松原仁のニュース

松原大臣、北朝鮮の拉致問題解決に強い意欲

ニコニコニュース / 2012年01月15日09時15分

松原仁拉致問題担当大臣は2012年1月13日、官邸で行われた大臣就任後の初会見で、金正日総書記の死去に伴う北朝鮮の指導体制の変化による拉致問題解決への影響について、「新しい指導者に変われば、いつの時代でもひとつの転換点になるのは様々な歴史が証明している」と語り、「膠着状態であった拉致問題に対して新しい北朝鮮側が対応を始める可能性がある」と今後の北朝鮮側の動 [全文を読む]

大の煙草嫌いの松原仁代議士 屋内禁煙規制に反対する理由

NEWSポストセブン / 2017年04月05日16時00分

今年2月、民進党衆議院議員で党東京都連会長の松原仁氏が有志議員約50名を引き連れて「民進党分煙推進議員連盟」を発足させた。その設立趣意書には、〈原理主義的に建物内の禁煙を進めようとしていることは看護できない〉とあり、規制の中身を検討している厚生労働省案を強く非難している。 同議連は独自の「対案」を練るほど気炎を上げるが、最終的に目指しているのは“完全な分 [全文を読む]

AI研究のパイオニア 公立はこだて未来大学 副理事長/教授/博士・松原仁氏を特集 [Technologist's magazine[テクノロジストマガジン]vol.4発刊]

PR TIMES / 2016年10月21日16時40分

本号では、公立はこだて未来大学の副理事長を務める松原仁氏を特集いたしました。VR/ARとともに現在、大きな注目を集める研究分野・AI(人工知能)。松原氏はAIが見向きもされなかった1980年代から30年以上にわたって最前線で研究を続けてきました。とりわけコンピュータ将棋の研究やロボットによるサッカーワールドカップ「ロボカップ」の立ち上げなど、常に先陣に立ち [全文を読む]

日本初、韓国のプロゲーマーに法務省が「アスリートビザ」認定

まぐまぐニュース! / 2016年03月31日11時26分

このビザ取得に貢献したとされるのが、公明党所属衆議院議員・漆原良夫氏と、民進党所属衆議院議員・松原仁氏らによる「オンラインゲーム議員連盟」だ。 漆原良夫氏 漆原氏は「若い人たちが情熱をもって取り組んでいる世界があり、海外の子供に聞くとeスポーツの選手になると答える子供もいる。これは政治も応援しなければいかんと議員連盟を設立した」とコメント。 松原仁氏 松 [全文を読む]

アパグループ代表 元谷 外志雄著 本当の日本の歴史「理論 近現代史学III&増補版」出版記念並びに代表バースデーイブの会開催

PR TIMES / 2017年06月05日16時06分

さらに、前文部科学大臣衆議院議員の馳浩様、衆議院議員の今村雅弘様、衆議院地方創生特別委員長衆議院議員の木村太郎様、内閣総理大臣補佐官参議院議員の衛藤晟一様、元国務大臣衆議院議員の松原仁様、衆議院議員の中山泰秀様、ロチェスター工科大学の大樋長左衛門様、早稲田大学教授の片岡貞治様、自治調査研究会代表の苅部嘉仁様、株式会社ワールドウィズアウトボーダーズCEOのジ [全文を読む]

ポスト小池を担うのは民進党 松原仁衆院議員

Japan In-depth / 2017年05月29日12時00分

小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が誕生し、注目が集まる東京都議会議員選挙を7月に控え、民進党東京都連会長の松原仁衆議院議員に政治ジャーナリストの細川珠生氏が話を聞いた。まず細川氏は、小池都知事が進める都政改革に対し「自民党都議団はかなり強硬な態度だが、民進党はどのような立ち位置で選挙に臨むのか、有権者へどのように違いをアピールしていくの [全文を読む]

「ユーザーが望む表現」で記事を書く 感性型AIの可能性

Forbes JAPAN / 2017年04月07日16時30分

プロジェクトを牽引する、公立はこだて未来大学・松原仁教授は言う。「問題解決型AIは、人間の理性を再現したもの。さまざまなシーンで、理性はとても役に立ちます。多くの人は、理性を働かせてビジネスしたり、生活したりしますよね。そう考えると、人工知能で理性を再現することを優先するのは必然です。ただこの先、人工知能がロボットに搭載されて人間と付き合うようになる。そう [全文を読む]

