多村仁志のニュース

【プロ野球】中日入団が決定した”愛されキャラ”多村仁志の野球人生

デイリーニュースオンライン / 2016年01月26日17時30分

2016年1月15日、DeNAを自由契約になっていた多村仁志が育成契約で中日に入団することが発表された。御年38歳と10カ月。NPB史上最年長の育成選手となり、球界に生き残ったのだ。 多村といえば、度重なる不運なケガも有名で、ネット上では「スペランカー」の代名詞がくっついてくる。1983年に発売されたファミコンゲーム『スペランカー』の主人公が少しの段差など [全文を読む]

最近10年で40発はゼロ 長年課題の右打ちの日本人外野手

ベースボールキング / 2017年03月18日11時15分

横浜時代の04年に多村仁志が40本塁打を記録したのを最後に、12年間現れていない。今季こそ40本塁打を放つ右打者の日本人外野手は出現するだろうか… ▼ 最近10年・30本塁打以上を放った「右打ちの日本人外野手」 吉村裕基 34本(2008年) 和田一浩 37本(2010年) ▼ 最近10年・20本塁打以上を放った「右打ちの日本人外野手」 G.G.佐藤 21 [全文を読む]

最近10年で開幕戦に本塁打が多かったチームは?

ベースボールキング / 2017年03月30日11時00分

◆ 12球団の開幕戦本塁打ランキング 1位 16本 巨人 内訳:ラミレス(2本)、片岡治大(2本)、長野久義(2本)、ロペス(2本)、ゴンザレス(1本)、イ・スンヨプ(1本)、高橋由伸(1本)、小笠原道大(1本)、村田修一(1本)、アンダーソン(1本)、坂本勇人(1本)、亀井善行(1本) 2位 10本 西武 内訳:中島宏之(2本)、G.G.佐藤(2本)、 [全文を読む]

【新連載:空想科学ゲーム読本】実は卵より弱かった!『スペランカー』の死ぬほど死にやすい虚弱っぷりを柳田理科雄が検証してみた

ニコニコニュース / 2016年12月01日19時22分

「スペランカー」とは「無謀な洞窟探検家」という意味らしいが、このゲームの浸透によって「スペランカー=虚弱体質」というイメージが定着し、今季引退したプロ野球の多村仁志選手など、ケガが多かったことから「スペランカー多村」というあんまりなニックネームをつけられていた。外国人が聞いたら、いったいどんな選手かと思うだろう。 だが、人間がこんなカンタンに死ぬのは、い [全文を読む]

【高校野球】夏の甲子園がいよいよ開幕!本命は神奈川・横浜か?

デイリーニュースオンライン / 2016年08月05日16時07分

■OBにも刺激を与える 甲子園で数々の栄光の記録を残してきた横浜は、松坂大輔(ソフトバンク)、涌井秀章(ロッテ)、成瀬善久(ヤクルト)といった好投手から、筒香嘉智(DeNA)、多村仁志(中日)らスラッガーまで、総勢60人以上をプロ野球界に送り込んでいる。 7月31日のロッテ対楽天では、7回無失点で今季9勝目をマークした涌井が、ヒーローインタビューで「後輩 [全文を読む]

【プロ野球】第1回WBCからはや10年…当時の代表メンバーはいま何してる?

デイリーニュースオンライン / 2016年01月24日16時00分

(★=メジャー現役、◎=NPB現役、△=独立リーグ・社会人野球などで現役、×=所属球団なしで現役志向) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! 【投手】 清水直行/藤田宗一/久保田智之/◎松坂大輔/★上原浩治/薮田安彦 /◎和田毅/◎藤川球児/△渡辺俊介/大塚晶文/久保田智之/小林宏之/◎杉内俊哉/石井弘寿 【捕手】 里崎智也/ [全文を読む]

来季の契約はあるのか? ファームで好成績でも1軍に上がれない選手たち(イースタン編)

デイリーニュースオンライン / 2015年10月08日10時00分

(成績はすべて9月27日時点) 多村仁志(DeNA) ≪70試合、打率.322、7本塁打、19打点≫ プロ21年目、今年38歳を迎えた多村は一言で言えば、干された。今季も持病の右ヒジ痛で出遅れ、4月末に1軍合流を果たしたが、わずか4試合で両モモ裏を痛めて2軍落ち。毎度毎度のケガで計算の目処が立たないとの烙印を押され、2軍幽閉と相成った。 打撃ではやはり格 [全文を読む]

勇退した横浜高校・渡辺監督から名前を譲り受けた元プロ選手

NEWSポストセブン / 2015年08月09日16時00分

しかし、1968年に監督就任すると、春夏通算5度の甲子園優勝を成し遂げ、永川英植(ヤクルト)、中田良弘(阪神)、愛甲猛(ロッテほか)、鈴木尚典(横浜など)、多村仁志(横浜)、松坂大輔(ソフトバンク)、筒香嘉智(横浜DeNA)など57人ものプロ選手を輩出した。高校野球界屈指の指導者だった。 若い頃は24時間ぶっ続けで練習させたこともあるほどのスパルタ式だっ [全文を読む]

横浜DeNA 失速の背景にTBS時代と変わらぬベテラン軽視も

NEWSポストセブン / 2015年06月25日16時00分

打者最年長の38歳多村仁志は二軍調整中です。チームが低迷する中、ソフトバンク時代に優勝経験のある多村を一軍に上げてもいいのではないかとは思いましたが……」(同前) プロ野球の歴史を振り返れば、若手の勢いだけで優勝したケースは稀。DeNAの急失速は、ベテラン軽視が招いた側面というもありそうだ。 [全文を読む]

