミステリー映画の宣伝配給を話題のクラウドファンディングで!日本ミステリーの源流・島田荘司が仕掛ける完全新作映画作品『幻肢』の宣伝配給予算の一部を一般の方対象に募集!ミステリーファン必見!映画「幻肢」製作委員会 2013年12月9日映画『幻肢』 原作:島田荘司監督・脚本:藤井道人出演:谷村美月 吉木遼 遠藤雄弥 佐野史郎 ほか制作プロダクション:クロスメ [全文を読む]

島田荘司の最新作は前衛的かつ型破り 驚天動地のエピローグ

NEWSポストセブン / 2012年11月16日07時00分

【書評】『アルカトラズ幻想』島田荘司著/文藝春秋/1995円 【評者】川本三郎(評論家) 名作『奇想、天を動かす』で読者を驚かせた島田荘司の新作は、まさに奇想に富んだ奇怪なミステリ。前衛的かつ型破り。こんな結末かと驚きの最後が待っている。 第二次世界大戦が始まった一九三九年に始まる。世界大戦下という設定が大きな鍵になる。ワシントンDCの、ある大学近くの森で [全文を読む]

韓流EXO出身のタオ、島田荘司氏原作の映画「夏、19歳の肖像」いよいよ公開へ―中国

Record China / 2017年05月11日12時10分

「夏天十九歳的肖像」は、中国でも人気の高いミステリー作家・島田荘司氏の「夏、19歳の肖像」を映像化したもの。バイク事故で入院した19歳の青年が、病室の窓から目にした美しい少女に心惹かれ、一歩ずつ近づくうちに危険にさらされていくというストーリー。ひと夏の愛情、謎を解き明かすミステリーが描かれている。 現在24歳のタオだが、19歳はちょうどEXOメンバーとし [全文を読む]

ONE PIECE、BLEACH、銀魂、食戟のソーマ、プラチナエンド…【本日発売のコミック一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月04日06時30分

(1)』 作楽ロク 『ヒメの惰飯(2)』 二階堂幸 講談社 ●ヤングマガジンKC 『TIGER MASK ―シャドウ・オブ・ジャスティス―(1)』 長田悠幸 梶原一騎ほか 『TIGER MASK ―シャドウ・オブ・ジャスティス―(2)』 長田悠幸 梶原一騎ほか 『監獄学園(23)』 平本アキラ 『みだりにみだらな黒雪姫 online(1)』 うずめ&もこ [全文を読む]

台湾で起こった密室殺人、鍵は日本の漫画!? 日本文化オマージュ満載の第三回島田荘司推理小説賞受賞作

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月03日18時00分

中国語で書かれた未発表の推理小説に贈られる島田荘司推理小説賞。御手洗潔シリーズなどで人気の島田荘司が協力し、世界中から作品を募集するこの賞は、過去三回を数えている。すでに第四回の作品募集も開始されており、新しい才能が世界中に羽ばたくチャンスを提供し続けている。 第三回の受賞作となった台湾の新鋭、胡傑による『ぼくは漫画大王』が、クラウドファンディングなどの支 [全文を読む]

中国の大人気ドラマ、日本の推理小説家が「自作品のアイデアが盗用された」とツイッターに書き込み―中国メディア

Record China / 2016年09月01日12時40分

2016年8月31日、中国メディア・澎湃新聞(ザ・ペーパー)によると、日本の著名な推理小説家・島田荘司氏が自身のツイッターで、「『少年包青天』というTVドラマで、自作の『占星術殺人事件』のアイデアが盗用されているそうです」と書き込んだ。 記事によると、中国のミステリー関係者の間では、この件は誰もが知っている事実で、ミステリーファンにとってはおなじみの話題と [全文を読む]

「講談社 日本人ミステリー作家20選」大人気ミステリー作品を20%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日開催

