木原稔のニュース

「子供たちを戦場に送るな」と言う教師を告発!自民党の密告調査がヤバすぎ

しらべぇ / 2016年07月09日15時30分

“教育現場の中には「教員の政治的中立はありえない」、あるいは「子供たちを戦場に送るな」と主張し中立性を逸脱した先生方がいることも事実です”文部科学部会長を務める木原稔衆院議員(熊本1区)のツイートには多くの批判が寄せられ、サイトは一旦閉鎖。残念ながら教育現場に中立性を逸脱した先生がいます。18歳の高校生が特定のイデオロギーに染まった結論に導かれる事を危惧し [全文を読む]

次の次の首相候補 進次郞氏&2人の木原&小渕優子氏

NEWSポストセブン / 2016年08月10日11時00分

もう一人、若手のタカ派のホープが木原稔氏。防衛政務官、青年局長を歴任し、「マスコミを懲らしめる」といった若手議員の発言が問題になった「文化芸術懇話会」の代表だったことから責任を問われて青年局長を更迭され、1年間の役職停止処分を受けたが、わずか3か月後に党文部科学部会長に出世した。 世間の進次郎氏への注目度は高いが、“永田町のプロ”はこの「2人の木原」がリ [全文を読む]

自民党が密告フォームで集めた反戦教師情報を警察に提供、大分県警は野党の施設を監視...自民党=警察一体の監視社会に

リテラ / 2016年08月08日12時00分

なんと今月1日に自民党の木原稔・党文部科学部会長(5日、内閣改造で財務副大臣に起用が決定)は、"密告フォーム"に寄せられた情報について「公選法違反は警察が扱う問題」などと述べ、情報の一部を警察当局に提供する考えを示したのだ。 つまり、教員が「子供たちを戦場に送るな」と言う当たり前のことすら糾弾し、監視によって教育現場を統制しようとしただけでなく、選挙中であ [全文を読む]

姑息! 自民党が「子供たちを戦場に送るな」教師の取締密告フォームをこっそり差し替え...ごまかしても“魚拓“とってるぞ!

リテラ / 2016年07月09日16時37分

このページをTwitter上で宣伝し、"密告"を呼びかけていた自民党文部科学部会長である木原稔衆院議員が、以下のようなツイートを行ったのだ。〈【学校教育における政治的中立性についての実態調査】現在表示できない状態です。原因調査中のため恐れ入りますがしばらく経ってからご利用ください。申し訳ございません。〉(編集部註:このツイートも現在は削除) そして張られて [全文を読む]

戦前か! 自民党がHPで“「子供たちを戦場に送るな」という偏向教育を行う教員“の通報を呼びかける密告フォーム

リテラ / 2016年07月09日09時00分

この"密告"フォームを自民党が設けたのがいつなのかは不明だが、7月7日に自民党文部科学部会長である木原稔衆院議員は、以下のようなツイートとともに投稿を呼びかけている。 [全文を読む]

次なる復興のフェーズは心のケア 熊本地震を体験した木原稔衆議院議員

Japan In-depth / 2016年04月26日18時32分

熊本一区選出の木原稔衆議院議員に、被災地の状況や今後の政府の対応について聞いた。最初の地震が起きた時は、木原氏は東京にいた。その日のうちに自民党内の災害対策本部を作り、翌朝、熊本へ飛んだ。その日に本震と言われる地震があり、木原氏は東区で震度6強を体験した。木原氏は、「初めて死ぬかと思った。建物の中にいて、本当に崩れて下敷になって死ぬかと思ったのは今回初めて [全文を読む]

「ムーアの法則」終焉説は根拠なし 半導体技術、進化&微細化の勢い止まらず

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

したがって、発言が出た同党若手議員による勉強会「文化芸術懇話会」代表の木原稔議員が同党青年局長を更迭されたのは、当然の処置である。 しかし、明らかに間違っていることを報道した場合、そのメディアは真摯に間違いを認めて修正報道を行い、陳謝すべきである。それを怠ると、「吉田証言」「吉田調書」をめぐる誤報問題で批判を浴びた朝日新聞のように、大きく信頼を失墜させるこ [全文を読む]

しゃべりすぎ「憂国」作家・百田尚樹を斬る!「不穏当な発言でしかない」

アサ芸プラス / 2015年07月13日09時55分

これに対し、自民党執行部は当初こそ「発言のしかたにも品位が必要だ」(谷垣禎一幹事長)と、おとがめなしの構えだったが、報道が波紋を広げると、慌てて同会代表の木原稔衆院議員を更迭、大西氏に対しても厳重注意の処分を下している。 当の百田氏も、マスコミから発言の真意を問われる中で、7月2日発売の「週刊新潮」に手記を寄せ「潰さなあかん」と報じられた発言を正確に再現 [全文を読む]

2つの言論弾圧事件前日 安倍首相と大手メディア幹部が会食

NEWSポストセブン / 2015年07月09日07時00分

それを見た安倍チルドレンたちは、「本音をいって何が悪い」とばかりに暴言議員をかばい始め、青年局長を解任された木原稔・代議士には処分軽減が検討された。 ※週刊ポスト2015年7月17・24日号 [全文を読む]

「マスコミ懲らしめる」発言の自民・大西英男議員、フェイスブックで「心より反省」

弁護士ドットコムニュース / 2015年06月29日12時17分

様々なお声を受け止め、明日からの活動にしっかりと取り組んでいきたい」 ●1年前に「セクハラヤジ」で謝罪していた この勉強会には、代表の木原稔衆院議員(自民党青年局長)ら37人の国会議員が出席したが、大西議員は「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、(文化人の方は)経団連などに働きかけして [全文を読む]

【ファシズム?】自民党の「マスコミに圧力」賛成派は○%!不気味に数値が近いのは…

しらべぇ / 2015年06月29日06時00分

自民党の谷垣幹事長は、「国民の信頼を大きく損なうもので看過できない」として、勉強会を主催した木原稔青年局長(衆院熊本1区)を更迭。 衆院特別委員会で追及された安部首相は、「はなはだ遺憾」と表明したが「おわび」については拒否した。 ■国民を破滅させた、メディアの検閲と「大本営発表」 画像出典:Wikipedia https://upload.wikimedi [全文を読む]

フォーカス