井上晴美のニュース

日本テレビ『東京タラレバ娘』自己最低……榮倉奈々の妊娠展開で思い出される、あの“月9”

日刊サイゾー / 2017年03月10日00時00分

倫子が制作会社の担当者と打ち合わせするシーンでは、不意打ちの井上晴美が登場! そうです、あの丸坊主ヌード写真集でおなじみの井上晴美ですよ。どうやら、地上波の連ドラ出演は、2008年放送の昼ドラ『ラブレター』(TBS系)以来のようです。 倫子は、途中、早坂からキスのことを謝られ、しょげる場面もあったものの、最後には早坂から「倫子さんと、一歩進みたい」と告ら [全文を読む]

藤原紀香、西内まりや、井上晴美…「震災炎上」続出で芸能事務所が「緊急指令」

アサ芸プラス / 2016年04月24日09時59分

実家が全壊する被害を受け、被災状況をブログで綴った井上晴美など‥‥。そんな彼女らの中には、言いがかりまがいの理由で炎上騒動に巻き込まれる者も続出しているのだ。 こうした状況に、芸能事務所が所属タレントに対し「緊急指令」を行ったとの話が聞こえてきた。「ウチの事務所ではネットでの震災関係の発言を全面禁止にしました」 と語るのは、モデル事務所の役員である。「これ [全文を読む]

熊本の地震は天罰?藤原紀香のブログ”震災トンデモ発言”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日19時05分

タレントの井上晴美(41)が最たる例だろう。 「井上はメキシコ人と結婚後に3人の子どもを授かり、現在は故郷の熊本で生活しています。4月14日に余震が始まって以降、頻繁にブログを更新し、16日未明の震度6強の大地震によって自宅が崩壊したことを公表しました。一時は『もう私たちには何もない』と弱音を漏らしていたが、少しずつ立ち直っていく様子がうかがえ、応援の声が [全文を読む]

ELT持田香織、イケメン夫は“逆ナン”でゲット!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月07日10時30分

さらに、昔のアイドルはみんな色っぽかったと語り、「“桜っ子クラブ(さくら組)”もそうだぜ!」と、当時メンバーだった井上晴美の振り付けを派手にものまね。持田と大吉が大爆笑する中、セクシーアイドルフェチぶりを見せた。 一行は、三軒目となるパブ「スターレディー」へ。ウーロンハイとママ手作りの惣菜を頂きながら、今度は、9歳年下の夫と結婚した持田の新婚生活に迫ること [全文を読む]

「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(2)90年代1位~10位 藤原紀香のバストは位置と大きさが黄金比率

アサ芸プラス / 2017年05月01日09時58分

10位・井上晴美 スイマーとして国体に出場した均整の取れたボディは、芸能界屈指と呼ばれたこともあった。坊主頭の完脱ぎショットも大きな衝撃だった。 [全文を読む]

7カ月妊婦・榮倉奈々と上戸彩の共通点とは? 日テレ『東京タラレバ娘』3週連続視聴率下降の原因

日刊サイゾー / 2017年03月17日00時00分

連ドラの担当プロデューサー・荒川(井上晴美)に、「30過ぎると、駆け込み結婚が多い」などのアラサーあるあるをドラマに入れたいと提案。これに、アラフォーの荒川が「恋愛はいつでもできるけど、出産にはタイムリミットがあるからねえ」と返すと、この言葉に衝撃を受けた倫子は「セリフに使わせてください!」とメモります。 この時、目から鱗的な表情をしていた倫子ですが、これ [全文を読む]

来年のサッポロビールイメージガールは知的で親しみやすいクールビューティー

Walkerplus / 2016年11月14日14時19分

武田久美子さんや井上晴美さん、畑野浩子さん、小林恵美さんらが務めてきたサッポロビールイメージガール。26代目となる川辺さんは、親しみやすい笑顔が印象的で、知性と真面目さ、周りを明るくできる元気のよさを持ち合わせている。 1991年4月25日生まれの25歳。群馬県出身で、ビーズアクセサリー作りやスノーボードが趣味だという。 就任の際に、「これから一年間、サ [全文を読む]

