山崎隆之のニュース

「第1期電王戦」の詳細を発表。Pepperの振り駒で先手番はPONANZAに

ITライフハック / 2016年02月10日17時00分

ドワンゴおよび公益社団法人 日本将棋連盟は、第1期叡王戦を勝ち抜いた山崎隆之叡王と第3回電王トーナメント優勝ソフト「PONANZA(ポナンザ)」による2番勝負「第1期電王戦」の第1局を4月9日・10日に関山中尊寺(岩手県西磐井郡)で、第2局を5月21日・22日に比叡山延暦寺(滋賀県大津市)で開催すると発表した。ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」が振 [全文を読む]

第1期電王戦 閉幕。将棋ソフト“PONANZA”が2連勝で勝ち越し

ITライフハック / 2016年05月24日13時00分

ドワンゴおよび日本将棋連盟が主催する「第1期電王戦」の最終局・第2局が2016年5月21日・22日に比叡山延暦寺(滋賀県大津市)で行われ、将棋ソフト「PONANZA」が山崎隆之叡王に白星を挙げ、2勝0敗で勝ち越しを決めた。対局後の記者会見では、「第2期叡王戦」、「第4回将棋電王トーナメント」および「第2期電王戦」の開催を発表。5月28日(土)に開幕となる第 [全文を読む]

「第1期電王戦」第1局はPONANZAが先勝。第2局は5月21日~延暦寺にて開催

ITライフハック / 2016年04月13日13時00分

その結果、PONANZAが山崎隆之叡王に85手で勝ちを収めた。第2局は、5月21日・22日に比叡山延暦寺(滋賀県大津市)で行われる。■第1期電王戦<第1局> 結果・日 時: 2016年4月9日(土)~10日(日)・対局場所: 関山中尊寺・対局結果:【後手】山崎隆之叡王 vs 【先手】PONANZA(開発:山本一成、下山晃)⇒85手でPONANZAの勝ち<ニ [全文を読む]

22歳どうしのフレッシュな熱戦 佐々木五段―千田五段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月04日17時00分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイト 佐々木の顔がゆがんだ。顔が朱色に塗られていく。見落としたことを隠せない。 ▲4七角(第1図)で、この竜はどう逃げても捕まる。後手陣の中心の駒が詰むことは玉が詰むことと同じだ。佐々木が丁寧に積み上 [全文を読む]

本戦最大の注目カード・山崎叡王 対 羽生九段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年10月06日18時00分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む 1回戦屈指の好カードが前期優勝者の山崎隆之叡王と、今期初エントリーの羽生善治九段であることは間違いない。 10月1日に行われた本局は山崎の振り歩先。叡王だから当 [全文を読む]

A級棋士・広瀬八段と将棋ソフトの申し子・千田五段が対決:第2期 叡王戦本戦観戦記 広瀬章人八段 対 千田翔太五段

ニコニコニュース / 2016年09月30日17時00分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む若獅子の山 段位別予選は、高段であるほど本戦トーナメント出場枠が多い。当然ながらベテラン棋士がトーナメント表に名を連ねるが、広瀬章人八段と千田翔太五段のいる付近は平 [全文を読む]

第1期電王戦 二番勝負 第2局 山崎隆之八段 対 PONANZA(大崎善生)

ニコニコニュース / 2016年05月26日17時00分

山崎隆之叡王は小考の後、初手7六歩とついた。 この手に対してポナンザは早くも考えはじめる。 多くの取材陣に囲まれて緊張しているというわけでもないだろうが。 対局室にいた私は知らなかったが、この初手7六歩を見て早くも「ヒエー山」と呟いている男がいた。森信雄門下の千田五段である。山崎の弟弟子にあたる千田は、コンピュータ将棋に造詣が深く、とくにポナンザについて [全文を読む]

ついに山が動く?羽生善治名人と人工知能の対局が実現か

しらべぇ / 2016年05月19日21時00分

なお現在、人間代表の山崎隆之八段とAI代表のPonanzaが対局する電王戦が開催されているが、羽生名人は人間代表を決定する棋戦には参加していない。一部からは「逃げている」などと批判の声もあったが、9日に開かれた番組の取材会で「近々のうちに何かしらのアナウンスができると思う」と発言。初めて対局に前向きな姿勢を見せている。■世間はコンピューターのほうが強いと認 [全文を読む]

第1期電王戦 二番勝負 第1局 山崎隆之八段 対 PONANZA(先崎学)

ニコニコニュース / 2016年04月19日14時00分

「電王戦」これから書く数行は、職業棋士として気が重いし、できれば曖昧にぼかして済ましたいのだが、コンピュータと人間の勝負もある程度闘いを繰り返し歴史を作った今、やはり書かざるを得ないだろう。今のプロ棋士で、コンピュータより人間――我々プロ棋士が強いと本気で思っている者は、ほとんどいない。ここ一年でどんどん空気が変わってゆくのを、私は内部の人間として肌で感じ [全文を読む]

第1期叡王戦 決勝三番勝負 第2局 郷田真隆九段 対 山崎隆之八段(先崎学)

ニコニコニュース / 2015年12月21日14時00分

雲ひとつない冬晴れの京都にて、第1期叡王戦三番勝負の第二局がはじまった。豪華な装飾の博物館の大部屋にて、ふたりの棋士の顔に固さはない。凛とした緊張があるのみで、百戦錬磨の両棋士なら当然ともいえるが、やはり日本一を争う棋士ならではの矜持がたしかにあった。【第1図】http://p.news.nimg.jp/photo/071/1733071l.jpg 静かに [全文を読む]