たばこ規制推進派の山東昭子議員「屋外喫煙所も整備すべき」

NEWSポストセブン / 2017年04月02日16時00分

また、今年2月には民進党内でも松原仁・党東京都連会長が「分煙推進議員連盟」を立ち上げ、「原理主義的に建物内禁煙を進めるべきではない」と主張。“完全分煙社会”を実現すべく、独自の立法案を練っている。 禁煙強化か、分煙推進か──。たばこ問題をめぐる攻防が最終局面を迎える中、当サイトでは、衆参合わせて77名の議員が所属する「自民党受動喫煙防止議員連盟」会長の山 [全文を読む]

国会議員も紛糾!厚労省「原則禁煙法案」のハレーション

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

民進党では2月28日に「分煙推進議員連盟」(会長・松原仁衆院議員)が設立された。過度な規制は避け、完全な分煙ルールを作り、先端的な分煙国家をめざそうという旗を掲げて立ち上げたものだ。こちらも厚労省案に危機感を持ち、急きょ設立されたといっていい。設立総会には、一般社団法人全国生活衛生同業組合中央会の田中清三理事長や「浅草おかみさん会」の冨永照子理事長が駆けつ [全文を読む]

たばこ規制で求められるダイバーシティーの視点

経済界 / 2017年03月23日09時02分

会長に就任したのは、松原仁衆院議員。総会の席上、松原氏はこう語った。 「私はたばこを吸わない。健康は大切だし、受動喫煙防止は進めていくことに異論はない。しかし、たばこを吸わない人の権利とともに、吸う人の権利も尊重しなければならないし、中小零細企業や小さなサービス業にも目を配らなくてはならない。少数意見の声を聞かなかったら社会はダメになる。ダイバーシティーを [全文を読む]

飲食店禁煙案 BARでは吸えて居酒屋では吸えない矛盾

NEWSポストセブン / 2017年03月12日16時00分

民進党内でも松原仁議員を代表に「分煙推進議員連盟」が設立された。飲食店は一定の分煙技術をクリアすれば、空間分煙や時間分煙といった喫煙も認めようという方針だ。 こうした永田町の反発も考慮し、厚労省は昨年10月に公表した“たたき台”法案の一部変更を検討。飲食店でも一部規制の対象から外す「例外」を設ける予定だが、この条件に多くの店が振り回されている現状もある。 [全文を読む]

小池知事 反石原を鮮明にしたら宏高、伸晃氏も落選危機

NEWSポストセブン / 2017年03月10日07時00分

小池氏は“都議会のドン”こと内田茂・都議とともに都連を仕切ってきた前自民党東京都連会長の伸晃氏に刺客候補を立てる可能性があるし、宏高氏の選挙区では対立候補で民進党保守派の松原仁氏の支援に回るのではないか」(小池氏に近い自民党議員) 小池氏が国会の拉致議連副会長だった時代に松原氏が事務局長代理を務めるなど2人は親交があり、2月1日には松原氏が会見で「小池知事 [全文を読む]

アパから出光創業者まで...歴史修正主義や極右、ヘイト思想に侵されている企業・経営者を判定する

リテラ / 2017年02月01日14時00分

第1回の田母神以降も、"ナンチャッテ皇族芸人"こと竹田恒泰(第2回)、"尖閣ビデオ流出男"こと一色正春(第4回)、また政治家からも民進党の極右議員・松原仁(第6回)や、ネトウヨを地で行く杉田水脈(第7回)など、錚々たる(?)メンツにペンネームを冠した「最優秀藤誠志賞」(賞金300万円)を贈呈している。これぞ、アパがトンデモ歴史修正主義界隈の"タニマチ"と言 [全文を読む]

