半沢直樹のニュース

『テレビ視聴に関するアンケート調査』 大ヒットのエンタメが日本のコミュニケーションを変える!?「あまちゃん」「半沢直樹」を見て、家族の会話が増えた人が4割に!

PR TIMES / 2013年09月04日12時37分

■「あまちゃん」と「半沢直樹」のテレビ視聴に関するダイジェスト●家族で会話が盛り上がるようになった人が続出! 「あまちゃん」視聴者は43.5%、「半沢直樹」視聴者は34.7%に。 “普段話さない知人や同僚と話すようになった人”も、それぞれ13%に。●“じぇじぇじぇ”“倍返し”、視聴者で実際に使った人は約6割!! よく使う場所1位は、自宅。 言葉には出さない [全文を読む]

『半沢直樹』大ヒットでノリに乗る堺雅人 「リーガル・ハイ」にも期待高まる

AOLニュース / 2013年08月19日12時01分

8月11日に放送された第5話が平均視聴率29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、これから始まる後半戦のさらなる大ヒットが予想されるドラマ『半沢直樹』(TBS)。主演の堺雅人は、現在"ノリに乗ってる"という言葉が最も当てはまる男だろう。 そんな堺は、『半沢直樹』が終了した後の10月期から、フジテレビで放送される『リーガル・ハイ』の第2シリーズに出 [全文を読む]

『半沢直樹』続編は10月から! 佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、真木よう子ら豪華キャストで……

日刊サイゾー / 2014年02月25日11時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! いつかいつかと続編が期待されていたTBSの人気ドラマ『半沢直樹』の続編が、今年10月から放送されることが明らかになった。 昨年、最終回視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をはじき出し、低視聴率にあえぐTBSを救った『半沢直 [全文を読む]

堺雅人演じる『リーガルハイ』古美門研介と半沢直樹の共通点

週プレNEWS / 2013年10月09日10時00分

大ブームを巻き起こした『半沢直樹』(TBS系)の終了から、わずか2週間。今はまだ、堺雅人=半沢直樹というイメージが強いだけに、『リーガルハイ』の主人公・古美門研介(こみかど・けんすけ)は、ファンの目にどう映るのか? そもそも『リーガルハイ』とは、どんなドラマなのか。パート1を観ていない人のために、ドラマ評論家の木村隆志氏が解説する。 「半沢直樹は、銀行や [全文を読む]

『半沢直樹』続編話が沸いては消える背景に堺雅人側の思惑も

NEWSポストセブン / 2014年05月05日07時00分

昨年、堺雅人主演で、最高視聴率42.2%を記録し大きな話題となったドラマ『半沢直樹』(TBS系)。その後、TBS局内では、続編の話が沸いては消え、沸いては消え、という状況が続いているのだという。 「4月期から、『半沢直樹』の原作者である池井戸潤氏のドラマが、同時に2本も始まりました。『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS [全文を読む]

『半沢直樹』どハマリの嵐・大野智、原作関係者からのメールに「続編に出演希望!」

サイゾーウーマン / 2014年02月12日09時00分

昨夏に放送され、一大ブームを巻き起こした堺雅人主演ドラマ『半沢直樹』(TBS系)。香川照之演じる大和田暁常務の“土下座シーン”は、タレントがテレビ番組でモノマネを披露するなど芸能界にも大きな影響をもたらしたが、遅ればせながら同作にハマったのが、国民的アイドルグループ・嵐のメンバーだ。 1月23日放送の『ARASHI DISCOVERY』(FMヨコハマ)では [全文を読む]

『半沢直樹』『家政婦のミタ』、ヒットするドラマは俳優名よりも役名でツイートされる!?

PR TIMES / 2013年11月11日10時41分

その結果、この7~9月に最高視聴率を更新したドラマ『半沢直樹』(TBS)や、2011年に大ヒットしたドラマ『家政婦のミタ』(NTV)は共通して、最終回に行くにつれてツイート件数が増加し、かつ俳優名よりも役名でツイートされる数の方が多いことが分かりました。【 レポート詳細 】------------------------------------------ [全文を読む]

出世か左遷か……あなたの半沢直樹度をチェックする「半沢直樹診断」!

ハピズム / 2013年07月31日12時30分

20%超えの視聴率を出している、今期最大の話題作『半沢直樹』(TBS系)。大手銀行の融資課長・半沢直樹(堺雅人)は、上司の理不尽な命令でなんとか融資を取り付けますが、その会社(西大阪スチール)が倒産。すべての責任を押しつけようとする上司に、「やられたら倍返しだ!」と立ち向かい、債権回収に孤軍奮闘する痛快エンターテインメントです。 次々と話が展開するテンポの [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。 ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか 堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧乏のあまり「タンポポを食べた」経験もある苦労人だ。映画、ドラマと出演する作品は話題作となり、女優の菅野美穂(38)との結婚でイメ [全文を読む]

『踊る』MOVIE見ながら『半沢直樹』を想起した人多数 理由は「近藤さん!」

AOLニュース / 2013年10月07日12時20分

そして、なぜ注目を浴びるのかといえば、この滝藤は視聴率40%超えの大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)で半沢の同期・近藤直弼役を演じていた俳優だからだ。 『半沢直樹』の近藤さん 『半沢直樹』公式サイトより 『半沢直樹』では最終回が近付くにつれて存在感が増し、迫真の演技でお茶の間に大きな印象を与えた近藤、いや、滝藤。視聴者にはすっかり「近藤」のイメージが [全文を読む]