俺たちを焦がした「夏のいいオンナ」!(6)<緒方かな子・桜っ子クラブ>90年代の「グラビア女王」は広島カープ監督夫人

アサ芸プラス / 2016年08月18日05時57分

デビューした91年、菅野美穂さんや井上晴美さん、中谷美紀さんとともに「桜っ子クラブさくら組」(テレビ朝日系)としてレギュラー出演しました。 私は放送開始前に歌手デビューが決まっていたこともあってか、「桜っ子クラブ」のみんなとは楽屋が別でした。なので、あまり接点がなく、しかも学園祭のお仕事とかで忙しくなり、数カ月の出演でした。のちほど皆さんがご活躍された時 [全文を読む]

あわや悪の道に?高知東生を接客したイベントコンパニオンが明かした素顔とは!?

アサジョ / 2016年07月05日09時59分

高島礼子と再婚する以前には、井上晴美との不貞が噂されたことで、元艶系女優と離婚。「ホストが俳優になったようだ」「仕事より女の話で話題になる男」と揶揄されることもしばしばで、業界内での評判もけっしてよくなかった。 そんな高知容疑者を逮捕前に接客したというイベントコンパニオンがその時の様子をこう明かす。「某税理士事務所のオープン記念パーティーでのことです。私 [全文を読む]

高知東生、26年前に出演した作品の“あるシーン”が逮捕を暗示していた!?

アサ芸プラス / 2016年07月01日05時59分

その離婚は当時のグラドル、井上晴美との不貞騒動が報じられたためです」 あいだとの出会いは、無名時代の高知がピンク作品で共演したこととも言われている。その共演作品で演じた濡れ場に、現在の薬物漬けの生活を思わせるシーンが存在すると騒然となっているのだ。 その作品は90年に発売された「桃源郷」。高知があいだに覆いかぶさり、モゾモゾと動き回る。その手の作品としては [全文を読む]

女優が封印した「生涯ただ1度の濡れ場」を厳選発掘(1)ついに見せた女優編・安達祐実は子役から大人の女性へ

アサ芸プラス / 2016年06月18日17時57分

さて、芸能界きってのグラマラスボディを誇ったのが井上晴美(41)で、初主演作「フリーズ・ミー」(00年、日活)は、その魅力を引き出した。「同時期にヘアヌード写真集も出したが、なぜか坊主頭にしていたため、あまり楽しめなかった。ところが映画は、石井隆監督のハードなエロスにマッチしていて、色気も十分」(前出・秋本氏) 井上は恋人とのファックシーンで激しくよがる [全文を読む]

井上晴美の受難と心なき中傷…実家も外壁に大きなヒビ、窓が菱型に歪む【熊本地震】

Business Journal / 2016年05月17日07時00分

熊本県出身のタレント、井上晴美もそうしたひとりだ。「前震」が起きた同14日からブログを頻繁に更新し、熊本で起きている現状を逐一、閲覧者に報告し続けた。その一部を紹介するとこのようなものだ。 「前震」が発生したのは14日午後9時26分ごろ。それから約2時間後の11時10分には、「地震 熊本」と題し「ひどい揺れです ずっと揺れて こわい…泣 救急車も消防車もサ [全文を読む]

増える「不謹慎狩り」 炎上は0.1%のクレーマーによるもの

NEWSポストセブン / 2016年04月30日16時00分

井上晴美(41才)は熊本の自宅が全壊。悲惨な被災状況をブログで綴っていたら、《愚痴りたいのはお前だけじゃない》などという誹謗中傷が多数書き込まれ、ブログの更新はストップした。コラムニストの小田嶋隆氏が言う。 「芸能人など、社会的に目立つ人の足を引っ張ろうとする人は最近になって出てきたわけではありません。昔から成功者や能力の高い人のことを妬み、コソコソと悪 [全文を読む]

