山田太一のニュース

「人間を信じすぎるな」――山田太一18年ぶりのドラマシナリオ本『ナイフの行方』が書籍化!

PR TIMES / 2015年06月11日12時39分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、山田太一著『ナイフの行方』を発売いたします。ぜひ貴媒体にてご掲載のほどよろしくお願いします。 「人間は変わらない」、「みんなが人間を信じすぎている」などのセリフが胸に突き刺さる山田太一の傑作ドラマ『ナイフの行方』(NHK/2014年12月放送)のシナリオを完全収録した書籍が発売決 [全文を読む]

早大演劇博物館で『大テレビドラマ博覧会』 『山田太一展』も同時開催

太田出版ケトルニュース / 2017年05月08日11時23分

さらに、『ふぞろいの林檎たち』『岸辺のアルバム』『男たちの旅路』などを手がけた脚本家・山田太一の展覧会『山田太一展』も同時開催され、映像、台本、写真、直筆原稿など、貴重な資料で活躍の歩みをたどる。 『テレビの見る夢 − 大テレビドラマ博覧会』と『山田太一展』は、2017年5月13日(土)~8月6日(日)まで、早稲田大学演劇博物館(早稲田大学早稲田キャンパ [全文を読む]

山田太一と寺山修司が学生時代に交わした貴重な手紙が出版

NEWSポストセブン / 2015年12月11日07時00分

【著者に訊け】山田太一さん/『寺山修司からの手紙』/岩波書店/1836円 【内容】 1954年、寺山修司と山田太一さんは早稲田大学教育学部国語国文学科に入学、同級生として出会った。その翌年、1955年から1958年にかけて2人が交わした若かりし頃の貴重な手紙が収録されている。寺山はネフローゼにより長期入院を余儀なくされ、会えない時間を惜しむように手紙を書き [全文を読む]

山田太一×渡辺謙「五年目のひとり」豪華キャスト解禁

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日05時00分

11月19日(土)夜9時より脚本家・山田太一と渡辺謙がタッグを組み、東日本大震災の5年後の人々を描く「山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり」(テレビ朝日系)が放送される。本作は、東日本大震災から5年が経過した東京のとある町を舞台に、孤独な中年男と少女の不思議な交流から震災の“その後”と“再生”を描く物語。主人公の中年男・木崎秀次役の渡辺は、いまだ癒えな [全文を読む]

山田太一、脚本の書き方とスランプへの向き合い方を語る

Walkerplus / 2016年01月28日12時12分

「ふぞろいの林檎たち」シリーズや「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」など、数多くの傑作ドラマを手がけた名脚本家の山田太一。山田が女性をメインターゲットに、映像クリエイターを育成する「ラブストーリー・クリエイター・スクール」の特別講師として、1月30日(土)に登壇する。それに先駆け、山田にインタビューし、脚本のノーハウからスランプへの向き合い方まで、話を伺った [全文を読む]

山田太一脚本「時は立ちどまらない」が“アジア・テレビ賞”で最優秀賞!

Smartザテレビジョン / 2014年12月15日16時44分

12月11日にシンガポールで「第19回アジア・テレビ賞2014」の贈賞式が行われ、ことし2月22日にテレビ朝日で放送された「テレビ朝日開局55周年記念 山田太一ドラマスペシャル『時は立ちどまらない』」が、“単発ドラマ・テレビ映画番組部門”にて最優秀賞を受賞したことが分かった。また、同作を放送したテレビ朝日は“地上波放送局 奨励賞”を受賞した。 「時は立ちど [全文を読む]

渡辺謙が癒えぬ心を抱く孤独な男を熱演!

Smartザテレビジョン / 2016年06月24日05時00分

テレビ朝日系で、渡辺謙が主演を務める「山田太一ドラマスペシャル 五年目のひとり」が、今秋放送されることが分かった。数々の名作を生み出してきた脚本家・山田太一が、東日本大震災の5年後をオリジナル脚本で描く本作は、渡辺演じる癒えぬ心を抱く孤独な中年男・木崎秀次と多感な少女の不思議な出会いがもたらす再生の物語。山田が手掛けた作品としては、'04年にテレビ朝日開局 [全文を読む]

山田太一、脚本を書くコツは?「相席でヒントをもらった」

Walkerplus / 2016年02月01日12時01分

今もなお語りつがれる傑作ドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズや「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」などの脚本を手がけた名匠・山田太一。山田が、女性をメインターゲットにして、映像クリエイターを育成する「ラブストーリー・クリエイター・スクール」の特別講師として1月30日に登壇した。 時代を経ても色褪せることのないドラマたちを、山田はどんなアプローチをして生み出し [全文を読む]

テリー伊藤・紀里谷監督らが講師の映像クリエイタースクール開講 優秀な卒業作品はスクールが数百万円を負担、プロが映像化し、カンヌへ!

@Press / 2015年10月15日10時30分

テリー伊藤・紀里谷和明・山田太一らの豪華講師陣を迎え、優秀な卒業制作は作曲家の長岡成貢をはじめとするプロによって映像化し、カンヌ国際映画祭などにエントリーします。「ラブストーリー・クリエイター・スクール」http://loveschool.strikingly.com/◆優秀なクリエイターを生み出していく仕組みが必要2014年1月に経済産業省の商務情報政策 [全文を読む]

山田太一氏が70代になって考えたことを書いた随筆の再編集本

NEWSポストセブン / 2015年09月13日16時00分

【書籍紹介】『夕暮れの時間に』/山田太一/河出書房新社/1600円+税 これまで数多くの名作テレビドラマの脚本を手掛けてきた著者が、70代となって考えたことを書き綴ったエッセイを再編集。幸福にまつわる話から、かつて訪ねた街の話、観た映画や読んだ本で感じたことなどテーマは様々ながら、2013年には〈その動機が正当だとしても、プライドや利権のために戦争をはじめ [全文を読む]

フォーカス