DeNA関根、荒波 9回劣勢時の打率5割で中畑監督の「あきらめない野球」を実践

ソーシャルトレンドニュース / 2015年05月26日08時59分

そして、多村仁志に代わり途中出場の7番・関根の右中間を抜ける三塁打で逆転に成功したのだった。 この日からチームは6連勝。5月5日には首位に立った。振り返るにはまだ早いが、ターニングポイントの試合となっている。 関根は8打席中5打席、代打での出場。開幕戦の本塁打を含め、3安打と結果を残している。 もう一人、注目すべきは荒波翔だ。中畑監督は就任すると、俊足・強 [全文を読む]

キンドル電子書籍『100歳まで元気でぽっくり逝ける眠り方(あさ出版電子書籍)』著者大谷憲、片平健一郎が2月8日にリリース 眠りながら健康な身体をつくりだす「あたため睡眠」の効果と実践を紹介

DreamNews / 2015年02月27日18時00分

アントニオ猪木さんや、歌手のイルカさん、女優の吉井玲さん、横浜DeNAベイスターズの多村仁志選手など、多くの著名人が実践する、眠りながら健康な身体をつくりだす「あたため睡眠」。 その効果と実践法を紹介します。 長年かけて研究・実験し、ようやくたどり着いたのが、究極の健康法「あたため睡眠」。これを実践すれば、100歳まで元気でぽっくり逝けるのです。 ●キン [全文を読む]

セ・パ12球団の「爆弾男」に要注意!(2)悲願達成の期待がかかる広島は新井と堂林をどう使う?

アサ芸プラス / 2015年02月05日09時54分

監督は昨年、中村紀洋(41)や多村仁志(37)らベテランとぶつかると徹底的に干してきました。ベテランを慕う若手は中畑監督を信用しなくなる。今年もまたベテランを冷遇すると、いよいよ選手の心は離れていきますよ」 Aクラス争いどころではなくなりそうである。 今季の新任監督の一人、ヤクルト・真中満監督(44)は「バレンティン(30)の特別扱いは絶対にしない」と明言 [全文を読む]

DeNA、打線崩壊で9月急失速…元凶は“助っ人”の「二軍落ちNG」契約?

Business Journal / 2014年09月20日14時00分

本来なら、不振のバルディリスを二軍落ちさせ、代わりに中継ぎ投手として防御率1.35と安定感のあるソトや、多村仁志、荒波翔、井手正太郎といった打者を一軍に上げたいところです。 バルディリスは足が速くないので、1番や2番には使えません。今のメンバー構成だと、必然的に6番か7番しかないのです。クリーンアップは動かす必要がなく、8番も捕手の黒羽根利規で固定ですから [全文を読む]

横浜DeNA 多村や金城らベテラン勢を軽視する采配に苦言も

NEWSポストセブン / 2014年06月28日07時00分

実績のある多村仁志や金城龍彦も、今シーズンはスタメンの機会が少ない。ケガ人が続出した後も、多村や金城の代わりに、下園辰哉や松本啓二朗が使われることもありますが、結果が出ていません。今年の中畑監督は勝負の年なのだから、もっとベテランの力を信じていいと思います」 契約年数を延長し、チーム初のクライマックスシリーズ進出に懸けている中畑監督。このままでは、背筋の [全文を読む]

DeNA森本稀哲 二軍でも腐らずファンのカメラにピースサイン

NEWSポストセブン / 2013年06月12日07時00分

今季、モーガン、多村仁志の加入などで、外野陣の競争が激化。いまだに一軍昇格を果たせずにいる。 「ベテランの金城龍彦が好調で、2008年ドラフト1位の松本啓二郎も尻に火がつき、結果を残し始めた。右の代打はラミレスが控えているし、先日スタメンで猛打賞を記録した宮﨑敏郎もいる。昨年までムードメーカーを務めていたが、今年はモーガンが森本の役割を担っている。今のまま [全文を読む]

プロ野球「火薬庫男」たちの遺恨爆弾(2)昨年の「熱いぜ!」から一変

アサ芸プラス / 2013年02月05日09時59分

ソフトバンクからも長距離砲・多村仁志(35)を呼び戻す大補強で、中畑監督の言い訳の余地はなくなってきた。もう結果を出すしかクビをつなげる道はないのだ。そこで指揮官はチームの引き締めに動いた。スポーツ紙デスクが苦笑する。 「茶髪と長髪禁止、タバコは吸うな、門限も1時間早めると、規制を強化したのです。これは中村紀洋(39)や山口俊(25)らを想定したもの。中村 [全文を読む]

ポジション別守備下手選手に金本、新井、鳥谷――MLB指標

NEWSポストセブン / 2012年05月26日16時00分

以下同) 最下位:畠山和洋(ヤクルト)8.71 【二塁】 1位:井端弘和(中日)6.12 最下位:東出輝裕(広島)5.52 【三塁】 1位:森野将彦(中日)2.75 最下位:新井貴浩(阪神)2.33 【遊撃】 1位:坂本勇人(巨人)4.92 最下位:鳥谷敬(阪神)4.43 【左翼】 1位:スレッジ(横浜)1.82 最下位:金本知憲(阪神)1.13 【中堅】 [全文を読む]

フォーカス