PR TIMES / 2016年06月24日10時34分

「講談社 日本人ミステリー作家20選」 ■フェア特設ページ [PC] http://ebookstore.sony.jp/stc/lp_p/kodansha_mw20/article.html [スマートフォン] http://ebookstore.sony.jp/stc/lp_s/kodansha_mw20/article.html ■フェア実施期間 [全文を読む]

韓流EXO出身タオがバッシングの嵐に思わず涙、ネット社会の恐ろしさを語る―中国

Record China / 2016年06月14日11時30分

「夏天十九歳的肖像」は、日本の人気作家・島田荘司氏の青春ミステリー「夏、19歳の肖像」を映像化した作品。中国で7月8日から公開予定だ。このほど発表されたテーマソング「19歳」はタオが作詞も担当し、「自分が経験したことを歌詞に込めた」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda) [全文を読む]

KinKi Kids・堂本光一「出演NG」で惨事!? 『探偵ミタライの事件簿』ランキング圏外の現実

サイゾーウーマン / 2016年06月10日12時45分

映画化をめぐっては、原作者である作家・島田荘司氏がTwitterで衝撃の暴露を展開したことが話題に。すでに当該ツイートは削除されているが、このとき島田氏はドラマ版の視聴率が10%に満たなかったことに触れ、ジャニーズ事務所が堂本の映画出演を許さなかったという内部事情をバラしたのだ(既報)。 「そんな“いわくつき”の映画となってしまったせいもあるのか、公開初 [全文を読む]

島田荘司氏「夏、19歳の肖像」を映画化、韓流EXO出身のタオ主演で7月公開へ―中国

Record China / 2016年06月07日10時50分

日本の人気作家・島田荘司氏の青春ミステリー「夏、19歳の肖像」を映像化したものだ。 中国南部の海沿いの町に住む19歳の青年・康喬は、バイク事故で入院中に病室の窓から目にした美しい少女・夏頴頴に思いを寄せるが、彼女の生活の中にある大きな秘密を発見。ひと夏の愛情、謎を解き明かすミステリーが描かれている。 台湾で撮影されたこの作品だが、バイクでの疾走やチンピラに [全文を読む]

玉木宏、探偵に頼みたいのは「親友捜し」

Movie Walker / 2016年06月04日14時31分

島田荘司の人気小説を映画化した『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』の初日舞台挨拶が6月4日に丸の内TOEIで開催され、玉木宏、広瀬アリス、石田ひかり、谷村美月、小倉久寛、和泉聖治監督が登壇。玉木が探偵に頼みたい案件として、「親友捜し」と回答した。 本作は、和製シャーロック・ホームズとも称される探偵が趣味の脳科学者・御手洗潔の活躍を描くミステリー。玉 [全文を読む]

玉木宏“和”から“鋭”へ「『朝が来た』のイメージを変えてたい」

WEB女性自身 / 2016年06月04日00時00分

その天才を演じることができる俳優はいないとまで言われたキャラクターだが、原作者のミステリー作家・島田荘司が直々に玉木を指名した。 「ありがたいことです。作品を生み出した方から、そう言っていただけるのは」 最近では、NHK連続テレビ小説『あさが来た』での白岡新次郎役のイメージが強いが、放送終了後にある決断を下したそう。 「ドラマの最終回が放送された4月2日 [全文を読む]

玉木宏、“美しき天才”を演じる秘訣は?島田荘司から受けた刺激語る

Movie Walker / 2016年06月03日08時00分

本格ミステリーの巨匠・島田荘司の人気小説を玉木宏主演で映画化した『探偵ミタライの事件簿 星籠(せいろ)の海』(6月4日公開)が、いよいよスクリーンに登場。容姿端麗にして、IQ300以上の頭脳を持つ御手洗。実は、島田自身が「御手洗潔を演じる俳優は彼しかいない」と熱望したのが玉木だった。そこで玉木を直撃し、“美しき天才”になり切るための役作りの秘訣を聞いた。 [全文を読む]

フォーカス