田中裕子のニュース

生涯“恋は遠い日の花火ではない”田中裕子の手本のような「女の生きる道」

messy / 2015年05月12日17時00分

本コラム『昭和の女力』は、過去に一肌脱いだことのある名女優様方から、女としての何かを学ぼうというのが大まかな趣旨で、それ以上でもそれ以下でもないのに、なぜ戦争? 今回の田中裕子(敬省略)に原因が?いい女の作られ方 さて本題。話は大きくさかのぼり、沢田研二(敬省略)が、まだ「ジュリー!」と大騒ぎされていた1982年。ジュリーがフロントを努めていたザ・タイガ [全文を読む]

Woman満島ひかりに対峙する田中裕子は「怪優の域」と女性作家

NEWSポストセブン / 2013年08月14日16時00分

しかし、回を重ねるにつれ、主人公・小春とその母・植杉紗千(田中裕子)との「こじれた関係」が浮き彫りに。 ドラマの重点も、母子家庭の大変さから、「小春と紗千の関係」へと移り、さらに紗千の娘・栞との関係もからんで、いっそう複雑でスリリングな展開になってきています。 小春と紗千の間に流れる、冷たく緊迫した空気。過去の複雑な事情から生まれてしまったらしい、母と娘の [全文を読む]

妻・田中裕子と仲睦まじい沢田研二 家事手伝いゴミ出しも担当

NEWSポストセブン / 2017年03月27日16時00分

リスクは承知の上で「言いたいことを言う」という姿勢を貫き、吠え続けるジュリーを最も近くで支えているのが、妻の田中裕子(61才)である。 横浜市内の自宅周辺では、夫婦の姿がよく見られていた。 「朝おふたりで散歩されたり、ジュリーさんが外出する時は必ず田中さんがお見送りに出てきます。 逆に田中さんが出かける時も、ジュリーさんが玄関まで出てきてね。本当に仲良し。 [全文を読む]

「ドラマW この街の命に」平成28年度(第71回)文化庁芸術祭優秀賞を受賞

PR TIMES / 2016年12月27日18時24分

脚本・青木研次と監督・緒方明がタッグを組み、加瀬亮、戸田恵梨香、田中裕子共演で、“私たち人間と動物とのあり方”を視聴者に問う社会派作品をお届けしました。本作は、平成28年日本民間放送連盟賞 番組部門テレビドラマ番組最優秀やギャラクシー賞2016年4月度月間賞、東京ドラマアウォード2016作品賞単発ドラマ部門優秀賞を受賞するなど、高い評価を得ています。 今回 [全文を読む]

「ドラマW この街の命に」ギャラクシー賞2016年4月度月間賞を受賞

PR TIMES / 2016年05月20日11時26分

また、センターの改善に向けて先頭に立つ新任所長・高野綾子役を田中裕子が演じました。さらに、『いつか読書する日』で第29 回モントリオール世界映画祭審査員特別賞を受賞した脚本・青木研次、監督・緒方明の名コンビがタッグを組み、“私たち人間と動物とのあり方”を視聴者に問う社会派作品をお届けしました。 WOWOWは、コーポレートメッセージ「見るほどに、新しい出会い [全文を読む]

50代以上中国人 好きな日本人女優は1位山口百恵2位田中裕子

NEWSポストセブン / 2015年05月21日07時00分

2位の田中裕子(60)は、1980年代に世界中でブームとなったNHKの朝ドラ「おしん」の主演女優。日本での放送は1983~84年だが、中国では翌1985年から吹き替え版が放送された。NHKによると、北京での視聴率は75.9%を記録したという。 「おしんを見て、日本民族の勤勉さを理解した」(70代・元教師) 「振り返れば、おしんの放送当時が中日友好回復40 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】ドラマ特別企画「わが家」 本日1月5日(月)よる11:00より見逃し配信開始!

PR TIMES / 2015年01月05日15時16分

共演には長塚京三、田中裕子、村川絵梨ら豪華俳優陣が顔を揃えています。脚本は『花嫁の父』(2012年/日本民間放送連盟賞優秀賞受賞)、『母。わが子へ』(2013年/ATP賞観光庁長官賞受賞)など、心に残るヒューマンドラマを手がけてきた井沢満が担当。さらに主題歌は、中島みゆきの名曲「ホームにて」を、女優・歌手として注目される高畑充希がカバーします。放送を見逃し [全文を読む]

オンライン中学受験塾 フリーダム進学教室 中学受験生の志望校対策システム「学校別バインダー」の提供を開始

@Press / 2017年08月31日09時30分

【会社概要】 商号 : 株式会社邦学館 代表者 : 代表取締役 田中 裕子 所在地 : 〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-23-1-301 事業内容: 通信教育、教育出版、編集 URL : http://hougakkan.com/books/ 詳細はこちら プレスリリース提供元:@Press 【関連画像】 [全文を読む]

“雨男”大泉洋、晴天にホッ「まれ」能登ロケスタート

Smartザテレビジョン / 2015年05月28日20時32分

NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「まれ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか)の能登ロケ取材会が石川県の珠洲市で行われ、主演の土屋太鳳をはじめ大泉洋、常盤貴子、葉山奨之、山崎賢人、門脇麦、高畑裕太、田中泯、田中裕子が登壇した。 久しぶりの能登でのロケとあって、主演の土屋は「能登に帰ってきて、『ただいま!』という気持ちでいます。能登にはこれまでも、公 [全文を読む]