「あまちゃん」「半沢直樹」超えのドラマ 来期以降も誕生すると思う 約85%が回答

PR TIMES / 2013年09月24日14時27分

◆「あまちゃん」や「半沢直樹」を超えるようなドラマが来期以降も誕生するか約85%が「これからも誕生すると思う」と回答。「あまちゃん」「半沢直樹」のどちらも見ていない、43.2%が回答。どちらも見ていないがために困ったこと、大多数が「特になし」と回答スマートフォンユーザーに特化したマーケティングリサーチ事業を展開する株式会社リビジェン(URL:http:// [全文を読む]

下町ロケットの続編決定!?「半沢直樹の二の舞に…」関係者が懸念

デイリーニュースオンライン / 2015年12月22日16時00分

半沢直樹は勇み足で続編が白紙に 『下町ロケット』は、いまやドラマには欠かせなくなったヒットメーカー・池井戸潤氏の同名小説が原作。年内だけでも『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)と、テレビ各局から引っ張りだこの状態だが、池井戸氏のメディアミックスの代表作となったのは、やはり空前の大ヒットと [全文を読む]

『半沢直樹』の理不尽な銀行の実態は現実?付き合いたくない銀行1位が三井住友なワケ

Business Journal / 2013年09月18日14時00分

「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/9月21日号)は「半沢直樹はどこにいる? 頼れる銀行 頼れない銀行」という特集を組んでいる。「日曜午後9時すぎ、多くの銀行員がテレビにかじりついている。もちろん、メガバンクを舞台にした大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)を見るためだ。そして、見終わった彼らは決まってこう思うのだ。『あんなまね、自分にはできないな』──。 [全文を読む]

『あまちゃん』『半沢直樹』 タイトルにみるドラマヒット法則

NEWSポストセブン / 2013年09月07日07時00分

今、大ヒット中のドラマといえば、誰もがNHK連続テレビ小説『あまちゃん』と『半沢直樹』(TBS系)の名前を挙げるだろう。いずれもストーリーや、ドラマの内容が今の人気につながっているが、今回はタイトルに注目してみたい。タイトルにみるヒットドラマの法則とは? コラムニストのペリー荻野さんが解説してくれた。 * * * もちろんドラマがヒットするには、中身が一番 [全文を読む]

半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加

NEWSポストセブン / 2013年08月25日16時00分

大人気ドラマ「半沢直樹」でメガバンクの就活が人気!? ドラマ、漫画が就活に与える影響を作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。 * * * 今年はドラマの当たり年ですね。NHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』も大人気ですが、同様に人気を集めているのがTBS系の日曜劇場『半沢直樹』です。池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オ [全文を読む]

『半沢直樹』効果は期待できず!? キムタク主演の新ドラマに早くも不安の声

メンズサイゾー / 2013年08月18日13時00分

同ドラマは現在高視聴率を記録している『半沢直樹』と同じ毎週日曜夜9時からの「日曜劇場」枠で放送される。『半沢直樹』の好調を受け継いで大ヒットを狙いたいところだが、早くも業界や視聴者からは先行きが不安視され厳しい声が上がっている。 これまで総理大臣やパイロット、レーサー、美容師などを演じてきた木村が今回扮するのは、100年後の未来からやってきたアンドロイド・ [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

日本エンタープライズ株式会社は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電子書籍サービス「BOOKSMART」にて、ドラマ『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)の原作となる、 『銀翼のイカロス』の配信を開始いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電 [全文を読む]

視聴率は『半沢直樹』の半分……TBSの二番煎じドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』の反省点は?

日刊サイゾー / 2014年06月23日20時30分

全話平均は14.5%を記録し、『半沢直樹』(TBS系)の全話平均28.7%の約半分の結果となった。 「日曜劇場枠に『半沢直樹』スタッフチームが集結し、再び池井戸潤氏原作をドラマ化するとして、『20%超えは確実』と話題になった同作。しかしフタを開けてみれば、期待にはほど遠かったようです。『半沢直樹』で主演を務めた堺雅人サイドは、1年も経たないうちに二番煎じを [全文を読む]

女版『半沢直樹』に「物足りない」の声も……好発進の『花咲舞が黙ってない』独走状態は“今だけ”!?

日刊サイゾー / 2014年04月18日00時00分

原作は、『半沢直樹』(TBS系)で一躍名を馳せた作家・池井戸潤氏の小説『不祥事』『銀行総務特命』(共に講談社文庫)。初回では、地位も権力もない一銀行員の花咲舞(杏)が、社内の事件や不祥事を解決に導く“臨店班”に異動。出世コースから外れたベテラン行員・相馬健(上川隆也)とコンビを組み、ミスが見つかった茅場町支店へ。そこで、中島聡子(木村佳乃)のミスによる、 [全文を読む]

注目の堺VS米倉も実現しない!? 内定報道から一転、『半沢直樹』続編が白紙に――

日刊サイゾー / 2014年03月24日11時00分

先日、堺雅人主演の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の続編が10月クールに放送されると、一部で報じられた。 昨年放送された最初のシリーズは平均視聴率28.7%、最終話に至っては驚異の42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。いやが上にも、続編に期待がかかる。 これに対抗するのが好調を維持するテレビ朝日で、あえて10月クールに米倉涼子主演 [全文を読む]

フォーカス