【ウラ芸能】井上晴美、地震被災者が浴びた声

NewsCafe / 2016年04月23日15時00分

中には懐かしい名前も聞こえてきたね」記者「先日実家が全壊したことを自身のブログで告白したタレントの井上晴美(41)ですね」デスク「そうそう。ただ、彼女の場合は現地の状況など自身のブログで伝えたのに、ひどい誹謗中傷があるって?」記者「普通なら、お悔やみのコメントがあって当然ですが、ネット上では『食べるものもないのに電池使ってブログ更新ですか? 余裕ありますね [全文を読む]

藤原紀香とは大違い?熊本地震で“神対応”をみせた著名人たち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月23日09時10分

熊本県内で被災し、生活ぶりを詳細にブログで発信していた井上晴美(41)ら、“不謹慎狩り”で憂き目を見る例が後を絶たない。しかしながら、「神対応」と評判になった例も少なくはないのだ。 ●高良健吾(28)、伊勢谷友介(39) 高良は熊本市出身。地震後、熊本に入り、マスクや帽子で顔を隠して給水活動を継続してきた。伊勢谷は20日に福岡に入り、熊本に支援物資の基地を [全文を読む]

【熊本地震】蔓延する不謹慎狩り…芸能人とネット民、どっちに悪意?

デイリーニュースオンライン / 2016年04月22日12時06分

タレントの井上晴美さん(41)は今回の震災で実家が全壊してしまった被災者、その被害状況や心情等を自身のブログで綴ったところ「愚痴りたいのはお前だけではない、不謹慎」というネットの言葉を受けて更新をストップしている。 これらは氷山の一角、ツイッター等のSNSでは数え切れないほどの「不謹慎だやめろ被害」に合っている人達がいる、私もそのひとりだ。 大事なのはそ [全文を読む]

被災者なのに…井上晴美がネット民から攻撃されたブログの中身とは?

アサジョ / 2016年04月21日09時59分

4月14日に起きた熊本地震で、熊本在住のタレント・井上晴美は、その惨状を自身のブログに綴った。「ひどい揺れです。ずっと揺れて、こわい…泣」「余震がやみません。外には避難していますが、避難勧告が来ました」など、現場から状況をリアルタイムでアップした。「現在井上は、夫と3人の子供と熊本に住んでいます。住んでいる町からほど近い、熊本県益城町で震度7の地震にあいま [全文を読む]

西内まりや、長澤まさみ、紗栄子、菜々緒...震災への思いを綴る芸能人を炎上させるネット民の悪質

リテラ / 2016年04月20日12時00分

その顕著な例が、自身も実際に被災している女優の井上晴美だ。彼女は現在、故郷の熊本県に住んでいるのだが、地震によって住居が全壊してしまったことをブログで明かしている。その後も、テント暮らしを余儀なくされている苦しい避難生活の様子などを生々しく綴り続けていたのだが、それに対し〈愚痴りたいのはお前だけじゃない〉などと心ない言葉をぶつけるネットユーザーがいた。 [全文を読む]

熊本地震後に芸能人の“不謹慎”狩り…長澤まさみは「笑顔」だけで炎上

デイリーニュースオンライン / 2016年04月19日19時15分

さらに実家倒壊の被害に遭った井上晴美(41)は自身のブログで現地情報などを発信していたが、ネット上で「愚痴りたいのはお前だけではない」「可哀想な私アピールがイラつく」といった批判が複数あった。これに井上は「ただ私が感じてること書いてることがなぜそんな風になるのかよくわかりません残念です」とブログに綴り、さらに「これで発信やめます これ以上の辛さは今はごめ [全文を読む]

被災した井上晴美までも叩きにかかるネット民の恐ろしさ

アサ芸プラス / 2016年04月19日16時00分

熊本県を中心とした地震で、実家が全壊したことを明かしたタレントの井上晴美。被災後、現地の状況などを自身のブログで伝えてきたが、ネット上では「食べるものもないのに電池使ってブログ更新ですか? 余裕ありますね」などと心ない誹謗中傷を受けることに。それにより4月18日「これで発信をやめます これ以上の辛さは今はごめんなさい 必死です」と、ブログの更新を停止するこ [全文を読む]

フォーカス