【観戦エッセー】第1期叡王戦 決勝三番勝負 第1局 郷田真隆九段 対 山崎隆之八段 (羽田圭介)

ニコニコニュース / 2015年12月13日15時30分

先にいらっしゃった山崎隆之八段と、廊下で待機。話しかけてはいけない感じ、は実のところなかったが、さすがに話しかけはしなかった。やがて、郷田真隆九段もやってきた。これから対局する両者がそろい、パイプ椅子に並んで座る。 全員中に通され、分厚い座布団の上に正座しながら山崎、郷田両氏がおもむろに駒を並べ始める。無言でなされるその荘厳な雰囲気に、将棋をたいして知らな [全文を読む]

第1期 叡王戦本戦観戦記 塚田泰明九段 対 山崎隆之八段(滝澤修司)

ニコニコニュース / 2015年11月10日16時00分

【第3図】http://p.news.nimg.jp/photo/296/1674296l.jpg [全文を読む]

「答えのない闘い」佐藤天彦 叡王―PONANZA:第2期電王戦 二番勝負 第2局 観戦記

ニコニコニュース / 2017年05月26日18時00分

電王戦への出場権をかけて初代叡王(えいおう)・山崎隆之八段、羽生善治九段らが出場した「第2期 叡王戦」を勝ち上がった佐藤天彦叡王と、第4回 将棋電王トーナメント優勝の将棋ソフト・PONANZAとの対局の様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。電王戦公式サイト■関連記事:「人智を超えし者」佐藤天彦 叡王―将棋ソフト PONANZA:第2期電王戦 二 [全文を読む]

「人智を超えし者」佐藤天彦 叡王―将棋ソフト PONANZA:第2期電王戦 二番勝負 第1局 観戦記

ニコニコニュース / 2017年04月07日16時00分

電王戦への出場権をかけて初代叡王(えいおう)・山崎隆之八段、羽生善治九段らが出場した「第2期 叡王戦」を勝ち上がった佐藤天彦叡王と、第4回 将棋電王トーナメント優勝の将棋ソフト・PONANZAとの対局の様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。電王戦公式サイト 電王戦。将棋の棋戦において初のプロ棋士VSコンピュータ戦。5対5の団体戦を経て、現在は棋 [全文を読む]

挑戦する者たち 佐藤天彦九段―千田翔太五段:第2期 叡王戦 決勝三番勝負 第1局 観戦記

ニコニコニュース / 2016年12月13日16時12分

▲7七桂は▲6五桂の狙いでその形は昨期電王戦、山崎隆之叡王-ポナンザ戦を彷彿とさせる。その時の山崎叡王の参謀を千田が務めた。 [全文を読む]

「第2期叡王戦」佐藤天彦九段が優勝。来春に将棋ソフト「PONANZA」と対局決定

ITライフハック / 2016年12月13日13時00分

■第2期叡王戦幻の対局/電王戦合議映マッチ2016 概要・第2期叡王戦幻の対局 久保利明九段vs豊島将之七段 開催時期: 12月18日(日)13時15分番組開始/14時対局開始 対局者 : 久保利明九段、豊島将之七段 ルール : 持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒の一日制 解説・聞き手: 山崎隆之八段、藤田綾女流二段 <ニコニコ生放送> [全文を読む]

インターポールでサイバー犯罪を追う、日本屈指のハッカー

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月07日18時10分

***【参考記事】ナチス暗号解読の地に、イギリスの暗号解読者養成学校が開校 インターポールのデジタル犯罪捜査官・山崎隆之は、IGCIのサイバーフュージョンセンターと呼ばれる部署に所属している。 サイバーフュージョンセンターには、大きなコンピュータースクリーンがいくつか設置され、画面に向き合う形で20席ほどのデスクが並ぶ。近未来的なオフィスだ。同センターは官 [全文を読む]

叡王戦史上屈指の好カード 佐藤天彦九段―羽生善治九段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月21日18時51分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む■よみがえる名人戦の記憶 名人の佐藤と三冠の羽生が準決勝で激突した。叡王戦史上、屈指の好カードといっていい。準決勝から和服を着用しての対局というのも実に素晴らしい。 [全文を読む]

先入観にとらわれることの恐怖 佐藤天彦九段―丸山忠久九段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月21日18時36分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む■正確無比の丸山でも 「最近多用している角換わりや名人時代に愛用していた横歩取り8五飛戦法など、プロ棋士の中でも研究の精度が際立っています。丸山さんの他にもスペシャ [全文を読む]

関西俊英同士の準決勝 豊島七段―千田五段:第2期 叡王戦本戦観戦記

ニコニコニュース / 2016年11月17日17時36分

ニコニコでは、初代叡王・山崎隆之八段と段位別予選を勝ち抜いた精鋭たち16名による本戦トーナメントの様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。叡王戦公式サイトすべての写真付きでニュースを読む和服姿での対局 9月に始まった本戦も、いよいよ準決勝を迎える。豊島将之七段と千田翔太五段による関西俊英同士の対決は、11月12日に東京・将棋会館で行われた。 準決勝 [全文を読む]

フォーカス