大瀧詠一のニュース

永遠のナイアガラ伝説!~大瀧詠一トリビュート~ 出演:伊藤銀次、杉真理

PR TIMES / 2014年01月10日12時32分

TOKYO FMサンデースペシャル 2014年1月12日(日)19:00~19:55放送 TOKYO FMでは、昨年12月30日に急逝したミュージシャン大瀧詠一さんを偲んで、その偉大な功績を讃える特別番組「TOKYO FMサンデースペシャル 永遠のナイアガラ伝説!~大瀧詠一トリビュート~」を、1月12日(日)19時からオンエア致します。 ◆伊藤銀次と杉真理 [全文を読む]

日本の音楽史に燦然と輝く、永遠に色褪せない名盤『A LONG VACATION』

okmusic UP's / 2014年08月20日18時00分

今回は1981年にリリースされた通称“ロンバケ”こと、大瀧詠一の『A LONG VACATION』をご紹介します。“邦楽の名盤”、あるいは“邦楽ポップス”というよりも、和洋を問わずポップスの名盤を語る上で絶対にはずせない、まさに金字塔とも言えるアルバム。また、本作は日本におけるCD作品の邦楽部門の第一号(CDを想定したレコーディングではない)という記念すべ [全文を読む]

大瀧詠一 中2でプレスリーにハマり全音源を1年半で収集した

太田出版ケトルニュース / 2014年02月21日09時17分

2月15日発売の雑誌「ケトル」は、特集のテーマとして昨年12月に亡くなった“大瀧詠一”をピックアップ。「大瀧詠一『モノ』図鑑」「大瀧詠一のCMソング」「著名人が語る大瀧詠一」など、彼にまつわる様々な情報を紹介している。今回取り上げるのは、“大瀧詠一の音楽的影響”について。ラジオから流れたスターが、遠い地に住む一人の少年の人生を決めました。 * * * どん [全文を読む]

伝説のスーパーバンド 「日本語対英語」でメンバー間意見対立した

太田出版ケトルニュース / 2014年03月03日09時51分

現在発売中の雑誌「ケトル」は、特集のテーマとして“大瀧詠一”をピックアップ。「大瀧詠一『モノ』図鑑」「大瀧詠一のCMソング」「著名人が語る大瀧詠一」など、彼にまつわる様々な情報を紹介している。今回取り上げるのは、大瀧詠一が在籍した伝説のグループ「はっぴいえんど」について。日本語ロックの創始者として語られることも多い「はっぴいえんど」ですが、そこに至るまでに [全文を読む]

大瀧詠一さん追悼特集 2014年1月12日より放送

PR TIMES / 2014年01月08日11時14分

=4月には、レジェンドアーティスト紹介チャンネル「B-57」でも放送決定= 株式会社USEN(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村公正 以下、USEN)では、運営するUSEN音楽放送(USEN440※、SOUND PLANET、music AirBee!、SOUND PLANET-i)において、2013年12月30日に65歳で逝去した大瀧詠一さんの追悼番 [全文を読む]

大瀧詠一ら大御所の楽曲がCMで多用の訳 若手女優起用も特徴

NEWSポストセブン / 2016年10月12日16時00分

その代表と言えば、大瀧詠一。 すっかりおなじみとなったサントリー「金麦シリーズ」では、戸田恵梨香が元気よく「75、75」と糖質オフをアピール。その背景には大瀧の『君は天然色』が流れる。 また、スバルWRXS4「再会篇」では、友人の結婚式で再会したおとなの男二人、女一人がドライブをするストーリー。車内で流れた曲『カナリア諸島にて』を聞いた助手席の女性が「あ、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本隆と吉田美奈子が2ショット 大瀧詠一さんとの共演思い出す人も

TechinsightJapan / 2016年08月24日21時15分

はっぴいえんどを通じてミュージシャンたちと交流を持ち、今は亡き大瀧詠一さんのソロファーストアルバム『大瀧詠一』(1972年11月)に収められた『指切り』でフルートを吹いたのがプロデビューとなった。 それから40年以上、J-POPの呼び名もない時代から活躍を続ける2人が笑顔で並ぶ姿は感慨深い。8月20日、ビルボードで大阪での1枚が『松本隆 takashi_m [全文を読む]

はっぴいえんどの「はっぴいえんどマスターピース」に収録される資料集の画像公開

okmusic UP's / 2014年11月30日12時00分

■『はっぴいえんどマスターピース』2014年12月26日(金)発売 PCCA-04140/¥12,000+税 <収録内容> 「はっぴいえんど」 「風街ろまん」 (1) アナログ盤 AAAカッティング・完全復刻 (2) デジタルリマスターCD (3) ハイレゾ音源 ダウンロードカード 96kHz 24bit (*ダウンロード有効期限 2017.12.25) [全文を読む]

大瀧詠一を取り上げたコラムページが話題に!

okmusic UP's / 2014年11月17日18時00分

「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信している『TAP the POP』にて公開された、『大瀧詠一が自分のポップスで最初の完成品と言った「サイダー`74」が陽の目をみるまでの1年間』という記事がネット界隈の音楽ファンの間で話題を集めている。【その他の画像】大滝詠一執筆したのは佐藤剛氏。同氏は1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネー [全文を読む]

大滝詠一、7inchボックスセットのアートワークで40年前のモノクロ写真をカラーに!?

okmusic UP's / 2017年02月12日12時00分

■7inchボックスセット『NIAGARA 45RPM VOX』2017年3月21日発売 【完全生産限定盤】(アナログ9枚+CD1枚) SRKL-3041~3050/¥19,800+税 <収録曲> ■アナログ盤 Disc1 A: 幸せにさよなら(シングル・バージョン) / ナイアガラ トライアングル * B: ドリーミング・デイ(シングル・バージョン) / [全文を読む]

フォーカス