富田靖子のニュース

富田靖子さん、LiLicoさん、中ノ森文子(中ノ森BAND)さんが朗読 絵本アプリ「こえほん」内の「ぷちドネ文庫」から社会貢献絵本を3作同時にリリース!

4 / 2012年04月26日13時30分

モバイルコンテンツやEコマース事業を運営する、株式会社アイフリーク(以下、当社)は、絵本アプリ「こえほん」(※1)内で、社会貢献ができる絵本「ぷちドネ文庫」(※2)レーベルから、富田靖子さん、Lilicoさん、中ノ森文子(中ノ森BAND)さんという3名の豪華アーティストとそれぞれコラボレーションした3作品を、株式会社電通「汐留イノベーションスタジオ」(※3 [全文を読む]

『逃げ恥』富田靖子演じるみくりの母の「恋愛名言」に共感する人が続出

3 / 2016年11月30日18時30分

そんな中でも、富田靖子演じる森山桜が放った言葉が「名言すぎる」と話題になっているようだ。■「運命の相手にするのよ」29日に放送された第8話での一幕。森山家でみくり(役:新垣)と会話する中で「運命の人」についての持論を述べるシーンがあった。そこで桜は「無償の愛なんて注げない」「運命の相手なんていないわよ」とみくりに言い放った。あまりに現実的すぎる意見にみくり [全文を読む]

富田靖子が世界遺産「合掌造りの里」の冬支度を体感!

3 / 2016年01月20日11時00分

富田靖子が1月29日(金)放送の「発見!体感!世界遺産 合掌造りの里の冬支度 庄川紀行」(NHK BSプレミアム)に出演。岐阜県の烏帽子岳に源を発し、富山県の砺波平野を流れ富山湾へと注ぐ全長115kmの庄川を巡る。 富田はまず、河口の富山・新湊を訪問。庄川が運ぶ豊富な栄養分によって育まれた、ズワイガニや白エビなどの海の幸であふれる漁港から「庄川の旅」がスタ [全文を読む]

アミューズシネマセレクション 20 世紀映画祭 開催決定!

3 / 2013年10月26日10時18分

「アイコ十六歳」 1983 年/98分監督:今関あきよし/製作総指揮:大林宣彦 出演:富田靖子、紺野美沙子、犬塚寛女子高生アイコの恋、友情。命に対する想いが真っ直ぐに描き出される。富田靖子の魅力溢れる80 年代青春アイドル映画の金字塔と言える作品。「kitchen キッチン」 1997 年/112 分監督・脚本:イム・ホー/原作:吉本ばなな 出演:富田靖子 [全文を読む]

5/20(土) 注目の若手女優・松風理咲の初主演映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』が新宿武蔵野館で公開 ~ 出演者・監督らが初日舞台挨拶で登壇 ~

2 / 2017年05月19日19時00分

そのほか、有野晋哉、富田靖子、井上順など、豪華なベテラン陣が脇を固めます。監督を務めたのは、「の・ようなもののようなもの」の杉山泰一監督。高校生たちの“あきらめない気持ち”と、あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれます。なお、5月20日(土)の初日舞台挨拶には、本作で映画初主演を務めた松風理咲、電車撮り鉄青年 [全文を読む]

ぬれ煎餅、ヒーロー、プロレス… 次は映画があの電車を応援!5/6(土)『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』先行ロードショー決定!!5/20(土)より新宿武蔵野館ほか、全国順次ロードショー!

2 / 2017年03月25日10時35分

そのほか、有野晋哉、富田靖子、井上順など、豪華なベテラン陣が脇を固めます。監督を務めたのは、「の・ようなもののようなもの」の杉山泰一監督。高校生たちの“あきらめない気持ち”と、あきらめずに走り続ける銚子電鉄の姿が、5月の風とともにさわやかな勇気と希望を運んでくれます。出演者のファンも、銚子電鉄のファンも、是非、ご家族、ご友人をお誘いあわせのうえ、本作をお楽 [全文を読む]

新人女優・松風理咲が映画初主演 “銚子電鉄”を舞台にしたヒューマンドラマ

2 / 2017年02月12日01時43分

高校生の椎名杏子(松風理咲)は、父を亡くし、母(富田靖子)と二人で銚子の街で暮らしていた。彼女が企画した“銚子電鉄と高校生ランナーとのレース勝負”が、地元メディアにも注目され、地元の期待も高まる中、杏子は最後のランナーが決まらず焦るが…。ほかの出演は前野朋哉、植田真梨恵、有野晋哉、富田靖子、井上順ほか。 映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』は5月、 [全文を読む]

ゆるやかに狂いだした江口洋介と尾野真千子が怖い『はじめまして、愛しています。』

2 / 2016年08月26日23時30分

前回は、そんな2人の前に黒川さん(富田靖子)が黒塗りベンツで現れ、2人が「ハジメ」と名付けた子に「ヒカリ……?」と語りかけるところまでが描かれました。 黒川さんによれば、ハジメはヒカリで、ヒカリは黒川さんの娘の息子、つまり孫なんだそうです。黒川さんは病院を経営していて、娘がヒカリを虐待していたことなんて知らなかったのだとか。そんで、その娘は入院中なんだとか [全文を読む]

16歳美女優の初主演映画がカンヌへ!?…長寿シリーズ化の可能性大

1 / 2017年05月20日22時15分

若手女優の松風理咲が5月20日、都内で初主演映画『トモシビ 銚子電鉄6.4Kmの軌跡』の公開初日舞台挨拶に共演の前野朋哉、植田真梨恵、よゐこの有野晋哉、富田靖子、杉山泰一監督と参加した。 壇上では映画の内容にちなんで『思いを繋げたい人』をそれぞれ発表。前野は、幼い愛息子に向けて「早く大きくなって一緒に映画館で映画を見たい。成長した時には『トモシビ2』もきっ [全文を読む]

第2のホマキ・松風理咲、ベテラン勢から「可愛い!」の声多数

1 / 2017年05月20日19時45分

千葉県に実在する銚子電鉄をテーマにした映画『トモシビ 銚子電鉄6.4Kmの軌跡』が20日都内で公開初日を迎え、主演の松風理咲、共演の前野朋哉、植田真梨恵、よゐこの有野晋哉、富田靖子、杉山泰一監督らが舞台挨拶を行った。 富田は娘役で映画初主演の松風に「走っている姿が可愛い!この可愛さは『トモシビ』でしか見られません!」と10代初主演ならではの初々しさを強調。 [全文を読む]

フォーカス