NHK朝の連ドラ「まれ」が出してきた「主題歌の歌詞募集」という変化球

メディアゴン / 2015年05月05日10時23分

津村家が下宿する先の桶作元治(田中泯)・文(田中裕子)の夫婦、夢ばかり追って失敗続きの父・徹(大泉洋)、そのダメぶりに愛想をつかしているように見えるしっかり者の母・藍子(常盤貴子)、上司役の板尾創路、町のことなら何でも知っている清掃員役の根岸季衣などなど。特に、頑固者の文(ふみ)を演じる田中裕子の演技は秀逸だ。希に息子夫婦と仲直りしろと言われて「家族、家族 [全文を読む]


竹内まりや実家の「老舗旅館」お家騒動勃発か!? “レジェンド”5代目引退に地元困惑…

日刊サイゾー / 2017年05月17日19時00分

「ジュリーこと沢田研二・田中裕子夫妻をはじめ、結婚披露宴会場としても人気だったが、出雲市内にチャペルのある洋風の結婚式場ができ、古風な旅館をチョイスするカップルは激減した」(地元事情通) 関係者によると、これまでまりやの実兄で5代目の当主が切り盛りしていたが、経営不振と後継者が見つからず、廃業を懸念したまりやが昨年秋から立て直しに乗り出して客室を改装。東 [全文を読む]

「ドラマW この街の命に」がバンフ・ワールド・メディア・フェスティバルにノミネート

PR TIMES / 2017年05月12日11時43分

脚本・青木研次と監督・緒方明がタッグを組み、加瀬亮、戸田恵梨香、田中裕子共演で、“私たち人間と動物とのあり方”を視聴者に問う社会派作品をお届けしました。本作は、第71回文化庁芸術祭テレビ部門ドラマの部優秀賞、平成28年日本民間放送連盟賞 番組部門テレビドラマ番組最優秀やギャラクシー賞2016年4月度月間賞、東京ドラマアウォード2016作品賞単発ドラマ部門優 [全文を読む]

ともさかりえ離婚・南果歩は不倫され…略奪婚の行方、死後の愛人発覚も

messy / 2017年04月01日20時00分

女優・田中裕子は沢田研二が妻子(元ザ・ピーナッツの伊藤エミ)ある身と当然知りつつ交際、マスコミが二人の関係を突き止めると沢田は不倫を認め、田中はなんと「必ず彼と一緒になる」と略奪婚宣言をしたのだった。宣言通り、数年後に沢田は離婚届を提出、その2年後に田中と再婚した。以来、現在まで夫婦生活を続けている。 [全文を読む]

『カルテット』ロスのママにおすすめ! 脚本家・坂元裕二のドラマ4選

Woman.excite / 2017年03月21日22時50分

© furtseff - Fotolia.com■『Mother』(2010年春・日本テレビ系)キャスト:松雪泰子、山本耕史、倉科カナ、芦田愛菜、尾野真千子、綾野剛、田中裕子 ほか芦田愛菜ちゃんを天才子役として世に知らしめた作品。虐待を受けている教え子を守るためとはいえ、誘拐という手荒な手段をとるという、衝撃の展開が話題となりました。どんな手を使ってもこの [全文を読む]

役所広司と新垣結衣が“絆”を取り戻す親子役で共演

Smartザテレビジョン / 2017年03月18日09時00分

役所:拓馬を失ったことで、父と娘、そして田中裕子さんが演じる母親の佳世子、この3人がお互いを補い合おうとする。拓馬の残した夢に向かって、一つになっていくんだよね。 新垣:「お兄ちゃんの夢」として子馬を育ててきたけれど、後編では「お父さんと私の夢」と言うようになる。これからも一緒に生きていくという決意を感じられるシーンですよね。 役所:演じる僕たちも「家族 [全文を読む]

<渡辺徹座長・文学座コント部>旗揚げ公演『おもしろいやつ』出色は助川嘉隆

メディアゴン / 2017年03月12日07時30分

田中裕子がいた文学座である。寺島しのぶがいた文学座である。研究所では小林千登勢、寺田農、樹木希林、黒柳徹子、宮本信子、中山仁、吉田日出子、串田和美、原田大二郎、峰岸徹、市毛良枝、滝田栄、桃井かおり、阿川泰子、内藤剛志、鈴木砂羽までいて稽古していた文学座である。それに……もういいか。でもひとつだけ。筆者が演出部の試験を受けて落ちた文学座である。【参考】小津安 [全文を読む]

やまぐち暮らしセミナーin東京

PR TIMES / 2017年02月17日17時19分

[画像1: https://prtimes.jp/i/14838/24/resize/d14838-24-885213-5.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/14838/24/resize/d14838-24-254627-4.jpg ]2017年初! やまぐち暮らしセミナーin東京移住のセンパイも参加!移住のリアルボイスを聞 [全文を読む]

柴咲コウの出番が減る?「直虎」子役の演技が上手すぎて「おしん現象」再来か

アサジョ / 2017年01月20日10時15分

「以前、同局の大ヒットとなった『おしん』で少女期のおしんを演じた小林綾子の演技があまりに素晴らしく、青春期を演じた大女優の田中裕子でさえ、苦悩したと言われています。新井の後を継ぐ柴咲コウの心中も穏やかではないかもしれません」「おしん」放送の頃は、青春期の田中に違和感を覚え、小林の演技を懐かしむ視聴者から「小林が出ている回想シーンを増やしてほしい」との要望が [全文を読む]

東京ドラマアウォード2016において2作品が優秀賞を受賞

PR TIMES / 2016年11月07日17時57分

脚本・青木研次と監督・緒方明がタッグを組み、加瀬亮、戸田恵梨香、田中裕子共演で、“私たち人間と動物とのあり方”を視聴者に問う社会派作品をお届けしました。本作は、平成28 年日本民間放送連盟賞の番組部門テレビドラマ番組で最優秀やギャラクシー賞2016 年4 月度月間賞を受賞するなど、高い評価を得ています。 今回の受賞を受け、当社は11 月23 日(水・祝)に [全文を読む]

フォーカス