AIが小説を書く、その仕組みと未来

Forbes JAPAN / 2016年12月21日17時30分

プロジェクトを牽引する、日本屈指のAI研究者・松原仁教授(公立はこだて未来大学)は言う。「これまで将棋AIなどを開発してきましたが、2010年以降、ある程度、人間の名人にも勝てるというゴールが見えてきて、いわゆる問題解決型AIの開発が一段落しようとしていました。そこで誰もまだ手をつけていないテーマ、感性型AIに挑戦しようと考えました。また当時、星新一氏の家 [全文を読む]

人工知能(AI)ディープラーニング 期待と懸念とは

JIJICO / 2016年12月05日09時00分

他にもはこだて未来大学松原仁教授らによる2030年に芥川賞・直木賞をめざす「作家ですのよ」プロジェクト。Microsoftと蘭デルフト工科大学共同研究はレンブラントの絵画の特徴を学習させ、3Dプリンターでみごと再現。米AF通信の企業の決算報告記事等、AIによる成果が世界で報告され関心が高まっています。人工知能は全てにおいて人間を上回るのか?ディープラーニン [全文を読む]

蓮舫新代表、説明責任果たせ 民進党東京都連会長松原仁衆議院議員

Japan In-depth / 2016年11月12日18時00分

それぞれの選挙とその結果について、民進党の東京都連代表 松原仁衆議院議員に話を聞いた。まず前回の参議院議員選挙。東京都では議席が一つ増え、6議席となった。6議席中、民進党は2議席獲得。この結果については、「都連的には大きな成果だった。」と述べた。しかしその直後に行われた東京都知事選。民進党では鳥越俊太郎候補を推薦、結果としては3位に終わった。敗戦の原因とし [全文を読む]

新聞・テレビが報じない「豊洲新市場」動乱“10大スクープ”(5)移転騒動でなぜか民進党から離党者続出の理由

アサ芸プラス / 2016年10月03日05時55分

民進党都連会長の松原仁元国家公安委員長も、これに同調した」(前出・政治部デスク) 党内紛糾に拍車をかけたのは、野田佳彦元総理(59)の幹事長指名だ。民主党衰退の戦犯の重職登用に、すでに党はいつ散会してもおかしくない状態である。反執行部派の民進所属議員が、みずからの受け入れ先として急浮上したのが、「小池新党」だという。「民進党に政治理念を持っている議員はほと [全文を読む]

古賀茂明が今だから明かす都知事選の内幕と民進党の情けなさ

週プレNEWS / 2016年08月29日06時00分

私が民進都連会長の松原仁(じん)衆議院議員から、野党統一候補として出馬要請を受けたのは告示日3日前の7月11日夕方だった。それからわずか数時間後の同日夜、民進の江田憲司代表代行から「岡田(克也)代表が会いたがっている」との連絡が入った。 用件は察していた。私に「降りろ」と言いたいのだ。ある市民連合の幹部によれば、枝野幸男民進党幹事長は私の擁立に一貫して反 [全文を読む]

先駆者が「VR」「AR」「ロボット」といった先端技術の展望を語り合う「HACK THE FUTURE」、10月23日開催

CodeZine / 2016年08月25日14時30分

Part 1 「アンドロイドは電脳世界の夢を見るか」(松原仁氏) 「ロボットが不可欠な未来と実情 ~ブレークスルーするのはこれだ!」(梶田秀司氏) 「時代の流れを読んだサービスはどうやって生まれるか」(井口尊仁氏) 「激論!電脳社会は来るのか?AIは人類の相棒になるのか?」(Part 1の全登壇者) Part 2 「NASAが選んだHoloLens VR [全文を読む]

蓮舫人気にすがる民進党の苦境 長島昭久議員インタビュー

Japan In-depth / 2016年08月19日09時30分

安倍:松原仁さんもね、がまんして・・・長島:そうですね。彼は都連の会長として本当に我慢してやって、まぁさすがにあの投票日一日前に代表が「敵前逃亡」という形になったことには怒ってましたけどね。あの時初めてですよ。松原さんが表に立って批判したのは。安倍:僕もあれはおおっと思いました。長島:あれが松原さん特有の、ある種の「歌舞伎」でもあって、自分の感情を言ったと [全文を読む]

フォーカス